弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

原発周辺の人口の発がんリスクの分析:フェーズ1


原発周辺の人口の発がんリスクの分析:フェーズ1
Analysis of Cancer Risks in Populations Near Nuclear Facilities:Phase I


表2.1 原発の大気放出で報告された核種。
クリプトンキセノンのような希ガスやトリチウム。やっぱ異常気象の過激化ってこれが原因なんだろ。


表2.2 原発の液体廃棄物から報告された核種。
メルトダウンしてなくても汚染水はでる。

ML15035A132

図2.10 1975年と2002年の選択された原発の液体排出物中に放出されたトリチウム量。 (左はBWR、右はPWR) ML15035A132

やっぱ再稼働しようとしてる川内のようなPWRの方がBWRより漏れる。



2004年のヨシモトの研究で1972年から1997年の16の原発を含む20の市町村では白血病による死亡率が高かった。 ML15035A132 p302


ML15035A132 p349
やっぱだな。日本最大の東濃ウラン鉱床の上でトカマクでD-T(重水素とトリチウム)を核融合させて中性子を大量放出するのはヤヴァいだろ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。