弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

11年前の川崎市宮前区梶ヶ谷トンネル内女性殺人事件がむりやり解決されるw。ウィキも消されてる update9

【防衛施設周辺121人失踪】 横浜・戸塚で行方不明の2人に地域的共通点。北朝鮮に拉致されたというのは臓器狩り被害のスピンだろw。(2016年3月31日)

首都圏 NEWS WEB 通り魔殺人事件被告に懲役28年 12月13日 15時13分
13年前、川崎市のトンネルで27歳の女性が刃物で刺されて殺害された通り魔殺人事件の裁判で、殺人の罪に問われ無期懲役を求刑された39歳の被告に対し、横浜地方裁判所は懲役28年の判決を言い渡しました。
横浜市の無職鈴木洋一被告(39)は、13年前の平成18年9月、川崎市宮前区のJRの高架下にあるトンネル内の歩道で、面識がなかった黒沼由理さん(当時27)を刃物で刺して殺害したとして、殺人の罪に問われています。 裁判で被告は「殺意を持って胸を刺した」とか「苦悶した表情が見たいと思った」などと述べる一方、「何もしていない女性の尊い命を身勝手に奪い、申し訳ないと思っている」と謝罪のことばを述べました。 検察は「被害者の命より自分の快楽を優先した、計画的で身勝手極まりない犯行だ」として無期懲役を求刑していました。 13日の判決で横浜地方裁判所の景山太郎裁判長は、被告に懲役28年の判決を言い渡しました。
「苦悶した表情が見たいと思った」 「被害者の命より自分の快楽を優先した、計画的で身勝手極まりない犯行だ」 ほぼ出来損ないの小説みたいなストーリー…

川崎 通り魔殺人裁判 遺族「悔しくてたまらない 極刑を」 2019年11月25日 16時36分
13年前、川崎市のトンネルで27歳の女性が刃物で刺されて殺害された通り魔殺人事件の裁判で、亡くなった女性の父親が「娘を助けられず悔しくてたまらない。被告には極刑を希望します」と訴えました。
横浜市の無職鈴木洋一被告(39)は13年前の平成18年9月、川崎市宮前区のJRの高架下にあるトンネル内の歩道で、面識がなかった黒沼由理さん(当時27歳)を刃物で刺して殺害したとして殺人の罪に問われています。
25日は横浜地方裁判所で証人尋問が行われ、黒沼さんの父親と妹が検察官の質問に答える形で証言しました。
この中で父親は黒沼さんについて、一生懸命仕事に励み検定試験に合格したことや、旅行が好きで東南アジアなどに出かけ写真をたくさん撮っていたなどと、生前の様子を明かしました。
そのうえで「なぜこんなひどいことをやるのかと怒り心頭です。娘を助けることができず、悔しくてたまらない。被告には極刑を希望します」と涙ながらに訴えました。
また、黒沼さんの妹も「よくけんかをしたけど優しい姉でした。被告のことは絶対に許せません」と声を詰まらせながら証言しました。
鈴木被告はずっと正面を向いたまま遺族の証言を聞いていました。

「殺意もって胸刺した」川崎通り魔刺殺 起訴内容認める 横浜地裁初公判 毎日新聞2019年11月19日 11時26分(最終更新 11月19日 11時26分)
通行中の女性が刺殺されたトンネル=川崎市宮前区で2006年9月、野口由紀撮影
 川崎市宮前区のトンネルで2006年、通行中の女性が刺殺された事件で、殺人罪に問われた無職、鈴木洋一被告(39)に対する裁判員裁判の初公判が19日、横浜地裁(景山太郎裁判長)であった。被告は「殺意をもって女性の胸を刺した」と述べ、起訴内容をおおむね認めた。
 検察側は冒頭陳述で「理不尽極まりない無差別殺人事件であり、計画的で強固な殺意があった」と主張。「好みのタイプの女性が苦しむ様子を見たいという欲求を満たすために殺害した」と指摘した。弁護側は、鈴木被告が抱える精神的な障害が事件の動機形成などに影響したと述べた。
 起訴状などによると、鈴木被告は06年9月23日未明、宮前区梶ケ谷の市道トンネル(約170メートル)で、アルバイトを終えて帰宅していた黒沼由理さん(当時27歳)の腹や胸を刃物で刺し、殺害したとされる。
 約7カ月後の07年4月、同区内の路上で女性が刃物で襲われる事件があり、県警は殺人未遂容疑で鈴木被告を逮捕し、懲役10年が確定した。黒沼さんの事件でも関与が疑われたが、決定的な証拠がなく捜査が続いていた。こうした中、被告は16年1月、県警の捜査員に手紙を出して面会を求め、その後の県警の任意聴取で黒沼さん殺害への関与を示唆した。県警は17年10月、殺人容疑で逮捕した。【中村紬葵、国本愛】

