弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

カナダにいる北朝鮮国境の吉林省の「カリスマ」中国⼈と親戚関係の中川真宏容疑者「事件に関わっていないので、逮捕されて驚いています」w update4

岐阜市のゆうあい歯科医院(yuuai-dc.com)がシャブで逮捕され【ギフハフ団】が解けて大漁になるw

MUFGの北朝鮮国境でのマネロンが摘発されたあとに産革投資機構田中正明社長(MUFG副社長)以下9人が辞任w。書面撤回は「法治国家でない」w(2018年12月10日)

中国拠点の特殊詐欺「カリスマ」の親戚逮捕 2019年11月12日 14:01 全⽂
中国を拠点にしていた特殊詐欺グループが摘発された事件で、かけ⼦とみられる男が新たに逮捕された。事件の逮捕者は15⼈⽬。 警視庁によると、無職の中川真宏容疑者は去年10⽉、⼤阪府の⼥性にウソの電話をかけ、キャッシュカード2枚をだまし取った疑いがもたれている。中川容疑者は、中国‧吉林省を拠点にしていた特殊詐欺グループのメンバーとみられ、11⽇、カナダから帰国し逮捕された。事件の逮捕者は、これで15⼈⽬。 中川容疑者は、グループのトップで「カリスマ」と呼ばれる中国⼈と親戚関係で、指⽰を受けて「かけ⼦」をしたとみられている。調べに対し、「事件に関わっていないので、逮捕されて驚いています」と容疑を否認しているという。
カナダにいる吉林省の「カリスマ」中国⼈と親戚関係の中川真宏容疑者w


吉林省の場所は北朝鮮との国境w

比で特殊詐欺 逮捕の男はかけ子採用担当か 2019年11月15日 12:20
全文
フィリピンで特殊詐欺グループとみられる日本人36人が拘束された事件で、すでに日本に帰国して逮捕‧起訴された男が、かけ子の採用などを担当したとみられることが新たに分かった。 NNNが入手したフィリピン当局がアジトに踏み込んだ際の映像では、男らは部屋の隅に集められ、スマートフォンには「警察来ました」「対応してるから大丈夫」といったやりとりが残されていた。 警視庁は今年に入り、このグループのメンバーとみられる日本人4人を帰国したタイミングで逮捕している。 その後の捜査関係者への取材で、すでに起訴された一条剛被告が、かけ子の採用などを担当する幹部だったとみられることが新たに分かった。 一条被告を知る人「稼げるようになりたいという話はしていたことがあると思う」「フィリピンでいい仕事があるという話で」 警視庁は、フィリピン当局と連携して、特殊詐欺グループの実態解明を進める方針

「女性3万6千人分の名簿」「騙し方マニュアル」押収 特殊詐欺アジト摘発で組員逮捕 更新:2019/11/14 17:55
 大阪府警が特殊詐欺グループのアジトを摘発する瞬間をMBSのカメラがとらえました。アジトには詐欺の電話をかける「かけ子」グループのリーダー格の暴力団組員らがいて逮捕・起訴されました。
 今年6月、東京・練馬区にあるマンション。大阪府警が特殊詐欺グループのアジトに踏み込みました。警察はアジトにいた特殊詐欺電話のかけ子のリーダーで神戸山口組系の暴力団組員・青木竜治容疑者(28)やかけ子の谷本浩司容疑者(35)を詐欺など8件の疑いで逮捕、うち6件が起訴されました。
 警察などによりますと、青木容疑者らは今年5月~6月にかけて家電量販店店員などを装いウソの電話を掛けキャッシュカードを騙し取る手口で、関東に住む60代~70代の女性8人からあわせて約1300万円を騙し取ったとみられます。また、その後の捜査でグループのかけ子の青戸和寿被告(34)も詐欺罪などで逮捕・起訴されました。今年7月、移送される青戸被告は記者の問いに対し…
 Q騙してお金を取ったことをどう思うんですか?
 「・・・」(青戸和寿被告)
 Q詐欺を認めているんですか?
 「・・・」(青戸和寿被告)

