弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

警視庁がヤクザのカネでヤミ金経営。ヤミ金デカを警視庁記者クラブの担当記者たちが裏取り取材ちうw update4

警察官が暴力団マネー元手に「ヤミ金経営」の重大問題 2018.03.03 07:00
【ミイラ取りがミイラに…(時事通信フォト)】
吉田尚正・警視総監(時事通信フォト)
 東京・霞が関にそびえ立つ警視庁本部。首都の治安を守る“総司令部”が、スキャンダルに揺れている。
「ただの懲戒処分で終わるのか、事件の捜査対象になるのか。警視庁内でも成り行きが注目されています」
 そう声を潜めるのは、事情を知る警視庁関係者だ。問題となっているのは、ある現役刑事による、信じがたい“トラブル”である。
「東京東部の警察署に勤務するA巡査部長が昨年から数回にわたって、監察(*)の取り調べを受けた。現在は謹慎処分中で出勤はしていないようです。懲戒処分は免れそうになく、取り調べの結果次第では逮捕・起訴の可能性さえある」(前出の関係者)
【*警察不祥事の捜査、警察官の服務規定違反などを取り締まる役割を担う。「警察の警察」などと言われる】
 複数の関係者によると、Aは所属先の警察署で暴力団対策を担当していた。日頃から暴力団組員らと接触を繰り返しているうちに、在京の指定暴力団組員との「黒い交際」にはまりこんでいったという。
「Aは勤務先の警察署近くの繁華街にあるスナックなどで、組員から接待を受けていた。関係を深めていくうちに金銭の提供も受けるようになっていった。そしてあろうことか、その金を元手にヤミ金を始めていた疑いがあるのです」(同前)
 国や都道府県への登録をせずに貸金業を営む“ヤミ金融”は、貸金業法違反にあたり、起訴・有罪になれば5年以下の懲役、1000万円以下の罰金が科される。Aの“副業”の中身はどんなものだったのか。
 前出の警視庁関係者は「Aの顧客の中には、韓国クラブのホステスらが含まれていた。Aは捜査を通して知り合った実業家に、『金貸しをやっている知り合いがいる。客を紹介してほしい』などと協力を求めて客を募っていた。仲介役となった実業家には手数料を支払い、自分の関与を隠すためか、客から受け取る借用書の貸し主の欄は空白にしていたようだ」と明かす。
 高金利で暴利を貪っていたAの副業の噂は、やがて警察上層部に知れわたり、謹慎処分が下された。警視庁はこう答えた。
「個別の事案については回答を差し控えさせていただきます。一般論で申し上げますが、職員に規律違反があれば、厳正に対処しております」(広報課)
 Aが警察署に再び現われる時、その“肩書き”は、警察官か、容疑者か。
※週刊ポスト2018年3月16日号

速報・警視庁の刑事が暴力団関係者相手に『ヤミ金』 まもなく明るみになる事件 2018年03月02日 ヤミ金 不倫 不祥事 刑事 窃盗 警視庁 闇金
 警視職員の不祥事は今に始まったことではありません。警視庁町田署が高井戸署地域課巡査を詐欺容疑で逮捕したのは2月28日のこと。巡査は落とし物の現金28万円を「自分のものだ」と偽り、騙し取ったというのです。逮捕後、巡査は容疑を認め、「業務用端末で(落とし物の)情報を把握した」と供述しているといいます。
「騙し取ったのは町田署で拾得物として保管中の現金28万円ですが、後日、神奈川県内の50代男性が『現金を落とした』と申告。そのため同署が改めて巡査に確認したところ、『虚偽の申告をして騙し取りました』と自供したのです」(捜査関係者)
 善良な市民の落とし物を金欲しさに騙し取るなど、開いた口が塞がりません。「警察とカネ」に関して言えば、昨年末、警察庁のキャリア官僚が30代の女性と不倫関係に陥り、飲食費を負担させていたとして停職1ヵ月の懲戒処分を下したばかりです。
「そのキャリア官僚がグッズ販売会社役員の30代女性と知り合ったのは、彼が警視庁交通総務課長だった当時。彼は女性と不倫関係に陥った後、彼女の会社が交通関連グッズを警視庁に卸せるよう便宜を図っていたのです。女性の会社には警視庁から多額のお金が振り込まれており、利益供与を疑われるような関係だった。これこそ不可解な官民の癒着ですよ」(同前)
 実は、そんなことは氷山の一角です。現場レベルでは、想像もつかないことが起こっているのです。いまだ明るみに出ていない「事件」について明かすのは、別の捜査関係者です。
「いま警察内部の調査対象となっているのは、錦糸町や両国などを管轄する本所署の暴力団担当の刑事A。Aは暴力団担当として名が知られる存在ですが、懇意にしている暴力団関係者から多額の金を借り受け、そのお金を別の関係者に貸し付けるなど『闇金業』のようなことをしており、署内で問題になっているのです」
 清濁併せ呑むのが優秀なマル暴刑事ですが、法に触れる行為をしていれば、それは警察もとい『国営暴力団』。現在、Aの事件については警視庁記者クラブの担当記者たちが裏取り取材を行っており、近日事実が明らかになることでしょう。(取材・文◎中山桃子)