首都圏 NEWS WEB 通り魔殺人初公判 殺害認める 11月19日 10時35分
13年前、川崎市のトンネルで27歳の女性が刃物で刺されて殺害された通り魔殺人事件で、殺人の罪に問われている被告の初公判が横浜地方裁判所で開かれ、被告は「殺意をもって胸を刺した」と述べて殺害したことを認めました。
横浜市の無職鈴木洋一被告(39)は13年前の平成18年9月、川崎市宮前区のJRの高架下にあるトンネル内の歩道で、面識がなかった黒沼由理さん(当時27歳)の腹と胸を刃物で刺して殺害したとして殺人の罪に問われています。 鈴木被告は別の殺人未遂事件で実刑判決を受けて服役中に、この事件にも関与したことを警察に伝え逮捕・起訴されました。 19日横浜地方裁判所で始まった裁判員裁判で、鈴木被告は「腹を刺した時は、殺意はなかったが、その後、殺意をもって胸を刺した」と述べました。 続いて検察は「被告は、好みの女性が苦悶する表情を見たいと考え、女性を物色していた。理不尽極まりなく計画的な犯行で、腹を刺した際も殺意はあった」と指摘しました。 これに対し被告の弁護士は、「動機には被告の精神的な障害が関係している。被害者の顔を見るまで具体的な行為は決めておらず、計画性はなかった」などと主張しました。

当初から関与疑うも決め手なく 男のはがきで急展開(2017/10/08 17:34)
 2006年に川崎市のトンネルで当時、27歳の黒沼由理さんが刺されて死亡した未解決の事件。そして、この事件の半年後に現場から1.5キロほど離れた場所で、女性が刺された事件で男が逮捕されて服役しています。そして、黒沼さんの事件からは11年が経った今、警察はこの男に対して黒沼さん殺害の容疑で逮捕状を取りました。11年の月日が経過したわけですが、なぜ今こういった急展開を迎えたのでしょうか。
 (社会部・金井誠一郎記者報告)  男が通り魔的な殺人未遂事件で逮捕された際、周辺ではほかにも今回の事件を含む2件の通り魔事件が発生していました。そのような状況で、警察は当初から男が今回の殺人事件に関わったとみて調べてきました。しかし、捜査は決定的な証拠がない状態が続いていましたが、そんななかで去年1月に、男が刑務所から神奈川県警に事件について話がしたいという内容のはがきを出したことで事態は急展開を迎えました。そして、殺害を認める供述を始め、事件当日の車の動きなど事件の詳細を捜査員に話したということです。そこから約1年半、警察はその裏付け作業を進め、ここにきて容疑が固まったため逮捕状の取得に至りました。警察は早ければ10日にも男を逮捕して、栃木県内にある刑務所から神奈川県内に身柄を移す方針です

トンネル通り魔「自宅の包丁使った」…服役の男 2017年10月09日 15時50分

 川崎市宮前区梶ヶ谷のトンネルで2006年9月、帰宅途中の黒沼由理さん(当時27歳)が刺殺された通り魔事件で、神奈川県警が殺人容疑で逮捕状を取った服役中の男(36)(殺人未遂罪で懲役10年)が任意の事情聴取に対し、「自宅にあった包丁セットの一部を使った」と説明していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は実際に包丁がなくなっているのを確認しており、男の話に信ぴょう性があると判断している。

 捜査関係者によると、男は事件当時の状況について、車で仕事から帰る途中、バスから下車してトンネルに入る黒沼さんを見つけ、車内に隠していた包丁で胸と腹を刺したと話し、包丁は刺した後に捨てたと説明した。県警は約半年後に起きた別の通り魔事件で、男を殺人未遂容疑で逮捕。その時の自宅の捜索では、包丁6本入りのセットのうち2本がなかったという。


