弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【嘘松な九頭竜】シャブと窃盗で保釈中の小林誠(43)を横浜地検が神奈川県愛川町で取り逃がしたw update10


逃走「痛恨の極み」 県知事訪れ横浜地検トップ謝罪[2019/06/24 17:18]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000157864.html
 神奈川県愛川町で実刑が確定した男が逃走した事件で、横浜地検のトップ・中原亮一検事正が神奈川県の黒岩知事を訪れて「誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しました。
 横浜地検・中原亮一検事正:「誠に申し訳ございませんでした」
 小林誠容疑者(43)は23日朝、潜伏していた神奈川県横須賀市のアパートで発見されて逮捕されました。この逮捕を受け、中原検事正は24日正午前に神奈川県庁を訪れて黒岩知事と面会しました。面会の冒頭、「こういう事案を発生させてしまいまして、痛恨の極みです」と述べて深く頭を下げました。その後、報道陣の取材に応じて「二度と起こさないという決意で運営して参りたい」と述べました。横浜地検は検証チームを立ち上げて再発防止策を策定することにしています。

横浜地検トップ、首長に謝罪=知事「言い訳つかない」-神奈川 2019年06月24日15時19分
逃走事件で、神奈川県の黒岩祐治知事(右)に頭を下げる横浜地検の中原亮一検事正=24日、横浜市中区の同県庁
 窃盗などの罪で実刑判決が確定した男(43)が収容に応じず逃走した事件で、横浜地検トップの中原亮一検事正は24日、神奈川県庁に黒岩祐治知事を訪ね、「こういう事案を発生させたことは本当に痛恨の極み。検証作業を進め、再発防止を徹底する」と述べ、不手際について陳謝した。面会は冒頭を除き非公開で行われた。
 面会終了後、報道陣の取材に応じた黒岩知事は、「逃走まではハプニングだとしても(関係機関への)情報伝達を怠ったことは『言い訳がつかない』と中原検事正に伝えた」と明らかにした。
黒岩知事「逃走まではハプニングだとしても(関係機関への)情報伝達を怠ったことは『言い訳がつかない』と中原検事正に伝えた」w

嘘松スピンだったことがバレているw

この横浜地検のスピン事件は吉本興業のためにやってるのに…w

逃走の男が神奈川県警に自ら連絡 2019/6/22 23:47 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 窃盗罪などで実刑が確定した小林誠容疑者(43)が収容前に逃走した事件で、同容疑者が21日に「明日の昼に出頭する」と神奈川県警に連絡していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。実際には出頭しなかった。
横浜地検の嘘松が確定w。なんなんだ?w

逃⾛男「騙したな」と包丁…理髪店で散髪か 2019年6⽉20⽇ 16:08
全⽂
神奈川県愛川町で19⽇、傷害罪などで実刑判決が確定した男が逃⾛した事件で、男が収監のため訪れた職員に対し、「おまえら騙(だま)したな」などと叫んだうえ、台所の包丁を持ち出していたことがわかった。 逃⾛を続けているのは、傷害などの罪で実刑判決が確定し、収監予定だった⼩林誠容疑者。 横浜地検の職員らは19⽇午後1時過ぎ、⼩林容疑者を収監するため、神奈川県愛川町のアパートを訪れたが、その際、⼩林容疑者が「おまえら騙したな」などと⼤声で叫んでいたことが捜査関係者への取材でわかった。その後、「準備するから出ていけ」と叫びなが ら台所から取り出した包丁を取り出し⾞に乗り込んだという。 ⼩林容疑者は県内のコンビニなどで⽬撃されているが19⽇夜、厚⽊市内の理髪店を訪れていたこともわかった。警察は、⼩林容疑者が散髪をするなどして印象を変えて逃⾛している可能性もあるとみて、およそ1500⼈態勢で⾏⽅を追っている。
【「おまえら騙したな」などと⼤声で叫んでいたことが捜査関係者への取材でわかった。その後、「準備するから出ていけ」と叫びなが ら台所から取り出した包丁を取り出し⾞に乗り込んだという。】w

