弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【GSOMIA切断】独島防衛訓練にイージス艦を初投入して何を検証したのか?w update3

独島防衛訓練にイージス艦を初投入 戦力規模2倍に=韓国軍
2019.08.25 12:14
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍が25日に始めた独島防衛のための訓練にイージス駆逐艦「世宗大王」を初めて投入したことが分かった。訓練は「東海領土守護訓練」との名称で2日間実施される。
 訓練には韓国海軍や海洋警察の艦艇約10隻、空軍の戦闘機F15Kなど陸海空軍の航空機10機が参加した。
 韓国海軍関係者は「今回投入された戦力は例年に比べ、全体的に倍ぐらいに拡大された」と明らかにした。
kimchiboxs@yna.co.kr

たしかに、GSOMIAで直結してると、独島(竹島)をどう扱うのか悩むだろうからな。
これが「竹島の日」にカミソン事件が起きた理由…

韓国軍が竹島周辺での訓練実施と発表 外務省が強く抗議 2019年8月25日 11時59分
韓国軍は、島根県の竹島の周辺海域で、島への上陸を阻止することを目的とする定例の訓練を25日から行うと発表しました。この訓練について、韓国メディアは、軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄に続く、日本への「第2のカードと解釈される」と伝えています。
韓国は、島根県の竹島を「韓国固有の領土だ」と主張し、軍は、その周辺海域で、島への上陸を阻止することを目的とする定例の訓練を年に2回行っています。
これについて韓国海軍は、25日から2日間の日程で、ことしの訓練を実施し、陸海空軍のほか、海洋警察などが参加すると発表しました。
韓国は、竹島を「トクト」(独島)と呼んで領有権を主張していて、海軍は、領土を守る意志をさらに強固にし、訓練の意味や規模を考慮して「領土守護訓練」と命名して行うとしています。
この訓練について韓国の通信社、連合ニュースは、当初、ことし6月に予定されていたものの、日韓関係の影響を考慮して延期されてきたとしていて、軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄に続き、「対話と外交から目をそらす日本の攻勢に対する第2のカードと解釈される」と伝えています。
また、軍の関係者の話として、「訓練の規模は例年より大きい」としています。日本は毎回、この訓練の中止を求めており、24日も短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体の発射を行った北朝鮮への対応などをめぐって連携の必要性が指摘される中、日韓関係にさらに影響を及ぼすことは避けられない見通しです。

外務省 竹島訓練で韓国に強く抗議
韓国軍が、島根県の竹島で軍事訓練を開始したことを受けて、外務省は、韓国側に対し、到底受け入れることはできず極めて遺憾だと強く抗議し、訓練の中止を求めました。
韓国軍が、島根県の竹島で、25日から26日までの日程で軍事訓練を開始したことを受けて、外務省の金杉アジア大洋州局長は、東京にある韓国大使館のキム・ギョンハン(金敬翰)次席公使に電話しました。
この中で、金杉局長は、「竹島は、歴史的事実に照らしても、国際法上も、明らかに日本固有の領土であることに鑑み、今回の韓国軍による訓練は、到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ」として、強く抗議し訓練の中止を求めました。
また、ソウルの日本大使館から、韓国外務省に対しても、同様の抗議を行いました。

GSOMIAはイージス艦のデータリンクのことw。2隻の米イージス艦が攻撃されたことがGSOMIAを切断しなければならなくなった理由…

米イージス艦ジョン・S・マケイン(DDG-56)がシンガポール沖でタンカーにぶつけられる。GPSを細工してALNIC MCの自動操舵システムを遠隔操作w(2017年8月21日)

米イージス艦が名古屋を出港した総トン数3.5倍のフィリピンのコンテナ船にグルっと勢いをつけて突っ込まれる。ドゥテルテのマラウィの報復なのか(2017年6月17日)

「後ろの車が右側から追い越そうとした際に、何らかの理由で自動で右に動いて接触した」(2019年8月26日)

リクルートが【MITメディアラボ】関連で再び解体される。GSOMIA遮断の原因w(2019年8月28日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。