11年前の通り魔殺人、服役中の男を10日にも逮捕へ 10/9(月) 5:44配信 TBS News i
 11年前、川崎市のトンネルで当時27歳の女性が刃物で刺され殺害された事件で、警察は別の事件で服役中の男の逮捕状を取り、早ければ10日にも逮捕する方針です。
 この事件は2006年9月川崎市・宮前区のトンネル内で帰宅途中の黒沼由理さん(当時27)が刃物で腹や胸を刺され、殺害されたものです。
 その後の捜査で、栃木県の刑務所に服役している37歳の男が黒沼さんを殺害した疑いが強まり、警察が逮捕状をとりました。
 男は任意の事情聴取に対し、「女の人から虐待を受けた経験があり、女の人を刺したい衝動があった」として、19世紀の英国の連続殺人「切り裂きジャック事件に憧れていた」とも話しているということです。
 警察は早ければ10日にも男を逮捕し、事件のいきさつなど詳しく調べる方針です。(08日23:06)
【「女の人から虐待を受けた経験があり、女の人を刺したい衝動があった」として、19世紀の英国の連続殺人「切り裂きジャック事件に憧れていた」とも話しているということです。】w

「切り裂きジャック事件に憧れていた」のに服役していままで黙っていた理由は?
なぜいま自白したのか?
臓器狩りの犯人をむりやり服役囚に押し付けてスピンしたかんじ。

毎日→川崎・女性刺殺 発生から11年 情報提供呼びかけへ 宮前署、きょうチラシ配布 /神奈川

川崎・女性刺殺 発生から11年 情報提供呼びかけへ 宮前署、きょうチラシ配布 /神奈川
毎日新聞2017年9月23日 地方版 神奈川県
 川崎市宮前区のトンネル内で2006年9月に女性が刺殺された事件は、未解決のまま23日で発生から11年となる。宮前署特別捜査本部は同日、事件現場近くの東急田園都市線梶が谷駅でチラシなどを配布し、情報提供を呼び掛ける。
 事件は同区梶ケ谷のトンネル内で、06年9月23日午前0時ごろに発生。近くに住む黒沼由理さん(当時27歳)が、何者かに右胸と左腹の2カ所を刃物で刺され、死亡した。
 県警は殺人事件として捜査を続けており、これまで延べ2万3726人を動員。1万5130世帯の2万3140人に聞き込みをしてきたが、犯人の検挙には至っていない。
 23日はチラシ約800部を用意、捜査員らが周辺住民や駅利用者に手渡す予定。県警捜査1課の村田秀之課長代理は「ささいな情報でも提供をお願いしたい」と話している。情報提供は捜査本部(044・853・0110)へ。【木下翔太郎】
犯人の服役中の男は【去年1月(2016年1月)に、男が刑務所から神奈川県警に事件について話がしたいという内容のはがきを出した】 【そこから(はがきを受け取ってから)約1年半、警察はその裏付け作業を進め、ここにきて容疑が固まったため逮捕状の取得に至りました。】 なのに、神奈川県警捜査1課の村田秀之課長代理は2017年9月23日にチラシを配布してるw。
うーむ。神奈川県警捜査1課の村田秀之課長代理が樋口文和京都府中京警察署長のようにどこに天下るかで犯人が確定するなw。
「康生会武田病院」と会津小鉄会系組員を不起訴。樋口文和京都府中京警察署長の天下りは虚偽の回答書で刑の執行を停止した報酬。いやいやそんな単純な話じゃないw。ついにボコハラムの司令塔が判明w。

5ch.net→エクサってどうよ!パート2(旧:エヌ・ケー・エクサ)

718 :非決定性名無しさん:2006/09/24(日) 22:43:19
川崎トンネル女性殺人、すれ違いざま?通り魔の犯行か

川崎市宮前区梶ヶ谷の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト黒沼由理さん(27)が殺害された事件で、 黒沼さんの交友関係に目立ったトラブルがなかったことが24日、神奈川県警宮前署特捜本部の調べでわかった。

