弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「北朝鮮国境で中国に捕まった日本人スパイをコントロールしていたM」は小池百合子の甥で元公安調査庁。 update4

中国で日本人4人拘束「スパイ行為」の疑いから森口つかさを切り出し。

2016.11.21 13:23更新 中国、スパイ容疑で邦人を起訴 これで4人目 昨年拘束の男性
 北京で昨年、スパイ行為に関わったとして中国当局に拘束された札幌市の男性が起訴されていたことが21日、日本政府関係者の話で分かった。詳しい罪名などは不明。中国当局が昨年、スパイ容疑で拘束した日本人の男女4人全員が起訴された。
 4人とは別に、中国当局は今年7月にも国家安全危害の疑いで日中交流団体幹部の日本人男性1人を拘束している。習近平指導部が進める外国人監視強化の一環とみられる。
 政府関係者によると、男性は今年10月に起訴された。昨年6月に拘束された後、国家安全危害容疑で正式に逮捕されていた。(共同)

小池百合子氏「裏金疑惑」 都議補選に出馬“元秘書”の正体 2016年7月24日
不可解な支出は計210万円(写真左=提供写真)
 31日投開票の都知事選に出馬している小池百合子元防衛相(64)に新たな「政治とカネ」問題が浮上した。今回はナント! 「裏金づくり」疑惑だ。
 日刊ゲンダイは小池氏が代表を務める「自民党東京都第十選挙区支部」の収支報告書に添付された領収書の写し(2012~14年分)を入手。この領収書を精査すると、不可解なカネの流れが判明した。
 同支部は12~14年、「M―SMILE」という会社に「調査費」として計210万円を支出していたのだが、この会社は登記簿を調べても記載がなく、実体不明の会社だったからだ。
 小池事務所は「現在は『モノヅクリ』という社名に変わっている。選挙の際の世論調査を依頼した」と説明。そこで日刊ゲンダイが改めて「M-SMILE」の代表者に確認すると、代表者の男性は「09年ごろ、個人的に『M―SMILE』という名で世論調査の事業を始めた。12年に、『モノヅクリ』を立ち上げ、オーダースーツの事業をメーンにしている」と説明。つまり、実体のないスーツ会社が、小池氏から多額の政治資金を受け取り、世論調査を請け負っていた――という怪しさを記事にした。
■小池氏、元秘書とも問い合わせにダンマリ

 そうしたら、小池陣営が22日、都議補選(31日投開票)で新宿選挙区から擁立した男性の名前を見て驚いた。何を隠そう「M-SMILE」の代表者、森口つかさ氏(34)だったからだ。しかも、肩書は小池氏の「元秘書」だったからビックリ仰天だ。
 つまり、小池氏は自分の秘書がつくった“ペーパーカンパニー”に多額の政治資金(調査費)を支払っていたことになる。これほど不自然で、不可解なカネの流れはないだろう。政治資金に詳しい上脇博之・神戸学院大教授もこう言う。
「小池氏の政党支部が(M-SMILE)に調査費を支出した時期に森口氏が秘書を務めていたのなら大問題です。通常、議員のために調査を行うことは秘書としての業務の一環で、調査の対価は給与として支払い済みのはず。それを秘書が経営する(幽霊)会社に調査費用を支払うというのは、あまりにも不自然です。裏金をつくったり、不正な選挙資金を捻出していたと疑われても仕方がありません。そうでないのならば、小池氏は説明責任を果たすべきです」
 果たして小池氏と森口氏はどう答えるのか。両者に何度も問い合わせても、ともに一切回答なし。知事が2代続けて辞職に追い込まれた「政治とカネ」問題は、今回の都知事選でも間違いなく重要な争点だ。それなのに小池氏、元秘書ともそろってダンマリでいいはずがない。

【日本の危機】小池百合子の元秘書は「中国・日本人スパイ拘束事件」を引き起こした男だった! “元防衛大臣”側近のショボすぎるスパイ活動とは?
2016.06.30

 舛添要一元都知事にも、その前任の猪瀬直樹氏にも裏切られた都民に知っておいてほしいことがある。自民党からの推薦もないまま突如出馬表明した小池百合子元防衛相周辺にまつわる“都民を危険に晒しかねない”グレーな情報が政府情報筋から入った。

