弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「次のボヤもどぞw」「次の質問をどぞ」x4、昔NATOに騙されたように北方領土2島から攻略されてしまうとロシアは考えているw update7

やっぱ東西ドイツ統合のNATOみたいに北方領土2島から攻略されるのではないかというペスコフの懸念が図星だったのだろw。オレはウラジミール・ツルーポフとHuaweiの件が中露にバレてしまい、何も手持ちのカードがなくなってしまったからと思っているw。

自民党の@netgeekがw


「次の質問をどうぞ」河野外相 会見で質問を繰り返し無視 2018年12月11日 16時18分
北方領土問題でロシア側が日本をけん制する発言をしていることについて、河野外務大臣は、11日の記者会見で見解を問われましたが、記者の質問を繰り返し無視する一幕がありました。河野大臣には、交渉に向けた環境を整えるねらいがあるとみられますが、質問そのものに応じない姿勢には批判が出ることも予想されます。
北方領土問題をめぐって、ロシアのラブロフ外相は、第2次世界大戦の結果、北方領土はロシアの領土となったことを日本が認めない以上、交渉は進められないと日本側をけん制したほか、トルトネフ副首相も、強い姿勢で交渉に臨むと強調しています。
こうした発言について、河野外務大臣は、11日の記者会見で、記者団から見解を問われたのに対し、「次の質問をどうぞ」と4回にわたって繰り返し述べ、質問には、一切答えませんでした。
そして、記者団が「公の場での質問に対し、そうした答弁は不適切ではないか」とただすと、「交渉に向けての環境をしっかり整えたい」と説明しました。
河野外務大臣は、政府の方針を交渉の場以外で発信することは、よけいな臆測を呼び、交渉のためにならないなどとして、国会でもたびたび発言を控えることに理解を求めていて、今回の対応も、そうしたねらいがあるとみられますが、質問そのものに応じない姿勢には批判が出ることも予想されます。

立民 辻元氏「外務大臣失格と言わざるを得ず残念」
立憲民主党の辻元国会対策委員長は、記者団に対し、「記者が質問する後ろには国民がいるわけで、質問にまともに答えず、無視するような姿勢は、国民を無視していることに等しい。親子孫3代で議員をやっている世間知らずな大臣にありがちな対応に見えた。情報公開の姿勢にも、誠実さにも欠けると思うし、外務大臣失格と言わざるを得ず残念でならない」と述べました。

ロシア副首相、日ロ首脳会談「島の引き渡し一切議論してない」
 ロシアのトルトネフ副首相は、日ロ首脳会談では「島の引き渡しは、一切議論していない」と話しました。ロシア政府内から日本をけん制する発言が相次いでいます。
 先月、日ロ両首脳が日ソ共同宣言を基礎として平和条約締結交渉を加速することで合意し、年明けの安倍総理のロシア訪問の準備が進められています。
 こうした中プーチン大統領の側近の1人、ロシアのトルトネフ副首相が11日、「私は何度か日ロ首脳会談に同席したが、島の引き渡しに関しては一切、議論されたことはない」と記者団に語りました。ロシア国内で起きている島の引き渡しへの反発を沈静化させる一方で、活発化する日ロ交渉を前に日本側をけん制した格好です。また、ラブロフ外相は7日、北方領土が第二次世界大戦の結果、ロシアの領土になったことを日本が認めない限り「何も議論ができない」と従来の立場を改めて、強調しています。
 安倍総理の訪ロを前に、ロシア側は、日本に厳しいハードルを設定していて、今後の交渉が難航する可能性があります。

“北方領土は大戦の結果 ロシア領になった”日本に容認要求 2018年12月7日 22時30分
日本とロシアが今後進める平和条約締結交渉のロシア側の責任者をつとめるラブロフ外相は、7日、北方領土は、第2次世界大戦の結果、ロシアの領土となったことを日本が認めない以上は交渉は進められないという考えを強調し日本側をけん制しました。
安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領は、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すとした日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速させることで一致していますが、今月1日、アルゼンチンで行われた首脳会談で、交渉責任者に河野外務大臣とラブロフ外相を充てることを確認しました。
ラブロフ外相は、7日、記者会見で「平和条約を締結するということは、第2次世界大戦の結果を認めるということだ。これこそが不可欠な第一歩であり、これがなければ何も議論できない」と述べ、北方領土は、第2次世界大戦の結果、ロシアの領土となったことを日本が認めない以上は交渉は進められないという考えを強調しました。
ラブロフ外相は、これまでも北方領土を固有の領土だとする日本に対し、同じような主張をしていて今後、交渉を加速させるうえでロシアの原則的な立場は譲れないと日本側をけん制する狙いがあったとみられます。

