弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

MOX燃料の再処理を2016年に断念w。発電に使用したMOX燃料のプルトニウムを再処理しても危険なだけで使いみちがない update1

経産相、MOXで政策変更なし 再処理断念報道で
閣議後、記者会見する世耕経産相=4日、経産省
 プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の再処理に備えた費用計上を電力会社10社が2016年度以降中止し、事実上のMOX再処理断念となるとの共同通信の報道について、世耕弘成経済産業相は4日、記者会見で「全く事実と異なり大変遺憾。政策変更はしておらず、核燃料サイクルをしっかり推進する」と述べた。
 共同通信は配信記事で、政府が16年に使用済燃料再処理機構を設立し、通常の核燃料もMOX燃料も区別せず、原発で使った分に応じて機構に拠出金を支払う形になったことから、MOX再処理の引当金などは事実上、現在の再処理工場に使われることになると報じた。世耕氏は「拠出金にはMOX燃料を含め、すべての再処理費用が含まれている。事業者の会計面の処理方法が変わっただけだ」と語った。
 電気事業連合会も4日までに「MOX燃料の再処理を断念した事実はない」などとする見解をホームページで公表した。
 共同通信編集局は「記事の内容は十分な取材に基づいており、この問題に関しては今後も取材を継続し、報じていく」としている。
2018/9/4 18:39
この状況で再処理MOXなんて推進するのは臓器狩り利権のためだけだと思うが、となると再処理MOXを推進することで近寄ってくる殺し屋どもを始末するという機械学習モードなのかもw。まぁ政治は結果論だからな。ガンガレ世耕1984w

MOX燃料の再処理断念 電力10社、核燃サイクル崩壊
 通常の原発でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を燃やすプルサーマルを巡り、原発を持つ電力会社10社が、一度使ったMOX燃料を再処理して再び燃料として利用するための費用の計上を、2016年度以降中止していたことが2日、分かった。政府は核燃料サイクル政策の一環としてMOX燃料の再利用方針を掲げていたが、資金面での根拠を失い、事実上、MOX再処理の断念となる。
 MOX再処理には新たな再処理工場の建設が必要で、巨額の費用がかかることが断念の理由とみられる。核燃料の再利用は一度のみとなり、核燃料サイクルの意義は大きく崩れることになる。
2018/9/2 17:51
発電に使用した使用済みMOX燃料を再処理しても再処理プルトニウムは危険なだけで使いみちがない。MOX燃料の再処理を断念するということは高速増殖炉の「増殖フィクション」を原発ムラが認めたことにもなるw。



1)アメリシウム241で強いアルファー線とガンマ線の放射性がある。
2)再処理プルトニウムの使用前の保存期間は2年から3年に限られる。
3)強い放射性の再処理プルトニウムを8%にまで濃縮しなければならない。

なのでMOX燃料の再処理はフィクションw
仏とベルギーの原子炉級MOXの経験

1997年にMOX燃料の再処理は現実的ではないと判明。それなのに日本は20年近くフィクションを継続。最初は核武装なのかと思っていた。たぶんそうではない。原子力に関与すると臓器狩り殺人と臓器売買の利権が手に入るからだ。それが原子力を捨てることができなかったいちばんの理由。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。