 小池百合子氏は、テレビキャスターから代議士になると、日本新党を皮切りに新進党、自由党、保守党を渡り歩き、2002年に自民党へ。環境相などを歴任し、07年には女性初の防衛相を務めた人物だ。それまで順調にキャリアを伸ばした小池氏だったが、2012年の自民党総裁選において、懇意にしていた安倍晋三を裏切り、石破茂側についたことにより、ブレーキがかかる。第二次安倍内閣が発足すると、当然のように安倍氏からは冷遇され、重要なポストに就けないまま今に至った。これに対し、政府情報筋はこのように述べる。

「小池氏は、自民党から出馬要請を受けた嵐・櫻井の父親である桜井俊氏が固辞している間に出馬表明することで、自民党内で『桜井・小池と票が分裂するよりは、小池1人を出馬させよう』という声が上がるのを期待して、賭けに出たものと思われます。安倍に阻害され続けたうっぷんがたまっていたのでしょう。しかし、小池氏が表明した同日、自民党が再度桜井氏に出馬要請をしたことに鑑みて、思いのほか都連からの反発が大きかったということ。また、自民党がどこまで問題視しているかは不明ですが、小池氏には、日本のインテリジェンスに関わる“微妙な噂”が囁かれているんです」(政府情報筋)

■中国でスパイ容疑で捕まった日本人3人のスパイ活動をコントロールしていたM

 微妙な噂とは一体なにか?

「昨年、中国で日本人4人がスパイ行為に関与した疑いで拘束・逮捕されました。この事件に、小池百合子の甥であり秘書だったMが関わっているといわれています。Mは小池の秘書になる前に公安調査庁に採用されており、さまざまな活動を行っていました。10年前には北朝鮮難民救援基金の局長であるKとともに脱北者の受け入れ活動中に、二人揃って中国で拘束されたこともあります。現在、Mは公調を退職したそうですが、委託されて諜報活動を続けているだけでなく、拉致問題対策本部に出入りしていたという証言などから、偽装退職とみる者も多い。そのMがコントロールしていたのが、中国当局にスパイ容疑で拘束された男3人です」(政府情報筋)

 たしかに、一部報道でも拘束された4人の中に、公安調査庁の協力者がいると発表されていた。だが、彼らが何者で、何の目的でスパイ行為をしていたのかは、断片的な情報ばかりで明らかになっていない。

 拘束された4人のうち、Mがコントロールしていたとみられる男性3人について、一部の情報を聞くことができた。

●浙江省温州市/尖閣諸島に近く東シナ海の軍事拠点付近で拘束されたA氏

「今年5月に起訴されたA氏は、愛知県内の調査・人材派遣会社に勤めていましたが、最近は中国に関係する人材派遣会社を元公調職員と共同経営しつつ、公調との飲みの席などで、お金をもらって中国の軍事関連情報を提供していたといわれています。これに対し、公調は完全否定している状態ですが、大手週刊誌も追っていた情報です。今後は、裁判でスパイ行為について追及される可能性があるでしょう」(政府情報筋)

●遼寧省丹東市で拘束されたB氏

「元脱北者であるB氏は、過去にTBSが元北朝鮮軍人として番組に出演させた人物であるとともに、北朝鮮問題において、内調、拉致対、警察等がかつて情報源として使っていた人物である可能性が高いといわれています。もちろん、公調は彼にも情報料を支払っていたといわれています」(政府情報筋)

●北京で拘束されたC氏

「当時、C氏はすぐに釈放される可能性があるとみられていましたが、現在も拘束は続いています。彼は、日中友好団体に所属する人物で、現公明党常任顧問である神崎武法氏が政界入りする頃に、共に名前が挙がるほど期待されたこともある逸材。今回逮捕されたのは、胡錦濤人脈に強いことから、習近平との権力闘争に巻き込まれた可能性が強く、ほかのふたりのように公調がコントロールしているわけではないとの見方が強いが、Mが関わっていた可能性は否定できないといわれています」(政府情報筋)

公安調査庁は表向きには彼らが協力者であることは認めていないが、公調が民間の協力者を使って情報収集しているのは公然の事実であり、仮に3人がエージェントだったとしても驚きはない。それよりも、送り込んだエージェントが中国当局に逮捕されてしまうような失態を演じる日本のスパイ・コントロール力の低さが問題だといえるだろう。

