弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【気象兵器フクイチ】三鷹でひょうが30センチ update17

大気中の放射能が寒暖の差を大きくして気象を過激にしてる。まさかここまでとは。
東京・三鷹 夜を徹してひょうを撤去

東京・三鷹 夜を徹してひょうを撤去 6月25日 4時34分

24日、局地的に降った大量のひょうや大雨の影響で東京都の2市4区で合わせて50件以上の浸水被害が出ました。 このうち、三鷹市では道路一面がひょうに覆われて車が通行できなくなったため市の担当者らが夜を徹して撤去作業に当たりました。

24日、関東甲信を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨やひょうが降りました。 東京都によりますと、24日午後9時現在で、都内では三鷹市と調布市、それに杉並区や世田谷区などで住宅の床上や床下の浸水被害が52件確認されたということです。 このうち三鷹市では大量のひょうが降り、多いところで10センチ以上積もり、道路一面がひょうに覆われて車が通行できなくなったため市の担当者らが重機を使い夜を徹して撤去作業に当たりました。重機で集められたひょうはトラックで市内の浄水施設に運ばれ処理されました。 また三鷹市ではひょうや風の影響で、収穫間近のトウモロコシがなぎ倒されたほか、キュウリの実に穴が開くなど農作物に被害が出ました。 三鷹市は25日、担当者が市内を巡回するなどしてほかにも建物や農作物などに被害が出ていないか確認することにしています。

大量のひょう 撤去作業に追われる

6月25日 13時04分 大量のひょう 撤去作業に追われる

24日に局地的に降った大量のひょうの影響で、東京・三鷹市では、25日朝になっても一部の道路にはひょうが残り、市の担当者らは25日朝から撤去作業に追われています。

24日、東京都内では局地的に大量のひょうが降り、三鷹市では、道路一面がひょうに覆われ車が通行できなくなったため、市の担当者らが重機を使って24日夜遅くまで撤去作業に当たりました。 しかし、一部の道路には、ひょうや、落ちた木の枝や葉が残っているため、市の担当者らは午前8時ごろから重機を使って撤去作業を進めました。 また、道路の側溝には、流れ込んだひょうや葉などが詰まっていて、市の担当者はスコップを使ってかき出していました。 三鷹市では、25日じゅうには撤去作業を終え、集めたひょうはトラックで市内の浄水施設などに運び処理することにしています。 三鷹市都市整備部の若林俊樹技監は「また雨が降ると、落ちた葉が側溝に詰まって水があふれる可能性がある。梅雨の時期なので、市民の生活に支障が出ないよう急ピッチで撤去を進めたい」と話していました。 住民が後片づけ

24日に大量のひょうが降った三鷹市では、一夜明けて、住民らが後片づけなどの作業などに追われています。 三鷹市中原では24日に大量のひょうが降り、25日朝も至る所にひょうが残っていて、住民たちはスコップを使って庭や道路に積もったひょうを撤去する作業に追われていました。 60代の男性は「ひょうが家の周りに積もっていたので、昨夜は寒くてなかなか寝られませんでした。また、屋外の給湯器が雨につかって壊れてしまい、お湯が使えない状態です」と話していました。 一方、近くで農園を営んでいる島田正一さんの畑では、この時期、スイカやトマトなど夏野菜を栽培していますが、ひょうで農作物に傷が付いたり、茎が折れたりするなどの被害が出ています。 島田さんは「20年間農家をしていますが、こんなことは初めてです。何とか収穫できるようにしたいが、たぶん売り物にはならず、処分するしかないと思う」と話していました。


これから増加するアメリシウム241


気象兵器フクイチは地震兵器でもある。電離層と地上の間の電導性を大きくするので自然のHAARP現象が起きるのだー。

東電、6回目地下水放出 汚染水対策、海洋に1765トン

東電、6回目地下水放出 汚染水対策、海洋に1765トン

 東京電力福島第1原発の汚染水対策「地下水バイパス計画」で東電は20日、1~4号機建屋に流れ込む前にくみ上げた地下水1765トンを海に放出した。海洋放出は5月21日に始まって以降、6回目。  東電によると、タンクにつながる配管を通じ原発敷地南側の外洋(原発港湾外)に放出した。水の放射性物質濃度は、東電と第三者機関が分析した結果、放射性トリチウム(三重水素)が東電の基準値(1リットル当たり1500ベクレル)を下回る1リットル当たり120~130ベクレル。放射性セシウム、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質の濃度は検出限界値未満だった。  放出作業は午前10時11分に始まり、午後5時16分に終了した。  東電は「配管からの漏えいなどトラブルはなかった」としている。 (2014年6月21日 福島民友ニュース)

やっぱ6回めの汚染水が濃かったんじゃね。

福島第1、海側の深層に汚染拡大 凍土壁の工事に遅れも

 東京電力は24日、福島第1原発のタービン建屋東側(海側)で、深い地層(下部透水層、地中約20メートル)の地下水に、放射性物質のトリチウムによる汚染が拡大していると発表した。建屋の周囲の地層を凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」は、掘削時に汚染拡大を防ぐ措置が増えるため、工事が遅れる可能性がある。

 東電によると、1~2号機の海側に掘った深い井戸で、5月以降に採取した地下水から1リットル当たり最大4700ベクレルのトリチウムが検出された。また3~4号機海側の井戸の地下水でも最大480ベクレルが検出された。 2014/06/24 22:01 【共同通信】

