弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【レーダー照射】東京電機大のワイヤレスシステム研究室の小林岳彦(こばやしたけひこ)教授の自転車がワゴン車に衝突し死亡。EMC(放射妨害波の制御)かぁw update4

瀬取りのとき北朝鮮船舶の乗員を射殺。レーダー照射で海自のP1哨戒機を威嚇した?

自転車とワゴン車衝突…電大教授の男性死亡 2018年12月24日 19:38
全文
24日午前、東京・足立区で、東京電機大学の教授の男性が自転車を運転中にワゴン車に衝突し、死亡する事故があった。 事故があったのは、足立区の国道4号線の交差点。警視庁によると、24日午前10時過ぎ、国道の一番歩道寄りの車線を走行していた自転車が、交差点で強引に右折しようとして後ろから来たワゴン車と衝突した。自転車を運転していたのは東京電機大学の小林岳彦教授で、まもなく死亡が確認された。 警視庁は、小林教授の運転が事故の原因となった可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。
「国道の一番歩道寄りの車線を走行していた自転車が、交差点で強引に右折しようとして後ろから来たワゴン車と衝突した。」

昔だったら教授の過失と思って見過ごすとこだけど、BMIテロかも。

自転車で車に衝突 東京電機大学の教授死亡 2018年12月24日 18:26
東京・足立区で24日午前、東京電機大学の教授の男性が自転車を運転中にワゴン車に 衝突し、死亡する事故があった。警視庁は、事故原因について詳しく調べている。
記事全文
東京・足立区で24日午前、東京電機大学の教授の男性が自転車を運転中にワゴン車に衝突し、死亡する事故があった。警視庁は、事故原因について詳しく調べている。

小林 岳彦 教授

氏名 小林 岳彦 こばやし・たけひこ Takehiko Kobayashi, Ph.D., Professor
役職 工学博士、工学部教授
専門分野 ワイヤレスシステム工学

研究室 ワイヤレスシステム研究室 - Wireless Systems Laboratory -
ワイヤレスシステム研究室では、移動通信やレーダなどさまざまなワイヤレスシステムの方式技術および要素技術を研究しています。
主な研究テーマには、UWB(超広帯域)ワイヤレスシステム、移動通信環境における電波伝搬、移動通信ネットワークにトラヒック特性、IP over wireless、少し毛色の変わったところではソフトウェア無線における失敗例の研究、などがあります。
計算機シミュレーションだけではなく、ハードウェアの思索も含めて実験的研究にも力をいれています。また、外部機関との共同研究や受託研究を積極的に行ってゆきたいと考えております。

主な研究テーマ
UWB(超広帯域)ワイヤレスシステム
移動通信の電波伝搬
アンテナ
マルチメディア移動通信ネットワーク
マイクロ波リモートセンシング
EMC
ワイヤレスシステムにおける失敗例の研究
「マイクロ波リモートセンシング」
「EMC(放射妨害波の制御)」
「ワイヤレスシステムにおける失敗例の研究」w

「EMC設計の実際―放射妨害波の制御」w

emc-ohtama.jp→EMCとは何か/株式会社e・オータマ業務グループ佐藤智典/2013年10月(2004年2月)PDF

2 EMC とは何か
EMC は、electro-magnetic compatibility の略であり、日本語では電磁両立性、電磁環境両立性などとも呼ばれます。この用語は、「機器やシステムの、その環境内のいかなるものに対しても許容できない妨害を与えることなく、その電磁環境内において満足に機能する能力」のような形で定義されています。 簡単に言えば、機器がその動作によって他のものに妨害を与えず、またその動作が他のものによって妨害されないならば、EMC が達成されているということになります。 おおよそどのような機器も世界の中に他のものと全く無関係に存在しているわけではなく、自然現象や他の機器などによって形成される環境の中で、他のものと共存していくことが求められます。 これが、その名前の「両立性 (compatibility)」が意味するものです。

[05:33:53] … 133.14.220.13 日本 JP Tokyo Chiyoda …http://dot1x7181.14-192-19.wlan.ms.dendai.ac.jp  [ASN17943 Tokyo Denki University 133.14.0.0/16] iPhone OS 12.1 15E148 Safari *

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。