弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

京都大原蓮成院(れんじょういん)天台宗の僧侶、齊藤孝道を路上でわいせつで逮捕w update8

【ミネルバ】「覚えていない」路上強制わいせつで逮捕された阿部博史チーフ・プロデューサーの担当は「震災ビッグデータ」や「AIに聞いてみた」w

「路上わいせつ」というダブルシンク処罰w

僧侶が強制わいせつで逮捕 京都 2019.6.20 11:04 産経WEST
 女性にわいせつな行為をしたとして、京都府警東山署は20日、強制わいせつの疑いで、京都市左京区大原来迎院町の僧侶、斉藤孝道容疑者(33)を現行犯逮捕した。斉藤容疑者は酔っていたが、一部容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、20日午前0時35分ごろ、京都市東山区の路上で、徒歩で帰宅途中だった飲食店店員の女性(42)の両胸を後ろからつかみ、前に回って胸元に手を入れて触ろうとしたとしている。女性の悲鳴を聞いた通行人が110番した。女性にけがはなかった。

KBS→祇園の路上でわいせつ行為 僧侶逮捕

祇園の路上でわいせつ行為 僧侶逮捕 きょう未明、京都市内に住む僧侶の男が、東山区祇園の路上で女性の胸を揉んだとして強制わいせつの疑いで、逮捕されました。逮捕されたのは、京都市左京区大原来迎院町に住む蓮成院僧侶、齊藤孝道容疑者(33歳)です。警察によりますと、きょう午前0時半ごろ、京都市東山区祇園の路上で東山区に住む42歳の飲食店従業員の女性が歩道を歩いていたところ齊藤容疑者が、女性の後ろから手を伸ばし、胸を数回揉んだ疑いがもたれています。また、齊藤容疑者は、女性の前に回り込み、胸元に手を入れようとしたということです。女性の叫び声を聞いた通行人が110番通報し、駆け付けた警察官に現行犯逮捕されたということです。調べに対し齊藤容疑者は、「女性の両胸を後ろから揉んだことは間違いないが、手を入れようとしたことは覚えがない」と、一部容疑を否認しているということです。齊藤容疑者は犯行時、酒に酔っていたということで、警察は、当時の状況を詳しく調べるとしています。 日時: 2019年6月20日 12:00

kyototsuu.jp→蓮成院 京都通百科事典

蓮成院(れんじょういん)(RenjyouIn)
蓮成院(京都通メンバでないと表示されません) 蓮成院
所在地:京都市左京区大原来迎院町   地図情報
天台宗三千院の塔頭
開基:良忍上人
通称:北の坊
 蓮成院(れんじょういん)は、大原の三千院の奥、来迎院の手前にたつ寺院
 三千院境内に建立された塔頭 浄蓮華院・遮那院・蓮成院・善逝院などの一つで、「北の坊」と称されていた
【蓮成院の歴史・経緯】
これ以下の各項目についての詳細な解説は、京都通メンバのページにてご覧いただけます 京都検定1級・2級の解説も、京都通メンバで参照ください 京都通メンバへのご案内はこちらまで
【蓮成院へのアクセス】
 京都バス 大原 徒歩約10分
天台宗だわw

「天台宗三千院の塔頭(たっちゅう)」w

塔頭(たっちゅう)

塔頭(たっちゅう)は、禅宗寺院で、祖師や門徒高僧の死後その弟子が師の徳を慕い、大寺・名刹に寄り添って建てた塔(多くは祖師や高僧の墓塔)や庵などの小院。門徒らによって立ち並ぶ塔の中でも首座に置かれたこと、あるいは、門徒らが塔のほとり(=「頭」)で守ったことから塔頭と呼ばれたなどの説がある。

