弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

プーチンの大統領専用機と同じペイントのマレーシア航空MH17便撃墜 update35

マレーシア航空MH17便がドネツク上空で撃ち落とされる。

Reports that Putin flew similar route as MH17, presidential airport says 'hasn't overflown Ukraine for long time'

「プーチンの飛行機とマレーシアのボーイングは同じ場所、同じ高度で交差していたと言える。ワルシャワ近郊で高度1万100mで330mの高度差だった。大統領機はモスクワ時間16:21、マレーシア航空はモスクワ時間15:44だった。」

37分差で同じとこ飛んでたか。プーチンの乗った専用機とMH17を勘違いした?
うは。おなじ色だわ。

高度1万メートルを飛行中の飛行機は、 これこれこれ

マイダンデモでネオナチと反ユダヤな肩書きを自慢してたら道路脇で射殺体で発見されたムジチコだかムジンコだかのドジなおさんを思い出してしまった。

ムズィチコだったw

ウォッカ飲み過ぎなんだよ。微妙に戦争工作がダサいのはウォール街の為の戦争なんてやりたくないという意思表示なんだろーな。(誰の?

マレーシア航空?え?じゃぁ3月のMH370もプーチン機と勘違いしたってか?2回も見間違った? もうこれはマレーシアがアルカイダ化するだろ。

2014年3月8日MH370便がタイランド湾上空で消息を絶ち行方不明。
(中国がやったように偽装)
2014年7月18日MH17便がドネツク上空でミサイルで撃ち落とされる。
(露がやったように偽装)
マレーシア航空MH17便がミサイルで撃墜されたということはMH370便もそうなのか。MH17は露がMH370便は中国がやったように戦争工作してるようにもみえる。BRICS銀行がそんなに脅威なのか。

アイアンドームを上海に設置しないと。

『親露派は同機がウクライナ側によって撃墜されたと報じた。一方、ウクライナ内務省当局者はフェイスブックで「飛行機は対空ロケットシステム『ブク』によって撃墜された」と述べた。ウクライナのポロシェンコ大統領は「ウクライナ政府軍は関与していない」と述べた。』

これはもう集団的自衛権の閣議決定は撤回だな。世界に憲法第九条と平和憲法をアピールしろ。第三次世界大戦になる。

不正隠し「前事務局長から」 高松市選管の2職員

田嶋慶彦 2014年7月17日15時11分
 昨年7月の参院選を巡る高松市選管による票の不正操作事件で、封印破棄罪で在宅起訴された3人の選管職員のうち、2人が前選管事務局長の山地利文被告(59)=公選法違反罪などで起訴=の名を挙げ、「不正操作のつじつま合わせを持ちかけられた」などと話していることが関係者の話でわかった。2人は起訴内容を認めているという。

 職員3人は、山地被告らが開票日に行った白票水増しや衛藤晟一参院議員の比例票を集計せずに処理したことなどを隠すため、昨年8月~今年1月、市役所内で封印された箱を開け、保管中の無効票を破棄したり、白票に書き込みをしたりしたとして在宅起訴された。

 関係者によると、2人は保管票の出し入れなどを山地被告から依頼されたことを認め、うち1人は「開票日に山地被告らが票を操作したことは知らなかった」と話しているという。

 山地被告は今年3月末まで選管事務局長を務め、開票当時は3人の上司にあたる立場だった。(田嶋慶彦)

選管事務局長の指示で不正選挙か。

やはり選管主導で不正選挙やってた。これを全国展開すれば劇団ジタミの役者さんたちが大量当選できるわけですな。
厄所がそんなことをずっとやってたら集団的自衛権を閣議決定され日本は戦争に巻き込まれようとしてる。
その戦争の相手国はもうひとつのIMFを設立したBRICS。上海にBRICS銀行を設立した中国だな。ウォール街の為の戦争を起こそうとしてる。

この高松選管の不正選挙とMH17便の撃墜が関連してると思うやつはいないだろうけど、オレは思ってる。

世界を戦争に巻き込むストーリーならやっぱり北朝鮮から日本にミサイル撃ちこむか? 柏崎刈羽か?早くアイアンドーム買わないと。間に合わないな。 柏崎刈羽のBWRの20メートル上空のプールの使用済み燃料をドライキャスクに移したほうがよくね?それもすぐに。

「親ロ派が撃墜」と当初報道=マレーシア機墜落でロシア・メディア

2014年7月18日(金)07:39
【キエフ時事】ウクライナ東部の親ロシア派に「従軍取材」するロシア・メディアは17日、マレーシア航空機の墜落直後に「親ロ派が軍のAN26輸送機を撃墜したと語った」と報じ、すぐに記事を削除した。

 報じたのはプーチン政権に近いメディア「ライフニュース」。記事は「旅客機撃墜」に差し替わったが、同じ現場写真を使い続けている。

 ウクライナ・メディアが明らかにしたもので、報道の経緯から、親ロ派がマレーシア機をウクライナ軍機と誤認して撃墜した可能性が出ている。 

うは。西側のヘタクソなディスインフォメーション工作キターーーッ。でもシモニャンの方が何枚も上手だ。

マレーシアMH17便撃墜、154人がオランダ人 日本人乗客なし

By Tadayuki YOSHIKAWA
マレーシア航空(MAS/MH)は7月18日、ウクライナで撃墜されたとみられるMH17便(ボーイング777-200型機、登録番号9M-MRD)の乗客280人のうち、233人の国籍を明らかにした。日本人は含まれていない。

 オランダ人が最多の154人で、オーストラリア人が27人、マレーシア人が23人、インドネシア人が11人、英国人が6人、ドイツ人が4人、ベルギー人が4人、フィリピン人が3人、カナダ人が1人。乗員は15人全員がマレーシア人だった。

 MH17便は17日午後0時14分、アムステルダムのスキポール空港を出発。クアラルンプールへは18日午前6時10分(いずれも現地時間)に到着予定だった。

 高度3万3000フィート(約1万メートル)上空を飛行中、グリニッジ標準時間午後2時15分(ウクライナ時間同日午後5時15分)ごろ、ウクライナとロシアの国境から約50キロメートル地点で消息を絶った。

 ロイター通信や英BBCは、親ロシア派の地対空ミサイル攻撃によるものと報じている。また、フライトレコーダーは墜落現場で回収されている。

 日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)によると、両社が18日に運航する欧州方面などの国際線についてはウクライナ上空を飛行しないため、通常通り運航するという。

