弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

島田市の医薬品製造工場を食堂のノロウィルス症状でプロンプトw update2

静岡県藤枝市瀬戸ノ谷の山中に深さ約20センチの土の中に埋められていた死体を静岡県警の捜査員はどうして発見できたのか?w 伊藤博文刑事部長か?

静岡 NEWS WEB 島田 工場の食堂で集団食中毒 12月25日 18時58分
を訴え、従業員や調理した人、あわせて23人からノロウイルスが検出されたことなどから、中部保健所はこの食堂の料理による食中毒と断定して、25日から当面の間、営業禁止の処分にしました。
営業禁止の処分を受けたのは、東京・中央区に本社のある飲食業の「レパスト」が営業する島田市の医薬品製造工場の食堂です。 県によりますと12月17日、この食堂で昼食として出された食事で、豚肉の炒め物やオムレツ、それにカレーなどを食べた18歳から66歳までの従業員49人が下痢やおう吐などの症状を訴え、このうち20人と調理にあたっていた3人から食中毒の原因となるノロウイルスが検出されました。 症状を訴えた49人は全員、快方に向かっているということです。 49人に共通する食事がこの食堂以外にないことなどから、中部保健所は、この食堂の料理による食中毒と断定し、この食堂を25日から衛生環境が回復するまでの間、営業禁止の処分としました。 この食堂では、前日の16日におう吐の症状が出ていた料理人1人が当日、そのまま調理にあたっていたということで、県は、症状が出た場合は食品を直接取り扱う作業を控えるよう呼びかけています。
「島田市の医薬品製造工場の食堂」w
「豚肉の炒め物」←豚コレラを意識してる?w

島田市の医薬品製造工場?
jp.indeed.com→GMP製造要員(バイオ医薬品) シミックホールディングス配属

GMP製造要員(バイオ医薬品) シミックホールディングス配属
シミックホールディングス株式会社
-
静岡県 島田市 金谷東

シミックグループのノウハウを結集したチームメンバー達と共に、広く世界での次世代抗体医薬品開発に貢献しませんか
シミックホールディングスはJSR株式会社と合弁会社を設立し、バイオ医薬品の創薬研究や製造において、研究・製造支援業務やプロセス材料の提供をグローバルに提供していくことを目指しています 本ポジションはシミックホールディングスより合弁会社へ出向し、バイオ医薬品の製造工程の確立を目指していただく大変チャレンジングなポジションです
主な業務内容
細胞培養工程に関連する業務
・培地調製
・細胞の培養、モニタリング
・細胞分離
・サンプルの測定
抗体精製工程に関連する業務
・クロマト操作
・バッファー調製
・サンプルの測定

【必須要件】
細胞、微生物培養の実験や作業経験
タンパク、核酸などの精製の実験や作業経験

治験薬、医薬品の製造経験
勤務地
428-0013 静岡県島田市金谷東1-588

jsr.co.jp→シミックとJSR、次世代抗体開発の合弁会社を設立 次世代抗体医薬品の創薬・製造ノウハウ確立プロジェクトを推進 企業情報(2014年06月30日)

シミックとJSR、次世代抗体開発の合弁会社を設立 次世代抗体医薬品の創薬・製造ノウハウ確立プロジェクトを推進 企業情報 2014年06月30日
シミックホールディングス株式会社(本社:東京品川区、代表取締役CEO:中村和男, 以下「シミック」)とJSR株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小柴満信、以下「JSR」)は、シミックが100%子会社として3月4日に設立した「シミックバイオロジックス株式会社」にJSRが50%の出資を行い、合弁会社「シミックJSRバイオロジックス株式会社」を設立することで合意しました。
現在、新薬開発の主流は、低分子化合物から抗体医薬品に代表される生物医薬品に大きくシフトしており、とりわけ抗がん剤、自己免疫疾患治療薬においては、抗体医薬品が主流を占めるに至っています。なかでも、高い標的選択性を有する次世代の多重特異性抗体*が注目されており、世界中で研究開発がすすめられていますが、その設計及び製造プロセスは確立されておりません。
このような背景の中、設立する合弁会社は、東京大学、東北大学が保有する3種類の異なる次世代多重特異性抗体シーズを用いた次世代多重特異性抗体の設計および製造プロセス、ならびにその工程管理、品質管理手法の開発に取り組みます。 技術開発に際し、シミックが保有する医薬品開発・製造、品質管理に関する技術とJSRが保有する最先端の抗体精製技術、さらには大学が保有する最先端の抗体分析技術を組み合わせることで、グローバル市場で競争力のある次世代抗体の設計と製造プロセスの開発を目指します。
尚、本プロジェクトは独立行政法人・科学技術振興機構(JST)の産学共同実用化開発事業「NexTEP」(平成25年第2回募集)に採択されております。
シミックホールディングスとJSRとは、本プロジェクト遂行の過程で得たノウハウを活用することで、次世代抗体医薬品の創薬研究や製造において、研究・製造支援業務やプロセス材料の提供をグローバルに提供していくことを目指します。これにより、広く世界での次世代抗体医薬品開発に貢献していきたいと考えます。

