弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

梶谷剛(かじたにつよし)東北大名誉教授が山で遺体で見つかる。トヨタ関連。金属に充填するレーザー核融合の純粋水爆かw。 update2

浜松の安全なレーザー核融合w

【宮城】東北大学名誉教授 秋保で遺体発見 10/13(土) 20:05配信 KHB東日本放送
 10月8日から仙台市太白区秋保町の山で行方不明になっていた東北大学名誉教授の男性が遺体で見つかりました。遺体で見つかったのは、仙台市太白区八木山南の東北大学名誉教授・梶谷剛さん(71)です。
 警察によりますと、13日午前8時半ごろ、太白区秋保町の大東岳付近で梶谷さんが倒れているのを発見し、消防が救助しましたが死亡が確認されました。見つかったのは、沢のそばを通る登山道の近くで警察は滑落した可能性もあるとみて原因を調べています。
東日本放送

秋保町で行方不明…東北大名誉教授 警察が捜索〈仙台〉 10/12(金) 12:11配信 仙台放送
仙台放送
10月8日、仙台市太白区秋保町に向かいその後、行方不明となっている東北大学名誉教授の男性の捜索が、12日朝から行われています。
行方が分からなくなっているのは、東北大学名誉教授・梶谷剛さん(71)です。
12日の捜索は警察官15人で、午前7時45分から始まりました。
警察によりますと、梶谷さんは10月8日、太白区秋保町の「秋保ビジターセンター」に向かった後から行方不明になっています。 センターの職員によりますと、梶谷さんの車がセンターの駐車場に3日間とまっていたため、警察に通報したということです。

警察に通報した職員
「山に行く人は通常1泊2日くらいで行く方もいるので、夕方帰ってくるだろうと。そうしたら3日目もまだ車があるっていう話になって、警察に連絡したほうがいいんじゃないかということで、地元駐在所に連絡して」
警察によりますと、センターの防犯カメラに、梶谷さんとみられる男性が映っていたということです。 捜索は日没まで続けられる予定です。
最終更新:10/12(金) 12:11 仙台放送

【仙台】東北大名誉教授(日弁連元会長) 沢に滑落か
1ガーディス ★2018/10/13(土) 19:42:07.79ID:CAP_USER9
仙台市の大東岳に登山に出かけたまま、行方が分からなくなっていた、東北大学の名誉教授が、13日朝、登山道の脇にある沢で遺体で見つかりました。
遺体で見つかったのは、仙台市太白区に住む東北大学名誉教授の梶谷剛さん(71)です。
警察によりますと、梶谷さんは、今月8日に、大東岳などの登山口近くにある仙台市太白区の「秋保ビジターセンター」を車で訪れたのを最後に、行方が分からなくなっていました。
警察や消防などが捜索した結果、13日午前8時半ごろ、「ビジターセンター」から歩いて1時間ほどの、大東岳に向かう登山道の脇の沢で、梶谷さんがあおむけの状態で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。
警察によりますと、梶谷さんには全身を打ったような傷があったほか、頭から出血していたということで、警察は、梶谷さんが何らかの理由で沢に転落したとみて、当時の状況を詳しく調べています。

https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20181013/0003189.html
年金記録確認中央第三者委員会委員長
弁護士(前日本弁護士連合会会長)

昭和11年 東京都出身

学歴
昭和34年 3月     成蹊大学政治経済学部卒業
職歴
昭和42年 4月 弁護士名簿登録・第一東京弁護士会入会
昭和60年 4月~昭和61年 3月 第一東京弁護士会副会長、日本弁護士連合会常務理事
平成 2年 1月~平成 3年12月 日本弁護士連合会事務次長
平成10年 4月~平成11年 3月 第一東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長
平成11年 6月 (財)日本弁護士連合会法務研究財団理事
平成16年 4月~平成18年 3月 日本弁護士連合会会長

https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/kajitani.html
https://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/images/kajitani.jpg
経歴がスピンされた2chの記事w