錦糸町

へー、警視庁はヤミ金でシャブ中に貸し付けてるのか。やるなー。

奥村憲博(おくむらのりひろ)厚労省の伝説の麻薬捜査官がふつうにシャブの売人だった。
日本の精神薬テロとヤクの売人体制と「シャブばばぁ」ビジネスモデル
山口組と住吉会をつなぐ田中英寿JOC副会長と日本大学。シャブの効果をプロ野球とオリンピックで世界にアピール。

錦糸町の南は東陽町で、東陽町(east21)の手前が門前仲町(D総研)w。ミャンマーの大和証券ルートかと思ってしまうオレw。
秋田海上保安部の巡視船「でわ」と「りんかい日産建設」とミャンマーとタイとシャブ

両国

警視庁本所署と相撲部屋w

春日野親方 ゴルフクラブで弟子3人を殴打
ゴルフクラブで弟子を殴打した春日野親方
 大相撲の春日野部屋(東京都墨田区)の師匠・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)が14日に幕内・栃ノ心(24)を含む弟子3人をゴルフクラブや自らの拳で殴って軽いケガを負わせていたことが18日、分かった。春日野親方は既に警視庁本所警察署からの事情聴取に応じた際に暴力を振るったことを認め、日本相撲協会にも報告済み。本所署は事件性はないとみて、今後の様子を見守るという。
 本所署によると、春日野親方から暴行を受けたのはグルジア出身の幕内・栃ノ心と幕下力士2人。3人は何度も相撲協会の規則である着物や浴衣ではない服装で外出したり、門限を破ったため、春日野親方が激怒。同親方が14日夕方、ゴルフクラブのグリップの部分で腹、背中、臀部(でんぶ)などを叩くとともに、拳で頭を殴った疑いがもたれている。後日、匿名のタレコミにより、連絡を受けた同署の捜査員が春日野部屋に出向いて聴取をしたところ、春日野親方は暴力を振るったことを認めた。
 春日野親方は18日夜に「アイアンで殴った。確かにやりすぎた部分があったことは反省しています。ただし、死ぬほどのことはしていない。弟子とは親子関係だと思っているし、愛情がある」と話し、既に3人とは“和解済み”であることを明かした。本所署の関係者は「ゴルフクラブが折れ曲がっていた」と話したが「暴力を受けた2人は“自分たちが悪い。訴える気はありません”と話している」と説明。もう1人の幕下力士は親族の葬儀で実家に帰省中だったため、きょう19日に事情聴取を受けるがその力士も既に自らの非を師匠に伝えており、事件に発展することはないとみられる。17日に春日野親方から経過報告を受けた日本相撲協会も、事件性がないことから処分はしない方針だ。
 相撲界では07年に時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん、当時17、本名・斉藤俊=たかし=さん)が暴行死した事件が発生。それ以来、相撲協会は稽古場で竹刀を使用することを禁止するなど再発防止に努めてきた。春日野親方にとっては弟子への愛情表現だったが竹刀よりもケガを与えやすいゴルフクラブで力士に対して暴力を振るったことは問題視される。
[ 2011年10月19日 06:00 ]

神戸山口組とか国税OBとか袖ケ浦市の市議とか、これぜんぶ警察庁の経営するヤミ金だったのかw。

news.a902.net
2008年11月26日(水) 13時12分 ヤミ金組織トップを逮捕 那覇拠点に7業者率いる(東京新聞)
 警視庁城東署は26日までに、ペットショップ経営会社から現金を脅し取ったとして、恐喝容疑で、全国規模のヤミ金グループを率いていた亀井浩次容疑者(41)ら2人を逮捕した。
 亀井容疑者は大阪府八尾市で2003年6月、夫婦ら3人が取り立てを苦に心中した事件で、強引な取り立てをした業者を含む複数のヤミ金業者のトップだった。
 夫婦らの心中事件で逮捕されたヤミ金業者数人は出資法違反罪などで実刑判決を受け、亀井容疑者も06年、別の出資法違反(高金利)容疑などで大阪府警などの合同捜査本部に指名手配されていた。
 合同捜査本部は亀井容疑者を再逮捕し、ヤミ金グループの全容解明を急ぐ。
 警視庁の調べでは、亀井容疑者らは4月、全国にペットショップを展開する「ワングループ」(大阪市)から現金約40万円を脅し取った疑い。同月、東京都江東区にある同社の系列店のシャッターに銃弾が撃ち込まれる事件があり、城東署が関連を調べている。
 亀井容疑者は那覇市のマンションを拠点とし、ヤミ金融7業者を傘下に収めていた。大阪府警によると、2000年以降、違法な取り立てを繰り返し、約50億円を集めたとみられる。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008112601000385.html
情報がライブドアに回帰w。あー、ホリエモンの株式多重分割てケーサツの経営するヤミ金のマネロンだったのかー。なるほどね。

2006年1月18日【ライブドア】野口英昭:証券マン(エイチ・エス証券)で、ライブドアの匿名投資組合に関する入れ知恵をしていた人物。沖縄のホテルで受付に助けを呼びつつも割腹自殺。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。