同本部は、通り魔による犯行との見方を強めており、25日以降、聞き込みの範囲を広げる方針だ。

調べによると、黒沼さんは東京都千代田区の梱包(こんぽう)会社でアルバイトをしながら、 週1回、目黒区の専門学校に通い、菓子職人を目指していた。人間関係は職場、学校のいずれも良好といい、 事件に結びつくようなトラブルはなかった。

事件発生の23日午前0時前後の時間帯に、事件のあったJR梶ヶ谷貨物ターミナル駅下の 市道トンネルを通った付近住民は数人いたが、近くで黒沼さんの帰宅を待ち伏せしているような不審人物を 見かけたという情報はなかった。

黒沼さんは22日夜、アルバイト後に友人の送別会に出席し、帰宅は通常より3時間以上遅かった。 また、黒沼さんは前から右胸と腹の2か所を刺されていたが、刃物を避けようと争う際にできやすい手の傷はなく、 着衣の乱れもなかった。

同本部は、たまたま通りかかった黒沼さんを、犯人がすれ違いざまにいきなり刃物で刺し、短時間で逃げ去ったとの見>方を強めている。


719 :非決定性名無しさん:2006/09/24(日) 22:47:17
トンネル内で女性が刺され死亡・川崎市

23日午前零時過ぎ、川崎市宮前区梶ケ谷のトンネル内で、近くに住むアルバイト、
黒沼由理さん(27)が胸などから>血を流して倒れているのを通行人の男性(45)が見つけ、
110番通報した。黒沼さんは刃物で胸などを刺されており、病院に運ばれたが死亡した。
神奈川県警捜査1課は殺人事件と断定、宮前署に特捜本部を設置した。

調べによると、黒沼さんはトンネル(長さ約170メートル)の中央付近の歩道にうつぶせに倒れており、
胸と腹を計2カ所刺されていた。司法解剖の結果、死因は右肺を刺されたことによる出血性ショックだった。

現場近くの住民が同日午前零時ごろ、女性の叫び声を聞いていた。
現場のトンネルから自宅まで200メートルしか離れておらず、最寄り駅から徒歩で帰宅途中に襲われたとみられる。
トンネル内には20―30メートルにわたって血痕が残り、黒沼さんのそばには携帯電話が落ちていた。
(00:18)

720 :非決定性名無しさん:2006/09/24(日) 23:16:15
帰宅途中の女性、深夜のトンネルで刺殺 川崎

2006年 9月23日 (土) 21:48

 23日午前0時ごろ、川崎市宮前区梶ケ谷の線路下のトンネル内で、女性が倒れている
のを現場を通りかかった男性会社員が見つけ、110番通報した。女性は右胸と左腹を刃
物で刺されており、病院に運ばれたが、約2時間後に死亡した。神奈川県警捜査1課は殺
人事件と断定し、宮前署に捜査本部を設置した。

 調べでは、女性は近くに住むアルバイト黒沼由理さん(27)。司法解剖の結果、死因
は右胸を刺されたことによる出血性ショックだった。凶器は片刃の包丁とみられており、
付近を捜索しているが、見つかっていない。

 22日午後11時40分ごろ、最寄りの東急田園都市線梶が谷駅の改札を1人で出る黒
沼さんの姿が防犯カメラに映っていた。現場は駅から約1キロで、歩いて自宅に向かった
とみられている。トンネル近くにあるマンション住人が、深夜に女性の悲鳴を聞いたとい
う。

 黒沼さんは、歩道部分にうつぶせで倒れており、自宅があるトンネルの南側出口付近か
ら約30メートルにわたり、黒沼さんのものとみられる血痕も見つかった。着衣の乱れは
なく、約4万3千円入りの財布が入った手提げバッグが現場に落ちていたが、物色された
形跡はなかった。携帯電話も近くにあったという。



721 :非決定性名無しさん:2006/09/24(日) 23:17:18
 現場の状況などから、県警は、犯人は殺害を目的に、トンネルを出る直前の黒岩さんを
襲ったとみている。

 トンネルは長さ約170メートル。JR貨物の梶ケ谷貨物ターミナル駅や武蔵野貨物線
の下を通っている。内部は片側1車線の車道と歩道部分に仕切られ電灯もあるが、夜間は
車も人通りも少なくなる。黒沼さんは自宅と駅の往復にこのトンネルを利用していたとい
う。

