弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【ACE2なアジア女性の肺】ミキモト元社長が犬の散歩中に土砂崩れで死亡…はぁ? update5

4月24日にコロナで死亡した岡本行夫MITシニアフェローの訃報が2週間経過して報道されて「筵旗(むしろばた)が立つ」w

【ACE2遺伝子型】ミャンマーのラカイン州でWHOスタッフが再び殺害される…(2020年4月20日)

2020.05.09 高須院長 中国のコロナ患者への肺移植に驚き「凄い」「ドナーは?」
高須克弥氏 拡大
 高須クリニックの高須克弥院長が9日、中国で新型コロナ感染者への肺移植手術に成功したとの記事をリツイート。「肺の感染症に肺移植!!凄い人体実験だ」とつづった。
 高須院長は「臓器移植した患者は移植臓器移植を維持するため、一生免疫抑制剤使わなくてはいけないんだ」と説明。さらに「免疫抑制剤を使うと武漢肺炎の再感染のリスクがものすごく上がる。無菌室で一生暮らすつもりかな?」と患者の今後を心配した。
 さらに「ドナーは?」と疑問も。「もしかしたら札幌医大の和田教授方式?」と続けた。和田教授の心臓移植は1968年に行われたが、提供者と移植患者に様々な疑義が持ち上がり、刑事告発(不起訴)された。
 高須院長は「和田寿郎先生とは親しくしていただき、和田先生が主宰なさっておられるパンパシフィック外科学会で発表の機会を与えてくださり、その際には僕の自分の身体を使う手術開発方式を誉めていただきました」と関係を明かした。「和田先生は誰もやったことのない術式に挑戦する先達の同志です」とつづった。

やはり東海ディアスポラ地方と武漢にあいだに臓器売買ルートができてるw

死亡したのはミキモト元社長 逗子土砂崩れ、県が公表 2020年4月24日 19時54分
写真・図版 土砂崩れがあった現場。潮がひくと人が通れるようになるという=2020年4月24日午後5時10分、神奈川県逗子市小坪、土屋香乃子撮影
 24日午後2時ごろ、神奈川県逗子市小坪4丁目の海岸で男性が土砂に埋まり、死亡しているのを県警逗子署員が発見した。逗子署などによると、土砂崩れに巻き込まれたとみられる。
 県は同日、亡くなったのは同市小坪の春日豊彦さん(74)だと発表した。春日さんは宝飾大手のミキモトの社長を1993年から2003年まで務めた。
 県は3月に地域防災計画を修正し、自然災害の死者や安否不明者について、県警などから情報が届き次第、氏名を速やかに公表すると決めており、今回が初の適用例になった。
 逗子署や逗子市消防本部によると、春日さんが見つかった場所は崖下で、崖の一部が縦約6メートル、幅約4メートルにわたって崩れていた。春日さんは20日夕、犬の散歩に出かけて行方がわからなくなり、県警や消防が捜索していた。
「県は同日、亡くなったのは同市小坪の春日豊彦さん(74)だと発表した。春日さんは宝飾大手のミキモトの社長を1993年から2003年まで務めた。」w

1998年11月24日に三重県伊勢市で行方不明になった辻出紀子記者と渡鹿野島(わたかのじま)とミキモト真珠でのアッキーGJ

神奈川・逗子で土砂崩れ、1人死亡 2020年4月24日 15時58分
 神奈川県警によると、同県逗子市で土砂崩れが起き、1人が死亡しているのが24日見つかった。
 同市では2月、市道に面する急斜面の土砂が崩れ、通行中の女子高生(当時18)が死亡する事故が起きている。

神奈川・逗子で斜面崩落 1人死亡 通行中の18歳女性か 会員限定有料記事 毎日新聞2020年2月5日 10時31分(最終更新 2月5日 23時23分)
 5日午前8時ごろ、神奈川県逗子市池子の市道付近で、通行人から「土砂が崩れて人が埋まっていそうだ」との119番があった。市道の脇にある斜面が崩落しており、通りかかった女性が下敷きになった。逗子市消防本部によると、女性は約20分後に救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。
 亡くなった女性は18歳とみられ、神奈川県警が身元確認をしている。消防本部などによると、斜面は幅13メートル…

ハガティ?w

ヒトはウィルスではなく免疫系の暴走(​cytokine storm)で死ぬ。アジア人のACE2受容体は黒人や白人の2倍。ACE2免疫系を駆動してるのは女性ホルモン(Estrogen)だった…

なぜ海女なのか、そして声楽家なのかをずっと考えていたのだけど、「肺」が目的だったのだな。それも肺活量のあるアジア女性の肺…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。