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)やエールフランス航空(AFR/AF)など欧州の航空各社は、当面ウクライナ東部上空の飛行を見合わせる。

極右政党のヘルト・ウィルダースが騒ぎ出してEU離脱だな。こりゃ。

マレーシア機、宇親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除

2014年07月18日 11:02 発信地:キエフ/ウクライナ
【7月18日 AFP】ウクライナ東部で17日にマレーシア航空(Malaysia Airlines)機が墜落したと発表される前に、同国からの分離独立を求めている親露派がウクライナ軍の輸送機を撃墜したというコメントを交流サイト(SNS)に投稿したが、後になってそのほとんどを削除していたことが分かった。

 親露派は17日午後、ウクライナ軍との戦闘が続く東部の工業地帯上空を飛行中のウクライナ軍機少なくとも1機を撃墜したとの最初の一報を投稿した。

 一方的に独立を宣言している「ドネツク人民共和国(Donetsk People's Republic)」の自称防衛相イーゴリ・ストレルコフ(Igor Strelkov)氏は、ロシアの交流サイト最大手「フコンタクチェ(Vkontakte)」 の自身のページに、「たった今、トレーズ(Torez、ドネツク州の都市)近郊でアントノフ26(An-26)型機を撃墜した」と書き込んでいた。

 ストレルコフ氏はさらに「これが『鳥が落ちた』ことを証明する動画だ」と書き込んだ。同氏のページには、マレーシア航空機についてウクライナのメディアが報道したものと完全に一致する情報へのリンクが掲載された。

 この書き込みは直後に削除されたが、ウクライナ東部の同国軍司令部はこの投稿が表示されたディスプレーの画像を保存しており、英文の報道機関向け発表に添えて公開した。

 ストレルコフ氏のものとされる書き込みでは、同機の撃墜に使用されたミサイルの詳細は明らかにされていない。しかしドネツク人民共和国は、その数時間前にマイクロブログのツイッター(Twitter)の公式アカウントから次のように投稿し、墜落したマレーシア航空機が飛行していた高度1万メートルまで到達可能なロシア製ミサイルを親露派が手に入れていたことを明らかにしていた。

「@dnrpress:DNRは(ウクライナの)地対空ミサイルA1402連隊から自走式ブーク(Buk)地対空ミサイルを奪った」。この投稿も後に削除された。

■露工作員との通信で悪態

 その後、ウクライナ政府を強く支持している野党系ニュースサイト「ウクライナ・プラウダ(Ukrainska Pravda、ウクライナの真実)」は、撃墜後に親露派のメンバーとロシアの工作員が行った通信を傍受して録音したとされる音声を公開した。

 その中でベース(悪霊)と名乗る親露派メンバーがロシア軍情報機関将校とされる人物に対し、「たった今、飛行機を撃ち落とした」と話していた。また別の録音では、戦闘員らしき人物が飛行機の残骸が残る墜落現場から、「100パーセント間違いなくこれは民間機だ」と報告している。

 この戦闘員は、乗客がたくさん乗っていたかどうかと質問されると、ロシア語で悪態をついたという。(c)AFP/Dmitry ZAKS

おもしろい。この記事を読んで思い浮かんだのはシリアのサリン事件の時のミントプレスみたいなストーリーだかーら。ニュースのエンジニアリングですな。そろそろ地底人がマグマから出てくるかも。

シリアの時みたいにちゃぶ台返しになるぞ。最後は国連調査団を出動させて無理やり正当化したんだよな。そうそう。国連が手下にいるのでもみ消せる安心感から工作がずさんになるのだ。

Kiev deployed powerful anti-air systems to E. Ukraine ahead of the Malaysian plane crash
露防衛省「キエフはマレーシア航空撃墜前に東ウクライナに対空システム(Buk-M1)を配備していた。」

Malaysia Airlines Plane Was Hit by Surface-to-Air Missile, U.S. Officials Say

シリアでサリンを迫撃砲に詰めてストローで砲撃したときも、マイダンクーデターの時も、撹乱させるニュースはたくさんでてたからな。

親露派がウクライナ軍のBukを奪いとって発射したという話もあるけど、マレーシア航空を撃ち落とす動機がないでしょ。 それにキエフの輸送機が高度1万メートルを飛行するのかね? プーチンの乗った大統領機がその時刻に飛行してたというのが決定的だな。 キエフ軍が最近装備したBukでプーチンを撃ち落とそうとしてマレーシア機に当たったんでしょ。 あとはマグマから出てきた地底人の偽装だな。

Ukrainian Buk battery radar was operational when Malaysian plane downed - Moscow
「ブーク(Buk)のバッテリー・レーダーが稼働していた。」 「露は7月17日は終日Kupolレーダーが稼働していたこと発見。KupolはBuk-M1と組み合わせ使う部品でドネツクから南30kmのスティラ(Styla)村に配備されていた。」

航空各社、数か月前からウクライナ上空を回避 安全上の懸念で

AFP=時事 7月18日(金)15時43分配信
【AFP=時事】ウクライナ東部の親ロシア派支配地域上空を飛行中に撃墜されたとみられるマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便は、アジア太平洋地域の航空各社が安全を懸念して数か月前から飛行を避けていた空域を飛んでいた。

 韓国の2大航空会社、大韓航空(Korean Air)とアシアナ航空(Asiana Airlines)、オーストラリアのカンタス航空(Qantas Airways)、台湾の中華航空(China Airlines)は、ロシア軍が今年3月上旬にクリミア(Crimea)半島に派遣されたことを受けて、運航便の航路を変更していたことを明らかにした。

 アシアナ航空の広報担当者は「安全上の懸念からウクライナ上空の飛行を中止した」と述べた。大韓航空の関係者はAFPに、「同地域の政情不安を理由に」運航便の航路を3月3日からウクライナの南方250キロにずらしたと語った。

 カンタス航空はウクライナ上空を通過していたロンドン(London)発ドバイ(Dubai)行きの便の航路を「数か月前」に変更したという。台湾の中華航空も4月3日に航路を変更していた。

