弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

老健局長(スペイン方式局長)から厚労省事務次官に昇格した蒲原基道(かもはらもとみち)が文科省汚職に同席w update2

文科省汚職 飲食の場に厚労省前事務次官も同席か 2018年8月7日 5時24分
文部科学省の局長級の幹部が逮捕された汚職事件で、贈賄側の元役員らが設けた飲食の会合の場に厚生労働省の事務次官だった蒲原基道氏が同席していたことが関係者への取材でわかりました。会合では病院の運営などについても意見が交わされたということで、東京地検特捜部はこうした経緯について確認を進めているものとみられます。
文部科学省の局長級ポスト、国際統括官だった川端和明容疑者(57)は医療コンサルタント会社に便宜を図った見返りに、役員だった谷口浩司容疑者(47)からおよそ140万円相当の接待を受けていたとして先月、収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。
関係者によりますと、谷口元役員が去年10月に設けた飲食の会合の場に、川端前統括官ら複数の文部科学省の幹部とともに厚生労働省の事務次官だった蒲原基道氏も同席していたことがわかりました。
関係者によりますと、会合では病院の運営などについても意見が交わされたということで、ことし6月には、元役員らが関わった病院運営のガバナンスについての研究会が開催され、国会議員や病院関係者、それに厚生労働省の幹部らが参加していました。
谷口元役員らは接近したい中央省庁の官僚のリストを複数作成し、みずからの事業を有利に進めようとしていたということで、特捜部はこうした会合の経緯についても確認を進めているものとみられます。
NHKの取材に対し蒲原前次官は「元役員は議員の秘書という認識だったが、会食などについてはわからないしコメントできない」としています。

老健局長が事務次官になるのか。なにこれ。スペイン方式?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。