∗多重特異性抗体とは
複数の抗原に結合する特殊な抗体のことで、その抗体一分子の中に異種の抗原結合部位を持つ。次世代の治療医薬、免疫診断薬への応用が期待されている。多重特異性抗体は化学合成または細胞融合で作製されるが、低収量・品質制御の困難さなど、商用利用には依然課題が多い。

事業スキーム
シミック JSRバイオロジックス株式会社の概要
合弁会社名: シミックJSRバイオロジックス株式会社 (英語名称:CMIC JSR Biologics Co., Ltd.)
代表者: 代表取締役社長 小作 寛
本社所在地: 東京都品川区西五反田7-10-4 金剛ビル
出資年月日: 2014年7月1日
資本金: 10百万円

【シミックホールディングス株式会社】
シミックグループは、医薬品の開発を中心に、製造、営業・マーケティングの支援業務、一般消費者向けの健康情報サービス、診断薬やオーファンドラッグの自社開発など、総合的なサービスを提供しています。詳しくは当社のホームページをご覧下さい。
http://www.cmic-holdings.co.jp/

jsr.co.jp→沿革・歴史 - 企業情報 - JSR株式会社

1957年12「合成ゴム製造事業特別措置法」により
日本合成ゴム株式会社設立
1960年4月四日市工場稼働。ブタジエン、SBR、SBラテックス生産販売開始 大阪支店開設
1962年6月名古屋支店開設。ハイスチレンラテックス販売開始
1963年7月ペーパーコーティングラテックス(PCL)販売開始
1964年10月ABS樹脂生産開始。合成樹脂事業へ進出
1964年11月NBR販売開始
1965年2月BR販売開始
1968年4月千葉工場完成。ブタジエン生産開始
1968年7月ヨーロッパ事務所開設
1969年3月ブチルゴム(IIR)販売開始
1969年4月民間会社に移行
1970年9月エチレン・プロピレンゴム(EP)販売開始
1971年1月鹿島工場完成。ブタジエン、SBR生産開始
1972年12月ポリイソプレンゴム(IR)販売開始
1974年6月RB販売開始
1975年4月アクリルエマルジョン販売開始
1979年4月ネガ型フォトレジスト「CIR」販売開始。半導体材料事業へ進出
1981年4月AES樹脂販売開始
1981年7月診断薬用ラテックス「イムテックス」販売開始。ライフサイエンス分野へ進出
1982年5月光ファイバーコーティング材の輸入販売開始
1982年11月ポジ型フォトレジスト「PFR」販売開始
1984年5月光ファイバーコーティング材「デソライト」、AS樹脂、構造用接着剤「マイティシリーズ」販売開始
1985年5月熱可塑性エラストマー「SIS」販売開始
1988年3月液晶表示材料の配向膜「オプトマーAL」、保護膜「オプトマーSS」販売開始
1989年4月完全週休2日制、フレックスタイム制導入。光造形システム「ソリッドクリエーションシステム」(ソニー株式会社と共同開発)販売開始
1989年5月筑波研究所竣工
1989年10月鹿島工場内にわが国初の熱可塑性エラストマー TR専用プラント完成
1989年11月金属粒子偏在型PCRを用いたIC検査治具販売開始
1990年2月UCB社(ベルギー)と欧州北米におけるフォトレジストに関する合弁事業契約調印
1991年10月水溶性ポリマー「ダイナフロー」販売開始
1992年1月育児休業制度、介護休暇・休業制度導入
1992年5月 水添ポリマー「ダイナロン」と、同ポリマーを用いた熱可塑性エラストマー「ダイナロンアロイ」を開発、販売開始
1993年1月四日市工場内に新研究棟完成。
