弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

金華山近くを走る車の下から突然白い水しぶきが上がって麒麟がきたのか?w update3

徳仁天皇の兄か叔父に当たるソウル市長の朴元淳(パク・ウォンスン/Park Won-soon)が遺言のような言葉を娘に残して粛靖門(粛清門)の「押忍‼セイロ蒸し」近くで遺体で見つかる…

奥野省吾(おくのしょうご)研究…

うーむ。なんかすげーやつらが県警本部に着任したよーな希ガス…

なぜ重さ2トンの貯留槽のふたが外れたのか 大雨の岐阜 2020年7月9日 22時51分
8日、岐阜市で道路に埋められた貯留槽の重さ2トンのふたが突然外れて走行中の車にぶつかり1人がけがをした事故について、市は、貯留槽に大量の雨水が流れ込み、貯留槽内の空気が圧縮されて一気にふたを押し上げたとみて、詳しい原因を調べるとともに、再発防止策を検討することにしています。今回の大雨による岐阜県内のけが人は、これで1人となりました。
8日午前6時40分ごろ、岐阜市松ケ枝町の市道で、雨水を一時的にためるために道路に埋められた貯留槽の重さおよそ2トンのふたが走行中の車にぶつかり、車に乗っていた3人のうち10代の女性が軽いけがをしました。
市によりますと、この貯留槽は平成26年に浸水被害を防止するために地下7メートルの深さに整備されたもので、25メートルのプールおよそ20杯分にあたる6200立方メートルの雨水をためられるということです。
市のこれまでの調査で、大量の雨水が短時間に貯留槽に流れ込み、貯留槽の中にあった空気が圧縮されて、貯留槽内の気圧が極めて高くなり、およそ2トンのふたを一気に押し上げたとみられるということです。
事故当時、岐阜市では1時間に36ミリの激しい雨が降っていて、市は、貯留槽に流れ込んだ雨水の量やスピードなどをさらに詳しく調べるとともに、構造に問題がないかや再発防止策などについて検討することにしています。
この事故で今回の大雨による岐阜県内のけが人は1人となりました。
「市のこれまでの調査で、大量の雨水が短時間に貯留槽に流れ込み、貯留槽の中にあった空気が圧縮されて、貯留槽内の気圧が極めて高くなり、およそ2トンのふたを一気に押し上げたとみられるということです。」w

【映像】車の下から突然水の柱が…ドライブレコーダーがとらえた事故の瞬間 岐阜市 報道局岐阜 特集 2020/07/09 16:30
 8日、大雨特別警報が出された岐阜県。被害は県の北部に集中しましたが、南部に位置する岐阜市でも、衝撃的な映像がとらえられていました。
 8日午前6時40分ごろ、岐阜市の金華山近くを走る車のドライブレコーダーがとらえた映像には、車の下から突然白い水しぶきが上がる様子が記録されていました。
 あまりの水圧に車が大きく持ち上げられ、地面からは、はしごのようなものが飛び出す様子も。車の前方が大きく変形しているのもわかります。
 岐阜市によりますと、この場所には雨水を一時的にためる「貯留槽」があり、重さ約2トンのふたが水とともに飛び出したといいます。 当時、車には3人が乗っていて、1人が病院で手当てを受けたということです。
 事故現場の近くに住む人が、当時の様子を語ります。                
「鈍いドーンというような音。ひどい雨の少し後ですかね、音がしたのは。最近経験した中では(雨が)一番ひどかった」(近所の人)
 事故があった当時、岐阜市では1時間に30ミリを超える激しい雨が降っていて、市が大雨と事故との関係を調べています。

すっげー。これは仕掛けがわからない。こんなスケジューリングができるのか?そろそろTHAADが完成しそーw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。