弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

駐ローマ米大使館の指示で伊レオナルド社の軍事衛星通信で投票をトランプからバイデンへスイッチしたw update14

米国務長官、最後の外遊を中止 ルクセンブルクが会談キャンセル
2021.01.13 Wed posted at 13:02 JST
米国務省のポンペオ長官が予定していた欧州訪問を取りやめたことがわかった/Jim Lo Scalzo/Pool/Getty Images
ワシントン(CNN) 米国務省のポンペオ長官が、今週予定していた欧州訪問を取りやめた。事情に詳しい国務省当局者によれば、米連邦議会議事堂で起きた暴動を受け、ルクセンブルクには会談をキャンセルされていた。
国務省は11日、ポンペオ長官が最後の外遊先としてベルギーのブリュッセルを訪問すると発表したが、ルクセンブルク訪問の予定があったことは公表していなかった。それから24時間もたたないうちに、欧州訪問の中止が発表された。
複数の国務省関係者がCNNに語ったところによると、ルクセンブルクの当局者が予定されていたポンペオ長官との会談をキャンセルしたのは11日の外遊発表前だったが、連邦議会議事堂への乱入事件をめぐって世界中でトランプ大統領に対する批判が高まる中、今回の外遊は全体的に、ポンペオ長官らが想定したような内容にはなっていなかった。
ルクセンブルク外務省はコメントを避けている。
11日の発表によれば、ポンペオ長官は北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長や、ベルギーのウィルメス副首相兼外相と会談する予定だった。両氏とも連邦議会議事堂での暴動を非難していた。
NATO広報によると、ポンペオ長官は12日の電話でストルテンベルグ事務総長に欧州訪問の中止を伝えた。
ルクセンブルクのアッセルボルン外務欧州問題相は7日のRTLのインタビューの中で、トランプ大統領を「刑事裁判にかけられるべき政治的放火魔」と呼び、「民主主義に対する9・11」の扇動者と形容していた。
米国務省報道官が12日に発表した声明では、外遊中止はバイデン政権への移行に向けた作業が必要なためだと説明している。

「11日の発表によれば、ポンペオ長官は北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長や、ベルギーのウィルメス副首相兼外相と会談する予定だった。両氏とも連邦議会議事堂での暴動を非難していた。」w

やはりNATOですなw

うーむ。richardsonpost.comが逮捕で引用してる写真はインドの写真?w



レオナルド DRS社が米インド太平洋部隊(USINDOPACOM)の衛星通信(SATCOM)で2億5500万ドルの契約を取得w

契約金額とマネロンの金額が似ててどーしても笑ってしまうw

バチカンが豪カトリック教会に18億ドル送金したことがバレるw(2021年1月1日)

たぶんインドとJAXAをヒントするためだけにこんなことやってるw

カスペルスキーがSolarWindsの裏口で使われたツールがロシアンハッカー「Turla」が使っていた「Kazuar」に似ていると発表w(2021年1月11日)

The military satellite of Fucino tower to Frankfurt, Germany


「Fucino tower」とはAbruzzoにあるレオナルド社のFucino Space Centreのこと…


駐ローマ米大使館、ペスカーラ、Fucino宇宙センター、フランクフルト、トランプからバイデンへの投票スイッチ…

うっは、マルタだわ。谷査恵子か…

richardsonpost.com→IS THAT SECRETARY OF STATE MIKE POMPEO IN ITALY MAKING ARRESTS?(2021年1月10日)

That man is the spitting image of William Lynn III in Rome, Italy, former head of Leonardo Defence’s U.S. Division, now admitted as the bridge to upload the vote switching from President Trump to Joe Biden.

Even if the photo is a fake, the court confession of one of his employees, Arturo D’Elia, former head of the IT Department of Leonardo SpA, is of record, and we have a signed copy.

Under oath, D’Elia confirms that “[O]n 4 November 2020, under instruction and direction of US persons working from the US Embassy of Rome, undertook the operation to switch data from the US elections of 3 November 2020 from significant margin of victory for Donald Trump to Joe Biden in a number of states where Joe Biden was losing the vote totals. Defendant states he was working in the Pescara facility of Leonardo SpA and utilised military grade cyber warfare encryption capabilities to transmit switched votes via military satellite of Fusion Tower to Frankfurt Germany. The defendant swears that the data in some cases may have been switched to represent more than total voters registered. The defendant has stated he is willing to testify to all individuals switching of votes from Donald Trump to Joe Biden when he shall be in total protection for himself and his family. Defendant states he has secured in an undisclosed location the backup of the original data switched upon instruction to provide evidence at court in this matter.”

「Fusion Tower」はレオナルド社の小会社Telespazio社の「Fucino Space Centre」のこと…

Pope Francis declines meeting with Mike Pompeo ahead of U.S. election Tensions have risen as Pompeo has urged the Holy See to denounce human rights abuses in China.

Pompeo's comments come as the Holy See nears the end of a two-year agreement with Beijing that gives the pope some say over the appointment of Chinese Catholic bishops. It is due to expire next month, but is largely expected to be renewed.

バチカンが豪カトリック教会に18億ドル送金したことがバレるw(2021年1月1日)

NATOの軍事衛星通信とバチカンのマネロンルートが施設のある国家などガン無視して大統領不正選挙介入に使われまくっていたw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。