弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【森友が解けるw】ジュピタープロジェクト「松田学サイバー部会」とコインチェック…w update10

ロンブー淳も出資「仮想通貨ビジネス」 会長が部下を暴行の衝撃映像 社会 週刊新潮 2019年11月14日号掲載
前歯が折れた社員(他の写真を見る)
 さる10月29日、投資家11人が、仮想通貨事業などを掲げる「ジュピタープロジェクト」を相手取り、計約1億円の損害賠償を求めて提訴した。“3カ月で1・5倍から2倍”の架空の高利回りかつ元本保証を謳った案件には、あの芸能人との関わりも……。
 ***
 中には、5000万円近くが戻ってこない投資家もいるという本件。“サイバーセキュリティ関連事業への投資”を名目に、ジュピターは資金を集めていた。
 訴訟代理人の加藤博太郎弁護士は、
「フタを開けてみれば企画書すらなく、まったく実体のともなわない事業だったのです。期限がきても、投資した方には利息はおろか元本すらほとんど戻っていません」
 ジュピターには、投資家タレントとしても知られる「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(45)も100万円を投資していた。ロンブー淳もキナ臭い投資話に引っかけられた、と思いきや……。こちらは後に150万円が支払われ、ジュピターが謳う“1・5倍”の上がりとなったそうだ。
「週刊新潮」2019年11月14日号 ネット書店で購入する
「芸能人ということもあり、担当者がなんとか工面したのです」(関係者)
 今回の集団訴訟騒動を引き起こした大本と目されるのが、ジュピター内外で“会長”と呼ばれる実質的なオーナー、城浩史(たちひろし)氏である。週刊新潮は今回、城氏が部下を次々と殴打する映像を入手した。詳しくはデイリー新潮にて公開中の動画をご覧いただきたいが、城氏が別名の会社で空気清浄器ビジネスを行っていた頃の「朝礼」の模様というから驚きである……。
 ロンブー淳は見事“勝ち逃げ”できた投資話。詳しくは11月7日発売の週刊新潮にて。

「仮想通貨事業」返金滞る 集金10億円規模か、提訴へ
2019/8/24 21:00 (JST) ©一般社団法人共同通信社
関連会社の返金トラブルが発生している「ジュピタープロジェクト」が入るビル=23日、東京都千代田区
 暗号資産(仮想通貨)や情報セキュリティーの事業を掲げる「ジュピタープロジェクト」(東京)関連会社が投資家から事業資金を集めた後に返還が滞り、トラブルになっていることが24日分かった。投資家ら7人が近く会社側を提訴する構えで、投資家側代理人の加藤博太郎弁護士によると、約8千万円の損害賠償を求める。未判明分を含めると集金総額は10億円規模に上る可能性もあるという。
 元国会議員や大手企業元役員がジュピター社幹部などとして同社ウェブサイトに名を載せたが一部は辞意を示している。
 ジュピターは「23日までに全ての対応を始める」とだけ述べた。

wikipedia.org→松田学(まつだまなぶ)

1957年 京都府生まれ[2]。
1981年 東京大学経済学部卒業後、大蔵省入省[3]。
1983年 ボン大学社会経済学研究所留学[3]。
1987年 洲本税務署長[3]。
1995年 大阪国税局査察部長[3]。
1997年 大蔵省大臣官房企画官[3]。
2006年 東京医科歯科大学教養部教授[3]。
2008年 郵便貯金・簡易生命保険管理機構理事[3]。
2009年 預金保険機構金融再生部長[3]。
2010年4月27日 財務省大臣官房付を最後に財務省を退官[4]。
7月 第22回参議院議員通常選挙で神奈川県選挙区にたちあがれ日本から出馬し落選。
9月 トータル・オペレイティング・プロダクト顧問[4]。
10月 大樹総研株式会社特別研究員・執行役員[4]。
2011年 医療法人豊岡会顧問[4]。
2012年 第46回衆議院議員総選挙で日本維新の会から比例南関東ブロック(比例単独2位)に出馬し初当選。日本維新の会国会議員団副幹事長、衆議院内閣委員会理事などを務める[5]。
2014年 日本維新の会分党にあたり次世代の党結党に参加。党政調会長代理に就任した[6]。第47回衆議院議員総選挙では神奈川7区から出馬するも落選[7]。
2016年 自民党に移籍し、第24回参議院議員通常選挙に向けて開催されたネット投票ファイナリストとなる[8]が、最終選考で伊藤洋介に敗れたため本選挙には出馬しなかった[9]。

