弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【自称】大阪府立北千里高教諭の宮崎純一容疑者w update4

大阪・茨木市 57歳の府立高校教師 女子高生盗撮容疑で逮捕 スマホでスカートの中を 05/11 13:07
女子高生と面識なく「撮影はしていません」と容疑否認
大阪府立高校の57歳の教師が、スマートフォンで女子高校生のスカートの中を盗撮したとして現行犯逮捕されました。
迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたのは、大阪府立北千里高校の教師・宮崎純一容疑者(57)です。
宮崎容疑者は11日午後10時ごろ、大阪府茨木市の阪急京都線茨木市駅のホームで、女子高校生(10代)のスカートの中を盗撮した疑いが持たれています。
警察によると、宮崎容疑者がスマートフォンをスカートの中に差し入れているのを目撃した男性が駅長室に連れて行き、スマートフォンからは盗撮した写真が見つかったということです。
宮崎容疑者は女子高校生と面識はなく、調べに対し「撮影はしていません」と容疑を否認しています。

自称大阪府立高教諭を盗撮で現行犯逮捕 毎日新聞2019年5月11日 11時07分(最終更新 5月11日 11時12分)
大阪府警本部=藤田剛撮影
 女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、大阪府警茨木署は11日、自称大阪府立北千里高教諭の宮崎純一容疑者(57)=同府茨木市三島丘=を府迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕したと発表した。容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は10日午後10時ごろ、阪急京都線茨木市駅のホームで、電車を待っていた10代の女子高校生の後ろから近づき、スマートフォンでスカートの中を動画撮影したとしている。
 茨木署によると、宮崎容疑者を不審に思った別の利用客が取り押さえ、駆け付けた署員がスマホに保存されていた動画を確認して逮捕した。【安元久美子】

「宮崎純一」でググると3つめに大阪大学大学院の幹細胞制御学の研究者w

研究者詳細 - 宮崎 純一
大阪大学医学部幹細胞制御学メンバー



あら?大阪府立北千里高校と大阪大学大学院医学系研究科て隣なんだわw。年齢が違うけど、同じ場所に同姓同名の教授がw

【専門著書,実験医学別冊 「遺伝子導入プロトコール」 電気パルスによる筋肉への遺伝子導入,宮崎 早月,宮崎 純一,羊土社,2012年07月】

羊土社→実験医学別冊 目的別で選べるシリーズ:目的別で選べる遺伝子導入プロトコール〜発現解析とRNAi実験がこの1冊で自由自在!最高水準の結果を出すための実験テクニック - 羊土社

nepagene.jp→遺伝子導入装置 NEPA21 エレクトロポレーション

● エレクトロポレーション法による筋肉への遺伝子導入
in vivo electroporation
βガラクトシダーゼ発現プラスミドpCAGGS-lacZをエレクトロポレーション法で筋肉に導入した。エレクトロポレーションの5日後に、前脛骨筋を摘出し、筋肉全体と切片でX-gal染色を行った。その結果、多くの筋線維で発現していることが示された。エレクトロポレーションなしでは、ほとんど染色される細胞は認められなかった。
スペース
筋肉全体 (エレクトロポレーション後) 筋肉全体 (エレクトロポレーションなし) 凍結切片 (エレクトロポレーション後) 凍結切片 (エレクトロポレーションなし)
筋肉全体 エレクトロポレーションあり 筋肉全体 エレクトロポレーションなし 凍結切片 エレクトロポレーションあり 凍結切片 エレクトロポレーションなし
大阪大学大学院医学系研究科 幹細胞制御分野 宮崎純一先生 ご提供
※nature biotechnology, Volume 16, Number 9, Pages 867-870, September 1998 参考

遺伝子導入て、なんかよくわからんけど遺伝子改ざんの手法か?w

あ?死んだ女子高生の脳を生き返らせた??

死の定義変わるか 死後も脳の一部機能回復 ブタで実験 2019年4月18日 6時31分
アメリカなどの研究グループが、死んだブタの脳に血液の代わりとなる液体を流したところ、脳の一部の細胞が動き始め、機能が回復しているのが観察されました。意識や感覚など、脳の高度な機能は働いていませんでしたが、死後も脳の一部が機能していたことで、何をもって死とするのか、その定義が変わることにつながる可能性もあるとして注目されています。
この研究は、アメリカのイェール大学などのグループが17日、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に発表しました。
それによりますと、研究グループが特殊な装置を使って、死後4時間たったブタの脳に血液の代わりとなる液体を流し始めたところ、死後10時間の時点で海馬と呼ばれる部分など脳の一部で細胞が動き、酸素やぶどう糖を消費して神経の信号の伝達に関わる部分が働いていたのが観察されたということです。
ただ、意識や感覚など脳の高度な機能は働いていなかったということです。
脳細胞は、血液が流れず酸素が供給されなくなるとすぐに破壊されると考えられていましたが、研究グループは、その過程はこれまで考えられていたより緩やかだとしています。
哺乳類のブタで死後も脳の一部で機能が回復したのが観察されたことで、将来、脳梗塞などのあとに脳の機能を維持する治療への応用が期待される一方、何をもって死とするのか、その定義が変わることにもつながる可能性があるとして注目されています。

仮設→死んだ女子高生の脳に血液の代わりになる液体を流し込んで海馬を生き返らせる実験を試みていたので、スマートフォンで女子高校生のスカートの中を盗撮したことにしてダブルシンク処罰した?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。