東北大学→

研究者紹介
写真
氏名 梶谷 剛 KAJITANI Tsuyoshi
所属 多元物質科学研究所
職名 教授
生年月 1947.07
研究分野 応用物性・結晶工学(結晶工学)
無機材料・物性 (金属化合物)
tohoku.repo.nii.ac.jp

梶谷剛
教授略歴
生年月日 昭和22年 7 月22日
本 籍 地 仙台市若林区石名坂二〇番地
職名 教授
所 属 工学研究科 応用物理学専攻、応用材料物理学講座 (機能結晶学分野)

最終学歴

昭和45年 3 月東北大学工学部金属材料工学科卒業
昭和47年 3 月東北大学大学院工学研究科金属材料工学専攻修士課程修了
昭和50年 3 月東北大学大学院工学研究科金属材料工学専攻博士課程退学

職歴
昭和50年 4 月 日本学術振興会奨励研究員
昭和51年 7 月 米国イリノイ大学冶金鉱山学科客員助手Postdoctoral Research Associate
昭和53年10月 米国アルゴンヌ国立研究所固体物理部客員研究員Visiting Assistant Scientist
昭和55年 4 月 東北大学金属材料研究所助手平成 2 年11月 東北大学金属材料研究所助教授就任
平成 4 年 4 月から 9 月 東京大学物性研究所助教授併任
平成 5 年 4 月 東北大学工学部応用物理学科教授就任
平成 5 年 4 月から 9 月 東京大学物性研究所教授併任
平成 9 年 4 月 大学の重点化整備に伴い東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻教授に配置換
平成15年 4 月 国立大学の法人化により、国立大学法人東北大学と改称国立大学法人東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻教授
平成24年 3 月 国立大学法人東北大学大学院を定年退職

学位

昭和55年10月工学博士(東北大学)

受賞
原田研究奨励賞 昭和59年 4 月
東北大学工学研究科長 教育賞 平成23年 4 月

学会等に於ける活動
日本金属学会欧文誌編集委員(平成 5 年 4 月〜平成 7 年 3 月)
中性子研究連絡会幹事(日本中性子学会と改称) (平成 5 年 5 月〜平成10年12月)
応用物理学会東北支部役員(平成 5 年 6 月〜現在に至る)
応用物理学会誌編集委員(平成 6 年 3 月〜平成 8 年 3 月)
金属助成会評議委員(平成10年 9 月〜平成14年 7 月)
日本工学教育協会「工学一般」調査研究委員(平成12年 1 月〜平成14年 3 月)
応用物理学会技術者教育認定制度検討委員(平成12年 7 月〜平成13年10月)
日本技術者教育 認定機構(JABEE)教育プログラム認定調査委員(平成13年 9 月〜平成15年 3 月)
大学評価・学位授与機構(文科省)工学教育評価専門委員(平成13年10月〜平成15年 9 月)
応用物理学会教育・公益事業委員会 JABEE 専門委員会委員(平成13年 4 月〜現在に至る)
金属助成会研究奨励賞審査委員(平成13年 4 月〜平成14年10月)
日本技術者教育認定機構認定審査・調整委員(物理応用物理学関係分野代表)(平成15年 4 月〜平成18年 4 月)
日本熱電学会理事 (平成17年 4 月〜現在に至る)本多記念財団原田研究奨励賞審査委員(副委員長) (平成22年 9 月〜平成24年 8 月)


社会に於ける活動
茨城県サイエンスフロンティア21構想に係る産学官共同研究施設等整備検討委員(平成15年 4 月〜平成16年 3 月)
アルゴンヌで中性子かぁw。

researchmap.jp→neutron-HERMES

research-er.jp→梶谷剛 カジタニ ツヨシ
推定関連キーワード
Ca-Co-O系熱電半導体 バンドギャップ マルテンサイト変態 パルスレーザー蒸着 中性子散乱回折 冷中性子散乱 II-VI族化合物半導体 結晶構造変化 2重ハニカム格子 酸化物単結晶
金属に充填するレーザー核融合の純粋水爆かw。