 航路を変更すれば飛行時間が延びるため、燃料費も増加する。マレーシアのナジブ・ラザク(Najib Razak)首相は18日、マレーシア航空がなぜ同様の予防措置をとらなかったのかとの質問に対し、「同機の航路は、国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization、ICAO)によって安全と宣言されていた。国際航空運送協会(International Air Transportation Association、IATA)も、同機が通過していた空域は飛行制限の対象とはなっていないと言明していた」と説明した。

 シンガポール航空(Singapore Airlines)は声明で、ウクライナ上空を飛行していた便の航路は全て変更済みだと述べたが、変更がいつ行われたのかは明らかにしなかった。香港(Hong Kong)のキャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways)は、ウクライナの空域は「かなり前から」使用していないと発表した。

 一方、日本航空(Japan Airlines、JAL)や全日空(All Nippon Airways、ANA)、ガルーダ・インドネシア航空(Garuda Indonesia)などは、運航便がウクライナ上空を通過する航路をとったことは過去にないとしている。

 欧州の航空管制調整機関である欧州航空航法安全機構(ユーロコントロール Eurocontrol)によると、ウクライナ当局はマレーシア機墜落の直後、同国東部を飛行禁止区域に設定した。【翻訳編集】 AFPBB News

他の航空会社はウクライナ上空を回避。ブーク(Buk)のKupolレーダーに写った旅客機はプーチンの大統領専用機しか飛んで来ないはずがマレーシア航空だった。

民間機は飛んでこないはずだった。情報どおり旅客機が上空に飛んできた。望遠鏡で見たら遠目にストライプのマークが同じ。あ、これはプーチン機に間違いない。Kupolレーダーを見ながらブーク(Buk)発射。どーん。やったー。え、誤爆。間違えーた。ぐげげ。

ムズィチコのおさんみたいに、また誰か射殺体で路上で見つかるはず。

ロシア大統領に「代償」警告=ウクライナ情勢でオバマ氏

時事通信 7月18日(金)9時38分配信
 【ワシントン時事】オバマ米大統領は17日、ロシアのプーチン大統領と電話でウクライナ問題を協議した。オバマ氏はロシアが事態収拾への具体策を講じなければ、制裁により今後も代償を払うことになると警告した。  オバマ氏は情勢沈静化への方策として(1)停戦受諾へ親ロシア派説得(2)戦闘員と武器のウクライナへの流入停止(3)親ロ派に拘束されている人質の解放―などを要求した。米政府は16日、ロシアのエネルギー産業などを対象に制裁を大幅に強化している。  一方、プーチン大統領はこの中で、ウクライナで起きたマレーシア旅客機の墜落に触れたというが、ホワイトハウスは詳細を明らかにしていない。 
オバマ「代償を払え。」
プーチン「ウクライナをBRICSに参加させてあげるよ。」
オバマ「了解。」

旅客機撃墜「なぜこんなことに」 各国で憤りや自粛モード

オランダのルッテ首相は休暇先から急きょ帰国。「心が砕かれた。暗黒の日だ」と述べた。オランダ・スキポール空港に妻と来たオランダ人のビム・アネンさん(67)。撃墜事件に「何でこんなばかなことをするんだ」と憤った。メディアは「オランダ史上最悪の飛行機事故の一つ」と伝え、イベントで中止や音楽を流さないなどの自粛ムードが広がった。
IMFに対抗してBRICS銀行を設立したプーチンを暗殺するようにウォール街から命令されたから。まさか同じ時間に同じペイントの民間機が飛んでくるとは思わなかったから。

オランダは極右勢力が台頭してEU離脱に傾いている。だから撃墜してオランダを脅したとか、ちょっと違うだろ。逆に南米からBRICS銀行設立して凱旋帰国の帰路のプーチンがそんな事するとも思えない。動機と目的を考えていけば誰が何の為にそんなことをするのかわかるだろ。


撃墜は、我々には技術的に不可能だ~親露派

2014年7月19日 0:56
乗客・乗員298人を乗せたマレーシア航空機が17日、ウクライナ東部で消息を絶った後、墜落した事件について、ウクライナ東部ドネツク州から小島康裕記者が伝える。

 まず、つい先ほど今回の事件への関与が疑われている親ロシア派団体のナンバー2に話を聞くことができたので、そちらから報告する。

 親ロシア派団体幹部・プルギン氏「マレーシア機の撃墜は我々には技術的に不可能だ」

 親ロシア派団体「ドネツク人民共和国」の副首相プルギン氏はこのように述べて、撃墜への関与を明確に否定した。この団体をめぐっては高度1万メートルを飛行する航空機を撃ち落とせる地対空ミサイルを最近入手していたという情報があるが、プルギン氏はこれを否定し、その兵器を持っていないことをウクライナ当局も認めていると主張した。

 今後、国の内外の捜査機関が協力して原因究明に当たることになるが、困難が予想される。先ほど、事件の調査に協力するOSCE(=ヨーロッパ安全保障協力機構)が現地に到着した。話を聞くと、彼らは、現場の保全やアクセスの確保、そして、ブラックボックス回収のミッションを負っているという。一帯は親ロシア派が影響力を持っている地域なだけに、どこまで徹底した調査ができるか懸念されている。

ウクライナ:ドネツク州の親露派リーダー辞任 内部対立か

毎日新聞 2014年07月19日 10時31分(最終更新 07月19日 11時55分)

 【モスクワ田中洋之】ロシア通信によると、ウクライナ東部ドネツク州の親ロシア派組織指導者、プシリン氏が18日、「ドネツク人民共和国」の最高会議議長ポストを辞任した。プシリン氏はモスクワに滞在中で辞任の理由について「別の仕事に就くため」としている。マレーシア航空機撃墜事件との直接の関連は不明だが、事件への関与が指摘されている親露派内で対立が起きている可能性もある。

 プシリン氏は4月から親露派組織のリーダーとなり、ウクライナ危機に関連して欧州連合(EU)から渡航禁止と資産凍結の制裁対象となっていた。

親ロシア派のプシリンが辞めたと言っても、何週間も前に退いた過去の人物だとか。じゃあ、ドネツクで日テレのインタビューに応えたナンバー2が親ロシア派のリーダーだったのか。

親ロシア派がブークを持ってない事をウクライナ政府も認めていた話だった。なのにウクライナ政府の話が変わり実はブークを持っていて、露との通信傍受もして、マレーシア航空を撃墜したことになってる。

