弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「首に切り傷」60歳くらい男女遺体、福井・九頭竜ダム近く update3

林道脇に停車、車内に男女3人遺体…練炭自殺か 2018年07月16日 01時11分
 15日午後4時半頃、相模原市緑区青根の林道脇に停車中の乗用車内で、男女3人が死亡しているのをパトロール中の神奈川県警津久井署員が発見した。車の窓が内側から粘着テープで目張りされ、車内に燃えた練炭があった。同署は集団自殺とみて、3人の身元を調べている。
 発表によると、死亡していたのは男性2人と女性1人。いずれも20~30歳代とみられ、目立った外傷はなかった。遺書などは見つかっていない。乗用車は東京都内のナンバーだった。
津久井署員w

林道に停車の乗用車で男女3人死亡、集団自殺か
7月16日(月)4時51分 TBS
写真を拡大
 15日午後、神奈川県相模原市の林道に停車中の乗用車の中で、男女3人が死亡しているのが見つかりました。警察は、3人が集団自殺を図ったとみて調べを進めています。
 15日午後4時半ごろ、相模原市緑区の林道に停まった乗用車の中で、男性2人、女性1人のあわせて3人が死亡しているのを警戒中の警察官が見つけました。3人に目立った外傷はなく、乗用車の窓には内側からテープで目張りされていて、助手席などに練炭が置かれていたということです。
 その後の警察の調べで、3人は、相模原市に住む35歳の男性、小田原市の21歳の女性、それに千葉県柏市の20歳の男性であることが明らかになりました。警察は、3人が集団自殺を図ったとみて、調べを進めています。(16日10:39)

九頭竜w

九頭竜ダム遺体、東京の60代夫婦 首周辺に傷、心中か 2018年7月16日 午前7時10分
男女2人の死体が見つかった現場=7月13日午後5時25分ごろ、福井県大野市長野 拡大する
 福井県大野市長野の九頭竜ダムの近くの残土置き場で7月13日に見つかった男女2人の遺体は、東京都調布市の無職男性(66)と妻(67)であることが15日分かった。大野署が同日発表した。
 同署によると所持品から身元が判明し、親族が同日までに確認した。2人は首の周辺に切り傷があり、同署では心中を図ったとの見方を強めている。
東京都調布市の無職の老人夫婦が九頭竜ダムまで来て無理心中。

13日午後3時半ごろ、福井県大野市にある九頭竜ダム近くの残土置き場で、60歳くらいの男女2人が死亡しているのを作業員が見つけました。
 2人の遺体の首のあたりには切り傷があるということで、警察が事件と自殺の両面で調べています。

残土置き場に男女の遺体=首に切り傷-福井県警
 13日午後3時40分ごろ、福井県大野市長野の国道沿いの残土置き場で、作業のために訪れた男性会社員が「人が倒れている」と消防に通報した。県警大野署員が駆け付けたところ、いずれも60歳ぐらいの男女が倒れており、現場で死亡が確認された。2人の首の辺りには切り傷があり、県警は、事件もしくは心中などの可能性もあるとみて捜査すると共に、身元の特定を急いでいる。
 同署によると、男性は身長約165センチ、女性は約160センチで、2人とも服を着た状態で靴も履いていた。
 同署によると、現場はJR越美北線九頭竜湖駅から南東に4キロほど離れた山中。残土置き場は九頭竜湖沿いを走る国道脇にあるが、道路からは直接見えないという。(2018/07/14-00:29)

男女2人 首に切り傷 福井・九頭竜ダム近く 毎日新聞2018年7月13日 22時16分(最終更新 7月13日 22時16分)
 13日午後3時半ごろ、福井県大野市長野にある国道158号脇の残土置き場で、男女2人が倒れているのを、現場を訪れた作業員の男性が見つけて119番した。県警大野署によると、2人はいずれも60歳前後で死亡しており、首に切り傷が見つかった。事件と自殺の両面で捜査している。
 大野署によると、2人は残土の上に倒れていた。男性は身長約165センチで灰色のポロシャツとカーキ色の作業ズボン姿。女性は身長約160センチ、黒いTシャツと紺色のズボンを着ていた。いずれも白い靴を履いたままだった。現場は九頭竜ダムの北約500メートル。【岸川弘明】

2018年7月13日 23時32分
福井・大野の残土置き場に男女の遺体 心中か、首に切り傷
 13日午後3時半ごろ、福井県大野市長野の残土置き場で男女2人が倒れて死亡しているのを、土木建設会社の社員が発見した。2人の首に切り傷があり、大野署は現場の状況などから心中の可能性が高いとみて調べている。
 署によると、2人はいずれも60歳ぐらい。男性は白髪交じりの短髪で、身長165センチ前後。女性は白髪交じりのショートカットで、身長160センチほどだった。署は身元の確認を急いでいる。
 現場は九頭竜ダムから北に約500メートルで、国道158号から脇道を入ったところにある。
(中日新聞)
おいおい。なんでそんな場所で心中する?w

3連休にあわせたスピン事件祭りw。スピン対象はこれw。
世田谷警察署の交通課トップの交通官の警視が痴漢で書類送検されるw

残土置き場に高齢の男女の死体のストーリーを使いまわしてるw

江戸川区で5人が集団自殺

住宅で5人遺体 1人は行方不明の20代女性か 東京 江戸川区 2018年7月14日 11時41分
東京 江戸川区の住宅で13日夜、死亡しているのが見つかった5人のうち1人は、今月に入って行方不明者届が出されていた20代の女性と見られることが警視庁への取材でわかりました。この家に住む男性はツイッターで知り合った知人に「自殺したい人が集まった」と連絡していたということで、警視庁は練炭で集団自殺を図ったとみて、詳しい経緯を調べています。
東京 江戸川区西一之江の住宅で13日午後9時ごろ、5人の遺体が見つかり、室内に練炭5個が燃やされたあとがあったことなどから、警視庁は集団自殺を図ったとみて調べています。
警視庁は身元の確認を進めていますが、持ち物などから5人のうち、2人は男性で、3人は20代から40代の女性とみられるということです。
さらに、女性のうちの1人は、今月に入って関東地方の警察署に行方不明者届が出されていた20代の女性とみられることが、警視庁への取材でわかりました。
また、遺体を詳しく調べたところ、5人とも一酸化炭素中毒の疑いがあるということです。
これまでの調べで、この家に住む男性はツイッターで知り合った知人の女性に対し数日前に「自殺したい人が集まった」などと連絡していたということです。
警視庁は、5人がツイッターなどを通じて知り合い、集団自殺を図ったと見て詳しい経緯を調べています。

付近住民も驚き
5人の遺体が見つかった住宅の近所に住む58歳の男性は「住宅に住んでいたのは、30代のまじめそうな会社員の男性で、毎朝5時半くらいに家を出て仕事に出かけていました。いつも会えばあいさつしますし、最近見かけたときも変わった様子はありませんでした。数年前に家族とこの住宅に引っ越してきましたが、1年後くらいに離婚して1人で暮らしていました」と話していました。
また、「静かな住宅街でこんなことが起きてびっくりしています。うちには犬がいて知らない人が通ればほえますが、そんなこともなかったので、本当にひっそりと集まって死んだのかなと思います」と話していました。

平成30年7月13日 東京都江戸川区西一之江四丁目8-12 集団自殺 投稿年月日: 平成30年7月14日

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。