弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

教師がいじめを推進していたことを東須磨小の数字で証明されてしまうw。全国でもいじめ急増54万件… update5

教諭いじめの神戸 東須磨小学校 子どもどうしのいじめ急増 2019年10月18日 5時23分
神戸市の公立小学校で起きた教諭間のいじめの問題を受けて、17日に開かれた市議会で、教育委員会はこの小学校で子どもどうしのいじめが急増していることを明らかにしました。教育委員会は「推測だが教員の人間関係が影響した可能性もある」として、対策を急ぐ考えを示しました。
神戸市の市立東須磨小学校で、4人の教諭が同僚の男性教諭らに悪質ないじめを繰り返していた問題を受けて、市議会は17日、臨時の文教こども委員会を開きました。
この中で、教育委員会の住谷照雄次長は、東須磨小学校での子どもどうしのいじめの認知件数が2年前の平成29年度は0件だったのが、昨年度は13件、さらに今年度は半年間で16件と急増していることを明らかにしました。
そのうえで、住谷次長は「推測だが教員の関係がぎくしゃくし、子どもにも影響した可能性もある」と述べ、いじめ対策を急ぐ考えを示しました。
また、17日の委員会では被害者の男性教諭が、去年、前の校長と面談した際、「おまえはいじめられてないんやな」と念を押されたと訴えていることなどを踏まえ、前の校長らを参考人として招致する方向で検討することになりました。
教育委員会住谷照雄次長「推測だが教員の関係がぎくしゃくし、子どもにも影響した可能性もある」w

もし東須磨小だけのローカルな問題なら全国でいじめが過去最大54万件に急増したりしない…。 文科省が全国でやっている政策なのだw

文科省ディープステイトw。組織的でかつ毎年スキルアップしてるかんじw。

教諭いじめ小学校、児童もいじめ 2年で急増、神戸市教委調べ
2019/10/17 23:02 (JST) ©一般社団法人共同通信社
教諭いじめ問題で、頭を下げる市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=9日、神戸市
 教諭4人が同僚をいじめていた神戸市立東須磨小で、児童同士のいじめ認知件数が2017年度は0件だったのに対し、18年度は13件、本年度は半年間で16件と急増していることが分かった。市教育委員会が17日の市議会文教こども委員会で明らかにした。
 市教委は「教員の仲がぎくしゃくしていると子どもにも現れる。東須磨小の職員の状態が少なからず影響したのではないか」と分析。加害者の一部は18年度からいじめ対応などをする生徒指導担当で、児童同士のトラブル仲裁にも当たった。

児童のいじめも急増してたw

つまり、教師が児童のいじめを推進していたことにw

なんかすごい種明かしだな…

神戸教諭いじめ 児童同士も急増 影響うけた可能性 毎日新聞2019年10月17日 21時29分(最終更新 10月17日 22時32分)
いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影
 神戸市須磨区の市立東須磨小で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けた問題で、市教育委員会は17日、教諭間のいじめが始まった2018年度から同小の児童間のいじめも急増していたことを明らかにした。市教委が把握する児童間のいじめは17年度にゼロだったが、18年度は13件に増え、今年度は9月までの半年で16件に達した。市教委は、教諭間のいじめが影響した可能性が高いとみている。
 17日にあった市議会の委員会で、市教委の住谷照雄教育次長が明らかにした。神戸市全体での児童によるいじめも、17年度の4802件から18年度は5508件に増加したが、住谷次長は「職員の関係がぎくしゃくすると子どもの状態にも表れる。(影響を)分析したい」と述べた。
 市教委によると、加害者の4教諭のうち3人は今年度、東須磨小でいじめ対策の担当者だった。教諭間のいじめ問題が発覚して以降、児童4人が不登校になり、うち2人が現在も学校を休んでいる。学校側は、いじめの一環で激辛カレーを無理やり食べさせた現場の家庭科室を改修するなど、児童の心のケアに取り組む。【反橋希美、井上元宏】

関西 NEWS WEB 東須磨小 子供のいじめも急増か 10月17日 21時42分
神戸市の公立小学校の教諭間のいじめ問題を受けて市議会が開かれ、市教委はこの小学校では子どもどうしのいじめの認知件数が今年度、急増しており「教員間の人間関係が影響した可能性もある」として対策を急ぐ考えを示しました。
神戸市の市立東須磨小学校での、教諭によるいじめ問題を受けて市議会は、17日、臨時の文教こども委員会を開きました。 この中で、教育委員会の住谷照雄次長は、東須磨小学校での子どもどうしのいじめの認知件数が2年前の平成29年度は0件だったのが、昨年度は13件、さらに今年度は半年間で16件と急増していることを明らかにしました。
その上で、住谷次長は「推測だが教員の関係がぎくしゃくし、子どもにも影響した可能性もある」と述べ、いじめ対策を急ぐ考えを示しました。
一方、きのうの委員会では、被害者の男性教諭が去年前の校長と面談した際、「おまえはいじめられてないんやな」と念を押されたと訴えていることなどを踏まえ、前の校長らを参考人として招致する方向で検討することになりました。

【40代女性教員】
 子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。
「子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。」w

結果的に子どもも他の職員も傷つけていたことになるw。相手が子どもだろうが職員だろうが傷つけてしまうでので、子どもたちの前に出られなくなっても当然w

なんかとんでもない話だな…

国家公務員の給与増決定 人事院勧告受け入れ6年連続
2019/10/11 08:56 (JST)10/11 19:11 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
首相官邸で開かれた給与関係閣僚会議。左から2人目は菅官房長官=11日午前
 政府は11日、2019年度の国家公務員の月給とボーナス(期末・勤勉手当)を6年連続で増額する給与法改正案を閣議決定した。これに先立つ関係閣僚会議で、給与引き上げを求めた8月の人事院勧告を受け入れると決めた。臨時国会での法成立を目指す。
 法案によると、月給は平均387円(0.09%)増額。夏と冬を合わせたボーナスは0.05カ月引き上げ、月給の4.50カ月分とする。いずれも法成立後、今年4月にさかのぼって増額分が追加支給され、年間平均給与は行政職で2万7千円多い680万円となる。

つまり、給与を上げないと児童を自殺に追い込むと政府を脅していたのだ。6年もw
政府としては子どもたちの命がかかっているので給与を上げるしかなかった…

そして彼らが足りないと思えばいつでも容赦なく子どもを殺して臓器売買で報酬を自分たちに補填してる…

これが文科省ディープステイトの真相かぁ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。