弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

30年前のNECのCOBOLで書かれた京都市のバッチ・プログラムが移行できなくなる理由w update9

2019/12/27 18:30 ニュース 京都市が基幹系刷新で2度目の失敗、2020年1月の予定だった稼働時期が「未定」に 井上 英明=日経 xTECH/日経コンピュータ 日経 xTECH
 京都市はNEC製メインフレーム上で約30年稼働する基幹系システムのバッチ処理をオープンシステムに刷新するプロジェクトにおいて、サブシステムの1つである新福祉系システムの稼働を当初予定の2020年1月から延期する。再稼働の日程は確定していない。京都市総合企画局が2019年12月23日の京都市会で明らかにした。
京都市が京都市会で公開した資料 (出所:京都市) [画像のクリックで拡大表示]
 延期の原因は新福祉系システムのバッチ処理で生じている「不具合の収束が本年中に見込めないこと」(総合企画局の資料)である。開発ベンダーであるキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2019年12月13日、京都市に対し「ほとんどの評価項目に残課題があり、2020年1月の本番稼働の品質に満たないため、品質確認のためのテストが必要」との旨を報告した。稼働延期により京都市は「現行システムの端末経費等が生じる」として追加費用を見込んでいる。
 京都市は2014年から80億円以上を投じて基幹系刷新に取り組んでいる。バッチ処理を巡っては一度失敗しており、仕切り直したものの再び失敗を重ねた格好だ。
スケジュールと委託内容(2017年度以降) (出所:京都市) [画像のクリックで拡大表示]
 前回の失敗は約11億円で落札したITベンダーのシステムズ(東京・品川)が当初稼働予定の2017年1月に間に合わせられなかった。両者は現在、係争関係にあり、システムズは約2億円の未払い金の請求、京都市は合計約8億円の既払い金の返還と損害賠償を互いに求めている。
 仕切り直しのプロジェクトは2018年3月にキヤノンITSが約15億円で落札した。バッチ処理のオープン化の対象は新福祉系システムと新住基・税系システムの2つあり、後者の稼働時期は当初計画通り2021年1月から変更していない。

microfocus.co.jp→Micro Focus Visual COBOLの機能を活かして、高精度なストレートコンバージョンを実現

たぶんCOBOLでUTF8にチャレンジしたのでは? これは誰がどこの会社でやっても失敗する案件だと思われw

20年前に作製されたCOBOLコードを NLS_LANG=Japanese_JAPAN.AL32UTF8 と LANG=ja_JP.UTF-8 で JIS X 0213:2004 に対応させるw

たぶん30年前のNEC製COBOLはSJISで書かれている。それを外国人の氏名に対応できるように 少なくともUTF8のカラムにチャレンジすることになったはず。 そうするとCOBOLコンパイラによっては必ず大失敗するのだw

ところが稼働が遅延。京都市は第三者の専門家による「京都市大型汎用コンピュータオープン化事業検討委員会」を立ち上げ、原因究明と今後の方策検討を託した。検討委員会は2017年6月に調査報告書を市に提出。だがシステムズはその結果を承諾しなかった。京都市は「遅延の根本的な原因に対する見解に大きな乖離がある」として、2017年10月11日に同社との設計・開発等業務委託契約を解除した。

30年前の帳票てフォームオーバーレイとラインプリンタみたいな? VSAMファイルはRDBの表に移行することになるのだろうけど、VSAM(ISAM)のアクセスロジックは単純にSQLにコンバージョンできないはず。印刷系は全部書き直しになったのだろう。

ワナだらけで今どきの若者では対応できなかったのでは? たぶん制御系とかいってACOSのアセンブラで書いてるとこもあるはずw。

プロジェクトの移行部分をそれぞれのエキスパートに分割して発注しなければ成功しないだろう。

京都市のCOBOLバッチは燃えた首里城みたいなマネロンなのかもw

この移行プロジェクトなんかエコノミックヒットマンみたいなワナみたいで怖いですな。最後に会津小鉄とか京都府立医大とか京都府警とかでてきて腎臓や肝臓がなくなって白骨遺体になりそーw

意図的に、期間を短くしたり、仕様を変えたり、誰かを過労死状態に追い込んで、最後にAMPA受容体拮抗剤を盛るのかな?w

京都府警OBが山口組淡海一家「高山義友希(たかやまよしゆき)」総長の腎臓移植を京都府立医大に手配する国家とは?

京都府警京丹後署名物白骨遺体w

systems-inc.co.jp→企業情報 | マイグレーションのシステムズ

主要取引先
株式会社日立製作所 株式会社日立産業制御ソリューションズ 株式会社日立パワーソリューションズ 日立GEニュークリア・エナジー株式会社 株式会社日立ソリューションズ 株式会社日立ソリューションズクリエイト 株式会社日立システムズ 株式会社日立ドキュメントソリューションズ 株式会社日立ハイテクノロジーズ 日本アイビーエム株式会社 三菱日立パワーシステムズ株式会社 株式会社QES 株式会社ゼンショーホールディングス 株式会社ココスジャパン 株式会社NTTデータビジネスシステムズ パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社 株式会社野村総合研究所 スミセイ情報システム株式会社 ニプロ株式会社 株式会社日本総合研究所 ジブラルタ生命保険株式会社 アクセンチュア株式会社 株式会社東忠ソフト 東リ株式会社 株式会社ダイフク AGS株式会社 他 (敬称略、順不同)
うわ、日立GEニュークリアとか、日本アイビーエムとか、NTTデータビジネスシステムズとか、アクセンチュアとか…w
あー、誰か殺しそこねて裁判になってる?w

今回の失敗はキヤノンITソリューションだから、過労死とDNAチップを組み合わせたビジネスモデルにチャレンジしてたわけか…

ここ10年、失敗するプロジェクト、それも意図的な混乱が多かったのは臓器狩りが目的だったのか…

キヤノン御手洗冨士夫「これでネットワークカメラ(ボットネット)と医療機器(東芝メディカルのDNAチップ)という大きな柱をつくれた(2016年12月22日)」キヤノンが東芝メディカルを買収した理由がグロ杉w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。