弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【テゴマスのらじお】MBS(毎日放送)の岡田公伸取締役がコロナウィルスで死去… update7

「先月26日から咳や発熱などの症状などがあったが、いったん収まった後、出社していた。しかし、再び発熱したため、31日は早退し、自宅で休養。今月4日に西宮市の病院に入院して肺炎と診断され、今月7日にPCR検査でコロナ感染の陽性と確認されていた。 」

サイトカイン・ストーム症状…


【仮説①】サイトカイン・ストーム症状て、S型TCCかS型TCTに感染したあとに症状が回復、そのあとL型CTCに感染することなのでは?

2020.04.09 MBS岡田取締役が死去 7日にコロナ感染判明 浜田雅功とは旧交
 MBS 拡大
 MBS(毎日放送、大阪市)は9日、取締役の岡田公伸(おかだ・きみのぶ)氏が同日、心筋症のため兵庫県西宮市内の病院で死去したと発表した。60歳。今月7日に新型コロナウイルス感染が判明していた。
 東京進出前のダウンタウンの超人気番組「4時ですよ~だ」(87~89年)でディレクターを務め、昨年9月に放送された浜田雅功のレギュラー番組「ごぶごぶ」(MBS)にも登場。30年来の旧知の仲である浜田から「偉なったのう!」とタメ口で声をかけられていた。
 岡田氏は早稲田大学商学部卒業後の1983年4月、毎日放送に入社。制作局を経て、昨年6月に取締役に就任。アナウンサー室、制作局、東京制作局担当を兼任していた。昼の情報番組「ちちんぷいぷい」はプロデューサーとして立ち上げから携わった。
 先月26日から咳や発熱などの症状などがあったが、いったん収まった後、出社していた。しかし、再び発熱したため、31日は早退し、自宅で休養。今月4日に西宮市の病院に入院して肺炎と診断され、今月7日にPCR検査でコロナ感染の陽性と確認されていた。

スポニチ→MBS取締役・岡田公伸氏死去「家族が驚くほどの急変」浜田雅功とも「4時ですよ~だ」時代から旧知の仲

MBS取締役・岡田公伸氏死去「家族が驚くほどの急変」浜田雅功とも「4時ですよ~だ」時代から旧知の仲 [ 2020年4月9日 18:50 ]
大阪市北区の毎日放送社屋 Photo By スポニチ
 毎日放送(MBS、大阪市北区)は9日、制作担当取締役の岡田公伸(おかだ・きみのぶ)氏が同日午後、心筋症のため兵庫県西宮市内の病院で死去したと発表した。60歳。今月4日に肺炎と診断されて入院し、7日に新型コロナウイルス感染が確認されていた。同日の情報番組「ミント!」(月~金曜後3・49)の中でも発表。ダウンタウンの浜田雅功(56)とも伝説的番組「4時ですよ~だ」(1987~89年)時代から30年来の旧知の仲だった。
 岡田さんは3月26日から発熱や咳の症状があり、27日まで自宅で休養。熱やせきが治まったため28、30日は出社した。31日に出社したが、体調が悪化して早退し保健所に連絡。自宅で休養し、4月4日に西宮市内の病院でPCR検査を受け、7日に陽性が判明。肺炎と診断され、入院した。もともと持病があり、関係者によれば「家族が驚くほどの急変だった」という。
 同局は立ち入り先を消毒。また、接触が確認された社内外の人に個別に連絡。長時間の会議などで同席した役職員を自宅待機とした。
 岡田さんは、ダウンタウンらがMCを務めた伝説的番組「4時ですよ~だ」(1987~89年)や帯番組「ちちんぷいぷい」(月~金曜後1・55)などを立ち上げ、制作に関わった。昨年9月17日放送の「ごぶごぶ」(火曜後11・56)では、30年来の付き合いがある浜田にオススメグルメを紹介するシーンでテレビ画面に登場。浜田と再会していた。
 新型コロナウイルスの事態が落ち着いた後、有志によるお別れの会を検討している。
 岡田さんは早稲田大学商学部を卒業後、1983年4月に毎日放送入社。制作局制作一部長、制作局次長兼制作一部長、制作局長兼新館建設室シニアマネージャー、人事局長を経て、2019年6月にアナウンサー室、制作局、東京制作局担当取締役に就任した。

2019.09.18 浜田雅功&南野陽子がMBSに殴り込み?旧知の取締役に「エラなったのう!」
 浜田雅功(左)と南野陽子 拡大
 ダウンタウン浜田雅功が17日深夜にMBSで放送された「ごぶごぶ」(火曜午後11・58)に出演。相方(ゲスト)の歌手で女優の南野陽子と共に、アポなしでMBSに乗り込んだ。
 この日は毎日放送取締役の岡田公伸氏から手紙でおすすめランチを紹介してもらい食べに行くはずだったのだが、手紙を読んだ南野陽子が「(大阪のテレビ局で)一番仕事してないのが毎日放送さん。全然呼んでいただけない。(芸能生活)33年で片手ぐらい」とボヤいてみせたことから状況は一変。「マジで!?それはアカン!言うたろ!」と浜田が岡田取締役に直談判すると言い出した。というのも、浜田は岡田取締役とは「4時ですよ~だ」(1987~89年放送)の頃からの付き合い。アポがないことでスタッフが慌てだすと「誰のおかげでエラなったと思ってんねん!岡田ー!アホか!」と激高し、スタッフの制止も振り切りMBSに突入した。
 南野も「(こっちには)浜田さんがいるんだぞー!」と浜田を盾にグイグイと進み、ノリノリの様子だった。
 そうして岡田取締役までたどり着くと、浜田は開口一番「おーう!エラなったのう!」と凄みながら南野の苦情を伝え「どうすんの?」と詰め寄った。さらには「こんなエラなってもうて」と岡田取締役の胸の肉をムギュッとつかむなどやりたい放題。これには岡田取締役もたじたじだったが、そこは長年の付き合いで慣れっこなのか「浜田さんはあんま変わってない。昔からこんな調子です」と苦笑していた。

この「死亡85」に志村けんと岡田公伸MBS締役が入ってることになる。確率論的に異常事態。やっぱ暗殺か?

【仮説】肺炎で死去する人々のタイムラインからCOVID-19は少なくとも根津甚八(69)の頃から使っている暗殺手法なのでは?

関テレ、志村けん、MBS(毎日放送)…

元海自自衛官(別班/DIT)の飯森裕次郎の動機を3月18日にカンボジアで元自衛官が起こした殺人事件と比較して解読…

朝日新聞社論説委員、新型コロナに感染 東京本社 新型コロナウイルス 2020年4月9日 20時00分
 朝日新聞社は9日、東京本社(東京都中央区)に勤める50代の男性の論説委員が新型コロナウイルスに感染したことが確認された、と発表した。
 論説委員は3月28日、休日中に発熱して以降、自宅療養していた。保健所の指示で4月6日にPCR検査を受け、9日に陽性と判明した。最後に社外で取材活動をしたのは3月19日だった。
 同じ職場で発熱などの症状を訴えている人は出ていない。

MBSラジオ「テゴマスのらじお」


MBSラジオ「テゴマスのらじお」手越祐也の岡田公伸毎日放送制作局長…

シンボリック・リンク「手越祐也」w

【NEWS手越祐也w】森友サヨクのGJなコメディがつづくw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。