弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

無人パトカーが遠隔操作される。サイドブレーキを外してアクセルとブレーキの逆設定もできるw。

CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】ページ最終更新 2018/8/17 18:15
CBCトップ CBC NEWS(CBCニュース)
ブレーキかけ忘れたうえに踏み間違い‥パトカーが走り出し少年にけがさせる

 突然、迫ってくる無人のパトカー。
 三重県伊賀市で、18歳の少年がパトカーを避ける際に軽傷を負いました。
 しかし、なぜパトカーは無人で走り出したのか。
 その理由は、「ブレーキのかけ忘れ」です。
 三重県警の伊賀警察署によりますと、17日午前3時半過ぎ、伊賀市大内の市道で、伊賀警察署の地域課の53歳と23歳の男性警察官2人が、交通トラブルの事情聴取のため、道路にパトカーを止めて、外に出たところ、無人状態のパトカーが走り出しました。
 さらに、もう一つ、ミスを犯します。
 53歳の警察官が、これを止めようとしたところ、なんとアクセルとブレーキを踏み間違え、パトカーは急発進。
 聴取中だった18歳の少年が、これを避けようとした際、道路横の生垣へ転倒。
 腰を打撲する全治2週間の軽傷を負いました。
 警察官2人にけがはなく、パトカーは少年の車にぶつかって止まりました。
 走り出した原因は、ブレーキのかけ忘れ。
 パトカーのシフトレバーは、ドライブモードのままで、サイドブレーキもかけていませんでした。
 伊賀警察署の三國悦男副署長は、「相手方に対して申し訳ないことをしました。事故原因を詳しく調べ、事故防止を徹底する」などとコメントしています。(17日17:49)

停車したパトカー動き出し、ぶつかった男性が軽傷 三重・伊賀市
17日未明、三重県伊賀市の路上で停車していたパトカーが動き出し、警察官が話を聞こうとした男性にぶつかって、男性は軽いけがをしました。
警察によりますと、午前3時半過ぎ伊賀市大内の路上で、交通トラブルの対応で出動した警察官(53)がパトカーを停車させ、会社員の男性(18)に話を聞こうとしたところパトカーが動き出しました。パトカーを止めようと乗り込んだ警察官が、誤ってアクセルペダルを踏んだためパトカーは急発進して男性と接触、男性は腰などを打つ軽いけがをしました。パトカーは停車した際、サイドブレーキがかかっておらず、ギアはドライブになっていたということです。伊賀警察署の三国悦夫副署長は「相手方に申し訳ないことをした」としています。
更新時間:2018年8月17日 12:15

産経→聴取中に無人のパトカー動きだす…男性会社員が軽傷 三重

2018.8.17 11:59 聴取中に無人のパトカー動きだす…男性会社員が軽傷 三重
 17日午前3時40分ごろ、三重県伊賀市大内の市道で、交通トラブルの事情聴取をしていた警察官のパトカーが無人のまま動きだし、聴取を受けていた同市予野の男性会社員(18)らに接触、男性の乗用車に衝突した。男性は腰を打つなどの軽傷を負った。
 伊賀署によると、パトカーはサイドブレーキが十分にかかっておらず、止めようと乗り込んだ同署地域課の男性巡査部長(53)がブレーキとアクセルを踏み間違えたという。
 三国悦夫副署長は「相手の男性に申し訳ないことをした。原因を詳しく調べ、事故防止を徹底する」と謝罪した。

2016.12.31 22:02 国会議事堂前で無人パトカーに車突っ込む 運転の男けが 車内に意味不明な手紙が…
国会の正門に向かって突っ込んだ乗用車を調べる警察官ら=31日午後8時50分
 31日午後7時40分ごろ、東京都千代田区永田町の国会議事堂前で、警戒のため停車中のパトカーに乗用車が突っ込んだ。乗用車を運転していた男がけがを負って、病院に搬送されたが命に別条はないという。パトカーは当時無人で警察官にもけがはない。
 現場は国会議事堂の正門前。警視庁麹町署が男の回復を待って事情を聴く。男が運転していた乗用車には、内容に意味不明の部分がある手紙があったという。
 国会前で警視庁は日常的にパトカーを配置して警戒に当たっている。
これはパトカーに突っ込んだケース。国会議事堂前でw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。