弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「個別の人事プロセス」を解読する鍵は2014年の福島県警捜査2課の3人死亡だろw update12


「震災時に検察逃げた」 森法相が発言撤回、野党が批判 2020年03月11日15時02分
 森雅子法相は11日の参院予算委員会で、9日に「東日本大震災のときに検察官は最初に逃げた」と発言したことについて、個人的見解だったとして撤回した。野党は閣僚に不適任と厳しく批判した。
 森氏が発言したのは9日の同委集中審議。黒川弘務東京高検検事長の定年延長をめぐる質疑の中で「東日本大震災のとき、検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していない中で最初に逃げた。身柄拘束をしている十数人の方を理由なく釈放して逃げた」と述べた。


注目された中でこれを主張することだけが目的だった…w

Fukushima50はヤクザだった(2013年3月25日)

Fukushima50はヤクザだった(2019年10月4日)

311のとき1Fの職員は2Fにトンズラして、ヤクザだけが1Fに残った。つまり、311の首謀者は検索(思想検察)なのでは?と森まさこw

「個別の…」36回リピート 法相、定年延長の説明拒否 有料記事 三輪さち子 2020年3月6日 17時47分
写真・図版 参院予算委で、社民党の福島瑞穂党首の質問に答弁する森雅子法相=2020年3月6日午後、岩下毅撮影
 「個別の人事プロセスでございますので、お答えは差し控えさせて頂きたいと思います」。森雅子法相は6日の参院予算委員会で、東京高検検事長の異例の定年延長をした理由や段取りを問われると、「個別の…」との言葉を繰り返し、説明を拒んだ。その数、45分間で36回。「リピート再生」機能が働いたかのようだった。
 安倍内閣は1月31日、東京高検の黒川弘務検事長の定年延長を閣議決定した。もともと検察は定年延長が認められないとの法解釈があり、政権は事後になって「法解釈を変更した」と説明した。黒川氏は「菅義偉官房長官と近い」(官邸関係者)とされ、野党側は「安倍政権による検察への人事介入」との見方を強めている。
 この日、この問題を取りあげたのは社民党の福島瑞穂党首。「黒川さんに定年延長を誰が説明したのか」「あなたが発案したのか、下から上がってきたのか」などと角度を変えて決定過程をただした。
 森氏は「個別の人事に関することなので、従来よりお答えを控えている」などと説明を避け続けた。福島氏が「説得力ゼロですよ。『従来』にないケースだから聞いている」と迫っても、「守り」重視の答弁姿勢を変えなかった。
 森氏は定年延長の理由を「重大…
【仮説①】検事総長は森雅子法務大臣が当選するときに、福島県警捜査二課の刑事が3人自殺した件で尻尾を握っているw

2013年7月21日参議院議員選挙
2013年7月24日参院選の投開票から3日後、NHK佐戸未和記者が都内の自宅でうっ血性心不全で急死
2014年4月下旬捜査2課課長補佐の警部(当時51歳)と指導官の警視(当時52歳)の2人が相次いで自殺
2014年6月26日捜査2課長は戒告処分
2014年9月1日後藤光一1等海曹の護衛艦内でいじめ自殺が記事
2014年9月2日内閣府職員は溺死「事件性はなし」
2014年9月2日テレビ朝日「報道ステーション」岩路真樹ディレクターが練炭自殺
2014年10月2日「さみだれ」の阿部清司1等海曹、飲酒後に桟橋から転落死
2014年10月26日福島県知事選挙
2014年11月12日40歳代の捜査2課警部補が首をつって死亡
「主に選挙違反などの捜査を担当する捜査員だった」

福島県警捜査2課の3人死亡で不正選挙捜査に圧力をかけーた

時系列と場所だけw。地政学(ジオポリティカル)分析なんてのは「みっちゃんの定点監視」と同じくらい、誰にでもできる簡単な手法ですw

911の後に311が起きた。何もかもバレてしまったとテンパってしまい、思想検察だの特高警察を復活させて同調圧力の徹底を開始…。


「森まさこ」は「森ゆうこ」へのカウンターだったのかw
三号機(1F3)へのMOX燃料に反対した佐藤栄佐久福島県知事と推進して311を起こした佐藤雄平福島県知事みたいなw

オーザワさん関連かぁ…、なんかこれも自白テロか?


hmv.co.jp→黒川弘務 プロフィール

1957年生まれ。1981年東京大学法学部卒業。司法修習生。1983年検事任官。東京、新潟、名古屋、青森等の各地方検察庁勤務のほか、法務省秘書課、同刑事局、同司法法制部勤務等を経て、2001年12月法務省大臣官房司法法制部司法法制課長。2005年1月法務省刑事局総務課長。2006年7月法務省大臣官房秘書課長。2008年1月法務大臣官房審議官。2010年8月松山地方検察庁検事正。10月法務省大臣官房付。2011年8月法務省大臣官房長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 『逐条解説 サービサー法』より
やはり311かぁ…。いろんな観点から事件を仕掛けてどこまで発狂したのかを調べていたのだろう… ( 誰が?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。