弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

消毒が必要なうんこタウン武蔵小杉の47階立てタワーマンションのうんこ禁止令w update11

「来年にも同規模の台風が来る恐れがあるため、今回浸水したマンションやアパートでは、1階居住者が続々と引っ越し始めています。弊社だけでも台風被害から1ヵ月の間に15件もの賃貸契約の解約がありました。
さらに、被害を受けてムサコの資産価値は暴落。ある戸建て物件を概算したところ、4000万円台から1500万円まで下がっていました......。それでも一部のマンションや戸建ての所有者からは『売りに出したい』との要望がありますが、水害リスクを敬遠されて買い手が見つかりません」
「4000万円台から1500万円まで下がっていました......。」w
うんこでマネロンw



【台風19号】排水管5カ所で逆流 閉門せず拡大化 浸水エリア、計92ヘクタール 10/24(木) 5:00配信 カナロコ by 神奈川新聞
【台風19号】排水管5カ所で逆流 閉門せず拡大化 浸水エリア、計92ヘクタール

台風19号で逆流が確認された配水管
 神奈川県川崎市は23日、台風19号で水位の増した多摩川の水が地中の排水管をつたって逆流する現象が市内5カ所で起こっていたことを明らかにした。浸水エリアはこの5カ所で計92ヘクタールに及ぶという。排水管の出口部分には水門もあったが、市は雨水の排水が滞ることを懸念して閉門しなかった。結果的に広範囲に浸水被害が発生したことから、市は一連の判断について検証するとしている。
 市は23日現在で、計1994件の罹災(りさい)証明の申請があったと発表した。大半が浸水による被害とみられる。市内では多摩川の氾濫がなかったにもかかわらず大規模な水害が発生。いまだに被害の全容はつかめておらず、被災戸数は今後さらに増える可能性もある。
 市下水道部によると、市内の街中には雨水を流す排水管が地中に埋設されており、多摩川に注ぐ排水管の出口は17カ所ある。このうち山王(中原区)、宮内(同)、諏訪(高津区)、二子(同)、宇奈根(同)の計5カ所の排水管で逆流が確認された。
 平時の多摩川の水位は管の出口より低いが、今回は多摩川で史上最高の水位を観測。管の出口が水没して逆流現象が起き、排水管の延長線上にある地域のマンホールからあふれ出たとみられる。深い所では2メートルの冠水が確認され、武蔵小杉周辺では駅の改札口や一部の高層マンションも浸水被害に遭った。
 管の出口部分には逆流を防ぐ水門も整備されている。しかし当時は大雨警報が発令中で、市は雨水を排水できなくなる恐れがあると判断し、開門を継続する措置を取った。同部は「降雨状況と水位は刻々と変化しており、非常に難しい判断だった」と釈明した。
 このうち山王排水管の水門については、近くにあるポンプ場が水没する危険があったため、雨がおさまった12日午後10時52分から閉門を試みたが、何らかの理由で閉まらなかった。最終的に水門が閉まったのは13日午前10時50分だった。水門は手動で通常なら1分ほどで開閉できるという。
 市は今後、逆流の経緯や水門操作について検証し、被害を最小化する方策を検討する方針。また、浸水被害地域を対象に検証結果の説明会も行うとしている。
神奈川新聞社
消毒が必要なうんこタウン誕生w

 同駅(武蔵小杉駅)周辺では、マンホールや下水溝から下水が逆流し、道路が冠水した。現在でも汚泥が道路の側溝にたまっている様子があちこちで見られる。中原区役所危機管理担当は「汚泥をきれいにしてから、消毒もしなければいけない。さらに私有地は行政が立ち入れない。ボランティアの方々に頼らざるを得ない現状」と話していた。 

二階w

台風でタワマン停電、住民悲鳴 47階建て、人気の武蔵小杉
2019/10/15 16:09 (JST)10/15 16:11 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 タワーマンションが林立する川崎市中原区の武蔵小杉エリア。人口が急増する人気の街にある47階建てマンションで、台風19号の影響により停電と断水が続いている。浸水で地下の電気系統が故障し、15日時点で復旧のめどは立っていない。エレベーターやトイレが使えず、住民からは「まさかこんなことになるとは」と悲鳴が上がる。
 14日夜、電気が消えて真っ暗になったマンションには、地下から地上に排水ホースが何本も延びていた。スーツケースやリュックを持った何組もの家族連れが、玄関から疲れた表情で出てきた。



47階建てマンションで停電断水 10月14日 17時47分
タワーマンションが建ち並ぶ川崎市中原区の武蔵小杉駅近くでは、台風による浸水で、47階建てマンションの地下の配電盤が壊れ、多くの部屋で停電や断水が起きているということです。 住民たちは階段で高層階まで上り下りしたり、親戚の家などに身を寄せたりしているということです。
川崎市によりますと、JRや東急線の武蔵小杉駅近くに建ち並ぶタワーマンションのひとつ、地上47建てのマンションでは、台風の大雨に伴う浸水で地下にある配電盤が壊れ、多くの部屋で停電や断水が続いているということです。 住民によりますと、エレベーターが使えず、居住者などは階段を使って高層階への上り下りを強いられているということです。 また、断水でトイレが使えない部屋も多く、住民のなかには親戚の家やホテルに身を寄せる人も出てきているいうことです。 マンションの玄関には水を吸い出すためとみられる作業用の車両が停まっていて太いホースが建物の中に向けて伸びていました。 住民によりますと、管理会社から、復旧には少なくとも1週間はかかると説明を受けているということです。 マンションで暮らす80代の姉夫婦を心配してかけつけたという埼玉県坂戸市の70代の女性は「24階まで上って降りて足がけいれんを起こしてしまいました。赤ちゃんをかかえた人が階段を上り下りしてかわいそうでした。高層マンションに住むのはうらやましいと思っていましたが、こんなリスクがあるなんて驚きました」と話していました。

停電してるのでバレたってか?w

「パークシティ武蔵小杉 ザガーデンタワーズイースト」w


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。