弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【ディープステイト崩壊】岸田文雄前外相が山口組元幹部との写真で総裁選と消費税増税と大宏池会崩壊をアピールw update5

【ディープステイト崩壊】金正男殺害のVXの5倍から8倍の旧ソ連の 「ノヴィチョク」で元露スパイ父娘が英で殺害される
のタイムラインのひとコマw。

2018.3.29 09:43 杉山晋輔駐米大使、拉致解決「時間は我々に味方していない」 着任会見、解決に決意
日本大使公邸で着任後初の記者会見をする杉山晋輔駐米大使=28日、米首都ワシントン(加納宏幸撮影)
 【ワシントン=加納宏幸】杉山晋輔駐米大使は29日、米ホワイトハウスでトランプ大統領に天皇陛下からの信任状を捧呈し、正式に着任した。その後、ワシントンの大使公邸で着任後初の記者会見に臨み、26日の中朝首脳会談、5月末までに予定される米朝首脳会談など北朝鮮との対話の流れが出ている中で、日本人拉致問題の解決を訴えていく決意を強調した。
 杉山氏は拉致問題について、「解決にはほど遠く、時はわれわれの味方になっていない」との厳しい見方を示した。その上で「北朝鮮を国際社会の一員としてきちんとした行動をさせる対話なら意味があるが、そうではない『対話のための対話』は意味がない」と語り、核・ミサイル問題と並び拉致問題の解決を米政府に強く訴えていくとした。
 さらに、「日米、日米韓が結束して圧力を最大限にかけた結果、北朝鮮が対話を求めるようになった」との見方を示したが、今後の北朝鮮の動向は「冷静かつ慎重に予断を持たず情勢を分析して判断する以外に手はない。何かを決めてかかるような言い方をすべきではない」と述べた。
蚊帳の外に置かれたのはシャンシャンだったのかw。

政府「取り残されるのでは…」 正恩氏の電撃訪中 松井望美2018年3月29日07時06分
写真・図版 26日、北京の人民大会堂で習近平国家主席(中央右)と彭麗媛夫人(右)の案内を受ける金正恩朝鮮労働党委員長(中央左)と李雪主夫人(左)。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信
 日本政府は、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動をとらない中で圧力が緩和されることを警戒する。ただ、米韓に続き中国も北朝鮮との対話に踏み出したことで、政権の足元では「日本だけ取り残されるのではないか」との懸念が浮上。安倍晋三首相とトランプ大統領の日米首脳会談を4月18日に開く方向で最終調整に入り、北朝鮮問題への関与を働きかけていく考えだ。
 「重大な関心を持って情報収集、分析に努めている。中国側からもしっかりと説明を受けたい」。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の電撃訪中が明らかになった28日の参院予算委員会で、安倍首相はこう強調した。日米首脳会談では拉致問題のほか、北朝鮮の中短距離の弾道ミサイルといった日本が直面する懸案に、米側の協力と連携を促す方向だ。
 中朝首脳会談は日本にとって「想定外」だった。会談は26日に行われたが、翌27日になっても外務省は北朝鮮から北京入りした高官が誰なのか特定できていなかった。同省幹部は「中国が何か仕掛けてくるのではないかとは思っていたが、まさか北朝鮮の首脳級が訪中するとは思わなかった」と話す。
 日本政府関係者によると、中朝首脳会談を中国が公表する前の27日深夜、外交ルートで中国側から「金正恩朝鮮労働党委員長が習近平(シーチンピン)国家主席と会談した」と伝えられたという。ただ、北朝鮮が非核化に向けてどのような約束をしたのかなど詳細ははっきりしなかった。28日も、北朝鮮の核問題をめぐる6者協議首席代表の金杉憲治・外務省アジア大洋州局長が韓国のカウンターパートと電話で意見を交わすなど情報収集と分析に追われた。
 中朝首脳会談の背景として、日…