親ロ派指導者、爆殺未遂か=専用車爆発、3人死亡-ウクライナ

【モスクワ時事】ウクライナ東部で親ロシア派武装勢力が占拠するドネツク州庁舎の駐車場で12日夜、親ロ派「ドネツク人民共和国」の指導者プシリン氏の専用車が爆破され、インタファクス通信によると、少なくとも3人が死亡した。同氏は現場におらず無事だった。暗殺未遂事件の可能性がある。  プシリン氏は今月7日にも、レストランで食事中に銃撃され、そばにいた側近が死亡した。(2014/06/13-18:01)
これか。消されかかってモスクワに逃げたのか。

え?親露派のリーダーのプシリンが6月12日に爆殺されかけてモスクワに逃げた。 見捨てられたと思ったナンバー2がプーチンを撃墜しようとしたらマレーシア航空に当たった? なんか、もうものすごい話になってきた。

なにこれーw
911のペンタゴンに墜落したはずの航空機を偽装したミサイルみたいに火消し。 MH17が欠航してたように見える画像を流したヤツもいたよな。

ジムストーンでたーw てことは、誰かわざわざカネ払って事故のもみ消しにかかってる。マグナBSPとスタックスネットみたいな事実を捻じ曲げた展開にするつもりだ。

撃墜事故は本当に起きてると思うぞ。3号機が核爆発した時のTVAと米軍の核武装屋のネットのもみ消し部隊まで登場してるということはマジにCIAがやっちゃったのか。民間機を撃墜して戦争工作じゃーん。

露がウクライナ政府に聞きたい10の疑問w

「ウクライナ政府に10の質問。」

1.事故の後すぐにウクライナ政府は自然に自衛軍(親ロ派)を責めた。何を根拠にしたのか?

2.キエフは ブーク(Buk)ミサイル発射システムが紛争域で使われたことを詳細に説明できるのか? そしてこれらのシステムを、自衛軍が飛行機を1機も持っていないのを知りながらそこに最初に配備したのはなぜか。

3.なぜウクライナ政府は国際委員会を立ち上げないのか?いつそのような委員会を始めるのか?

4.ウクライナ軍は国際調査団にSAM発射装置を含めた空対空、地対空ミサイル格納庫を調査させる気はあるのか?

5.事故の起きた日にウクライナ軍機を移動させているのに、 信頼できるソースである追跡データに国際委員会をアクセスさせるのか?

6.なぜウクライナ航空管制は通常ルートから「対テロ作戦ゾーン」に近い北に迂回させたのか?

7.なぜ戦争地域上空、特にレーダー・ナビゲーション・システムが全体をカバーできない区域を 民間機の飛行禁止にしてなかったのか?

8.ウクライナ領域でボーイング777と並んで飛行していた2つのウクライナ軍機がいたのに ウクライナで働いているスペイン人管制官の話として、ソーシャルメディアでキエフ政府がどうして公式コメントできるのか?

9.なぜウクライナ・セキュリティ・サービスは ウクライナ航空管制官とボーイング搭乗員との会話を 国際調査団を待たずにウクライナのレーダーからデータ・ストレージ・システムを使って録音開始したのか?

10.露のTu-154が黒海に墜落した2001年の似たような事故からウクライナは何を学んだのか? その時も、キエフの罪を否定できない証拠がでてくるまでウクライナ政府は一切の関与を否定した。

うわ、もうぼろぼろだ。次は国連調査団で新露派がやった証拠を捏造するのか?

Unverified tape released by Kiev presented as ‘proof’ E. Ukraine militia downed MH17
「検証されてないテープをキエフは証拠としてる。」キエフが傍受したとする音声テープはあやしいんだろ。

親ロ派の実行は「非常に明白」 ケリー米国務長官

ワシントン共同】ケリー米国務長官は20日、米CNNテレビなどのインタビューで、ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜について、親ロシア派武装組織が実行したことは「非常に明白だ」と指摘した。

 米情報機関やソーシャルメディアの情報に基づく見方だと説明。撃墜に使用された地対空ミサイルがロシアから持ち込まれたことも「一目瞭然」とした上で、撃墜後は再びロシア側に運び出す動きがあると述べた。 2014/07/20 23:54 【共同通信】

うは。

Airline Horror Spurs New Rush to Judgment
「CIAの衛星写真アナリストはウクライナ軍が撃ち落としたと言ってる。」まったく逆のことをケリーは言い張ってる。

同じ衛星写真についてCIA分析官が逆のことをなぜ言ってる?CIAてたくさんあるのか?

衛星写真にはウクライナの軍服の兵士がブークに搭乗していたのが写っていた。しかもビール瓶のようなのが周辺に散乱してたとCIAの分析官は報告。

先月は欧NATO米軍フィリップス・M・ブリードラブ司令官が露の対空防御車両は1台も国境を超えていないと発言。

ブークはでかいのでトラックに積んで輸送する、なので衛星監視を回避することはできない。 ペンタゴン報道官ジョン・キルビー海軍少将がSA-11対空ミサイルが露から東ウクライナに持ち込まれたことを示す証拠を見つけることはできなかったと発言。

イラクのスラムダンク、シリアのサリンと来て、東ウクライナのMH17便撃墜と来たか。国務省が嘘ついてる時は産経のようなプロパガンダ・ブルホーンになって必死に騒ぎたてるので、ワシントン周辺の関係者にはバレバレなんじゃないか。

‘UK media show weakness for sensationalism & propaganda in wake of MH17 tragedy’
英でも産経みたいなプロパガンダ・ブルホーンになってるw

首相の甥っ子が総理番? “人質”かわいがるフジテレビの思惑

「安倍首相の甥っ子が、総理番になるらしいよ」――。今年4月、フジテレビに入社した安倍首相の甥が、政界で話題になっている。
これが産経がフォックスみたいな戦争屋メディアになってプロパガンダ・ブルホーンやってる理由ですな。

It was Putin’s missile?
MH17撃墜時のスペイン人管制官のツイートの英訳が載ってる。

「B777はレーダーから消える数分前に2機のウクライナ戦闘機にエスコートされていた。」(5:48pm)

「もしキエフ政府が真相を許可するのなら、2機の戦闘機が事故ではなく航空機を撃墜する数分前に非常に近くを飛んでいたことになる。」(5:54)

