弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

外務省大臣官房の男性職員がTシャツなど57点万引きw update1

外務省領事局旅券課の谷本泰稔(やすとし)課長補佐がシャブをネットで購入したのに歌舞伎町の路上でビニール袋入りの覚せい剤0.6グラム所持で逮捕されるw

外務省職員がTシャツなど57点万引き 停職6カ月に 2019年9月10日20時01分
 外務省は10日、万引きをしたとして大臣官房に所属する男性職員を、同日付で国家公務員法に基づく停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。職員は万引きを認め、今月中に退職する意向を示しているという。
 同省によると職員は7月、東京都内の2カ所の売店で文房具やTシャツなどの雑貨類計57点(計4万4480円相当)を万引きした。2カ所目で店員に声をかけられて発覚。職員は代金は支払い、店側は被害届を出していないという。
 また同省は同日、在デュッセルドルフ日本総領事館で在外選挙人証の申請と交付の手続きを怠ったとして同日付で担当の男性副領事を同法に基づく減給(10分の1)2カ月の懲戒処分にしたと発表した。

元経産省キャリアに有罪判決 覚醒剤使用の罪 [2019/09/10 23:33]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000164107.html
 覚醒剤を使用した罪などに問われた元経済産業省のキャリア官僚の男に対し、執行猶予5年が付いた有罪判決が言い渡されました。
 経産省の課長補佐だった西田哲也被告は4月、覚醒剤約20グラムをアメリカから密輸した罪と、東京・足立区の自宅で覚醒剤を使用した罪などで起訴されました。10日の判決で東京地裁は、「覚醒剤の量は相当に多く、送り先に自宅ではない空き家の住所を指定するなど犯行は巧妙」「覚醒剤に対する依存性は高い」と指摘しました。一方で「被告は懲戒免職処分で職を失うなど社会的制裁を受けている」などと述べ、西田被告に対して執行猶予5年と保護観察が付いた懲役3年の有罪判決を言い渡しました。

タクシン党のエダノ経産省だわw。エプスタイン・ビジネスかぁ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。