ラブロフ外相、日本との平和条約締結のために何をすることが不可欠か説明 © Sputnik / Evgeny Biyatov
2018年12月07日 22:04
第2次世界大戦の結果を日本が認めることが、ロシアとの平和条約に関する交渉を継続するためには不可欠だと、ロシアのラブロフ外相が7日、欧州安全保障協力機構(OSCE)外相理事会の会議への出席を総括する記者会見で述べた。
ラブロフ外相は、「(ロシアの)プーチン大統領と安倍首相がシンガポールで発表したように、1956年のソ日宣言を基礎に平和条約締結に関する交渉に追加的な弾みをつけるとの合意が達成されている。この宣言では、何らかの対話が、それが何に関するものであろうと、その対話が始まるよりも前に、平和条約が締結されなければならないと述べられている。平和条約の締結が意味するのは、まさしく第2次世界大戦の結果の承認であって、それ以上でも以下でもない」と述べた。
アルゼンチンG 20における日露首脳会談の総括:元ロシア外務次官「交渉加速の背景に中国の影が見え隠れ」と指摘
また、「これについて、我々は日本側に対し、平和条約に関連した両国の道のり全体における全く変更できない最初の一歩であると述べている。我々は、そのような一歩が踏み出されるのを待っている。なぜなら、さもないと、他の何についても論議することができなくなるからだ」と強調した。 モスクワで1956年10月19日、日本とソ連の戦争終結、外交及び領事関係回復に関する日ソ共同宣言に署名がなされた。
ソ連政府は、ソ日共同宣言第9項で、平和条約締結後にシコタン島とハボマイ群島を日本に引き渡すことで同意している。
ソ日共同宣言は、1956年12月8日に両国によって批准されたが、1960年に日米安全保障条約が締結されたのを受け、ソ連は島の引き渡しに関する義務を取り消した。

「もうだまされない」北方領土問題でロシア大統領報道官 2018/11/19 15:4312/11 15:33updated ©株式会社全国新聞ネット
太田清 47NEWS編集長
ロシア極東ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでプーチン大統領に随行したペスコフ大統領報道官=9月12日(タス=共同)
 安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領に対して、1956年の日ソ共同宣言に沿って歯舞群島、色丹島が日本に引き渡された後でも米軍基地を島に置くことはないと伝えていたとの日本の一部メディアの報道はロシアでも大きく伝えられ、ニュースサイト「ガゼータ・ルー」などでは連日、このニュースがアクセストップ3に入るなどロシア市民の関心も高いが、ここに来て日本の期待に冷や水を浴びせる発言がプーチン大統領側から出てきた。
 プーチン氏のスポークスマンを務めるペスコフ大統領報道官は18日、ロシア国営テレビのトーク番組に出演し、ロシアと北大西洋条約機構(NATO)加盟諸国との間の交渉でロシアには過去「苦い教訓」があると指摘。「ゴルバチョフ(元ソ連大統領)を、ドイツと米国との間の当時の交渉を、その後NATOが少しずつ東方拡大したことを思い出そう。それは現在も続いている」と指摘。
 その上で「日本が米国の同盟国であることも考慮しないわけにはいかない。交渉の中でこうした懸念に対する答えがなければ、交渉は前には進まない」と、日本側に米国との同盟関係や米軍の今後の展開の可能性について明確な説明を求める考えを明らかにした。
 ペスコフ氏が指摘した「苦い教訓」とは、ゴルバチョフ元大統領が当時のベーカー米国務長官や西ドイツのコール首相らから、ソ連がドイツ統一を認めソ連軍が東ドイツから撤退、ワルシャワ条約機構を解体する見返りに、NATOを拡大させないとの保証を得たにもかかわらずその後、NATOが東方拡大を続けたことを指す。
 両者の合意文章は残っておらず、双方の主張にも食い違いがあるのだが、ロシアでは当時の状況について欧米に「だまされた」との認識が根付いており、ソ連国家保安委員会(KGB)の情報機関員として当時、ドイツのドレスデンに駐在していたプーチン氏も「われわれはだまされた」と繰り返し主張。ウクライナ南部クリミア併合についても、ロシアの勢力圏ウクライナの問題に口を出さないという密約があったはずとの議論にまで発展、ロシアの侵攻の正当性を裏付ける材料にすらなっている。
 「もうだまされないぞ」との主張は、冷戦時代のゴルバチョフ氏の“譲歩”とNATOの東方拡大をにがにがしく思ってきた一般市民に歓迎されるポピュリズム的な主張で、たとえ報道の通り安倍首相が米軍を展開させないと約束したにしても、「現在の新冷戦の元では部分的な領土問題の譲歩も不可能」(アナトリー・コーシキン・ロシア東洋大学教授、レグヌム通信への発言)などとするロシア国内の保守派を納得させるのはたやすいことではないだろう。 (共同通信=太田清)
昔NATOに騙されたように北方領土2島から攻略されてしまうと考えているロシアw

