弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

コインチェック騒動のさなかにLiskで373億円の資金移動、不正送金w。ボコハラムの臓器売買の通貨はLiskだったのか。update16

【LSKとは2016年に稼働された仮想通貨リスクの単位で、1LSKは2629.572円(1月26日12時時点)。つまり、コインチェックのメインウォレットからこのアドレスに送られた送金の合計額は、日本円に換算して373億円に相当するのだ。】w

ルワンダ会計士ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)→LISK(リスク)と仮想通貨LSKとは?イーサリアムとの違いは?概要や将来性、取扱い取引所などまとめ

「DAppsというのはアプリケーションの中央にそれを管理している会社や組織がない」w
「一方でLISKは、世界的にもよく利用されているJavaScriptによる記述が可能です。」

LSK(Lisk)は分散管理保存仮想通貨なので、コインチェックに金融庁がガサ入れしようがするまいがそんなのとは関係なく送金(移動)させることができるw。

【リスクを買うことのできる国内の仮想通貨取引所は、現状では「Coincheck」のみです。】
だんだん今回の騒動の真相が解明されていきますな。

サイバー銀行強盗を最終目標に設定して、その完全犯罪を完成させるための機能部品となる仮想通貨をいろいろ開発したw。以前にも悪質なデリバティブはたくさんあったけど、今ではそれが金融庁の統制下を外れて仮想通貨取引所で行われているw。

ブロックチェインはコイン(商品)の所有権の移動と所在を保証する。そしてLSK(Lisk)なんて分散管理なので流通を誰も止めることができない。ありとあらゆる悪用が出現する。例えば人身売買のブロックチェインとかw。こわいわー。

「こんにちは、ルワンダ会計士ブロガーのぴかりん(@.dujtcr77)です。」w
ぐは。ボコハラムの臓器売買の通貨はLSK(Lisk)だったのかw

あ、なんか、土人の国策が見えてきたw。

【パナマ文書】DMM(.)comのケツ持ちは森喜朗元首相w。泊原発の西200キロに北朝鮮の弾道ミサイルが着弾した理由が判明。

あーぁ、コインチェックとDMMが連携してるしw。これがDMMの亀山がアフリカに100億円を投資した理由かぁ。

w

すっげー。どこと取引しても同じやつらだったのかw。

金融庁のガサ入れw

金融庁がコインチェックに立ち入り検査 2018/2/2 08:27
 金融庁は2日、巨額の仮想通貨が流出した仮想通貨取引所コインチェックに対し、改正資金決済法に基づいて立ち入り検査に入った。

2018.2.2 09:07 【仮想通貨流出】コインチェックに立ち入り 仮想通貨流出で金融庁 報告前に異例措置
コインチェック本社が入るビル 仮想通貨「NEM」が流失したコインチェック本社が入るビルの前には警察官の姿が見られた=1日、東京都渋谷区(桐山弘太撮影)
 金融庁は2日、不正アクセスにより顧客の約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が外部に流出した仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)に対し、資金決済法に基づく立ち入り検査に入った。顧客の補償に充てる資金が十分にあるかどうかなど財務内容を早急に調べる必要があると判断した。
 金融庁はコインチェックに対して1月29日に業務改善命令を出し、原因究明や管理体制の強化などを取りまとめて2月13日までに報告するよう求めていたが、コインチェック側の説明に不明瞭な点も多く、期限を待たずに立ち入り検査に踏み切る異例の措置を取った。
 ネムは1月26日未明から夜にかけて流出。何者の犯行かは分かっていない。同社は自己資金を原資に日本円で合計約460億円を補償すると説明しているが、返金余力の根拠となる財務状況を開示していない。取引も大半が1月26日から停止。再開時期のめどは立っていない。
「コインチェック側の説明に不明瞭な点も多く、期限を待たずに立ち入り検査に踏み切る異例の措置を取った。」w
金融庁のスキルでガサ入れしても、どこまで解明できるかなんてのは未知数w。
ひょっとしてボコハラムの臓器売買マネロンの証拠隠滅に行った?