「『反スパイ法』が中国で制定されてから1年もたたないうちに4人も拘束されるのは由々しき事態です。なぜ、中国に情報が漏洩したのかについては、さまざまな見方がありますが、いずれにせよ、中国との情報戦において、いとも簡単に“負かされた”人物であるMを、“元防衛大臣”を売りにしている小池氏が秘書として使っていたのですから安全保障上大きな問題でしょう。東京都の情報が隣国に漏れても、最悪の事態に陥るまで気が付かない可能性だって考えられるということです」(政府情報筋)

 “名ばかり元防衛大臣”小池百合子が果たしてどこまで東京を守ることができるのか? 都知事選の行方に注目したい。
はぁ?小池百合子の甥で元公安調査庁のMこと「森口つかさ」w

森口つかさの公式ページ
「昭和57年2月 兵庫県宝塚市に生まれる

小池百合子←ウィキ。
【兵庫県芦屋市生まれ。…実父が、石原慎太郎による…「日本の新しい世代の会」の推薦を受けて旧兵庫2区から…衆議院議員総選挙に立候補したが落選…】
はぁ?小池百合子て石原慎太郎の身内だったんだw

しかも小池百合子も森口つかさも住友原子力グループの地元出身w


昭和34年1月5日住友原子力委員会。 兵庫県宝塚市が拠点。


昭和37年11月5日「この宝塚放射線研究所に行くには阪急神戸線を西宮北口で今津線に乗り換え、 小林(おばやし)で下車すればよい。ここから田んぼ道を一直線に歩いて約15分のことろだ。」

ね?


昭和54年10月25日住友原子力グループの日建設計


昭和54年10月25日住友原子力グループ
採鉱→精錬→転換→濃縮→再転換→加工→発電→再処理→廃棄物
再処理→転換
再処理→加工
被覆管→加工

なんだよ。劇団型だったのかよ。

小池百合子←ウィキ。
「2009年衆議院議員総選挙

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、公明党の推薦を受け[19]、再び東京10区から出馬。また、同じ東京10区に候補者を擁立していた幸福実現党に選挙協力を打診し、幸福実現党は候補擁立を取り止めて小池を支援した[20]。」
うわ。闇の核武装部隊だ。

父親の代から石原慎太郎とつながってる。
選挙カーで「カクブソー」と連呼してた幸福実現党が小池百合子を支援してる。
そして中国が捕まえたスパイの後ろに元公安調査庁の「森口つかさ」がいた。


これってもろ馬暁紅(Ma Xiaohong)の北朝鮮の核武装部隊だな。

これを中国は伝えたかったのかぁ。

おぉぉ。

小池百合子→森口つかさ→公安調査庁→北朝鮮国境の遼寧省で捕まった公安調査庁のスパイ
小池百合子→野田数→アントニオ猪木→北朝鮮
遼寧省丹東→馬暁紅→北朝鮮
アントニオ猪木→ナイジェル・コーウィ→北朝鮮
アントニオ猪木→張成沢→馬暁紅
ナイジェル・コーウィ→榎本大輔(DICE-K)→オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)→ホリエモン→ミサイル