岸田文雄 山口組(指定暴力団) フライデー(雑誌)
3月20日、国会での岸田氏。最近、総裁選をにらみ地方行脚を精力的に行っている 岸田政調会長、山口組元幹部との写真が流出か FRIDAYが報道
2018年3月22日 22時0分
「ポスト安倍」と呼ばれる岸田文雄政調会長のスキャンダルをFRIDAYが報じた パーティで山口組元幹部と握手を交わした写真を、元幹部がFacebookに投稿 政治家は握手をなかなか断れないが、それでも本人も周囲も脇が甘いと識者
岸田文雄政調会長 山口組元幹部との「親密写真」が流出 2018年3月22日 22時0分 FRIDAYデジタル 3月20日、国会での岸田氏。最近、総裁選をにらみ地方行脚を精力的に行っている 写真拡大
 パーティ会場でニッコリ笑う、自民党の岸田文雄政調会長(60)。その隣には岸田氏と親密そうにガッチリ握手をしている、目つきの鋭い人物がいる。本名は若野康夫氏というが、「矢野康夫氏」といったほうが通りがいいだろう。山口組の武闘派組織として名を馳せた『中野会』の元副会長である。この写真は3月2日、大阪・梅田の『ザ・リッツ・カールトン大阪』で開かれた、自民党衆院議員・竹本直一氏(77)の『新春賀詞交歓会』で撮影されたモノだ。
 文書改ざん事件が収束を見せない中、"ポスト安倍"の最右翼と呼ばれる岸田氏の存在感は日に日に高まっている。岸田氏が総裁候補と目されるのは、その安定感と、これまで目立った疑惑やスキャンダルが報じられたことがないというのが理由のひとつ。そのプリンスと"大物ヤクザ"の写真とあってはただごとではない。
 矢野氏は、かつて山口組系二次団体の幹部などを歴任し、『中野会』の副会長も務めた。現在は大阪で格闘技団体『一般社団法人 競拳インターナショナル』の代表理事を務めている。「若野康玄」という名で活動しており、なんと、その自らのフェイスブックに、この「親密写真」をアップしているのだ。団体の事務局に話を聞くと、
「(矢野氏が)パーティに行ったことも、岸田氏と写真を撮ったことも間違いない。しかし、(矢野氏が)9年前にキックボクシングジムを作ったときに(暴力団、そして暴力団との関わりは)全部やめている」
 との回答だった。しかし、大阪府警関係者は次のように話す。
「今年2月に神戸山口組の中核組織『山健組』の下部組織である『兼一会』が絶縁処分を受け、その後、六代目山口組側である『極心連合会』の傘下に入ったのです。山口組分裂の帰趨を決する大型移籍が実現したと、大きな騒ぎになった。実はこの移籍の裏工作を成功させたのが矢野氏だと言われているのです。現在でも、矢野氏は極心連合会の『特別相談役』と呼ばれており、"現役"という認識です」
 政治アナリストの伊藤惇夫氏が話す。
「政治家がパーティ会場で握手や写真を求められたら断れない、というのはわかります。ただ、それでも相手の様子や身なりなどを見て、警戒しないといけない。総裁候補なのですから、本人の脇の甘さ、そして秘書など周囲の人間のガードも甘いと言わざるを得ません」  こんな写真が流出しては、暴力団の「シノギ」の材料として利用されかねない。この間の悪さ、どうやら総理に必要な「運」は持ち合わせてはいないようだ。  3月23日発売のFRIDAY最新号では、問題の親密写真を掲載している。 撮影:鬼怒川 毅

消費税「引き上げ当然」=総裁選対応は明確にせず-岸田氏講演 消費税 金融緩和 財政再建
 【香港時事】自民党の岸田文雄政調会長は21日、香港で開かれた投資家向けイベントで講演し、来年10月に予定される消費増税に関し「昨年の衆院選で消費増税の使い道について(教育無償化などへの見直しを)国民に訴えたことを考えると、引き上げは当然、考えなくてはいけない」との認識を示した。
 秋の党総裁選については「誰をリーダーとして、どんな体制をつくって来年を迎えようとしているのか考える貴重な機会だ」と指摘。自身の対応は明確にしなかったが、「日本国内、経済の安定に努めたい」と語り、「ポスト安倍」への意欲をにじませた。
 安倍政権下での大規模金融緩和をめぐり、岸田氏は「いつまでも続けることはできない」と強調。出口戦略について「タイミングとやり方を欧米の例も参考にしながら考えていかなければならない」と語った。また、経済政策について「目標や見通しを明らかにすることは将来の不安解消のためにも重要だ」と主張。「もう少し財政再建に真剣に取り組む必要がある」と指摘した。(2018/03/21-14:52)

香港で増税と財務省派をアピールしたら山口組との関係をフライデーされた岸田w。何やってるんだか?

福岡政行w


中国新聞2017年6月17日 県立広島大客員教授福岡政行氏

【そんな中で、(自民党の宏池会系の派閥が一緒になる)「大宏池会」構想がどうなるか。… 岸田文雄氏らを中心とする大宏池会と連携すれば、政変が起こるかもしれない。】

なんだよ大宏池会てw

「先日、野中広務氏にばったりと会い」
あ、これって副知事の裏稼業の件だ。ボコハラムだったのかw。
京都府警組対2課の乱闘事件と副知事の仕事w

うは。広島に北朝鮮系のディープステイトがあるんだわw。外務省か?w

どうしても第二次あべちん政権末期にしたいマスコミ

竹田恒泰

伊藤惇夫w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。