経営管理含め報告命令=金融庁、取引所に―仮想通貨流出 2/3(土) 8:05配信 時事通信
 仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)で不正アクセスによって顧客の仮想通貨が流出した問題を受けて、金融庁が同社を除く国内の全取引所に出した報告徴求命令の全容が2日、分かった。
 点検項目は計43項目。顧客資産の管理やサイバー攻撃対策の詳細に加え、経営管理体制を含め自己点検して結果を報告するよう指示している。
 顧客の仮想通貨を常時インターネットに接続したままで管理するなど、コインチェックの不正アクセス対策は脆弱(ぜいじゃく)だった。
 金融庁はこうしたリスクを放置する経営にも問題があるとみて、徹底的に調べる必要があると判断したもようだ。金融庁は取引所からの報告を検証。必要に応じ、立ち入り検査を検討する。
 命令は1日付で、回答期限は2日。経営管理体制では、内部・外部監査で経営陣が指摘を受けた内容とその対応策について報告するよう求めている。またサイバー攻撃に備えるために経営陣がどのような指示を出していたかについても聞いている。
 顧客資産の管理では、インターネットに接続した状態で管理している顧客資産の金額や割合に加え、取引実行に必要となる電子署名(秘密鍵)の管理方法などを質問。システムリスクの管理では、サイバー攻撃を受けたときの専門業者との連携体制などをただした。
 報告徴求命令は、法律に基づき、資料や報告書の提出を求める行政措置。対象は、改正資金決済法に基づいて金融庁に登録された16取引所と、登録審査中で「みなし業者」として運営を認められている15取引所。 

bitFlyer(ビットフライヤー)の加納裕三

うわー。

もろインサイダー取引w。

うっはw。

bitflyer.jp→取締役紹介
代表取締役
加納 裕三
1976 年生まれ。
2001 年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして自社決済システムの開発、トレーダーとしてデリバティブ・転換社債トレーディングに従事。
2014 年 株式会社 bitFlyer を共同設立。
日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事として 2016 年の「仮想通貨法」の成立に尽力。オリジナルブロックチェーン「miyabi」を共同開発(関連技術の特許は一部取得済み、一部申請中)。
2016 年国際会議サイボスにおいて金融サービス分野の形成に貢献した金融イノベーターの 1 人に選出。
過去世界49カ国を旅し、エベレストのベースキャンプまで登山。
ゴールドマン・サックスかぁ。


コインチェック流出 取引所へ送金を初確認 2018年2月1日 14:09
仮想通貨取引所「コインチェック」からの流出問題で、1日未明、流出先のハッカーのものとみられる口座から初めて、個人などではなく取引所に送金されたことがわかった。
「コインチェック」から流出した仮想通貨「NEM」は、これまでは取引所ではない個別の口座に送金されていたが、1日午前3時前、初めてアメリカの取引所に送金されたことがわかった。
狙いについて情報セキュリティーに詳しい杉浦隆幸さんは、取引の数が多い取引所に送金することで追跡や規制を難しくする狙いがあるとしている。
一方、今回の問題を受け金融庁は、取引所の新規登録の審査を厳しくすることを決めた。金融庁は去年から仮想通貨の取引所の登録制を導入しているが、今後新たに登録する際は、サイバー攻撃を受けてもセキュリティーが破られないかのテストなどをするという。

Liskとマイクロソフトとアフリカw


Liskに「マイクロソフトも注目」w。これでジェマンジ博士の言ってたとおりになった。
ボコ・ハラムはビル・ゲイツの臓器狩り部隊だった。南スーダンから銃を持った1000人がエチオピアに侵入。28人を殺害。43人の子供を誘拐。
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」

ヘボいドラマみたいな展開w。
コインチェック事件でまたしても土人国家の吐き気のするような深い闇を覗き見てしまった感じは否定できないw。おえぇぇ。

マネロンの信憑性w

誰が犯罪の進行を止めてる輩がいる。

送金(専用)仮想通貨リップル

coinpost.jp→仮想通貨 リップル(XRP)とは?
リップルは送金(専用)仮想通貨w。

jp.cointelegraph.com→リップルは仮想通貨ではない?高まる非難の声「羊の皮をかぶった狼」
「意見が分かれる中、昨年リップルは360倍上昇し、時価総額ベースで第2位の通貨にのし上がった。」w