小池百合子も当時の防衛大臣としてデリゾールに関与していた当事者。

やはり豊洲の地下は闇の再処理工場かぁ。

小池百合子都知事、闇金業者にパーティ券購入を持ちかけていた 政治収支報告書には未記載
デイリー新潮 1/10(火) 8:10配信
 クリーンな政治を目指すとアピールし、小池百合子都知事(64)は都政のかじ取りを任されたはずだった。だが、実はクリーンであるどころか、闇の高利貸しからブラックマネーが流れ込んでいた。2017年夏の都議選を見据えた、小池新党の行方も左右する大問題なのだ。
 ***
 これまで一貫して、小池都知事の政治手法は、都議会自民党を“ブラックボックス”と批判し、都政改革には透明化が欠かせないと声高に訴え、対立構図を煽るというものだった。
 しかし、小池都知事がお題目のように唱える“情報公開”は、ご都合主義に過ぎない。とりわけ、自分自身のこととなると、完全無視と言っていい状態なのだ。
 本件のキーパーソンとなるのが、小池都知事の衆院議員時代の選挙区、東京・池袋で闇金を営んでいた男(82)だ。
 表向き、不動産業などを商売にする会社の会長を名乗り、長男(58)が社長を務めていた。
 今回、証言をするのは、長男その人だ。
「父親は鳥取県佐治村(現・鳥取市)の出身で、30年前に私が結婚をしたとき、地元で当時、新人代議士だった石破茂前地方創生相が媒酌人を務めてくれました。それ以降、父親はパーティ券を買ったりして、積極的に応援するようになった。08年の総裁選では、麻生太郎さん、小池さんらとともに出馬した石破さんから、“選対本部の手伝いをしてほしい”と父親に要請があって、私を含め社員数人が駆り出されたこともありました」
 さらにその4年後、再び総裁選が近づいてくると、石破前地方創生相から電話がかかってきたという。
「石破さんの話は、“会社は豊島区だよね。小池先生とは繋がりがある? 今度の総裁選、自分の応援をしてくれとは言わないけど、動かないで欲しいんだよね。それを伝えてもらえないか”というものでした。一民間人の言うことなど聞いてくれるはずはないと思っていましたけど、08年の総裁選で知り合った小池さんの親族でもある秘書に、“石破さんからお願いの話が来ているのですが、一度お会いできませんか?”と、連絡しました」(同)
 小池都知事の秘書の返事は、“どういう回答になるかわかりませんが、本人に聞いてみます”というものだったが、3日ほど経って、小池都知事が会社を訪ねてきたという。
「父親と私を前にして、小池さんは“私は腹を決めました。今回、石破さんに付きます”と告げました。続けて、“選対の昼食代は、うちで持つから。これで、石破さんが負けたら、私もずっと冷や飯ね”と。おそらく、小池さんは最初から石破さんに付くつもりだった。でも、父親に貸しをつくり、今後の応援に期待したわけです。現に、父親は、“小池先生、これから長いお付き合いになりますし、パーティ券は何枚でもお引き受けしますよ”と応じていました」(同)
■“100枚いただきましょう”
 それからしばらくして、総裁選前の6月ごろに、小池都知事から、自宅の“エコだハウス”に招かれたという。
「小池さんから“夕食にいらしてください”と言われ、父親と私、他の親族の3人でうかがいました。小池さんが帰ってくるのが、私たちより遅かったのを覚えています。お手伝いさんとつくった中華料理を振る舞ってくれて、食事のあと、お茶をいただいていると、小池さんが“こんなものがあるのだけど”と言いつつ、3枚のパーティ券を差し出してきました」(同)
 それは、0001から0003のナンバリングがされたものだった。
「最初の番号を渡すところに、父親が虚栄心の塊であることをよく理解していると感じました。案の定、父親は“わかりました。では、100枚いただきましょう”と快諾した。その日は、3枚だけを持って帰り、残りの97枚は、のちに200万円と引き換えに小池さんの秘書から受け取りました」(同)
 それは、「ホテルオークラ東京」(東京・港区)で、12年8月に開かれることになっていた「議員在職20年を祝う会」の2万円のパーティ券だった。
「それ以降、小池さんはふらっと会社に立ち寄るようになりました。父親と雑談して帰るだけのときもあれば、“今度、パーティがあって”と言い出すときもあった。地元の自民党都議のパーティ券購入を持ち込んできたときには、父親が“10枚か20枚付き合いますよ”と返事をすると、“そんなこと言わないでくださいよ”と、もっと枚数を買うようごねていた。もっとも、小池さん主催のパーティでは必ず100枚を引き受けていましたが……」(同)
 13年の10月に行われた“出版記念パーティ”でも、2万円のパーティ券をそれだけの枚数購入したという。
■収支報告書には未記載
 ところが、小池都知事の資金管理団体「フォーラム・ユーリカ」の政治資金収支報告書のどこを探しても、闇金業者によるパーティ券購入は記載されていない。
 政治資金規正法は、1回のパーティ券売買の上限を150万円と定めている。
 つまり、上限規制に抵触し、さらに、20万円を超えるパーティ券を購入した人については氏名住所などを記載しなければならないのに、それも見当たらないのだ。
 神戸学院大の上脇博之教授が指摘する。
「上限に引っ掛かったから記載しなかったという故意性が疑われ、単なる記載ミスに比べて悪質です。このケースは、上限違反よりも罰則が厳しい不記載に問われると考えられる。となると、5年以下の禁錮または100万円以下の罰金です。しかも、小池さんがパーティ券購入を持ちかけているなら、会計責任者だけでなく、小池さん自身も罪に問われる可能性が高くなります」
特集「クリーンな女性都知事に未記載のブラックマネー!? 都知事『小池百合子』と闇の高利貸し」より
「週刊新潮」2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載
新潮社