平和条約締結、首相の説明と相違 ロ報道官「本人からの反応なし」
2018/9/17 18:4312/7 10:12updated ©一般社団法人共同通信社
ロシア極東ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでプーチン大統領に随行したペスコフ大統領報道官=12日(タス=共同)
 【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は16日放映のロシア国営テレビのインタビューで、プーチン大統領が12日に前提条件なしの年内の日本との平和条約締結を安倍晋三首相に提案したことに関連し、安倍氏本人からの反応はなかったと語った。
 安倍氏は16日のNHK番組で、プーチン氏の提案があった後に2人でやりとりを交わし、北方領土問題を解決して平和条約を締結するのが日本の原則だと直接反論したと明らかにしたが、ペスコフ氏の説明とは食い違うことになる。
 ペスコフ氏は、プーチン氏の提案後に「実際に安倍氏本人から反応はなかった。東京と外交官から反応があった」と話した。
誰が日本の外務省ディープステイトを追い詰めるのだろうと思ってたのだけど、やっぱりラブロフとペスコフかぁw

靖国神社で段ボール燃える 中国人逮捕「南京事件に抗議」 2018年12月13日 0時25分
東京の靖国神社の敷地内で12日朝、段ボールが燃え、現場にいた中国人の男が建造物侵入の疑いで逮捕されました。男は「南京事件に抗議する」という内容が書かれた旗を持っていたということで、警視庁が当時の状況などを調べています。
12日午前7時ごろ、東京 千代田区の靖国神社の敷地内の参道で段ボールが燃えているのが見つかり、駆けつけた消防によってすぐに消し止められました。建物に被害はありませんでした。
現場には男女2人がいて、神社の警備員に取り押さえられ、このうち、中国人の郭紹傑容疑者(55)が建造物侵入の疑いで逮捕されました。
これまでの調べで、郭容疑者らは「南京事件に抗議する」という内容が書かれた旗を持っていて、火をつける様子を撮影していたということです。警視庁が当時の詳しい状況や日本に入国したいきさつなどを調べています。

香港の団体「靖国神社で抗議活動」
香港に拠点を置く団体は、団体のメンバーが12日朝、靖国神社で日本に対する抗議活動を行ったことを明らかにするとともに、抗議活動の様子を映したとみられる映像を公開しました。
この団体は、過去にメンバーが沖縄県の尖閣諸島に上陸したことがある「保釣行動委員会」です。
団体によりますと、日本時間の12日午前6時半ごろ、55歳のメンバーの男が靖国神社の敷地内で東条英機元首相の名前が書かれた紙を燃やし、「軍国主義を打倒せよ」などとスローガンを叫んだということです。
男は、26歳の女性メンバーと2人で11日に香港を出発し、14日まで東京に滞在する予定で、中国の南京で旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる「南京事件」から81年となる今月13日に合わせて抗議活動を行うことにしていたということです。
抜群のタイミングで外務省ディープステイトの在日工作員が靖国で騒ぎを起こすw

産経→靖国神社でぼや 中国籍の男を建造物侵入容疑で逮捕 一緒にいた女性からも事情聴く

靖国神社でぼや 中国籍の男を建造物侵入容疑で逮捕 一緒にいた女性からも事情聴く 2018.12.12 10:08
ぼやがあった靖国神社の神門前付近を調べる東京消防庁の職員ら=12日午前9時53分、東京都千代田区
 12日午前7時過ぎ、東京都千代田区九段北の靖国神社の神門付近で、新聞紙が燃えていると神社の関係者から110番通報があった。東京消防庁によると、火はすぐに消え、境内の建物などに被害はなく、けが人もなかった。警視庁公安部が火を付けたとみられる男女2人の身柄を確保し、建造物侵入の疑いで、中国籍の住所不詳、自称公務員、郭紹傑容疑者(55)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。公安部は一緒にいた女性からも事情を聴いている。
 捜査関係者によると、女性も中国籍。男女はいずれも香港人だと話しているという。
 神社のホームページなどによると、神門は昭和9年に建てられた神社の正門で、中央の2つの扉に直径1・5メートルの菊花の紋章がある。平成23年には、中国籍の男が神門に放火、柱の一部が焼ける被害があった。
「中国籍の住所不詳、自称公務員、郭紹傑容疑者(55)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。公安部は一緒にいた女性からも事情を聴いている。」w

おいおい。自称公務員てどこの?w
もろ外務省ディープステイトじゃまいかぁw。バカかw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。