弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【汚染水のグレタ(Greta)循環】台風19号で2000万ベクレル/㍑が漏れた。トリチウム水で気象が過激化、再び台風が巨大化する悪循環のこと… update2

トリチウムを毎年106兆ベクレル(106テラBeq)垂れ流す環境テロ試算の検証w

「マグロが消えた...」大間の漁師がピンチ...追跡取材で見えた激減の謎:ガイアの夜明け
ガイアの夜明け【 追跡!“マグロ激減”の謎 】
【12月3日(火)夜10時放送】 日本人が大好きな「マグロ」。しかし今、その数が激減しているという。これからもマグロをおいしく食べるにはどうしたらいいのか。そのヒントを探る。 「ガイアの夜明け」過去回が見放題! 見逃した方は、テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD)へ。 https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/ #ガイアの夜明け
ビジネス テレ東 twitterFacebook 2019.12.3 ガイアの夜明け
現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。12月3日(火)の放送では、クロマグロが減少の一途をたどる中、漁師の奮闘を追跡。さらに、マグロの絶滅危機から脱したスペインの成功例から日本のマグロ復活への道筋を探る。
マグロはなぜ消えた!? 漁獲規制の裏側で、ずさんな管理の実態が明らかに....
老若男女問わず日本人に親しまれているマグロ。毎年行われる初セリの模様は新春を告げる風物詩となっている。今年、市場最高値となる3億3360万円を付けたのは青森県大間のクロマグロ。ところが大間のマグロ漁が、いま危機的状況に直面していた。
去年11月。マグロ漁の最盛期を迎えた大間で、ベテラン漁師・泉徳隆さん(66歳)は、2ヵ月以上もマグロが釣れない状況が続いていた。ここ数年、大間ではマグロの群れが激減。漁師たちは借金をしてまでも、マグロ一匹でも映る高性能の探知機に切り替えるなど対応を迫られていた。この日は40隻ほどが漁に出て、釣れたマグロはわずか4本。大間では、マグロの水揚げ量が前年から6割も激減しているのだ。
日本近海のクロマグロの数は、乱獲などによって激減。1995年には6.7万トンあったクロマグロの資源量は2.1万トンに。そこで水産庁は罰則付きの漁獲規制を去年から始め、漁法ごとに漁獲枠を設定。30キロ以上のマグロの場合、「一本釣り」などには1475トン、「まき網漁」には2倍以上の3153トンの枠を振り分けた。この漁獲枠をめぐり、"一本釣り"と"まき網"が対立。大間の一本釣り漁師たちは、一回の漁で大量のマグロを獲る"まき網船"に与えられた枠が多すぎる、と不満の声を上げる。
今年7月初旬。まき網船の一大拠点、鳥取県・境港のセリ場を訪ねると、約600本のクロマグロが並んでいた。実はクロマグロは6月〜7月、産卵のため日本海に集まる。産卵のために水面に集まったマグロを"まき網船"が獲って、境港に水揚げしているのだ。
クロマグロの資源量が危機的な状況にあるなか、「"まき網船"が産卵期のマグロを大量に獲ったら問題だ」。6月、全国のマグロの一本釣りや"はえ縄"の漁師が、漁獲枠の見直しを求めて東京に集結した。漁師たちは、"まき網船"を操業する企業の親会社へ直談判を試みる。さらに番組は元まき網船の乗組員に接触。まき網船で行われている、ずさんな実態が明らかに...。

スペイン式「まき網漁」でマグロが復活
スペイン・バルセロナのとある人気レストランで開かれていたのは、マグロの解体ショー。美食の街・バルセロナでもマグロは大人気。実は、地中海のクロマグロも乱獲により絶滅の危機にあったが10年ほどで急速に回復しているという。そのヒントを探るべくスペインへ...。ところが、そこでもあの"まき網船"が産卵期のマグロを獲っていた。いったい何が日本と違うのか?
マグロ漁が解禁になったこの日、同行した船で行われていたのは、日本と同じまき網漁。産卵のために地中海に集まるマグロを狙い、群れを見つけたら大きな網で囲っていく。ここまでは日本と一緒。しかし水中では網からマグロが逃げていた...。一体どういうことなのか。
また、まき網船の中や水揚げの現場に必ずいるのが、国際機関の監視員。一匹一匹カウントして厳格に漁獲量を管理していた。こうした厳しい漁獲規制を2007年から始めたことで、10年ほどで地中海のクロマグロの資源量が急回復したのだ。さらに、国際機関の調査員は番組の取材に対し、日本のマグロ漁の大きな問題点を指摘する。
日本人が大好きなマグロの現状から、食の未来を考える「ガイアの夜明け」は今晩10時から放送。どうぞお見逃しなく!
過去の放送が見たい方は、ビジネスオンデマンドへ!

