弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

霞ヶ関のaws移行も勉強代?w update6

政府システムにアマゾン系を採用 10月から運用、総務相表明
2020/2/14 13:44 (JST)2/14 13:59 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 高市早苗総務相は14日の閣議後記者会見で、各省庁の情報システムを集約して管理する「政府共通プラットフォーム」に、米アマゾン・コム傘下の企業が手掛けるクラウドサービスを採用する方針を示した。10月から運用を開始する。
 政府が新たに導入する政府共通プラットフォームは、各省庁がそれぞれ管理しているシステムをクラウド化して一括的に整備し、運用コストを大幅に削減するのが狙い。
 採用するのは「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」。高市氏は「純国産クラウドの実現を考え、国内各社のクラウドを比較検証したが、AWSのセキュリティー対策がきわめて優れている」と説明した。


政府の基盤クラウド、Amazonに発注へ 政治 2020/2/12 2:00日本経済新聞 電子版
政府は今秋からスタートするIT(情報技術)システムのクラウド化をめぐり、人事・給与や文書管理など各省共通の基盤システムを米アマゾン・ドット・コム傘下のクラウド企業に発注する調整に入った。整備・運用にかかる費用は2026年度までで300億円を超える見通しだ。
政府は各省庁のシステムについて4~8年で原則クラウドにする方針を打ち出している。コストの大幅減と、最新のデジタル技術の取り込みにつなげるためだ。自前で管理する手間が減り、人員の効率的な配置など生産性の向上も見込める。
最初の大型案件となる基盤システムで、政府はアマゾン傘下の米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の仕様を前提に制度設計を始めた。発注先として今春、正式決定する。クラウド業界で世界最大手の同社がコストやサービスの質で優れていると判断した。
AWSが構築するのは各省共通で導入する基盤的な20種類のシステムだ。これまで総務省や財務省、人事院などがそれぞれのシステムで管理してきたもので、一括してクラウドに切り替える。自前で保守・管理する従来システムに比べると3分の1程度にコストを抑えられるとしている。
年金、防衛など基盤以外の各省ごとのクラウドシステムは採用基準に合致したものから導入する。政府は安全保障に配慮し、日本国内にデータセンターを持つことなどを求める。データ管理を中国国内に制限している中国企業は厳しいが、米大手は可能だ。
クラウド業界はAWSを筆頭にマイクロソフト、グーグルの米巨大IT企業が3強だ。日本政府全体のITシステム予算の総額は約7000億円で、現在はそのほとんどをNTTデータなどの国内大手が受注してきた。
クラウドで日本企業は米企業に出遅れている。NTTデータなどはAWSの導入支援事業も担っている。海外事業者と連携して関連需要を狙う日本企業も増えていく見通しだ。
政府のクラウド化は米欧政府や国内の民間に比べても遅れている。情報漏洩などを懸念して外部にシステムやデータを置くことに慎重だったためとされる。
特定のクラウドにシステムを集中させると障害発生時などにリスクがある。AWSの国内データセンターも19年に大規模障害が発生した。データセンターの複数確保など自衛策も欠かせない。

ギレーヌ・マクスウェルがベゾスのキャンプに出席してたからw

エプスタインなアマゾン小田原流通センターの過労死と臓器狩り体制…

なぜロリータエクスプレスは2016年の米大統領選挙前日にリヤドを往復したのか?w(2016年11月7日)

たぶんマイクロソフトがペンダゴンから受注できたのはFinSpyとKernelCallbackTableを解読したからだなw

「多くの場合はCOBOLプログラムを書き換えることなく、リコンパイルするだけでそのままAWS Lambda上で動く」w

Microfocus COBOL?w

日立→日立ミドルウェア製品の Amazon EC2 対応状況一覧

富士通→世界初! Hadoopとの連携を実現したCOBOL「NetCOBOL V10.5」を販売開始

まさかCOBOLとギレーヌマクスウェルが記事に並ぶときが来るとは思わなんだわw

京都市はどーするんだろw

30年前のNECのCOBOLで書かれた京都市のバッチ・プログラムが移行できなくなる理由w(2019年12月27日)

sbbit.jp→AIを駆使したCOBOL資産マイグレーション最前線、注目すべき4つのポイントとは?(2016年10月25日)

まぁこーゆーの上手くいかなかったでしょーなw。 ソースコードを修正して、テストケースを設定し、テストデータでテストする。 たったこれだけの作業なのにAIにはできなかったはず。 バグだったり技術的な問題なら解決できただろうけど、それだと闇の仕様が動かなくなってしまう。 組織犯罪実行に悪用されている不正なコードの裏の意図を理解して新システムに移行することはできない。 AIに本来の仕様の裏の意図を理解して闇の仕様のまま移行することはできなかったのだw
できたとしてもバレバレになってしまったのだろうw

ここ10年くらい自治体のシステムがなぜ共通化されてないのかを考えていた。 どうやらその答えがでると同時に対策されたようだ。

自治体は予算が足りなくなると、戸籍などの個人情報を改ざんして住民の資産をかっぱらっている。

地面師、かんぽ、臓器狩り、マネロン、…。

NTT都市開発の地面師たちの勉強代w

戸籍を解読してハイテーブルで高く売れる家系なら臓器狩り対象の優先順位を上げている。

相続人がいない地主が不審死する。戸籍が改ざんされ相続人が登場。戸籍改ざんと地面師はセットだった。

もしシステムが全国共通化されているとどうなるだろうか?まっさきに国家が疑われてしまうのだろうw。 なので自治体ごとにシステムを別途独自開発運用して犯罪が表面化したときのリスクを分散していたのだろうw
しかしその前にかんぽ生命の不正が表面化した。ファンシーベアと元総務省の日本郵政副社長w。不正選挙を含む、公文書改ざんツールがサイバー兵器に進化していたのだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。