「マレーシア航空のB777が消えるやいなや、キエフ軍は撃墜を発表した。どうして知ることができたのか?」(6:00)

「すべてはレーダーに記録されている。それを見れば信じれないがキエフが撃墜したのだ。我々はここ(航空管制室)で知っている。軍の航空管制も知ってる。」(7:14)

「内務省が戦闘機がそこにいることを知っていたが、防衛省は知らなかった。」(7:15)

「軍はウクライナ機だったことを確認。しかしどこから命令されたのかは判らなかった。」(7:31)

そしてウクライナ内務省とはマイダンクーデターを起こしたネオコンの奴ら=CIAということになるわけですな。

うは。ブークじゃなく、ふつうに戦闘機が銃撃したのか。

これ

7月3日の産経新聞一面に中曽根康広元首相の寄稿が載っていた。中身は安倍政権に自重を促す内容である。論旨を紹介すると

①敗戦後の日本は憲法9条の下でどのように実効性のある安全保障体制を作るかが基本課題だった
②同盟国である米国と協議して他国の理解と自国民の支持を得ることが重要だった
③安保政策は自民党と野党が話し合いながら注意深く形成されてきた
④自衛権の整備は安全保障上の一要素、外交戦略が欠かせない
⑤集団的自衛権は中国、韓国、ロシアを刺激する。反応の分析や検討が大事だ
⑥日本の戦後外交の基本は善隣友好だ。対中・対韓での協調を忘れてはならない

文章の端々に現政権の内政・外交にハラハラする思いが伝わってくる。

航空機撃墜を手段に選んだ理由はこれ?ひょっとMH17便はハゲイ政権時の日航123便の意味なのか。そして産経が日本担当のプロパガンダ・ブルホーンをやってる理由かも。

露国防省がウクライナのSU-25がMH17の墜落直前に同じ高度で同じ方向に飛行していたことを発表。

まぁレーダーだけでなく、フライトレーダー(ブラックボックス)をいったんモスクワに持ち帰って解析したあと返却してますからな。カードの出し方を考えるくらいか。どうするケリー?ブークじゃないみたいだw

ブークをウクライナから露に移動したというビデオもインチキか。

うーむ。あまりにもお粗末。つかそんな事をやってCIAは軍事予算カットに反対してるのかすら。とまで考えてしまう。

「さらに10の質問」
1.なぜMH17は国際航空路を逸脱したのか?

カルトポロフ「航空機はドネツクに到着するまでは航空路を飛行していた。しかしそれから北に逸れた。」

2.MH17がルートを離れたのはナビゲーションのミスか、それともドネプロペトロフスクのウクライナ管制塔の指示に従ったのか? 「航空路の左端からの逸脱の最大は14kmだった。このことから飛行機は航空路に戻れるように抜け出たようにも見える。しかしマレーシア機の乗員は戻れなかった。17:20飛行機は速度を落とし17:23露のレーダーから消えた。」

3.なぜ自衛軍は飛行機を持つ予定がないのに軍用地に巨大な防空システ群を配備したのか?

「我々の知る限り、ウクライナ軍は3つから4つの防空兵器を装備したBuk-M1 SAMシステムが墜落した日にドネツク近郊に配備されていた。このシステムは35km以内の範囲にいる目標を高度22kmまで攻撃できる。」

4.なぜキエフは事故の直前に軍管理地域の端にBUKミサイルシステムを配備したのか?

“We have satellite photos of the places where Ukraine had its air defense units deployed in the southeastern parts of the country. The first three photos were made on July 14. The first photo shows Buk launchers 8 km northwest of Lugansk. You can clearly see a TELAR and two TELs. The second photo shows radars 5 km north of Donetsk. You can see two TARs along with other equipment and technical structures. The third photo shows air defense systems north of Donetsk. You can clearly see a TELAR launcher and about 60 military and auxiliary vehicles, tents for vehicles and other structures.

“Here’s a photo of the same area made on July 17. Please note that the launcher has disappeared. The fifth photo shows a battery of Buk missiles at the village of Zaroshchenskoye 50 km east of Donetsk and 8 km south of Shakhtyorsk on the morning of the same day. The sixth photo shows the same area on July 18. As you can see, the battery has left.”

5.事故当日キエフはKupol-M1 9S18レーダー機能を強めた。BUKシステムのキー部品である。なぜ?

“Also, July 17 saw increased activity on the part of Ukraine’s Kupol-M1 9S18 radars, which are part of the Buk system. Here on this chart you see that there were seven radars operating on July 15, eight radars operating on July 16, and nine radars operating on July 17 in the area. Then, starting with July 18, the intensity of radar activities radically decreased, and now there are no more than two or three radars operating a day. The reason behind this is yet to be found.”

6.民間機用のルートで軍用機は何をしていたのか?

“There were three civilian planes in the area performing their regular flights at this time. There was a flight from Copenhagen to Singapore at 17:17, there was a flight from Paris to Taipei at 17:24, and then there was the flight from Amsterdam to Kuala Lumpur.”

“Also, Russian monitoring systems registered that there was a Ukrainian Air Force jet, probably Su-25, climbing and approaching the Malaysian Boeing.”

“The Su-25 was 3-5 km away from the Malaysian plane. Su-25 is capable of climbing to the altitude of 10,000 meters for a short period of time. Its standard armament includes R60 air-to-air missiles, which are capable of locking and hitting targets from 12 km and which are guaranteed to hit the target from the distance of 5 km.”

7.なぜ軍のジェットは旅客機のごく近くを飛行していたのか?

“At 17:21’35, with [the Boeing’s] velocity having dropped to 200 kilometers per hour, a new mark detecting an airborne object appears at the spot of the Boeing’s destruction. This new airborne object was continuously detected for the duration of four minutes by the radar stations Ust-Donetsk and Buturinskaya. An air traffic controller requested the characteristics of the new airborne object, but was unable to get any readings on its parameters – most likely due to the fact that the new aircraft was not equipped with a secondary surveillance radar transponder, which is a distinctive feature of military aircraft,” said Makushev.

“Detecting the new aircraft became possible as it started to ascend. Further changes in the airborne object’s coordinates suggest that it was hovering above the Boeing 777’s crash site, monitoring of the situation.

“Ukrainian officials earlier claimed that there were no Ukrainian military aircraft in the area of the crash that day. As you can see, that is not true.”