山梨のドカ雪を思い出してしまう。 そういえば六ヶ所を動かした時に関東で雪が降ったんだよなー。トリチウムの降雪効果と同じだわ。フクイチつか放射能というのは本当にとんでもない。

薄めれば問題ないというのは十分に少量だった場合の話で、毎日300トンなどというスケールでそんな理屈が通るのだろうか。

薄めれば本当に影響ないのだろうか。大気中のクリプトン85(Kr85)のように、あとで塊になって異常気象の原因になったりしないのかなー。つか、なってるだろ。


トリチウムがあるならクリプトン85もある。問題は薄めても後で塊になることだな。それが異常気象の原因になる。

これって水と油をビンに入れて、よく振って混ぜても、後で分離して層ができるのと一緒でしょ。ひょっとしてレーダーに既に映ってるんじゃないのか。

中国でも

インドでも

UKが再び浸水

ミシシッピ川セントポール ミシシッピ川ミネアポリス

ノースカロライナ州、リトル・シュガー川

カナダ、アルバータ州 カナダ、トロント

ブラジル。W杯米独戦開催地

南米のパラグアイ、ブラジルと同じか。

カナダ中部、メルビルとヨークタウン

アーカンサス

ポートランドで撮影された集中豪雨の雲が、まさに気象兵器。

CGみたいな現実。

オーストラリア、ビクトリア州

聖書のとおり地上が大洪水。人類は滅亡しつつある。

フランス ひょうで収穫前のぶどうに被害 6月30日 16時09分

フランスのワインの産地で、短時間に集中的に降ったひょうがぶどう畑を直撃し、収穫前のぶどうの多くが被害を受けました。

ワインの産地として知られるフランス中部、ブルゴーニュ地方の一部の地域では、28日に降ったひょうの影響で収穫前のぶどう畑に深刻な被害が出ています。 地元の農家で作る団体によりますと、ひょうは、およそ3分間、集中的に降ったということです。 被害を正確に把握するには、あと数日はかかるとしていますが、最悪の場合、この地域のおよそ2000の農家に影響が出るおそれがあるということです。 ことしのぶどうは、春先に雨が多く6月には気温が上がって晴れの日が続くという生育に適した気候だったため、収穫が期待されていました。 農家の1人は「無事だったぶどうはほんの少ししかない」と話していました。 この地域では、おととし、去年に続いて3年連続でひょうの被害に見舞われており、中には人工的に雨を降らせる装置を使ってひょうを溶かして小さくすることで被害の軽減を図ろうとした農家もありました。 しかし、大きな被害を免れることはできず、フランスのメディアは「この装置の効果は実証されていない」などと伝えています。

「この地域では、おととし、去年に続いて3年連続でひょうの被害に見舞われており」

中央ロシアのイジェフスクが豪雨と洪水

長崎

ゲリラ豪雨=flash floodだったのか。

あー、ダメだ気象兵器が暴走したまま止まらない。

うそつけ。世界中で起きてるんだぞ。気象兵器フクイチしかありえない。

スペインで雹(ひょう)が降った。

Swimsuits for snow boots: Freak summer snow and hail hit Siberia, Urals (PHOTOS, VIDEO)
露ウラル地方で夏なのに吹雪と雹。水着とスノーブーツの組み合わせ。 水着着て海水浴してたら巨大な塊の雹(ひょう)が降ってきたとな。三鷹と同じ現象。

世界中で起きてる。言葉もないですな。

北半球は夏のはずなのに三鷹と熊谷、ソリアとアルマサン(スペイン)、ノヴォシビルスク、ウラル地方(露)、ニュルンベルグ(独)、ワイオミング州シャイアン、ネブラスカ州ノースプラット、 バージニア州サザンプトンで雹(ひょう)が降った。

気象の過激化の原因がアメリシウムのガンマ線だとして、2014年の大気中の放射能(Am241)は0.5から1.0の間なんだろうけど、これが2080年の最大3.18まで上昇するということ。それに比例して気象はもっと過激化していく。

ノアの方舟

ノア(当時六百歳)は箱舟を完成させると、自分の妻と、三人の息子と、三人の息子それぞれの妻たち(ノアを含め計8人)と[9]、すべての動物のつがい(清い動物「家畜」は7つがいずつ)を箱舟に乗せた。大洪水は40日40夜続き、地上に生きていたもの全てを滅ぼしつくした。水は150日の間増え続け、その後箱舟はアララト山の上にとまった。

40日後にノアは烏を放ったが、とまるところがなく帰ってきた。さらに鳩を放したが、同じように戻ってきた。7日後、もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。さらに7日たって鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった。 それによりノアは水がひいたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。そこで祭壇を築いて焼き尽くすいけにえを神にささげた。ヤハウェはこれに対して、二度と全ての生物を滅ぼすことはないと誓い、ノアとその息子たちを祝福し、そのしるしとして空に虹をかけた。

たぶんみんな気付いたと思うけど、ノアの方舟というのはAm241が半減期を繰り返して気象が元の穏やかな状態に戻るまですべての動物のつがいを避難つか冬眠つか冷凍保存することだ。

旧約聖書では洪水は40日間続いたけど、本当は40万年かも。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。