弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

又吉イエスと在ペルー日本大使公邸占拠事件。沖縄県政策調整監だった兄、台湾電力と北朝鮮、東海再処理工場、東電OL殺人事件… update5

又吉イエス氏が74歳で死去、独特の選挙運動を展開 [2018年7月24日0時9分]
 衆院選など国政選挙に立候補し、独自の選挙運動を展開した「又吉イエス」こと又吉光雄(またよし・みつお)氏が今月20日、左腎(じん)がんのため亡くなっていたことが分かった。74歳。
 同氏が代表を務めていた政治団体「世界経済共同体党」が23日、ホームページで発表した。
 かねて、病気療養中だった。先月末には同党が「健康がすぐれず、回復して政治活動、選挙活動をするのは無理とのことであります」として、政治活動とホームページの停止を発表していた。
 遺族の希望で、近親者のみで告別式を執り行ったという。
 又吉氏は98年の沖縄県知事選に出馬したほか、数々の衆院選、参院選に参戦。昨年秋の衆院選にも、東京1区から出馬、落選した。自身を「唯一神」と称し、独特の持論を訴え続けた。

又吉イエス(またよしイエス)
「1996年に起こった在ペルー日本大使公邸占拠事件の際には、ゲリラとペルー政府を説得するために沖縄県からペルーに駆けつけた。この際、当時沖縄県政策調整監であった兄の辰雄も情報収集のためペルー入りしていた。1997年に世界経済共同体党を設立、同党代表を務める。」w

在ペルー日本大使公邸占拠事件かぁ。佐々淳行とか青山繁晴の類?w

1996年5月13日JALが1回目のオフショア口座(JAL HOLDINGS LIMITED/144133)開設
1996年11月19日JALが2回目のオフショア口座(JAL Leasing (Cook) Co., Ltd/167528)開設
1996年12月17日駐ペルー日本大使公邸襲撃および占拠事件
1997年1月23日台湾電力が北朝鮮に廃棄物を最終処分
1997年3月11日東海再処理工場で爆発事故
1997年3月19日東電OL殺人事件
1997年4月22日ペルー警察の突入によって事件が解決
1997年5月24日神戸連続児童殺傷事件小5を殺害
1998年5月13日JALが3回目のオフショア口座(JAL Trust/161821))開設
1998年6月中央省庁等改革基本法成立

「この際、当時沖縄県政策調整監であった兄の辰雄も情報収集のためペルー入りしていた。」
沖縄県政策調整監だった兄、台湾電力と北朝鮮、東海再処理工場、東電OL殺人事件…答えがでてるw。

篠田新潟市長 退任意向を表明 07月24日 08時18分
新潟市の篠田昭市長は24日朝、記者団に対し10月の市長選挙に立候補せず、今期限りで退任する意向を表明しました。
10月の新潟市長選挙に向け、去就が注目されていた現職の篠田昭市長は、これまで態度を明らかにせず、今月中に判断する考えを示していました。 これについて篠田市長は24日朝、新潟市内で記者団に対し、「私が誕生の一役を担った花角知事が県のかじ取り役となり、私の役割は終わった」と述べ、次の選挙に立候補せず今期限りで退任する意向を表明しました。 また、篠田市長は「人口問題や健康寿命の延伸、行財政改革で財政をもう1度立て直し、持続可能な町づくりを残り任期、全力でやって土台を作って引き継ぎたい」と述べました。
篠田市長は24日午後にも正式に記者会見することにしています。 篠田市長は、70歳。 新潟日報の論説委員などを経て、平成14年の市長選挙で初当選し現在4期目です。 この間、周辺の自治体との合併を進め、新潟市を政令指定都市にすることに尽力したほか、文化や芸術による地域の活性化などに取り組みました。 10月28日に投票が行われる新潟市長選挙には、これまでに新人3人が立候補を表明したほか、さらに1人が今週中に立候補を表明する見通しで、篠田市長の退任により、市長選挙は新人による混戦となる見通しです。

なんかすごい展開だなw。

篠田昭新潟市長が退任を発表。青山繁晴とともに花角英世を新潟県知事選で支援していた。

駐新潟大韓民国総領事館、在新潟ロシア連邦総領事館、中華人民共和国新潟総領事館←たぶん、止めたのはこの人たち?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。