8.西側メディアに回覧されているビデオとウクライナから露に移動しているとされるBUKシステムのビデオの 発射装置はどこから来たのか?ビデオはキエフ管理域で撮影されている。発射装置はどこに移動しようとしてたのか?

“I’d like to say that the information we have presented here is based on objective and reliable data from various technical systems – unlike the groundless accusations made against Russia,” said Kartopolov.

“For example, media circulated a video supposedly showing a Buk system being moved from Ukraine to Russia. This is clearly a fabrication. This video was made in the town of Krasnoarmeisk, as evidenced by the billboard you see in the background, advertising a car dealership at 34 Dnepropetrovsk Street. Krasnoarmeysk has been controlled by the Ukrainian military since May 11.”

9.どこに正しいとこがあるのか?なぜ発射装置でミサイルがいくつかなくなっているのか?最後にどこで発射したのか?

10.米はMH17が軍が発射したミサイルで撃墜されたと主張する証拠をなぜ公開しないのか?

“US officials claim they have satellite photographs proving the Malaysian airliner was shot down by a missile launched by the militia. But no one has seen these photographs so far. As far as we know, there was indeed a US satellite flying over southeastern Ukraine on July 17 from 17:06 to 17:21 Moscow time.

“This satellite is part of an experimental system designed to track and monitor the launches of missiles of various ranges. If our US colleagues have imagery from this satellite, they should release it for the international community to examine it in detail. This may be a coincidence, but the US satellite flew over Ukraine at exactly the same time when the Malaysian airliner crashed.”

露は墜落時の軍の監視データをEUに渡した。

Will MH17 air crash damage Russia's Putin? (2014/7/22 23:16)

If the investigators' verdict does eventually fall against Russia it is not so much Vladimir Putin's integrity that will suffer, as respect for his strategic skill. He has, after all, never said that the rebels had nothing to do with the disaster; instead he blamed Ukraine for attacking them.
うは。この状況からブラックボックスに細工して結果をひっくり返すつもりなのか。

Malaysia Airlines MH17 plane crash in Ukraine LIVE UPDATES

2014/7/23 08:12 GMT
The inflight recorders recovered from the wreckage of the downed Malaysian plane have arrived in Britain to be analyzed, the Ukrainian government’s investigation committee told press.

西側はシリアのサリンの調査と同じことをやるつもりだ。

Moscow blasts Kiev’s false accusations and lack of cooperation with air crash investigators
ルカシェビッチ露外務省報道官「最近の報道でウクライナ保安庁は協力する代わりにウクライナ管制塔従業員とデータ通信事業者との秘密の会話のいくつかを隠している。」

“Kiev authorities used weapons of mass destruction in villages, towns and densely populated cities in reply to the initially peaceful protest of the people who wanted to protect their rights. Missiles are exploding now in residential districts of Donetsk and Lugansk. Many hundreds of people have died. Those who consider this normal should stop using the stilted phrases about Human Rights,” the senior Russian diplomat stated.
「キエフ政府は当初権利を守るために平和的に反対していた人びとに応酬する為に、村や人口が密集してる都市で大量破壊兵器を使った。ドネツクとルガンスクではミサイルが炸裂してる。何百人の人びとが死んだ。…」

ウクライナ東部ドネツク、親ロシア派が一斉に拠点放棄=軍当局

2014年 07月 23日 18:25 JST
[キエフ 23日 ロイター] - ウクライナ軍の当局者らは23日、東部ドネツク市で親ロシア派勢力が一斉に拠点を放棄し、市の中心部に向かっていると明らかにした。

ウクライナ軍による掃討作戦で、親ロシア派はドネツクとルガンスク以外の地域から撤退を余儀なくされてきた。

掃討作戦の本部は声明を発表し、親ロシア派の間でパニックが広がり、戦闘地域を離れようとしている可能性は否定できないとした。

キエフが大量破壊兵器(ミサイル)を使ったから。

「われわれは見捨てられた」 親露派幹部がプーチン大統領批判

2014.7.23 22:53 [ウクライナ]
記者会見する「ドネツク人民共和国」の幹部プシーリン氏=6月29日(タス=共同)

 「われわれはプーチンに見捨てられた」。ウクライナ東部で政権軍と戦闘を続ける親ロシア派組織の幹部が、大規模な軍事介入に踏み切らないロシアのプーチン大統領に対する「恨み節」を交流サイトに公開した。

 この幹部は、ウクライナからの独立を宣言した「ドネツク人民共和国」最高会議前議長のデニス・プシーリン氏。同氏は親露派武装組織が拠点都市のドネツク州スラビャンスクを撤退したことを住民に謝罪し「われわれは期待を抱かされ、見捨てられた。プーチンは美しい言葉でロシア人を守ると言ったが、言葉だけだった」と批判した。

 ドネツク、ルガンスク両州の親露派は、5月に独立を問う住民投票を実施、クリミア同様にロシアへの編入を目指した。だがプーチン政権は経済が疲弊した両州の併合が重荷となり、欧米による制裁拡大を招く事態を恐れて、大規模な部隊を派遣する軍事介入に消極的な姿勢を維持している。(共同)

プシリンはMH17が墜落する何週間も前から無力だったんだろ。

プーチン氏の娘「追放を」 オランダ市長、呼び掛けもすぐ謝罪 (2014/7/24)

マレーシア機撃墜で多くの犠牲者を出したオランダの首都アムステルダム近郊ヒルフェルスム市の市長が、同国在住といわれるロシアのプーチン大統領の娘、マリアさんの「追放」を呼び掛け、後に謝罪する一幕があった。英紙ガーディアン(電子版)が23日、伝えた。

 市長は同日のラジオインタビューで、マリアさんはオランダから追い出されるべきだと発言。後にツイッターで「賢明な発言ではなかった」と謝罪したが「発言は多く(の国民)が感じている無力感から出た」とも付け加えた。

 オランダではロシアへの反感が高まっており、市長の発言は国民の怒りを“代弁”したと受け止められている。マリアさんはオランダ人の恋人と一緒に暮らしているとされるが、詳細は謎に包まれている。(共同)

[ 2014年7月24日 06:00 ]

