弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

SASL authentication failed; cannot authenticate to server smtp.gmail.com[64.233.189.109]: no mechanism available update3

LinuxDepoyはFedora2[567]も導入できるけどいきなりdnfが動かないとか完成してないようだ。

導入時のURL(http://http.kali.org/kali)は混みまくってるので、 https://http.kali.org/README.mirrorlist を見て空いてるURLに変更。

ファイルシステムに書き込めなくなったときは e2fsck /sdcard/linux.img で修復する必要がある。

TMPDIR環境変数がchroot環境と混ざるのでunset TMPDIRだのexport TMPDIR=/tmpだの修正。

Android 7.1.1にLinuxDeployでKali Linuxを導入してpostfixサーバを稼働させてsmtp.gmail.com経由でメール送信w。

==> mail.log <==
Dec 20 12:13:10 localhost postfix/smtp[20785]: warning: SASL authentication failure: No worthy mechs found
Dec 20 12:13:10 localhost postfix/smtp[20785]: 45CAD874A: to=, orig_to=, relay=smtp.gmail.com[64.233.189.109]:587, delay=2203, delays=2200/0.06/3/0, dsn=4.7.0, status=deferred (SASL authentication failed; cannot authenticate to server smtp.gmail.com[64.233.189.109]: no mechanism available)

Fix Postfix SASL Authentication Failure

Redhat系のyum install cyrus-sasl-plainに相当するのは Kali Linuxでは、

apt install libsasl2-modules

/etc/postfix/main.cfを手メンテ。

# TLS parameters
smtpd_tls_cert_file=/etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
smtpd_tls_key_file=/etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
smtpd_use_tls=yes
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
# 以下を追加。
smtp_use_tls=yes
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/gmail_auth
smtpd_sasl_type = dovecot
# ここまで。

# See /usr/share/doc/postfix/TLS_README.gz in the postfix-doc package for
# information on enabling SSL in the smtp client.

smtpd_relay_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated defer_unauth_destination
myhostname = localhost
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases
mydestination = $myhostname, localhost, localhost.localdomain, , localhost
# relauhostを変更。
#relayhost =
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
/etc/postfix/gmail_auth
[smtp.gmail.com]:587 hoge@gmail.com:hogehoge
# postmap /etc/postfix/gmail_auth
ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)は64ビットのARMアーキテクチャなのでATOMのZenFone2みたいに OracleサーバやCOBOLプログラムやTuxedoを稼働させることはできないww。

root権限を取得して/sdcard/linux.imgをマウントする仕掛けなのでmagiskと併用することになる。 ConnectBotから起動するとmagiskが原因で同じ/sdcard/linux.imgを使う/dev/loop2などができてしまうと ファイルシステムは壊れてしまう。 この辺りの運用が難しいw。

ASUS_Z01M_1:/sdcard # losetup -a
/dev/loop1: [0013]:5094 (/sdcard/linux.img)
/dev/loop0: [1031e]:13 (/data/magisk.img)
ASUS_Z01M_1:/sdcard #

AndMem→ 【追記あり】「Magisk」を使ってアプリのroot化端末チェック(SafetyNet)を回避する方法

Magiskとは要するにroot権限を取得してることを隠ぺいする機能なので、 問題は本当はマウントしてるのにマウントされてないように見えてしまうことだw。 なので同じデバイスを/sdcard/linux.img)を使う複数のループデバイスも作成できてしまい、マウントしてしまうとファイルシステムは壊れてしまうw。

linuxdeployにKali Linuxの/etc/rc.localを実行してくれる機能があるので、ここにprivoxyだのpostfixだのcronを起動する処理を書いておくw。

このAndroidのLinuxDepoy環境は非常に興味深い。割り振られたアドレスをDynなどに登録しておくとAndroidで稼働するpostfixでメールを直接受信とかできるのかすら?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。