なんだこの横浜地検の大根芝居は?w

「検察支援し、発見に努力」=実刑確定の男逃走で-国家公安委員長 2019年06月20日12時35分
 山本順三国家公安委員長は20日の記者会見で、窃盗などの罪で実刑判決が確定した男が収容に応じず逃走した事件について「検察を支援し、一刻も早い発見に努めるよう警察を指導していく」と述べた。  事件では、男が収容のため自宅を訪れた横浜地検職員や神奈川県警厚木署員らに刃物で抵抗し、車で逃走した。山本委員長は「地域住民も不安に感じていると思う。県警が警戒活動を行うとともに、検察庁と連携し追跡している」と話した。

ターゲットは九頭竜?w

実刑確定の男 収容時に逃走 刃物所持 東名高速を西へ 警察追跡 2019年6月19日 19時06分
19日午後、神奈川県愛川町で、傷害などの罪で実刑が確定した男の身柄を検察庁の職員が収容しようとしたところ、車で逃走しました。男は刃物を持ち、捜査関係者によりますと、東名高速道路を西に向かって逃げているということで、警察が追跡を続けています。
19日午後1時半ごろ、神奈川県愛川町田代の、実刑判決が確定した小林誠受刑者(43)の自宅を検察庁の職員4人と警察官2人が訪れ、収容しようとしたところ、突然、刃物を持ち出して抵抗し、車で逃走しました。
横浜地方検察庁によりますと、小林受刑者は傷害や窃盗、覚醒剤取締法違反などの罪で、ことし2月に東京高等裁判所で懲役3年8か月の有罪判決が確定しましたが、その前に保釈されていたということです。
確定後、数回にわたって検察庁の職員が収容に向かいましたが接触できていなかったということです。
小林受刑者は包丁のような刃物を持ったまま黒のホンダのフィットに乗って逃げ、捜査関係者によりますと、その後、東名高速道路を西に向かっているということで、警察が追跡を続けています。
横浜地検の竹内寛志次席検事は「このような事態を発生させたことに加え、公表が発生から3時間ほどたったことについて申し訳なく思っています」と話しています。

同じアパートの男性は…
小林受刑者と同じアパートに住む男性は「髪が短い男性で、会ったときはあいさつをする関係です。家族で住んでいるようでにぎやかな声が聞こえ、楽しそうだなと思っていました。朝は、たまに中型の犬を連れて散歩しているのを見かけました」と話していました。 近所の男性「もっと早めに伝えてほしかった」 近所に住む77歳の男性は「ここは平和なところで、安全と思って住んでいるので、びっくりしました。刃物を持っていると聞き、抵抗できないので、思わず家の鍵を閉めました」と話していました。
68歳の男性は「ここは小学校も近くにあるので心配でした。夕方ごろにテレビで逃走を知ったが、もっと早めに町民にこういう問題が起きたことを伝えてほしかった。連絡が遅いのはとても不安なので、今後の参考にしていただきたい」と話しました。
70代の男性は「大阪で警察官が刃物で刺された事件があったばかりなので、同じようなことが起き、びっくりしました」と話しました。

教員に通学路など緊急パトロール指示
愛川町教育委員会によりますと、男が刃物を持って逃走しているという情報を受け、町内の小学校6校、中学校3校に対し、学校に残っている教員に通学路などを中心に緊急のパトロールをするよう指示を出したということです。
部活動で残っている生徒には、保護者に迎えに来てもらうよう学校に指示を出したということです。

防災無線で注意呼びかけ
愛川町役場によりますと、警察からの情報を受け、午後6時前に防災行政無線で実刑が確定した男が刃物を持って車で逃走していると注意を呼びかけたということです。
メール配信を登録している人にも同じ内容を配信したということです。
なんで保釈されてたの?w

渋滞で先が詰まっている警報機の鳴っている踏切にアルファードが侵入して立ち往生。28才女性の運転手は車を降りて非常ボタンを押したw

もう追いきれないくらいの嘘松なスピン事件が起きる。

これはNHKドラマを再現しただけw

酔いが残っていたので急発進したとかw

この際だから、医療費を預貯金の何%に決めればいいんじゃね?w

フェラーリ炎上w

水飴のトレーラー横転w

生活保護費560万円を葛飾区と川崎市から不正受給w

元五輪体操・岡崎聡子がシャブで14回目の逮捕w

地面師w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。