 警察はアジトの中から詐欺の電話に使われたとみられるスマートフォン17台や電話の掛け先となる『60代~80代女性3万6000人分の名簿』、さらに『電話をかける際のマニュアル』なども押収しました。マニュアルには店員などになりすますセリフや騙すためのポイントが書かれていて、警察に踏み込まれた際、すぐに処分できるよう“水に溶ける紙”が使われていました。また、アジトにはこんな注意事項も掲げられていました。
 【特殊詐欺グループの“注意事項”から抜粋】
 『勇気を持って、ゆっくり話す。』
 『探るのも大切だけど、まずは自分が店員だと思わせること。』

 青木容疑者らは摘発を逃れるため少なくとも4か所のマンスリーマンションを転々と移動していたとみられるということです。警察は青木容疑者らの認否を明らかにしていませんが、暴力団の資金源になっていたとみて金の流れなどを調べています。

「nanacoギフトカード」をコンビニで買わせるタイの【パタヤ15】の復習…

特殊詐欺容疑で無職の男2人を逮捕 2019年11月14日 18時53分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会
和歌山県警と大阪府警の合同捜査本部は、高齢者に電話をかけてキャッシュカードをだまし取る特殊詐欺の容疑で、無職の男2人を再逮捕しました。
警察の調べによりますと、住所不定無職の青木竜治(りゅうじ)容疑者28才と、住所不定無職の谷本浩司(こうじ)容疑者35才の2人は、今年5月、全国銀行協会の職員を名乗って、埼玉県草加市の70代の女性に電話をかけ「あなたの情報が不正に利用されている。キャッシュカードを交換する必要がある」などといってカードをだまし取り、そのカードで現金280万円をだまし取った疑いです。警察は他の事件の捜査で2人の犯行がわかったとして、きょう(14日)再逮捕しました。
認否について警察は明らかにしていませんが、引き続き余罪を追及しています。

特殊詐欺の指示役、弘道会会長側近を逮捕 14日 14時41分
 特殊詐欺の現金受け取り役を集めて詐欺グループに派遣していたとみられる暴力団組織が摘発された事件で、新たに山口組弘道会会長の側近が警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、六代目山口組の中核組織「弘道会」系暴力団幹部・高松慶春容疑者(47)で、去年11月、さいたま市の女性(79)にうその電話をかけ、キャッシュカードをだまし取るなどした疑いが持たれています。
 警視庁は先月、特殊詐欺の現金受け取り役を集めて詐欺グループに派遣していた組織を摘発していますが、弘道会会長の側近の1人である高松容疑者が組織に指示を与えていたとみています。高松容疑者は、取り調べに対して、黙秘しているということですが、警視庁はだまし取ったカネの一部が弘道会に流れた可能性があるとみて調べています。

「警察が多すぎる」中国語でやりとり 特殊詐欺、中国人の男2人を窃盗容疑で逮捕
毎日新聞2019年11月8日 20時04分(最終更新 11月8日 20時50分)
中国
逮捕された男のスマートフォンには、キャッシュカードを受け取る際の文言を記したとみられるメモがあった=大阪府警提供
 高齢者からだましとったキャッシュカードで現金を引き出したとして、大阪府警は8日、いずれも中国籍の林文(25)と張君偉(38)の両容疑者を窃盗の疑いで逮捕した。所持していたスマートフォンには、指示役とのやりとりとみられる内容が中国語で残されていたほか、カードを詐取する際の文言が日本語で記されていた。府警は、背後に中国を拠点にした特殊詐欺グループがあるとみて調べている。
逮捕された男が持っていたスマートフォンの画面。指示役とみられる男らと「警察が多すぎる」「安全な場所で電話を待て」などとやりとりしている=大阪府警提供
 逮捕容疑は今月7日、大阪府高石市の80代女性からだまし取ったキャッシュカードを使い、市内のコンビニの現金自動受払機(ATM)で、現金約50万円を引き出したとしている。府警は認否を明らかにしていない。
 府警によると、女性宅には同日、百貨店員や警察官を名乗る男から「カードが不正に利用されている」と電話があり、日本語があまり話せないという張容疑者が自宅でカード2枚を受け取ったという。
 張容疑者のスマホには、「警察が多すぎる」「安全な場所で電話を待て」などと、指示役と中国語でやりとりしたメッセージも。「ぜんこくぎんこ協会のたなかです」「カードかいしゅうにきました」などとする日本語のメモが残されていた。【藤河匠、加藤栄】

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。