 黒沼さんと同じマンションの住人は「梶が谷駅への行き来はトンネル近くのバス停を利
用する」と言うが、深夜は暗いため遠回りするという。

 黒沼さんは22日午前10時ごろから、東京都千代田区内でアルバイトをした後、東京
駅近くで同僚の送別会に出席、午後11時ごろに別れたという。

 黒沼さんは両親と妹の4人暮らし。県内の短大を卒業後、川崎市内のコンピューター関
係の会社に就職し、今年6月に退職。その後、8月22日から、週1回程度アルバイトを
していたという。


722 :非決定性名無しさん:2006/09/25(月) 06:11:18
帰宅途中を待ち伏せして襲う?-川崎の27歳女性刺殺事件

川崎市宮前区梶ケ谷の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト、
黒沼由理さん(27)が刺殺された事件で、何者かが帰宅途中の黒沼さんを
待ち伏せして襲った可能性があることが24日、宮前署捜査本部の調べで分かった。

捜査本部は、黒沼さんの交友関係や携帯電話の利用記録を調べるとともに、
凶器や血の付いた衣服などが残されていないか現場周辺を捜索。
付近の不審者情報の洗い出しも進めている。

723 :非決定性名無しさん:2006/09/25(月) 21:45:20
やっぱり貼られてるけど・・・
この人会社にいた人だよね?

724 :非決定性名無しさん:2006/09/26(火) 00:17:29
今日、ニュースでソリッドビルがボカシテ放映された。
この会社の人ですよね!


725 :非決定性名無しさん:2006/09/26(火) 21:51:14
22日23時40分から20分間の
アリバイのない社員を早く特定すること。

726 :非決定性名無しさん:2006/09/26(火) 22:11:39
ここの会社は、社長自ら社員を犠牲に差し出す。


727 :非決定性名無しさん:2006/09/26(火) 23:46:17
>>723
社員に気違いが多いからね。
気をつけたほうがいいよ。

wikipedia.org→エクサ (企業)

2000年9月日本アイ・ビー・エム株式会社が資本参加 (49%)
2001年7月日本アイ・ビー・エム株式会社が出資比率をアップ (51%)
2002年1月株式会社エヌ・ケー・エクサを株式会社エクサに社名変更。決算期を従来の3-4月から1-12月に変更
2003年4月NKK保有株(49%) をJFEスチールが承継
2006年9月22日「23時40分から20分間のアリバイのない社員を早く特定すること。」

$ perl amagrep.pl JFE *.txt
amagrep keyword JFE ...
117   富田    英治   56   中部地方整備局長          H23.7.15   H23.11.1     JFEスチール株式会社 鉄鋼事業          顧問      無   無
000152640.txt ---
                                                             JFEスチール株式会
827   富田    英治   56   中部地方整備局長       H23.7.15   H23.11.1                  鉄鋼事業           顧問        無   無
                                                             社
000175017.txt ---
                     海上保安庁福岡海上保安部                                                            主任部員
353   白武   文明   58                H24.4.1        H24.6.1     JFE物流株式会社     海上輸送事業                      無   無
                     巡視船ちくぜん船長                                                               (部長)
000175397.txt ---
                                                                                      事業開発本
323   東山   茂     55   北陸地方整備局次長      H25.1.29   H25.5.1     JFE環境株式会社     リサイクル事業
                                                                                      部付顧問
                                                                                               無   無
000248454.txt ---
                     海上保安庁福岡海上保安部                                                         主任部員
951   白武   文明   58                H24.4.1        H24.6.1     JFE物流株式会社     海上輸送事業                無   無
                     巡視船ちくぜん船長                                                            (部長)
000248459.txt ---
                                                           36
400   梅山   和成   58   国土交通省港湾局付      H26.1.1    H26.4.1         JFEスチール株式会社 鉄鋼事業等        顧問      無   無
houkoku_h260919_siryou.txt ---
                      海上保安庁大阪海上保安監                                           内航海運業、港湾運送事業
452   川名   一徳    59   部長
                                   H26.4.1     H26.6.1         JFE物流株式会社
                                                                             等
                                                                                          海務部部長   無   無
houkoku_h260919_siryou.txt ---
                      海上保安庁門司海上保安部                                      内航海運業、港湾運送事業
489   末廣   孝夫    58   長
                                   H26.4.1     H26.7.1     JFE物流株式会社
                                                                        等
                                                                                     海務部部長   無   無
houkoku_h261219_siryou.txt ---
                                                         JFEエンジニアリング
15   篠田   芳典    59   警視庁警備部参事官      H27.2.16   H27.4.1               エンジニアリング事業   総務部顧問   無
                                                         株式会社
houkoku_h270918c_siryou.txt ---
                        文部科学省大臣官房審議官
 2     岸本 康夫      57    (科学技術・学術政策局担 H28.7.8       H28.7.24   H28.7.25   JFEスチール株式会社 鉄鋼の製造、販売       研究技監      無         無
                        当)
houkoku_h281220_siryou.txt ---
                        国土交通省港湾局                                                                                          廃棄物処理業、リ
496   角    浩美     57               -       -           -         -        -               H30.4.1   H30.8.1   JFE環境株式会社              顧問      無   無
                        付                                                                                                 サイクル事業
houkoku_h301221_siryou.txt ---