良忍上人の塔頭…

女の悲鳴を声明で消すわけですなw。

あー、殺し屋が音楽をやるのって天台宗の声明(しょうみょう)が起源なんだ…w


京都大原三千院のとなりw。さんまか?w

闇営業芸人騒動で、さんまと紳助が語っていた“怖いおっちゃん”への営業エピソードに注目集まる
2019年6月27日 19時41分 キャリコネニュース
吉本興業は6月27日、お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢さんと内間政成さんが暴力団関係者のパーティーに出演し、ギャラを受け取っていたとして無期限謹慎処分を発表した。
今月4日、「カラテカ」入江慎也さんが"闇営業"の仲介をしたとして吉本興業との契約解消されたことを発端に、振り込め詐欺グループの宴会に出席していた宮迫博之さんら11人が謹慎処分となったばかり。
反社への営業が話題になる中、過去に明石家さんまさん(63)と島田紳助さん(63)が過去に語っていた「怖いおっちゃん」への営業エピソードが一部ネットで話題になっている。
"怖いおっちゃん"の職業は「ガソリンスタンドのレジを盗んでいる」
発言があったのは2005年7月放送の「FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ さんま・中居・鶴瓶の今夜も眠れない」でのこと。20歳の頃、さんまさんは紳助さんと一緒に水族館や同窓会などに"営業"を行っていたという。
そこで、「怖いおっちゃん」に車で奈良に連れられて、営業したときのエピソードが紹介された。さんまさん曰く、その"おっちゃん"は「完全にそういう道の人」だったといい、車内で「さんまちゃん、紳助くん、ワシの仕事何か分かるか?」「ガソリンスタンドのレジを盗んどんねん」と言われたという。
無事、営業先に着いたが、そこで一悶着あった。1回のステージのはずが2回やるよう言われたという。紳助さんは、
「1回終わったら『もう1ステージせいや、お前ら』と言われた。怖いやん、人の紹介で行ってるけど。コイツ(さんまさん)すごいで。『できません。1回って聞いてます』ってバーッ突っ張んねん」
と振り返る。紳助さん自身は怖かったので、「まあそう言わんと2回やったらええやん」とさんまさんを説得しようとしたという。
男気を見せたさんまさんに中居正広さんが「偉いところあるんですね」とコメントすると、さんまさんは「偉いことない。こいつビビっとんねん。こんな頭(当時の紳助さんはリーゼントヘア)してすごい頭低いやろ」と答えた。
この"怖いおっちゃん"エピソードが、今月、闇営業事件が起きた頃からにわかに注目を集め、一部ネットユーザーから「そういえばさんまが面白おかしく喋ってた」などといった声が挙がっている。
ただ、約40年前の話でもあるし、"怖いおっちゃん"が本当にどこまで反社の人だったかもわからない。当時の基準では問題でもなかったのだろう。この営業が“闇”なのかどうかも不明だ。
ちなみに、さんまさんは、数年前にラジオ番組で若手時代は小遣い欲しさに「吉本に内緒の営業」をしていたと明かしている。少なくとも、当時は闇営業自体はそれほど問題視されていなかったようだ。
【「怖いおっちゃん」に車で奈良に連れられて、営業したときのエピソード】w

ボサノバの会w

大原蓮成院「香雲ミニコンサート in 大原」w

佐賀県職員互助会事務局長w

足とスリッパの間にスマートフォン 県職員互助会事務局長が盗撮【佐賀県】
2019/06/20 (木) 11:49
サムネイル県職員互助会の事務局長が、県庁内で足の裏とスリッパの間にスマートフォンをはさんで盗撮していた疑いで、警察が調べていることが分かりました。
盗撮の疑いで調べを受けているのは、県職員の福利厚生などを扱う県職員互助会の50代の男性事務局長です。 県の関係者によりますと、事務局長は県庁内にある事務室で足の裏とスリッパの間にスマートフォンをはさみ動画でスカートの中を撮影していたということです。 不審な動きに気付いた30代の女性職員から報告を受けた互助会が、18日警察に通報しました。
事務局長は、同じ職場の複数人の女性職員を盗撮していたとみられ、「去年12月頃から興味本位でやっていた。申し訳ない」などと話しているということです。

