弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

河岡義裕(かわおかよしひろ)研究… update5

【河岡義裕(かわおかよしひろ)登場w】ウィニペグの邱香果博士解雇とフォート・デトリック閉鎖と第7回世界軍人運動会(7th CISM Military World Games)と最初の感染者…


内閣官房(cas.go.jp)→新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の開催について(PDF)令和2年2月14日

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議
座 長 脇田 隆字 国立感染症研究所所長
副座長 尾身 茂 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長
構成員
岡部 信彦 川崎市健康安全研究所所長
押谷 仁 東北大学大学院医学系研究科微生物分野教授
釜萢 敏 公益社団法人日本医師会常任理事
河岡 義裕 東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長
川名 明彦 防衛医科大学内科学講座(感染症・呼吸器)教授
鈴木 基 国立感染症研究所感染症疫学センター長
舘田 一博 東邦大学微生物・感染症学講座教授
中山 ひとみ 霞ヶ関総合法律事務所弁護士
武藤 香織 東京大学医科学研究所公共政策研究分野教授
吉田 正樹 東京慈恵会医科大学感染症制御科教授
(五十音順)

河岡義裕と上昌広と北大獣医学部w

リバースジェネティクス法でCOVID-19を人工的に合成した…

河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)は「ウイルスがすでに人から人へと感染しやすいよう変異していると考えられる」。さらに、「症状が軽い患者は動き回ることができるので、それだけ他の人に広める機会は増えるだろう。感染を完全に防ぐのは不可能だ」と話す。

旧東芝メディカルのキヤノンw

ニチギンw、大量破壊兵器になりうる人工合成ウィルスが通貨価値w

ちくびw

dailymail.co.uk→Are we mad to have let a maverick scientist create a virus that could wipe out 400 million people?(2014年7月3日)

Professor Yoshihiro Kawaoka of the University of Wisconsin-Madison has created a deadly new strain of the 2009 swine flu virus — for which there is no known vaccine.
ウィスコンシン・マジソン大学の河岡義裕教授が2009年の新型インフルエンザ・ウィルスからワクチンが存在しない致死性の新しいウィルスを作成した。

If the virus escaped from Professor Kawaoka’s laboratory it could kill hundreds of millions — perhaps even a billion. Worryingly, scientists seem as alarmed as the general public.
もし河岡教授の実験室からウィルスが漏れると、数億人、数十億人が死んでしまうかもしれない。一般大衆と同様に科学者たちも懸念を表明した。

Professor Kawaoka revealed what he had done at a secret meeting held earlier this year, and his fellow virologists appear to have reacted with despair.
河岡教授は、今年初めに開かれた秘密会議で彼がしたことを明らかにし、彼の仲間のウイルス学者は絶望したようだ。

‘He’s basically got a known pandemic strain that is now resistant to vaccination,’ said one scientist who did not wish to be named. ‘Everything he did before was dangerous, but this is even madder.’
「彼は基本的に現在ワクチン耐性がある既知のパンデミック株を採集してます」と匿名の科学者。「彼が以前にやったことはすべて危険だったが、これはむしろ狂っている。」

So what exactly has Professor Kawaoka done before?
いったい河岡教授は何をしたのか?

Only last month Kawaoka revealed in a scientific paper that he had also synthesised a bird flu virus — called ‘1918-like Avian’.
先月、河岡教授は「1918-like Avian」と呼ばれる鳥インフルエンザウイルスを合成したと科学論文で発表した。

He had created, through a process called ‘reverse genetics’, a flu virus extremely similar to that which caused the 1918 Spanish Flu pandemic.
彼は「リバースジェネティクス法」で1918年のスペイン風邪パンデミックの原因となったウィルスに非常に類似したインフルエンザ・ウィルスを作成した。

Kawaoka and his team declared that they had made the virus to assess whether variants of the 1918 flu were as deadly to humans as the original virus.
河岡と彼のチームは、1918年インフルエンザの亜種が元のウイルスと同じくらい人間に致命的かどうかを評価するためにウイルスを作成したと発表。

After testing it on ferrets, the team found that what they had created, in the dry words of academia, ‘may have pandemic potential’.
フェレットで実験した後、チームが作成したものが、学会のドライな言葉で「パンデミックの可能性がある」ことを発見。

