弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

三菱航空機(Mitsubishi Aircraft)が人員半減と拠点集約で体制縮小、開発責任者を刷新… update3

【神室町の真島吾郎】神奈川県から金津園に出稼ぎに来ていた20代女性がコロナに感染…

東京、新たに48人感染=2日連続40人台―新型コロナ  東京都は15日、新型コロナウイルス感染者が新たに48人確認されたと発表した。うち20人は、ホストクラブ従業員などを対象に実施された集団検査で判明したという。新規感染者が40人以上となったのは2日連続。  都では今月に入り、1日当たり10人以上の新規感染が続いており、14日には47人の陽性が判明した。 (C)時事通信社 (2020/06/15 16:45)

ビジネス2020年6月15日 / 17:38 / 1時間前更新 三菱航空機が人員半減と拠点集約で体制縮小、開発責任者を刷新 Reuters Staff 1 分で読む
[東京 15日 ロイター] - 三菱重工業(7011.T)傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)は15日、ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)の開発体制を縮小すると発表した。国内外の従業員約2000人を半分以下に削減し、海外の3拠点は米ワシントン州モーゼスレイクの試験拠点に統合する。開発責任者も刷新する。
新型コロナウイルス感染拡大による世界的な航空機需要の落ち込みを受け、三菱重工が2021年3月期のスペースジェット開発費を前期比で半減させることを決断。体制を見直し、運航に必要な型式証明の取得に向けて設計確認や飛行試験データの検証活動に集中する。
人員規模については、これまで積極採用してきた外国人技術者を含む従業員を1000人以下に減らす見込み。拠点統合では、ワシントン州レントンの米国本社と、カナダのケベック州モントリオールの設計機能などを持つ事務所の2拠点を閉鎖し、モーゼスレイクの試験飛行拠点を残す。
最高開発責任者(CTO)のアレックス・ベラミー氏は6月末で退任する。米国での飛行試験で中心的な役割を果たしてきたモーゼスレイク・フライトテストセンターの副センター長、川口泰彦氏が7月1日付でチーフ・エンジニア兼技術本部長に就き、今後の開発を主導する。CTOのポストは当面置かない予定だ。
白木真紀

航空産業とそのサプライ・チェインを偽装に使っているジェフリーエプスタイン軍団w

いま進行してることを中共とか半島にスピンするのに日本の警察は必死みたいだが、 極東で進行してるのは旧日本軍の解体である…w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。