これって葛西臨海水族園で起きたことが大間で起きてる…

毎日400トンの汚染水は世界を周回する

U.S. Navy Contractor Probed for Possibly Dumping Waste in Japanese Ports
Investigation follows case of contractor fraud that rattled Navy
By Gordon Lubold and Alastair Gale
Dec. 1, 2019 9:00 am ET

SASEBO, Japan—A Japanese contractor is under investigation by U.S. federal authorities for possibly dumping wastewater from American warships into Japanese harbors, in a case that shows the U.S. Navy’s ongoing struggles in overseeing its contractors.
The Justice Department, the Federal Bureau of Investigation and the Navy are looking into whether Kanto Kosan Co. pumped waste into three Japanese ports since 2008 and then covered it up in violation of contracts, and into whether Navy staff in Japan ignored complaints about it,...
佐世保…

米海軍の請負業者、日本の港で廃水を不法投棄か
By Gordon Lubold and Alastair Gale
2019 年 12 月 2 日 09:27 JST
 【佐世保】米艦船の廃水を日本の港で不法排出していた疑いで、日本の請負業者が米連邦当局の調査を受けている。これは、米海軍が請負業者の監督に苦慮していることを示す一例だ。
 米海軍当局者らによれば、司法省と連邦捜査局(FBI)、そして海軍は、関東砿産が2008年から日本の3つの港で契約に反して廃水を不法投棄し、その事実を隠蔽している疑いについて調査している。また、海軍の関係者が告発を無視している可能性についても調査しているという。こうした捜査は、これまで公になっていなかった。
 関東砿産の...
全文記事を読むには 有料会員登録

中央日報→「米海軍艦の汚染水を海に捨てた」…FBI、日本の廃水処理会社を調査

「米海軍艦の汚染水を海に捨てた」…FBI、日本の廃水処理会社を調査 12/2(月) 15:06配信中央日報日本語版
「米海軍艦の汚染水を海に捨てた」…FBI、日本の廃水処理会社を調査
昨年8月、南シナ海で海上自衛隊と共同訓練をした原子力空母「ロナルド・レーガン」 [写真 米海軍]
米海軍戦艦の汚染水処理を担当する日本の会社が廃水を海に不法投棄したという疑惑に対し、米連邦捜査局(FBI)などが捜査に入ったと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が1日(現地時間)報じた。
WSJによると、FBI、米司法省、米海軍は日本の汚染水処理下請け会社「関東砿産」が米国の戦艦で発生した廃水を2008年から日本の港3カ所に放流し、これを隠蔽したかどうかを調べている。
関東砿産は2003年に米海軍と契約し、米海軍戦艦の汚染水処理をしてきた。東京湾近隣の神奈川県横須賀、長崎県佐世保、沖縄に停泊した米軍艦の廃水処理を担当している。軍艦にバージ船を寄せてホースを利用して軍艦の廃水を取り出した後、浄化処理を経て海に放流するのが一般的な手続きだ。
関東砿産の元職員3人はWSJに対し、同社が10年前から米海軍と契約した通りに廃水を処理するのに失敗し、書類と廃水処理サンプルを捏造したと暴露した。この場合、日米両国の法律違反となる。うち1人は汚染水を処理するバージ船で働く職員が周辺に人がいない時に十分に処理されていない汚染水をホースを使って米軍基地内の海に放流したと話した。昨年12月にも横須賀に停泊した原子力空母「ロナルド・レーガン」の船員が関東砿産のバージ船から緑色の油が流れるのを目撃したという。
米政府の資料によると、関東砿産は調査対象期間の2008年以降、米海軍から1億ドル規模の排水処理業務を受注している。関東砿産側は汚染水放流疑惑を全面否認している。関東砿産側はWSJに「我々は長期にわたり米海軍と契約をしてきた」とし「会社の名を汚して業務が途切れるようなことをするはずがない」と反論した。

原子力空母「ロナルド・レーガン」w

福島 NEWS WEB 汚染水が集水箱から漏れ出たか 11月27日 21時11分
東京電力福島第一原子力発電所で、事故で汚染された排気筒の中に降り、1リットルあたり2000万ベクレル以上という高い濃度の放射性物質を含んだ雨水が、地中に漏れ出たと見られることが分かりました。
東京電力は、環境への影響は確認できていないとしています。
福島第一原発にある高さ120メートルの排気筒は、事故の際、放射性物質を含む気体が放出された影響で、内部が激しく汚染されていて、周囲の地下には、排気筒の中に降った雨水が漏れ出てきた際にためておく、深さ1メートルのコンクリート製の集水箱が設置されています。 たまった雨水は、放射性物質のセシウム137が、1リットルあたりおよそ2000万ベクレル含まれるなど、高濃度の汚染水になっています。 集水箱は、水位が40センチを超えると排水ポンプが自動で起動し、専用のタンクに送る仕組みになっていますが、東京電力によりますと、ポンプが起動していない時にも、水位が下がっていたことがわかったということです。 水位の低下は、台風19号が接近していた先月11日以降、27日までに8回起きていて、東京電力は、コンクリート製の集水箱に穴が空いている可能性があり、高濃度の汚染水が地中に漏れ出たと見られるとしています。 東京電力は、周辺の地下水の放射性物質の濃度には変化が見られず、環境への影響は確認できていないとしていますが、今後、汚染水が漏れ出るのを防ぐ対策を検討するとしています。

2000万ベクレル/㍑…w
2x1000万ベクレル

106兆ベクレル
=106x10000億ベクレル
=106x10000x10000万ベクレル

106*10000*10/2=5300000㍑=5300トンで1年分に達するくらいの汚染水…

カテゴリ1の台風「冠」が発生…。台風19号はカテゴリ5だった

フクイチの汚染水が漏れる。トリチウム水で気象が過激化する。発生する台風が巨大化。フクイチの汚染水が再び漏れる。以下繰り返し…

これを「汚染水のグレタ(Greta)循環」と名付けるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。