米、鳥インフル論文の削除勧告を撤回 研究重要と 2012/3/31付
【ワシントン=共同】米政府の科学諮問委員会は30日、生物テロへの懸念を理由に米英の科学誌に求めていた鳥インフルエンザ研究論文の一部削除勧告を事実上撤回し、公表を認めることを決めた。ただちにテロの危険を招く内容はなく、流行を防ぐ上で研究の重要性が明らかになったとしている。
論文は東京大医科学研究所の河岡義裕教授が英科学誌ネイチャーに、オランダ・エラスムス医療センターの研究者が米科学誌サイエンスにそれぞれ執筆。
世界保健機関(WHO)が全文掲載を求めるなど、インフル対策とテロ防止のどちらを優先すべきかで議論になっていた。
2人は遺伝子操作技術を使い、H5N1型鳥インフルエンザウイルスのどの遺伝子が変異すれば感染しやすくなるかを、哺乳類の実験動物で発見した。
鳥インフルエンザは人に感染することはまれだが、感染した場合の致死率は高い。諮問委は論文が公表されればテロに悪用される恐れがあるとして、ウイルスの作り方などの部分の削除を求めていたが、今回の判断は最新の状況を盛り込んでまとめ直した論文を再検討した結果だとしている。
諮問委の会議では、河岡教授の論文はメンバーの全員一致で、オランダの研究者の論文は賛成多数で公表を認めることが決まった。 諮問委の決定について河岡教授は「われわれの研究成果の、公衆衛生上の有用性を理解したからだ」と話している。

reuters.com→Researchers unlock secrets of 1918 flu pandemic(2008年12月30日)

SCIENCE NEWSDECEMBER 30, 2008 / 7:08 AM / 11 YEARS AGO Researchers unlock secrets of 1918 flu pandemic 3 MIN READ


WASHINGTON (Reuters) - Researchers have found out what made the 1918 flu pandemic so deadly — a group of three genes that lets the virus invade the lungs and cause pneumonia.

Policemen in Seattle wearing masks made by the Red Cross, during the influenza epidemic in a National Archives photo dated December 1918. REUTERS/National Archives/Handout

They mixed samples of the 1918 influenza strain with modern seasonal flu viruses to find the three genes and said their study might help in the development of new flu drugs.

The discovery, published in Tuesday’s issue of the Proceedings of the National Academy of Sciences, could also point to mutations that might turn ordinary flu into a dangerous pandemic strain.

Yoshihiro Kawaoka of the University of Wisconsin and colleagues at the Universities of Kobe and Tokyo in Japan used ferrets, which develop flu in ways very similar to humans.

Usually flu causes an upper respiratory infection affecting the nose and throat, as well as so-called systemic illness causing fever, muscle aches and weakness.

But some people become seriously ill and develop pneumonia. Sometimes bacteria cause the pneumonia and sometimes flu does it directly.

During pandemics, such as in 1918, a new and more dangerous flu strain emerges.

“The 1918 influenza pandemic was the most devastating outbreak of infectious disease in human history, accounting for about 50 million deaths worldwide,” Kawaoka’s team wrote.

It killed 2.5 percent of victims, compared to fewer than 1 percent during most annual flu epidemics. Autopsies showed many of the victims, often otherwise healthy young adults, died of severe pneumonia.

“We wanted to know why the 1918 flu caused severe pneumonia,” Kawaoka said in a statement.

They painstakingly substituted single genes from the 1918 virus into modern flu viruses and, one after another, they acted like garden-variety flu, infecting only the upper respiratory tract.

But a complex of three genes helped to make the virus live and reproduce deep in the lungs.

The three genes — called PA, PB1, and PB2 — along with a 1918 version of the nucleoprotein or NP gene, made modern seasonal flu kill ferrets in much the same way as the original 1918 flu, Kawaoka’s team found.

Most flu experts agree that a pandemic of influenza will almost certainly strike again. No one knows when or what strain it will be but one big suspect now is the H5N1 avian influenza virus.

H5N1 is circulating among poultry in Asia, Europe and parts of Africa. It rarely affects humans but has killed 247 of the 391 people infected since 2003.

A few mutations would make it into a pandemic strain that could kill millions globally within a few months.

Four licensed drugs can fight flu but the viruses regularly mutate into resistant forms — just as bacteria evolve into forms that evade antibiotics.

Reporting by Maggie Fox, editing by Will Dunham and John O'Callaghan

Our Standards:The Thomson Reuters Trust Principles.

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。