「興味本位でやった」県職員互助会事務局長が盗撮疑い 半年前からスマホで女性職員らのスカート内 佐賀 6/20(木) 9:51配信 佐賀新聞
 佐賀県職員互助会の50代男性事務局長が、職場で女性職員らのスカート内を盗撮していた疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。約半年前から盗撮を繰り返していたとみられ、佐賀南署は県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで調べている。
 互助会は県職員の福利厚生を目的とする一般社団法人で、県庁庁舎内に事務局がある。
 互助会によると、事務局長は18日午後5時過ぎ、自身のスリッパの上にスマートフォンを置き、動画撮影モードにした上で、女性職員のスカートの下に足を伸ばして盗撮。目撃した関係者が警察に知らせた。17日に別の関係者が事務局長の不審な動きを見ており、警戒していた。
 事務局長は互助会の聞き取りに対し盗撮行為を認め、「昨年の12月から興味本位でやっていた。迷惑をお掛けし、申し訳ない」と話しているという。盗撮の対象は互助会以外も含め4~5人に上るとしている。互助会は事務局長の処分を検討している。
 井上次人会長は「被害者の方に心より謝罪いたします。こうした事案が二度とないよう厳正に対応していく」とコメントした。

“孤独死”大原麗子はなぜ「理想の妻」になれなかった? 芸能・2020/05/09 18:00
 大原麗子と言えば、80年代にサントリーレッドのCMで「すこし愛して ながーく愛して」というセリフで人気を博すなど、日本的な女性そのままというイメージを持った、時代を代表する女優である。東京都文京区にある老舗和菓子屋の家に生まれた大原は、10代で東映に入社すると類いまれな美貌と演技力を買われ、高倉健の『網走番外地』シリーズ、梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズなど、多くの映画に出演。主演を務めた大河ドラマの『春日局』(1989年)では、大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32・4%を獲得する一方、「お嫁さんにしたい女優」ランキングで長らくトップに君臨するなど、「良妻賢母」、「理想の妻」といったイメージを欲しいままにしていた。
 しかし、彼女の実生活は、そうした印象とはかけ離れたものであったのだ。

★二度の離婚、二度の妊娠…
 大原は73年に俳優の渡瀬恒彦と結婚。しかし、ともに多忙であった2人はすれ違いも多く、結婚後すぐに別居し、5年後の78年に離婚。するとその翌々年、当時所属していた渡辺プロダクションのつながりで、演歌歌手として人気を確立していた森進一と再婚を果たす。
 実はこの2人の熱愛劇は、大原が渡瀬と離婚する前から関係を報じられていたものだった。しかし、業界内で成就はかなり難しいと言われていたのである。なぜなら、森は慰留されていたにもかかわらず、79年に渡辺プロダクションから独立。当時、同プロの看板女優だった大原との結婚が認められるはずがないという意見が、大方を占めていたのだ。しかし、そんな力業で果たされた結婚だったが、わずか4年で破綻。84年の6月には、森と大原がそれぞれ単独で離婚会見を行ったことで話題を集めた。
 会見の中で森は、「40歳になったら仕事をやめてくれると思っていたのに、『家のことをしているより台本を読んでいるほうがいい』と言われた」と大原を非難。その一方で、大原は「私のわがままでこうなった」と、吹っ切れたように自分の責任を認め、「彼も男、私も男。家の中に男が2人いたんです」という名言を残している。実に対照的な会見で、今も関係者の間で語り草になっているほどだ。
 このように、家庭よりも仕事を優先する大原の姿勢は、渡瀬との間に子供を身ごもったものの、子宮外妊娠で流産してしまったという経験も一つの要因になっていたに違いない。今年に入ってから大原の弟が語ったところによれば、森との間にも子供を妊娠したものの、仕事を優先して堕胎をしていたという事実が明かされている。
 晩年はギランバレー症候群の再発や、整形手術の失敗に悩まされ、表舞台から遠ざかっていた大原は、2009年に自宅で孤独死しているところを発見された。この死について、デビュー当時からのマネジャーが口にした言葉が印象的だった。いわく、「孤独に追い込まれたのではなく、自ら『孤高』を選んだ」と…。
ギランバレー症候群…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。