                        海上保安庁名古屋
                                                                                                                            運送事業、倉庫    西日本事業
545   山田   高義     58    海上保安部巡視船   -       -           -         -        -               H30.4.1    H30.7.1    JFE物流株式会社                      無   無
                                                                                                                            業、海上運送事業   所海務部長
                        みずほ船長
                                                                                                                            等
houkoku_h301221_siryou.txt ---
                                                                                       事業開発本
962   東山   茂    55   北陸地方整備局次長       H25.1.29    H25.5.1     JFE環境株式会社     リサイクル事業              無   無
                                                                                       部付顧問
kouhyou_h260919_siryou.txt ---
                                                             94
1022 梅山    和成   58   国土交通省港湾局付      H26.1.1    H26.4.1     JFEスチール株式会社 鉄鋼事業等        顧問       無   無
kouhyou_h270918_siryou.txt ---
                     海上保安庁大阪海上保安監                                      内航海運業、港湾運送事業
1144 川名   一徳    59                H26.4.1     H26.6.1      JFE物流株式会社                海務部部長    無   無
                     部長                                                等
kouhyou_h270918_siryou.txt ---
                     海上保安庁門司海上保安部                                        内航海運業、港湾運送事業
1160 末廣    孝夫   58                H26.4.1     H26.7.1      JFE物流株式会社                  海務部部長   無   無
                     長                                                   等
kouhyou_h270918_siryou.txt ---
                     経済産業省大臣官房付(防                                JFEエンジニアリング
195   吉田   正一   55                  H27.7.31    H27.11.4                     エンジニアリング事業       顧問      無   無
                     衛省大臣官房審議官)                                  株式会社
kouhyou_h280325_siryou.txt ---
                    経済産業省大臣官房付(防                           JFEエンジニアリング
1010 吉田   正一   55                H27.7.31     H27.11.4                 エンジニアリング事業    顧問       無   無
                    衛省大臣官房審議官)                             株式会社
kouhyou_h280920_siryou.txt ---
                                                            JFEエンジニアリング
18   篠田   芳典    59   警視庁警備部参事官      H27.2.16   H27.4.1                  エンジニアリング事業   総務部顧問   無
                                                            株式会社
kouhyou_h280920_siryou.txt ---
                       文部科学省大臣官房審議官
46   岸本 康夫      57     (科学技術・学術政策局担 H28.7.24      H28.7.25       JFEスチール株式会社 鉄鋼の製造、販売      研究技監      無         無
                       当)
kouhyou_h290922_siryou.txt ---
                        神奈川労働局横浜南労働基                          JFEエンジニアリング                 本社安全環
790   安食 正明      60                  H28.3.31     H28.10.1                建設業                      無      無
                        準監督署長                                 株式会社                        境部顧問
kouhyou_h290922_siryou.txt ---
                        国土交通省港湾局                                                                                           廃棄物処理業、リ
1139 角    浩美      57               -       -           -         -        -                H30.4.1   H30.8.1   JFE環境株式会社              顧問      無   無
                        付                                                                                                  サイクル事業
kouhyou_r010927_siryou.txt ---

