弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

日本たばこ産業(JT)が日本からジュネーブ(JTI)に撤退w update10

サンスポ→加藤義和氏死去、加ト吉創業、元観音寺市長(2021年2月13日)

2021.2.13 11:52
加藤義和氏死去、加ト吉創業、元観音寺市長
加藤義和氏【拡大】
 加藤義和氏(かとう・よしかず=冷凍食品大手加ト吉〈現テーブルマーク〉創業者、元香川県観音寺市長)5日午後2時40分、心不全のため観音寺市の自宅で死去、85歳。香川県出身。葬儀・告別式は家族で行った。喪主は長男、清司(きよし)氏。
 中学卒業後、魚の行商から身を起こし、56年に加ト吉の前身「加ト吉水産」を設立。冷凍のエビフライやうどんなどのヒット商品を生み出し、連結売上高が3000億円を超える企業に育てた。75年から観音寺市長を4期16年務めた。07年、伝票上だけで転売を繰り返す「循環取引」が社内で行われていたことが発覚し、社長を引責辞任した。
「冷凍食品大手加ト吉〈現テーブルマーク〉創業者」

JT 県内の2工場来年廃止へ
02月09日 18時46分
JT=日本たばこ産業は、国内のたばこ市場の成長が見込めないとして、福岡県にある2つの工場を来年3月末に廃止すると発表しました。
発表によりますとJTは、福岡県筑紫野市にあるJT九州工場と、子会社でフィルターを製造している「日本フィルター工業」の福岡県田川市にある工場を来年3月末に廃止するとしています。
2つの工場に勤めるあわせて400人あまりの従業員に対しても希望退職の募集や退職勧奨を行うということです。
国内のたばこ市場は成長が見込めないとして、JTは、国内と海外の事業を一本化し、事業本部はスイスのジュネーブに統合する計画で、社員を対象にした1000人規模の希望退職など人員の削減に踏み切るとしています。
JTの寺畠正道社長は、「国内の事業量の減少や、コロナ禍もあり不確実性が高まる事業環境をふまえて厳しい決断をした。雇用環境が厳しいことは承知しているが、施策を先送りすると競争力強化のスピードが遅れてしまう」と述べました。

JT 1000人規模の希望退職募集 福岡県2工場を来年3月末に廃止
2021年2月9日 18時26分
JT 日本たばこ産業は、国内のたばこ市場の成長が見込めないとして、社員を対象に1000人規模の希望退職などを行うほか、福岡県にある2つの工場を来年3月末に廃止すると発表しました。
JTは9日、たばこ事業の戦略を見直すことを発表しました。
それによりますと、国内のたばこ市場は成長が見込めないとして、国内と海外の事業を一本化し、事業本部はスイスのジュネーブに統合します。
これに伴って、社員を対象にした1000人規模の希望退職などや、定年後、再雇用している契約社員など150人の希望退職を募集するほか、1600人規模のパート社員に早期の退職を勧奨し、人員の削減に踏み切るとしています。
また福岡県筑紫野市にあるJT九州工場と、子会社でフィルターを製造している「日本フィルター工業」の福岡県田川市にある工場を来年3月末に廃止すると発表しました。
2つの工場に勤める合わせて400人余りの従業員に対しても、希望退職の募集や退職勧奨を行うということです。
日本たばこ協会によりますと、国内の紙巻きたばこの販売本数は、平成8年度の3483億本をピークに、昨年度は1181億本まで縮小しています。
さらに加熱式のたばこなどをめぐる海外のたばこメーカーとの競争も激しくなっていて、会社としては、海外市場や加熱式たばこなどの開発に経営資源を集中したい考えです。
JTの寺畠正道社長は「国内の事業量の減少や、コロナ禍もあり、不確実性が高まる事業環境を踏まえて厳しい決断をした。雇用環境が厳しいことは承知しているが、施策を先送りすると競争力強化のスピードが遅れてしまう」と述べました。