オランダの「娘がどうなってもいいのか?」というメッセージですな。

親ロシア派は「地対空ミサイル保有」、武装勢力司令官が認める

2014年 07月 24日 06:46 JST
[ドネツク(ウクライナ) 23日 ロイター] - ウクライナの親ロシア派武装勢力「ボストーク大隊」のホダコフスキー司令官はロイターのインタビューに応じ、親ロ派にはブク地対空ミサイルがあると聞いたと明かし、ロシアから供給を受けた可能性に言及した。

親ロ派がブクを保有していたが、その後、証拠隠滅のために送り返されたとの見方を示した。

同司令官によると、ブクは親ロ派拠点の1つ、ルガンスク地方から「ルガンスク人民共和国」旗とともに運ばれてきた。ただ、同司令官はマレーシア機撃墜の一報に接したときに、ブクの存在を知ったという。

同司令官は、自身の組織でブクを保有したことはないが、親ロ派の他勢力が使用した可能性があると指摘した。

同司令官は、ロシアがブクの供給元との見方を示し「ブクがほしい。誰かから提供の申し出があれば、断らないだろう。ただ、自らの脅威でない対象に使わない」と話した。

[国+]【ウクライナ】 親露派幹部、マレーシア機撃墜に使われた地対空ミサイル「BUK」の保有認める [ロイター]

2014.7.24 10:06  ロイター通信 - MSN産経ニュース
 【ハリコフ(ウクライナ東部)=佐々木正明】ロイター通信は23日、マレーシア機撃墜に使われたと されるロシア製地対空ミサイルBUKについて、ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力幹部の1人が、 事件発生時、親露派がBUKを所有していたことを認めたと報じた。

 ロイター通信とのインタビューの中で発言したもので、親露派幹部の中で事件発生後、BUK所有 について認めたのは初めて。

 この幹部は、ドネツク州の自らの部隊ではなく、別の組織である親露派勢力「ルガンスク人民共和 国」の部隊がBUKを保有していたとしている。「おそらく、証拠をなくすために送り返されたと思う」と 述べた。

 しかし、この幹部は、親露派がBUKを保有するに至った経緯や、誰が撃墜したかについては明言 しなかった。また同幹部は、ウクライナ政権側が親露派勢力にBUKを使わせるよう仕向けたと述べ、 政権側に責任があると主張した。

「しかし、この幹部は、親露派がBUKを保有するに至った経緯や、誰が撃墜したかについては明言 しなかった。また同幹部は、ウクライナ政権側が親露派勢力にBUKを使わせるよう仕向けたと述べ、 政権側に責任があると主張した。」
言わされてるだろ。

ぐは。親ロ派がプーチンに見捨てられたので撃ち落とそうとしたらMH17に当たったストーリーをメディア展開。エスコートしてた2機のウクライナ戦闘機の話は闇に葬るのか。国際航空路を逸れた話も、管制塔との会話もボイスレコーダーには何も記録されてなかったなどと言い出すのだろうな。

ボイスレコーダーに「改ざんの証拠なし」 マレーシア機墜落調査

2014年07月24日 07:32 発信地:ハーグ/オランダ
【7月24日 AFP】ウクライナで墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便の調査を主導するオランダ当局は23日、同機の操縦室のボイスレコーダーのデータは損傷を受けておらず、改ざんもされてないことが分かったと発表した。

 墜落した同機の残骸から回収されたボイスレコーダーとフライトレコーダーは、英国のファンボロー(Farnborough)にある英航空事故調査委員会(Air Accidents Investigation Branch)に引き渡され、分析が進められている。

 調査にあたっているオランダ安全委員会(OVV)は、「操縦室のボイスレコーダーは損傷を受けているが、メモリー・モジュールは無傷だ。また、同装置を改ざんした証拠も痕跡も発見されていない」と発表。「操縦室の録音データの回収に成功し、同便の有効なデータが含まれていることが分かった。データは今後さらに分析と調査が進められる」と説明した。

「チームは明日(24日)、フライトレコーダーの調査を開始する。このレコーダーも関連情報を含んでいることが示されれば、両方の装置からのデータを統合する」という。

 オランダ人193人を含む乗客乗員298人が死亡したMH17便の墜落については、墜落地域を実効支配する親ロシア派の武装勢力による残骸と犠牲者の遺体の扱いをめぐり、各国から非難が集中していた。欧米諸国は、親露派の武装勢力がMH17便を撃墜した証拠があると主張している。

 「ブラックボックス」と呼ばれるオレンジ色のレコーダー2個は、親露派によって22日にマレーシア当局に引き渡されていた。墜落原因の調査は、オランダ安全委員会の主導の下、ロシアを含む8か国が参加して行われている。(c)AFP

ぐあ。オランダはプーチンの娘はオランダにいると脅した後に オランダ当局がボイスレコーダーに「改ざんの証拠なし」 と発表。

プーチンはキエフ(CIA)がMH17を撃ち落としたと確信してる。となるとオランダを筆頭に西側諸国は自国民を生贄に差し出したジハードをやったことになる。で、オランダがプーチンの娘は国内にいるんだぞと言った後に、ボイスレコーダーに「改ざんの証拠なし」と言ってきた。どーするプーチン?

Kiev says two Su-25 fighter jets shot down, accuses Russia
7/23日(水)に2機のSu25が撃ち落とされた。親ロ派が対空ミサイルを持っているとキエフが主張。
露領土側からミサイルを発射された可能性とキエフ。自衛軍は爆撃されないため2機撃ち落としたと主張w 東ウクライナでキエフと市民軍が戦争してるはずなのに、何もかもプーチンへのメッセージになってますな。

キエフはドネツクとルガンスクで大量破壊兵器を使用、ミサイルを撃ちこんで何百人も死んでる。降参した自衛軍に言わせてますな。

もうこの時キエフは大量破壊兵器(ミサイル)をドネツクとルガンスクで使ってる。自衛軍なんて降参するしかないでしょ。あとは降参したやつらに自白させ、罪をなすりつけ、プーチンはオランダの娘を使って恐喝、ボイスレコーダーの証拠も隠滅ですな。すばらしい。100点満点です。

日本つかネトウヨはMH17便撃墜をよく学習すべき。「論破」なんて無意味でしょ。客観的な証拠をどんなに揃えて理性的論理的に反論しても、ハリウッド的なシナリオ展開で国際社会ではひっくり返される。その楽屋裏では大量破壊兵器が使われる。

