弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

クレバ・フォム・フンデ・シューレがリードを振り切って逃げたw update5

逃げた警察犬「クレバ号」を発見 兵庫県警のシェパード
2020/10/27 12:07 (JST) ©一般社団法人共同通信社
警察犬「クレバ号」(兵庫県警提供)
 兵庫県警は27日、同県福崎町田口の七種山(683メートル)で25日午後に行方不明者の捜索中に逃走した警察犬の雄のシェパード「クレバ号」を発見したと明らかにした。
 県警によると、27日午前9時40分ごろ、逃走した場所から南西に約100メートル離れた山頂付近で見つかった。リードが木に絡まり動けなくなっていたという。警戒してうなっていたため、発見した県警鑑識課員が落ち着かせるためにパンのかけらと魚肉ソーセージを食べさせた。けがはなく、元気な様子という。活動を続けさせるかは今後検討するという。逃げた理由は分からないとしている。


行方不明者を捜索中、警察犬が「逃走」 兵庫県警が捜索 2020年10月25日 20時48分
写真・図版 行方不明となっている警察犬(兵庫県警提供)
 兵庫県警は25日、同県福崎町の山中で行方不明者を捜していた警察犬が逃げ出した、と発表した。県警は35人態勢で捜索している。
 鑑識課によると、同課警察犬係に所属するシェパードで、名前は「クレバ・フォム・フンデ・シューレ」(2歳、オス)。黒茶色で体長約120センチ、高さ約70センチ、体重約31キロ。おとなしい性格だという。昨年7月から所属していた。
 福崎町の七種山(なぐさやま)で25日午前から、福崎署員と鑑識課員の計12人がクレバを含む警察犬2頭を連れ、50代女性の行方を捜索していた。クレバは午後1時半ごろ、突然走り出し、鑑識課員の手からリードが離れたという。女性はその直前、別の1頭が見つけ、その後死亡が確認されたという。
 鑑識課の横山貴行次席は「訓練されており、人には襲いかからないと思うが、見つけたら110番してほしい」と話した。

靴下をはいた(レッグ・ソックド)のシェパードw

そのゲームに敗けた時は死ぬことを意味する、しかしマリノアは何でもゲームと捉えて夢中になる…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。