「テーブルマーク」香川の3工場閉鎖を発表
JT=日本たばこ産業の子会社で、冷凍食品メーカーの「テーブルマーク」は、国内の生産態勢を見直すため、香川県内にある3つの工場をことし10月末に閉鎖すると発表しました。
発表によりますとテーブルマークは、いずれも香川県内の観音寺市にある本社工場と、多度津町の多度津工場、それに、善通寺市にある善通寺工場をことし10月末で閉鎖します。
会社では少子高齢化に伴う市場環境の変化に対応するため、2017年以降、生産態勢の見直しを進めていて、今回の閉鎖に踏み切ったとしています。
3つの工場に勤める270人余りの従業員のうち、正社員は別の工場などに配置転換します。
また、契約社員とパート社員については希望退職を募集し、再就職についても支援するとしています。
これらの工場で製造している冷凍のうどんやお好み焼きは近くにある別の工場に生産を移すということです。

うーむ。配当だけの会社とか、海外子会社のカネをマネロンして国内に注いでるだけなのでは?w

デシコビてラムズフェルドのレムデシビルのギリヤドのDescovyのこと…w

忽那先生から情報を頂きました。
HIVと新型コロナの関係について、また別の報告がスペインからありました(Del Amo J et al. Ann Intern Med. 2020)。スペインは、この分野での研究が進んでいるようです。

本報告が、前回のLancet誌の報告と異なるのは、下記の3点です。
①スペイン国内の60施設に通院中の治療中のHIV陽性者が研究対象(Lancet誌の報告は1施設)、症例はPCR陽性者に限定
②抗HIV療法の中身に着目し解析
③ただし個々の患者の詳細な背景は不明

エッセンスをまとめますが、詳細は原典にあたって頂ければ幸いです。 スペイン60施設に通院中の77,590人の治療中のHIV陽性者が研究対象。これはスペインで治療中のHIV陽性者の約65%。2020年2/1-4/15の75日間に、236人がPCRで新型コロナと診断、151人が入院、15人がICU入り、20人が死亡。

77,590人中、ツルバダ服用者は16%、デシコビ33%、エプジコム26%。一方、新型コロナの236人中、それぞれ9%、42%、25%。ツルバダ服用者で、ICU入りもしくは死亡したのはゼロ。

75日の間に、1万人のうち何人が新型コロナを発症したかという累積発生率を、HIV陽性者とスペイン全体のそれぞれで計算して比較すると(HIV陽性者はスペインの一般集団の性・年齢に調整済)、HIV陽性者は30.0人、一般集団は41.7人(ただし医療従事者を除くと33.0人)。ただし死亡者は3.7人と2.1人。

抗HIV薬別でみると、新型コロナ発症は、ツルバダ服用者16.9人、デシコビ39.1人、エプジコム28.3人。入院はそれぞれ10.5人、20.3人、23.4人。

以上を強引にまとめると、
1. 治療中のHIV陽性者の新型コロナを発症するリスクは、一般集団と変わらない
2. 死亡率は一般集団を上回る
3. ツルバダを服用している場合、デシコビやエプジコムと比較して、発症や重症化が少ない

ただし、 別の研究者からツッコミを受けていましたが、ツルバダを服用している人が、高血圧や糖尿病などの他の合併症が少ない可能性があるかも(合併症がある人は既にデシコビに切り替えられている)。

ツルバダ、デシコビ、エプジコムは、試験管内で新型コロナウイルスの増殖や、炎症物質を抑える作用があるかもしれないとのことです。ちなみに、ツルバダは、デシコビに比べ、有効成分のテノフォビルの血中濃度が高くなります。

果たしてツルバダの服薬がHIV感染予防のみならず、新型コロナに対しても有利かどうかは、無作為比較試験で確かめる必要があると思います。おわり。

日本たばこ、抗HIV薬、デシコビ(Descovy)、ギリヤド、ラムズフェルド、レムデシビル、デシコビは試験管内で新型コロナウイルスの増殖や炎症物質を抑える作用w

tobaccocontrol.bmj.com→Tobacco industry manipulation of data on and press coverage of the illicit tobacco trade in the UK (PDF)(2013年10月18日)

JTがシリアに不正輸出か、制裁違反をEU調査
 【ニューヨーク=吉形祐司】21日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、スイスにある日本たばこ産業(JT)の海外拠点が、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアにたばこを輸出していなかったかどうかをEUが調査中だと報じた。
 同紙によると、調査の対象はジャパン・タバコ・インターナショナル社(JTI)。EUがシリアのアサド大統領と親戚関係のラミ・マフルーフ氏らに経済制裁を科した昨年5月以降に、キプロスに拠点を置く業者を通じてたばこ45万カートンを、マフルーフ一族が部分的に所有する会社向けに輸出するなどしたとされる。
 JT広報部は読売新聞に「詳細は確認中だが、JTIはEUの規制に従っており、シリアへの出荷は現在停止している」と説明している。