2017.1.1 09:00 【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈598〉】「小池百合子都知事が闇金にパーティー券を買ってもらっていた」という新潮に、小池氏は  定例会見で、東京・豊洲市場の盛り土問題の内部調査結果などを報告する、小池百合子都知事=平成28年9月、新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)
 『週刊文春』(12月29日号)のトップは「嫌われ蓮舫と十一人の“踏み台男”」。
 『週刊新潮』(12月29日・1月5日新年特大号)のトップは「都知事『小池百合子』と闇の高利貸し」。
 平成28年話題の女性を斬ってみせようという意図はわかるが、どちらも迫力不足。特に『文春』はムリヤリ否定的なコメントばかりを集めた感あり。『文春』ならそれこそ「二重国籍」問題を徹底的に追及してほしかった。
 『新潮』の方も、小池都知事が衆院議員時代、選挙区の池袋で闇金を営んでいた男に度々、パーティー券を買ってもらっていたという話だが、小池知事は〈「政治資金規正法に基づき、適正に処理しています」〉。
 軽くイナされてしまった。
 そこへいくと、『文春』(1月5日・12日新年特大号)のトップ「小池百合子のブラックボックス」、小池知事に聞きにくいことも聞いているのはさすが。
 『新潮』は得意のワイド特集「夜明けの鶏(チキン)レース」25本のほうがおもしろい。
 その1本「塀の中から戻った大王製紙『井川意高』元会長は日本カジノに悲観的」は、12月14日に仮出所したばかりの井川氏をよくつかまえたものだ。
 〈「日本でカジノを作ってもうまく行かないでしょう」〉
 『新潮』らしかったのは「ムダに高いモノもある日本の超高級ガイド2017」。山形県小国町の民宿越後屋が供する「熊の手そば」。ツキノワグマの掌がまるごと盛られて、1杯10万円! 他にも100万円の南部箒とか210万円の杖とかを紹介。
 『週刊現代』(12/31・1/7新春合併特大号)「大予測! 2017年日本と世界はこうなる」。
 株は〈バブルを彷彿とさせる3万円の大台に乗せる可能性もある〉(武者リサーチ代表、武者陵司氏)。
 『週刊ポスト』(1・1/6)は「日経平均は『史上最高値』4万円へ!」。
 あ、そ。
 新年は週刊誌にとってどんな年になりますやら。
  (月刊『Hanada』編集長)

小池百合子←ウィキ

防衛事務次官更迭問題
2007年に防衛大臣に就任した小池は、内閣総理大臣補佐官時代からの懸案であった防衛省の「情報保全」システムの確立を理由に、防衛事務次官守屋武昌を退任させ、警察庁出身の官房長西川徹矢を防衛事務次官に起用する人事案を作成した。しかしこの人事情報が防衛省中枢からマスコミに漏洩され、更に守屋が小池の頭越しに内閣総理大臣安倍晋三や内閣官房長官塩崎恭久に対して直接、人事案の撤回を直訴。塩崎が小池に対し、人事案の再考を求める事態に発展した。小池は人事案の撤回を迫られ、安倍・塩崎らは守屋留任でも西川でもない「第三の(人事)案」を小池に要求して事態の収拾を図り、守屋同様防衛省プロパー(他省庁からの出向ではない、生え抜きの防衛官僚)である人事教育局長増田好平を後任の事務次官に起用する「第三の案」で決着させ、マスコミは「痛み分け」「けんか両成敗」などと評した。なお守屋は事務次官を退任後、国会での証人喚問の後に逮捕、起訴された。小池は「オンナの直感で『これはよろしくない』と思った[52]」と述べた。
闇金と「防衛事務次官守屋武昌を退任させ、警察庁出身の官房長西川徹矢を防衛事務次官に起用する人事案を作成した」w

ん? 闇金業者の正体がわかったよーな。小池百合子と内田茂の根っこは同じなんだわ。

都知事と都議会が警視庁の猿芝居劇団なら両方とも税金の無駄で不要なんじゃね?

ケーサツ、闇金業者、カジノかぁ。マネロンですな。
つかマネロンの仕掛けの増設が必要なくらいアンダーグラウンドマネーがダブついてるのか?
なんて国なんだ。
北朝鮮を使ったホラッチョ朝鮮戦争関連で電通を中心に数えきれないくらいのオフショア会社があったわけだけど、核兵器とかミサイルとかシャブとか土人国家の裏稼業は大成功してるみたいですなぁ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。