コインチェックは1兆円以上を保有していた。13銘柄のうち5名柄だけで5千億円。リップルだけで3800億円、 2017年に360倍に高騰したからで昨年ならたったの10億円。580億円のNEMが強奪され、373億円のLSK(Lisk)が送金された。

コインチェック580億円強奪で仮想通貨が流出するだろうからリップルが値上がりするのでは? と思ってたら373億円送金(マネロン)通貨はリスク(LISK)だった。BFがリスクの売買を開始。リップルはさらに下げる。

臓器狩りとマネロンとサイバー犯罪と仮想通貨が完全に連動してるw。

ナイジェリアでボコバラムに女子供が誘拐されたり、国内でいじめ自殺や過労死、行方不明が起きると、身体をバラバラに臓器売買され、そのカネがどの仮想通貨でマネロンされるかという部分で相場が形成されていく。まさにクズどもの祭典w。

こんな現実を目の当たりにすると、とくに原発推進で屁理屈を展開していた保守だのネトウヨな人たちは西部邁みたいに自殺したくなるのだろうなw。 なぜなら発電や核兵器より臓器売買のほうが儲かる。しかし原発と原子力や安全保障を口実にすると超法規的に振る舞える。だから原発推進だったのだw。

チャートだけを見て相場が上がると判断してしまうヒト。



これは景気でもなければ、商い相場でもない、仕手戦でもない、マネロンなのだ。だからミッションコンプリートな通貨は元の価値まで戻る(暴落する)だけ。わかりる?

3メガ銀のリストラが激しくなってるw。マネロンの裏稼業を仮想通貨に奪われた銀行は消滅するだけ。

そういえばこのときギフハフ団とマット今井と暗号通貨(XIN)によるインドの不動産投資とかありましたな。
岐阜市北部で最大規模の病院「岐阜中央病院」「平野総合病院」などを運営、医療法人社団誠広会が民事再生 負債87億円(帝国データバンク)

インド人だったんだぁ。やっぱりーw。

独情報機関「北朝鮮 大使館通じ核・ミサイル開発物資調達」 2月5日 5時27分北朝鮮情勢
ドイツの情報機関のトップは、北朝鮮が首都ベルリンにある大使館を通じて核・ミサイル開発に必要な物資を調達していたことを明らかにし、監視の難しさを指摘しました。
ドイツの情報機関である憲法擁護庁のマーセン長官は、このほど、ドイツの公共放送ARDのインタビューに応じました。
この中で、マーセン長官は、北朝鮮について「ミサイル開発だけでなく、一部は核開発のためと見られる調達活動が大使館で行われていたと断定せざるをえない」と述べ、ベルリンに設けている大使館を通じ、北朝鮮が核・ミサイル開発に必要な物資を調達していたことを明らかにしました。
また、マーセン長官は、物資の調達は闇市場を通じて行われていたとの見方を示したうえで、「そのような行為のすべてを察知し阻止することは保証できない」と述べ、監視の難しさを指摘しました。
国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会がこのほどまとめた報告書では、北朝鮮の外交官が駐在する国で外交特権を利用して武器の取り引きに関与しているなどとして、監視を強めるよう関係国に促しています。
あーぁ。LISKかぁw。

東京新聞→独情報機関トップ、やはり更迭 連立与党批判発言 新たに発覚

2018年11月6日 夕刊
 【ベルリン=近藤晶】ドイツで極右寄りの言動が問題視されていた国内情報機関、連邦憲法擁護庁のマーセン長官について、ゼーホーファー内相は五日、更迭したと発表した。マーセン氏が自身の処遇に関して連立与党の社会民主党(SPD)を批判していたことが新たに発覚したため。
 DPA通信などによると、マーセン氏は十月中旬の欧州治安当局者の会合で、自分はSPDの「過激な左派勢力」による魔女狩りの犠牲者と発言。「私はドイツで単純な左派の難民政策を批判する者と見なされている」などと述べた。
 メルケル政権は九月にマーセン氏の解任を決めたものの、給与が増える内務次官への昇格が世論の反発を招き「特別顧問」とする人事に修正。後任が決まるまで長官職にとどめていた。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。