弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

茂木敏充(もてぎとしみつ)研究。道州制(大阪都構想)の目的は警察の管轄地域(狩猟場)を広げて「臓器狩り」を増やすことw。 @gogoichiro update7

w

いきなり解体される鳥取島根Ruby軍団w

「竹下派に戻るのか…」w
島根県の竹下登と、インサイダー取引のゴールドマン・サックスとマッキンゼーかぁ。もろこれ。
島根県産のルビー(Ruby)実装のコインチェックが580億円の脱線(Rails)事故を起こすw。

580億円入って強気になる竹下派w。つか島根鳥取Ruby軍団w。


そのルビーじゃないw。プログラミング言語のRuby。

口紅塗ってる?w

「このまま行ったら茂木君が会長になりかねない。青木さんはそれを阻止するために動いた。われわれのような古い人間には、よそから来た人(茂木氏は日本新党から無所属を経て、95年に自民党入党)に対しては警戒感がある。やっぱり面白くないんだ」w

「茂木氏はパワハラ体質のため、若手議員たちからの評判もすこぶる悪い。そのうえ、叩けばスキャンダルの埃が出る。凡庸な額賀氏の後継につけ入る隙を封じたという見方をするのだ。」w

意味わかんないw。

なんだこれ5点のGJだったのかw。

気象兵器フクイチで惑星全体の気象が過激化しているのに対して、マッキンゼーはCO2削減で原子力がキーだと訴えてる会社w。 でもまぁ、こんな屁理屈を押し通すにはパワハラしかなかっただろうなw。

大前研一の飼い主のマッキンゼーはIAEAで原子力業界の人材(HR)確保問題を訴えてる。

So let’s flip it. Is there an example on the other side? That is, strategy from McKinsey that was undisputedly theirs and undisputedly a failure?

I think that would be Enron. That company’s CEO, Jeff Skilling, who’s now serving time in prison, was ex-McKinsey, and so much about how Enron fell apart was due to ideas that Skilling brought over from McKinsey and that McKinsey celebrated at Enron—emphasizing vision over execution, a ruthless human resources policy that resulted in excessive employee churn, as well as more prosaic issues like off-balance-sheet financing and securitization. They’re certainly not immune to buying their own B.S.

エンロンだってw。そーいえば最近エンロン以来の最大の粉飾事件を起きてたよなw。
富士ゼロックス・ニュージーランド(FXNZ)の粉飾はエンロン以来最大の不正会計なんだとかw。はぁ?これもアーサー・アンダーセン(アクセンチュア)案件?w

Two McKinsey people got caught up in the insider trading scandal that centered on Raj Rajaratnam and his Galleon hedge fund. But you suggest that their involvement did no damage to McKinsey. How is that possible?

On the surface, it is kind of surprising, especially considering two things. The first: Anil Kumar, the McKinsey consultant who pled guilty to selling client information to Rajaratnam, was violating the fundamental promise of consulting itself—you tell us your secrets, and we won’t tell them to anybody else. The second: Rajat Gupta, who was found guilty of insider trading for alerting Rajaratnam to non-public information he learned from his board seat at Goldman Sachs, was McKinsey’s managing director for nine years. On closer examination, though, it’s easy to understand how neither man’s actions really hurt McKinsey itself. For starters, neither was a case of the institution acting badly—these were two individuals making individual choices. In Gupta’s case, he’d left McKinsey several years previously, so it was actually the case of a former employee breaking the law, not a current one.

ゴールドマン・サックスとインサイダー取引w

新自由主義、道州制推進、平成維新の会(1992年1月創設)
大前研一が代表、…事務総長に茂木敏充

平成維新の会←ウィキ
【橋下徹 - 彼が結成した「大阪維新の会」は、ここから名前を取った。橋下は学生時代から大前の本を読み込んでいて、大前に名前の一部を借りることを請うたと言う[2]。】w
バカの連鎖反応(chain reaction)w

おもろいな。これ。ボコハラムとビルゲイツの間にIAEAとマッキンゼーとかでてきそーw。

あ、わかった。大前研一、平成維新の会、大阪維新の会が「道州制」を進めてるのは警察の管轄地域を広げて「臓器狩り」狩猟地を広げることだったのかw。 @gogoichiro

「大前研一さんは茂木敏充という馬を飼ってる」w

これが額賀派の乱の原因。大前研一は日立製作所の高速増殖炉の設計者だった。いよいよ「もんじゅ」廃炉が行き詰ったのかぁw。こまったもんですなー。


平成元年(1989年)10月5日 「第23回原産年次大会準備委員会(委員長・大前研一マッキンゼー・ジャパン会長)」


平成2年(1990年)3月22日 「日立製作所に入ってからは2年間、高速増殖炉設計に従事した。」


2003年9月25日 「小泉第2次改造内閣の顔ぶれ」 「河村文科、中川経産、茂木科技」 「茂木敏充・科学技術政策担当大臣」 【核燃料サイクルは「原子力政策の基本」】 「マッキンゼー社を経て93年衆議院初当選」

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。