弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

北アルプス 遭難相次ぐ 女性1人死亡 1人大けが …update2

北アルプスで遭難相次ぎ4人死亡、熊本を含めると5人…

剣岳で女性登山者が滑落死 富山の北アルプス 2019.5.4 18:35社会地震・災害
 4日午前6時ごろ、富山県の北アルプス・剣岳(2999メートル)で、登山中の40代とみられる女性が滑落した。富山県警山岳警備隊が約3時間後に救助したが、全身を強く打っており搬送先の病院で死亡が確認された。
 上市署によると、女性は登山仲間2人と頂上に向かっていて、標高約2600メートルの尾根から約500メートル下に滑り落ちたという。目撃した別のグループの登山者が近くの臨時派出所に行って救助を求めた。

北アルプス 遭難相次ぐ 女性1人死亡 1人大けが 2019年5月4日 17時32分
4日朝、長野と岐阜の県境にある北アルプスの山の斜面で、登山に訪れていた女性が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
4日午前5時前、長野と岐阜の県境の北アルプスにある標高およそ2750メートルの樅沢岳の山頂付近で、テントに泊まっていた登山者の男性から「同行者の女性の姿が見えず、近くにスリップしたような跡がある」と警察に通報がありました。
警察がヘリコプターで周辺を捜索したところ、山頂から長野県側に数百メートル下った斜面で女性が意識不明の状態で倒れているのを発見したということです。女性はその後、死亡が確認され、警察が身元の確認を急いでいます。
4日は北アルプスの槍ヶ岳でも山形市の33歳の公務員の女性が標高およそ2800メートル付近から滑落し、警察のヘリコプターに救助されました。女性は足の骨を折る大けがをしましたが、命に別状はないということです。
長野県の北アルプスでは先月28日にも登山者2人が亡くなるなど遭難が相次いでいて、警察は、天候の状況を確認するなど安全を確保したうえで行動するよう呼びかけています。
「同行者の女性の姿が見えず、近くにスリップしたような跡がある」w

北アルプス樅沢岳で山岳遭難 女性1人死亡 2019.05.04 - 16:49更新
北アルプス樅沢岳で女性1人が遭難し、死亡が確認された。男性と2人で入山し、テント泊をしたが姿が見えなくなり、近くにスリップしたような跡があった。県警ヘリが山頂から数100m下のところで発見した。

newsthegeino.blog.fc2.com→【訃報】東京都杉並区の小川公代さん(46)が北アルプス樅沢岳で滑落死

【訃報】東京都杉並区の小川公代さん(46)が北アルプス樅沢岳で滑落死 2019/05/05(日)
5月4日早朝、岐阜県高山市と長野県大町市にまたがる北アルプス(飛騨山脈)樅沢 岳(標高2755メートル)の山頂付近で、東京都杉並区に住む会社員の小川公代さん (46)の姿が見えなくなる事故があり、警察がヘリコプターで捜索した結果、小川さん は数百メートルほど下の斜面で発見され、死亡が確認されたことが報じられた。警察 は小川さんが誤って滑落したものと見て詳しい状況を調べているとのこと。謹んでお 悔やみ申し上げます。

NHK→北アルプスで登山の女性死亡

信州 NEWS WEB 北アルプスで登山の女性死亡 05月05日 06時28分
4日朝、長野と岐阜の県境にある北アルプスの山の斜面で、登山に訪れていた女性が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
4日午前5時前、長野と岐阜の県境の北アルプスにある標高およそ2750メートルの樅沢岳の山頂付近で、テントに泊まっていた登山者の男性から「同行者の女性の姿が見えず、近くにスリップしたような跡がある」と警察に通報がありました。
警察がヘリコプターで周辺を捜索したところ、山頂から長野県側に数百メートル下った斜面で、女性が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
死亡したのは、東京 杉並区の会社員小川公代さん(46)で、警察は誤って滑落したものとみて調べています。
4日は、北アルプスの槍ヶ岳でも山形市の33歳の公務員の女性が、標高およそ2800メートル付近から滑落し、警察のヘリコプターに救助されました。
女性は、足の骨を折る大けがをしましたが、命に別状はないということです。
長野県の北アルプスでは、先月28日にも登山者2人が亡くなるなど、遭難が相次いでいて、警察は、天候の状況を確認するなど、安全を確保したうえで行動するよう呼びかけています。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。