「キプロスに拠点を置く業者を通じて」w

臓器狩りかぁw

「キプロスはシリアの子供たち内蔵を抜く場所のひとつで、空軍基地から空輸してカタールで臓器移植、それからダラスの臓器共有ネットワークに向かう。ネタニヤフは臓器共有ネットワーク/米をコーディネートする。」w

ジーナ・ハスペルが運用してたCIA秘密収容所、ロリータエクスプレスだな…、あー、CIAと日本たばこ産業が揉めてたのは香港の臓器狩りルートだわ…

どーりで、CIAの情報源が消されるわけだわw

【東側ルート】キプロス研究ちう…(2020年1月3日)

シリアでサリンを使ったのはどうやら公安調査庁だなw(2013年9月2日)

「Four days later, the corporate documents show, Japan Tobacco International SA, or JTI, delivered 450,000 cartons of cigarettes through a Cyprus-based distributor to a firm called Syria Duty Free Shops Ltd. that JTI acknowledges was then at least partly Makhlouf-owned.」

「Some fighters in the rebel Free Syrian Army also are paid in cigarettes. "If you can't provide your people with cigarettes, they won't stay with you," said Louay Sakka of the Syrian Support Group, which lobbies for the Free Syrian Army.」

日本たばこ産業の「Syria Duty Free Shops Ltd.」だから「Free Syrian Army」だったのかー、気付かなかったw

「Duty Free Shops」w、UKのサッカーチームと墜落したヘリのオーナーの錬金術の元はタイのDFS(Duty Free Shops)だったなぁ…

で、タイにもCIAの秘密収容所があったw

「空中でエンジンが停止した」「テールローターが動かなくてスピンしはじめた」アグスタ・ウェストランド社「これはAW169を含めて初めての事故だ」(2018年10月29日)

日本たばこ産業のカナダ法人「JTIマクドナルド(JTI-Macdonald)」が1兆5千億円の勉強代を1480億円にまけてもらったけど会社更生手続きへw(2019年3月9日)

これってアルカイダの「のれん代」みたいな?w

ケーサツ(日本たばこ産業/JT)がCIA職員を寝返らせて中国とロシアでCIA情報元を次々に殺害。最後のターゲットはヒラリーw。回りくどい分断工作か(2018年1月28日)

2010年4月 ヒラリー・クリントン国務大臣と露ラブコフ外相が34トンの兵器級プルトニウムの削減をコミット
2010年終わり中国でCIAの情報源20人の連続殺害がはじまる。うち1人は同僚らの前で銃殺。スパイ活動をしている疑いがある者たちへの警告。
2012年10月19日ヒラリー・クリントンが南北アメリカのエネルギー・グリッド (Connecting the Americas 2022) を発表
2012年10月23日米政府はConnecting the Americas 2022を発表
2012年12月15日ヒラリーが脳しんとうで危篤になったと国務省が発表
2012年末中国でのCIAの情報源20人殺害が終了。うち1人は同僚らの前で銃殺。スパイ活動をしている疑いがある者たちへの警告。
2013年1月2日ニューヨーク市内の病院を退院
2013年2月1日国務長官退任
2013年4月10日オバマ政権がMOXプロジェクトを予算カット
2018年1月16日米司法省が中国国内にいる米政府への情報提供者の情報を中国当局に渡したと指摘されているCIAの元職員、ジェリー・チュン・シン・リー容疑者(53)を国防機密情報の不法所持の疑いで同日までに逮捕し、南部バージニア州の連邦地裁に訴追したと発表。

日本たばこ産業がヒラリーに一服盛ってシリアに出撃したタイムライン?w

中国でCIA情報源20人の回りくどい殺害がはじまり最後にヒラリーが脳震盪を起こし国務長官を退任する。放射能を一服盛られて被曝したのか。日本たばこ産業(JT)の土人がJFKと同じ暗殺を試みてる(2013年4月30日)

日本たばこ産業てガチにテロ組織だったのかw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。