「ボン大学社会経済学研究所」w、「大阪国税局査察部長」、「ゆうちょ、かんぽ」、「次世代の党」…w

「東京医科歯科大学教養部教授」て歯髄細胞?w、朝山貴生w

朝山貴生「mijin Catapult (v.2)」✕ 岐阜大学「歯髄細胞(幹細胞)流通管理」✕ 京都大学iPS細胞研究所 = GOX?w

ゆうちょ銀行員「リスク隠し投信契約」 高齢者ら苦情毎月100件 内部資料「営業実績を優先」 2019/11/6 6:00
西日本新聞 社会面 宮崎 拓朗
拡大 顧客からの苦情内容が記されたゆうちょ銀行の内部資料
 「79歳の母が500万円の外貨建て保険を契約していた。認知症の母にそのようなリスク商品を販売するのは違法ではないか」
 「貯金の手続きに行ったら強引に投資信託の話をされ、訳も分からないまま契約に至ってしまった」
 西日本新聞が入手したゆうちょ銀行の内部資料には、投資信託や外貨建て保険を契約した高齢者からの苦情が多数記載されていた。「貯蓄から資産形成へ」。未曽有の低金利が続く中、同行は元本割れのリスクがある金融商品の販売強化を打ち出すが、現場の行員は「営業目標を達成するため、一部で顧客の意に沿わない販売が行われている」と証言する。
 内部資料には今年7月19日~10月4日に寄せられた顧客からの苦情内容が並ぶ。高齢者が商品のリスクに関する説明不足を訴える内容が目立つ。
 別の資料によると、投資信託などに関する苦情は昨年8月以降、毎月100件前後で推移し、かんぽ生命保険の不正販売が発覚した今年7月は約600件に急増した。2018年度の課題として「必要なプロセスの形骸化、商品性の説明が不十分」「お客さま本位よりも目先の営業実績の確保に意識が行きがち」などと記している。
 同行は投資信託の販売残高を17年度末の1兆6千億円から27年度末には10兆円に拡大する計画。それに伴い、現場に課せられる営業目標は毎年増え続けている。
 ある行員は「目標は増えても、買いたいお客さんはそんなにいない。どうしてもリスクをあいまいにした営業トークになってしまう」と打ち明ける。
 別の行員は上司から「去年と同じ営業だと目標を達成できないぞ」とハッパを掛けられ、毎日朝から晩まで顧客に営業電話をかけ続ける。「こんな荒っぽい営業をしていたら、“第二のかんぽ”になってしまう」と嘆いた。
 同行は9月、70歳以上の高齢者に投資信託を販売する際、商品の理解度などをチェックするよう定めた内規に違反した不適切契約が、1万7700件あったと発表した。再発防止に向け、行員の研修や顧客対応に力を入れるが、販売自体は継続している。
 熊本学園大の坂本正シニア客員教授(金融制度論)は「リスク商品を販売する以上、顧客の理解を得るための丁寧な説明が求められる。特にゆうちょ銀は郵便局への信頼を背景に販売しており、営業方法に問題がなかったか検証すべきだ」と指摘する。
(宮崎拓朗)

この⤵記事GJ杉でビンゴ連発w

hyip-information.com→ジュピター(Jupiter)最新情報|今後どうなる?9月上場!ICO内容は?

資本金4.100万円の株式会社ITガードは、米国政府機関でも過去 20 年間一度も破られたことがない、エンドポイントプロテクション製品「AppGuard(アップガード)」を国内で販売する一次代理店です。※製品力は、導入ライセンス&導入社数 NO.1

また新メンバーとして石塚 宏一 氏(元ソニー・モバイルコミュニケーションズ 常務取締役/営業本部長)がジュピタープロジェクトに参画致しました。

【サイバーセキュリティの実装化へ「ジュピタープロジェクト」~松田学の新著より】w

【東大大学院情報学環のSisocで「松田学サイバー部会」を立ち上げ】w


松田まなぶ
2017年9月1日 ·
 国家存立危機事態はミサイルだけでなく、サイバー攻撃によってももたらされる。情報盗取による日本企業の経済的損失も莫大、サイバーセキュリティは最大の成長戦略でもある。東大大学院情報学環のSisocで「松田学サイバー部会」を立ち上げ、技術的観点を超えて広く社会システムの視点から政策提言に向けた活動を行っています。今回の松田まなぶのビデオレターでは、この活動の一環として7月下旬に参加した米ラスベガスでのブラックハットとデフコンの出張報告を兼ねて、この、日本のもう一つの安全保障問題を論じました。動画はこちら↓です。
「急がれるサイバーセキュリティーの構築~ラスベガス出張報告」(チャンネル桜8月24日放映)
https://www.youtube.com/watch?v=kf7sQqPnpfw
とりわけIoTやAIの時代に入ってと、サイバーセキュリティ対策にはトータルな社会システム設計や、国家の基礎的インフラ構築の視点からの取組みが一層必要になっていきます。そもそも社会システムの強靭性を支えるのは、層の厚さと裾野の広さと試行錯誤の積み重ね。世界中のハッカーたちが腕を競い合って顕彰されるデフコンでは、元米国政府関係者が政府機関へのハッカー攻撃を奨励して実戦経験の大事さを強調していました。もう一つ、攻撃は最大の防御なりのこの世界で、「専守防衛」の日本はどうするのか。さまざまな論点があります。詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください。写真満載です!
「サイバーセキュリティ世界大会に参加~増大する脅威への対処~松田まなぶのラスベガス報告」↓
https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12303196924.html




ラスベガスのベネチアンw。マカオの進次郎かw

2017年9月1日かぁ…、つまり、コインチェックのNEM580億円相当が流出する5ヶ月前w
森友が解けたわw

ネトウヨの聖地【大阪合同庁舎4号館】財務省近畿財務局7階の所属課ロンダリングとバングラディシュサイバー銀行強盗のモニタリング担当の金融調整官w

コインチェックから通貨「NEM(ネム)」580億円相当が流出。金塊密輸の代りかw。「安全なオフィスの中から外の困ってる人を見るカイジみたいな遊びをしてる」w(2018年1月26日)

共済金w

「つくばサーキットの共済金2億の件」w

「脱税のスキーム」と「大阪国税局査察部長」かぁ…w

「ボン大学社会経済学研究所」てダンスケ銀行?w

「東京大学でサイバーセキュリティに関する研究や政策提言に携わる」w

上 昌広 (@KamiMasahiro)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。