                        海上保安庁名古屋
                                                                                                                            運送事業、倉庫    西日本事業
1197 山田   高義      58    海上保安部巡視船   -       -           -         -        -                H30.4.1   H30.7.1    JFE物流株式会社                       無   無
                                                                                                                            業、海上運送事業   所海務部長
                        みずほ船長
                                                                                                                            等
kouhyou_r010927_siryou.txt ---

【ディープステイト崩壊】大沼明穂沼津市長暗殺を解読する鍵はブザンソンとIBMと #ラブライバー と日本赤十字だ

未解決事件ファイル→川崎市宮前区梶ヶ谷トンネル内女性殺人事件(2006年9月)

未解決事件ファイル

川崎市宮前区梶ヶ谷トンネル内女性殺人事件(2006年9月) 2006年9月23日午前0時ごろ、川崎市宮前区梶ケ谷の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト黒沼由理さん(当時27歳)が胸から血を流して倒れているのを、帰宅途中の男性会社員が発見、110番した。黒沼さんは近くの病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。胸と下腹部の2カ所に刃物によるとみられる刺し傷があり、神奈川県警捜査1課は殺人事件と断定、宮前署に捜査本部を設置した。
調べでは、黒沼さんは南北に通ったトンネル内の南寄り歩道部分に、うつぶせに倒れていた。倒れていた場所まで数十メートルにわたり、血痕が続いていた。黒沼さんが倒れていたトンネル内の歩道は脇の車道よりも約1メートル高く、車を止めて犯行に及んだ可能性は低い。歩道は黒沼さんがふだんから利用しており、自宅からわずか200メートルだった。
通行人が倒れている黒沼さんを発見した23日午前0時ごろに、黒沼さんと同じマンションの住民2人が女性の悲鳴を聞いており、直前に襲われたとみられる。胸と下腹部を2カ所、包丁のような刃物で刺されており争った跡はない。財布なども奪われていなかった。
黒沼さんは、事件前日の昨年9月22日夜、東京駅付近で開かれたアルバイト先のチーズこん包会社の送別会に出席し、午後11時ごろ、同僚と別れ電車で帰宅。東急田園都市線梶が谷駅の改札から徒歩で帰宅中の同23日午前0時ごろ、トンネル内で事件に巻き込まれたとみられている。同駅を出てから現場トンネルまでの間の目撃情報はないという。
事件後、再発防止を願ってトンネル内には中学生らによる壁画が作成された。

川崎のカミソンがクビを切られて殺害される

2013年3月5日川崎市宮前区アパート殺人バラバラ事件
2010年12月1日川崎市酒店店長遺体発見事件川崎市高津区千年の竹林
2009年5月30日川崎アパート3人殺害事件~生活音がうるさくで不眠症になった
2007年11月チンチロリン殺人事件
2006年9月26日小泉政権終了
2006年9月23日川崎市宮前区梶ヶ谷トンネル内女性殺人事件←ウィキが消されてるw
2006年8月奥野修司が『心にナイフをしのばせて』を文藝春秋から出版w
2005年8月28日川崎市高津区二子強盗殺人事件
2002年10月15日5人の拉致被害者が帰国。
2002年9月17日小泉純一郎首相が北朝鮮の平壌を訪問、金正日と会談。日本人13人を拉致したことを認めた。
2001年9月11日911テロ
2001年5月小泉政権。ITER計画に参加し設置国になることの発表。
2001年4月後藤忠政がUCLAで肝臓の移植手術を受ける。
1999年9月16日川崎信金猟銃強盗殺人事件←これもウィキが消されてるw
1975年3月27日川崎市女子職員内ゲバ殺人事件
1969年4月23日川崎サレジオ高校生首切り殺人事件
1947年6月23日神奈川税務署員殉職事件川崎市桜本町

大将は拉致問題の真実に気付いたのさw。

防衛施設周辺で121人が失踪してる。こんな集団が北朝鮮に拉致されて存在しているのなら、チビのロケットマンこと金正恩はなぜその人質カードを使わないのか。もともと存在しないから使えないのだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。