キエフ(CIA)のヤツセニク首相が突然辞任w
MH16の近くを飛んでいた戦闘機の出撃はキエフ防衛省の命令ではなく内務省の命令だった。ヤツセニクが主犯だったのか。

キエフがドネツクとルガンスクで大量破壊兵器(ミサイル)を使ったことが報道されない。自衛軍は拠点を放棄して逃げたことも、そして自白させるストーリーがなぜか遠隔操作事件のぬこ兄ちゃんと同じ。両方米軍がやってたのかすらね。

2014年7月23日トランスアジア航空222便が澎湖島で緊急着陸に失敗、墜落炎上。澎湖島で緊急着陸に失敗、墜落炎上。乗員乗客58人のうち47人死亡。
2014年7月24日アルジェリア航空AH5017便がブルキナファソからアルジェリアに向かう途中マリで墜落。乗客110人。
Wreckage, remains from Air Algérie flight AH5017 found in Mali – official
アルジェリア航空AH5017便の墜落原因は気象兵器フクイチだな。両方とも悪天候で墜落してる。

ヤツセニクは選挙で選ばれたのではないマイダンクーデター後の暫定首相だったのだけど、ヤツセニクだけで世界中でメディア・ブラックホールなんて起こせないでしょ。そんなことができるのは米の戦争屋しかいない。

Malaysian Boeing disaster – Russia’s questions to Ukraine
露運輸局がMH17便墜落原因を明らかにするためにウクライナへ山のように質問を用意。

ロシア通信社、「ウクライナ軍はマレーシア機を誤って撃墜」

2014/07/28(月曜) 22:26
ロシアのリアノボスチ通信は、ウクライナ筋の話として、撃墜されたマレーシア機は、ウクライナ軍が軍事訓練の中で、誤って撃墜したものだと伝えました。

ウクライナ防衛省の関係者は、「ウクライナ軍は、東部ドネツク近くで軍事訓練を行っていた際、マレーシア航空機を誤って空爆し、墜落させた」と語りました。

この関係者は、「この演習ではミサイルを発射する予定はなかったが、戦闘機2機が、ミサイル防衛システムの範囲よりも低高度を飛行した旅客機に対し、それと知らずにミサイルを発射した」としました。

ロシア国防省も、数日前、マレーシア航空機が墜落する際にレーダー上にウクライナ戦闘機が映っていた証拠を発表しました。

今月17日、オランダからマレーシアに向かっていたマレーシア航空機が、ウクライナ東部の上空で撃墜され、乗員乗客298人が死亡しました。

ウクライナ防衛省「ウクライナ軍は、東部ドネツク近くで軍事訓練を行っていた際、マレーシア航空機を誤って空爆し、墜落させた」「この演習ではミサイルを発射する予定はなかったが、戦闘機2機が、ミサイル防衛システムの範囲よりも低高度を飛行した旅客機に対し、それと知らずにミサイルを発射した」
とウクライナ軍が言ってる。

ウクライナ軍はMH17便に近づく2機の戦闘機の出撃命令は出してなかった。管制官は内務省の命令と確認していた。もはやヤクザの手打ちみたいなストーリーですな。ヤツセニクが命令したのは明らかだな。オランダはCIAに撃墜されて平気なのか。アホだからこんな話に納得するのか。

Revelations of German Pilot: Shocking Analysis of the “Shooting Down” of Malaysian MH17. “Aircraft Was Not Hit by a Missile”
独パイロットがMH17便の超解像度の写真から銃撃されたことを証明。外から中に向かって穴が開いている。これはまるで30mm口径の弾丸が外から中に入ったようだと。たしかに機関銃で掃射したみたいに同じ間隔で穴があいてますな。MH17便はブークではなく戦闘機が撃ち落としたのか。

キエフ(CIA)がMH17便を撃墜した事実は非常に不味いみたいだな。台湾GE222便とアルジェリアAH5017便墜落とウルムチテロと台湾ガス大爆発と大忙し。ジムストーンまで投入w
あ、ガザを忘れた。いちばんスピンになってるのはガザだった。

US analysts conclude MH17 downed by aircraft
ペンタゴンが派遣した専門家の墜落原因の分析結果は、MH17便はウクライナ政府の戦闘機の空対空ミサイルと機銃掃射で撃ち落とされたという結論。

8月3日APの記者Robert Parryが米情報機関の話として「MH17便墜落の責任は反政府軍でも露でもなく、ウクライナ政府軍にあると結論づけた。」と報道。

これがヤツセニクとウクライナ国家安全防衛委員会長官が辞任した理由ですな。しかしマイダンクーデター以降、米はキエフにCIAとFBIを大量に派遣してたので責任は免れない。だからイラク空爆とエボラのパンデミックで再び誤魔化そうとしてる。

露制裁は解除か?つかMH17便墜落直後から米情報機関と米国務省の認識は180度逆だったわけで。いずれにせよMH17便をEUと露の戦争ネタに発展させるのはもう無理でしょ。ムジチコとか国家安全防衛委員会長官とかキエフのネオナチが露の工作員だったのかもね。

1985年6月23日インド航空182便爆破事件。乗客乗員329人全員死亡。
1985年8月2日デルタ航空191便墜落事故。ダラス、乗客乗員の134人と地上の1人が死亡。
1985年8月12日日本航空123便が御巣鷹に墜落、520名の死者を出すも乗客4人が奇跡的に生存。
1985年9月22日G5(先進5か国蔵相・中央銀行総裁会議)により発表された、為替レート安定化に関する合意。
1985年11月23日 - エジプト航空648便ハイジャック事件。乗員乗客98名のうち60名死亡。
1985年12月12日アロー航空1285便墜落。米陸軍248名含む256人全員死亡。カナダ最悪事故。
1985年12月27日 - ローマ空港・ウィーン空港同時テロ事件19人が死亡。

これ

対BRICs銀行のMH16便とプラザ合意のJAL123便が相似形ですなー。あー、レーガン政権が対ソ連からテロとの戦いに切り替えるときのJAL123便墜落だったのか。本当にウォール街が戦争起こしてる。

ラブロフ「西側はウクライナ軍の支配でキエフより影響力がある。」 「キエフは国防軍の大部分を占める右派のような軍を補助する多くの組織をコントロールできない。右派の政策がウクライナ内務省の声になっている。」

ふむ。その内務省が2機の戦闘機の出撃命令をだしてMH17便を墜落させたってことか。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。