弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

国民生活に影響する霞ヶ関官僚の良心の呵責を癒やすイザナギとイザナミとの間に生まれた最初の子「ヒルコ(不具の子)」w update3

京都のALS患者安楽死事件で老健局に「療養病床転換推進室」なる「殺し屋部隊」が存在し、さらには殺し屋に医師免許を与えていたことも判明した。霞ヶ関はどこまで転がり落ちて逝くのだろう…

「梅田墓は、江戸時代初期に天満周辺にあった墓を現・大阪駅の南側付近に集めたのが始まりで、その後現在のうめきた南西部に再移転したとされる。」w

探検コム→中絶・堕胎・間引きの歴史(2020年2月21日)

「イザナギとイザナミとの間に生まれた最初の神は、ヒルコ(不具の子)だったため、葦の舟に入れられ島から流されてしまいます。日本は、間引きから神話が始まっているのです。」w

すげー、ゲームチェンジャーみたいなブログw

【古来、日本には「七つまでは神のうち」という言葉があり、7歳まで子供はあの世とこの世を行ったり来たりする存在だと考えられました。そのため、子供が小さければ間引きしても問題ないと考えられていたのです。間引きのことを「子がえし」「子もどし」などと言いますが、…】w

つまりこの考え方の延長上に中学生のいじめ自殺がある。殺人の良心の呵責を「神からの授かりものを返す/戻す」などと教師は自己洗脳しながらやっていたのだ。この国はグロいな…

有限会社伏流社→ ケニー・フリースとドナルド・キーン(2019年3月17日)

「ところが、葦船で流されたヒルコは、その後、摂津国・西宮に流れ着く。そして、西宮の住民・夷三郎に拾われ、大切に育てられるのである。ヒルコは、西宮神社の祭神・夷(エビス)として祭られ、商売繁盛の神、海の守護神として、特に商人たちの間で広まっていく。エビス信仰はさらに、えびす講、えべっさんとして親しまれ、商人だけでなく農民まで巻き込んで、絶大な人気を博するようになるのである。このような後日談は、記紀や公式の歴史文書に書かれたものではない。それでは、どうやって伝えられたかと言えば、民間伝承によってなのである。」

ベイルートの大爆発のときにネットの情報をリアルタイムにWikiにしていく人工知能をみたけど、この紹介して貰ったこの2つの記事も強烈で、ガツンとアタマを殴られた感じを否定できない…w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。