弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

文科省の元幹部が慶応大学にも天下ってサイバーテロを起こすw。サイバーテロリストのスカウトキャラバンだったのかぁ。やっぱりーw update1

文部科学省の元幹部 慶応大学にも天下りか 2月13日 12時03分
文部科学省が組織的に天下りを行っていた問題で、慶応大学にも去年、退職した元幹部が再就職していたことが関係者への取材でわかりました。再就職にあたっては、人事課のOBを仲介させていたということで、文部科学省の調査チームは違法な天下りを禁じた国家公務員法に違反する疑いがあると見て、調べています。
一連の天下り問題を受けて文部科学省は、外部の有識者を交えた調査チームを設置して、天下りの規制が強化された平成20年以降に大学などに再就職したケースが違法でないか、調査を進めています。
こうした中、去年3月に退職した元幹部が、およそ2か月後に慶応大学の参事に再就職したときに、文部科学省の組織的な天下りを仲介していた人事課OBの嶋貫和男氏のあっせんを受けていた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。
このOBは、文部科学省の人事課から提供された元幹部に関する情報を基に慶応大学の人事課と再就職に向けたやり取りをしていたということです。
この再就職については、すでに辞任した前川前事務次官や当時の人事課長も了承していたということです。再就職した元幹部は、私立大学への助成金などを担当する私学助成課長などを経て、去年3月退職していました。
一連の問題では、すでに早稲田大学に再就職した元高等教育局長のケースを始め、合わせて10件が天下りのあっせんを禁じた国家公務員法に違反するとされていて、調査チームでほかにも違法なケースがないか、調べを進めています。 慶応大学「文科省OBから情報提供受け採用」
これについて、慶応大学は「文部科学省OBの嶋貫氏の情報提供を受けて、去年6月に文部科学省の元職員を所定の手続きを経たうえで採用しました。採用のしかたに問題があったとは考えていませんが、文科省の調査には協力していくつもりです」と話しています。
「去年(2016年)3月に退職した元幹部が、およそ2か月後(2016年5月)に慶応大学の参事に再就職した」w

つれづれすくらっぷ→ここから記事を復元w
ニッポニア・ニッポン2016年5月27日 2:19
文科省装うウイルスメール届く
05月26日 17時21分

文部科学省から発信されたように装った、ウイルスが仕掛けられたメールが慶応大学の複数の職員に届き、文部科学省は同じようなメールがほかにも発信されるおそれがあるとして、全国の大学や研究機関に注意を呼びかけています。
慶応大学によりますと、文部科学省から発信されたように装ったメールは5月23日から翌日にかけて、大学の6人の教職員にあわせて6通、届いたということです。
メールのひとつには、タイトルの冒頭に「文科省」と記され、「新学術領域研究の中間・事後評価について」という見出しで、ファイルも添付されていたということです。
ただ、受信した職員のひとりが、送信者のアドレスが文部科学省のものではなく、自民党佐賀県連のものになっていたことを不審に思い、学内の情報セキュリティー部門に連絡したところ、添付のファイルにウイルスが仕掛けられていたことが分かったということです。
慶応大学では、同じ組織に集中的にウイルスを送り付ける「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃が行われたとみていますが、これまでのところ、情報の流出は確認されていないということです。
また、文部科学省によりますと、問題のメールには、実在する文部科学省の担当者の名前が書かれていて、この担当者が過去に送ったメールの本文が、悪用されたとみられるということです。
問題のメールが確認されたのは、これまでのところ慶応大学だけだということですが、文部科学省は、今後、同じようなメールがほかにも発信されるおそれがあるとして、全国の大学や研究機関に注意を呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160526/5635391.html

ニッポニア・ニッポン2016年5月27日 2:20
文科省装うメール、慶応大に=ウイルス入り、情報漏れなし

 文部科学省の職員が発信したかのように装ったウイルス入りメールが、慶応大の教職員に送られていたことが26日、分かった。発信には自民党佐賀県連のサーバーが使われており、同サーバーに不正アクセスの形跡が見つかった。文科省は同様のメールが他の大学にも送られている可能性もあるとみて、注意を呼びかけている。
 慶応大と文科省によると、メールは23日午後から24日にかけ、教職員のアドレス宛てに計6通が送られた。差出人欄には文科省の実在のメールアドレスが表示され、同省が過去に送ったメールの文面が転用されていた。不審に思った同大職員が学内のセキュリティー部門に届け出たところ、添付ファイルにウイルスが含まれていたことが判明。外部への情報流出などはなかったという。(2016/05/26-19:30)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052600852&g=soc
あら?これだわ。とうとう文科省は尻尾だしたみたいだな。

これって佐賀県のサイバーテロリストのスカウト・キャラバンのやつですな。
イスラム国™の掃討作戦が国内で進行ちうw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。