梶谷剛教授の現在の所属は
jglobal.jst.go.jp→所属機関・部署: (株)IMCO グリーンテクノロジー研究室
im-community.co.jp→HOME > 会社概要

開発拠点
■ グリーンテクノロジー研究室
■ 宮城県多賀城市新田字西46-3
im-community.co.jp→HOME > ご挨拶
ご挨拶(設立の趣旨と背景)
日和山からの景色
石巻地域では2006年より地域産学官グループ交流会の一部会として「自動車関連産業集積部会」を発足し、自動車関連産業の情報収集や研修会の開催、視察等を通じ地域企業の技術力向上に努めるとともに、有機的なネットワークを構築してまいりました。
2008年にはグループ交流会会員企業の中から新商品の研究開発を目的とした「IM(イシノマキマシン)プロジェクト」を、翌2009年には地元企業の連携による ユニット化部品の受注を目指し「夢工房」を立上げ、積極的に取り組んできたところであります。
東日本大震災では一時活動の中断を余儀なくされましたが、各企業の復旧も進み、またトヨタ自動車東日本株式会社様の設立等、環境も変化したことから、従来の取組みから一歩前進し“受注の受け皿“として会員企業4社共同出資により 株式会社イムコ(IMCO=Ishinomaki Motor Community)を設立し、より積極的に受注を目指すことになりました。
当面は出資各社のインフラを有効活用しながら事業運営をしていくことになりますが、将来的には新工場による雇用の維持拡大を目指し、ひいては地域産業復興の一助となるべく誠心誠意努めてまいりますので、ご指導ご鞭撻賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
平成24年12月25日 株式会社イムコ 代表取締役 鈴木 裕巳
トヨタかぁ。

「数十万ドルの失敗?連邦政府は予算超過した核燃料プラントの中止の動き」w
MOXプラント建設中止w

酸化マグネシウム作る工場でタンク爆発 1人死亡 福岡 小竹町 2018年10月13日 17時46分
福岡県小竹町にある酸化マグネシウムを作る工場で13日午後3時ごろ、タンクが爆発し、作業をしていた男性が死亡しました。
13日午後3時すぎ、「小竹町にある工場の中で爆発があり、男性1人の意識がない」と工場の関係者から消防に通報がありました。
消防が駆けつけたところ、男性はすでに意識がなく、飯塚市内の病院に搬送されましたが、約1時間半後に死亡しました。
消防によりますと、工場では、マグネシウムに水蒸気を当てて酸化マグネシウムを作っていて、爆発したのは、直径約5メートル、高さ約10メートルの3つのタンクのうちの1つで、死亡した男性はタンクの近くで作業をしていたということです。
また、ほかにけが人はなく、警察と消防で詳しい状況を調べています。

現場近くの住民は
爆発した工場から東に約300メートル離れた場所に住む91歳の男性は「突然、ドドーンという大きな音がしたので、家の外に出たところ、白い煙が一面に広がっているのが見えたので、本当に驚いた。臭いなどは特にしないが、何があったかわからず不安なので、早く原因が知りたい」と話していました。
酸化マグネシウム作る工場w

2018年10月3日光産業創成大学院大(浜松市西区、浜松ホトニクス、トヨタ)がレーザー核融合でレーザー照射率を3・5倍に向上させる技術を開発したと発表
2018年10月8日梶谷剛(かじたにつよし)東北大名誉教授が13日に山で遺体で見つかる。トヨタ自動車東日本の受注の受け皿会社のイムコ(IMCO=Ishinomaki Motor Community)に所属。

自動車関連の工場でテロが続いていた理由がやっと判明する。
BMIテロタイムライン

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。