1993年7月UCB-JSRエレクトロニクス社(ベルギー)を100%子会社化し、JSRエレクトロニクス社として新発足。同社の米国子会社もJSRマイクロエレクトロニクス社として子会社化
1994年2月四日市工場の合成樹脂及びNBRについてISO9002登録認定取得
1994年12月上海事務所開設。LCDカラーフィルター用の顔料分散レジスト「オプトマーCR」販売開始。タイでのCMB現地生産を行うため、PI社(タイ)に資本参加
1995年7月ソウル事務所開設
1995年9月四日市工場の半導体・ディスプレイ・エッジコンピューティング材料製品についてISO9002登録認定取得
1995年11月高転写ブロー成形技術「Jブロー」開発
1996年6月フォトレジスト製造子会社、JSRエレクトロニクス九州株式会社(佐賀市)設立。光造形モデル用の高精度・高性能エポキシ系光硬化性樹脂販売開始。
1996年7月三菱化学株式会社とABS樹脂事業を集約、合弁会社テクノポリマー株式会社設立
1997年3月JSRマイクロエレクトロニクス社のフォトレジスト工場竣工
1997年9月千葉工場内にアートン量産プラント竣工
1997年10月JSRエレクトロニクス九州株式会社のフォトレジスト工場竣工。台湾事務所開設
1997年11月アジア事務所(シンガポール)開設。千葉工場内にアートン研究加工棟竣工
1997年12月「JSR株式会社」に社名変更
1998年3月四日市工場でISO14001登録認証取得
1999年2月LCDパネルの高精細・高コントラスト化が実現できる感光性スペーサーなど、液晶表示材料に新規の高機能商品群を追加
1999年4月販売、生産、経理、人事など全社の業務領域情報を一元管理する基幹情報システムを構築し、1日から全面導入
半導体の回路形成面を平坦化するCMP(化学機械研磨)向け高性能研磨スラリー「CMSシリーズ」本格販売開始
JSRマイクロエレクトロニクス社(米国)が日系レジストメーカーでは初めて、エキシマレジスト現地生産を開始
千葉工場がISO14001登録認証取得
1999年5月鹿島工場がISO14001登録認証取得
2000年3月タイにマスターバッチの新会社ELASTOMIX(THAILAND)CO.,LTD.を設立
2000年4月JSR ARFレジストが、欧米の主要半導体メーカーが参画する半導体プロセス開発コンソーシアムIMEC(ベルギー)の次世代半導体の0.13μmプロセス用レジストとして正式採用
2001年3月光ファイバー用コーティング材新工場竣工
2001年10月新規の高機能オレフィン系熱可塑性エラストマー「JSR EXCELINK」を上市
2002年10月子会社の商号、「ジェイエスアールエレクトロニクス九州株式会社」が「ジェイエスアールマイクロ九州株式会社」に、「JSR Microelectronics,Inc.」が「JSR Micro,Inc.」に、「JSR ELECTRONICS N.V.」が「JSR Micro N.V.」に社名を変更
住友化学工業からの乳化重合SBR受託生産開始
電子材料の中国展開強化を目的に、上海事務所に電子材料専任駐在
2002年11月ベルギーに半導体材料新工場が完成
2002年12月四日市にCMP用研磨パッド新工場が完成
2003年5月本社移転(東京都中央区築地五丁目6番地10号 浜離宮パークサイドプレイス)
2003年12月四日市工場内に光学用途「アートンフィルム」生産工場完成
2004年1月1単元の株式数を1,000株から100株に変更
2004年4月グループ企業の「日合商事株式会社」が「JSRトレーディング株式会社」に社名変更
2004年5月米国JSR Micro, Inc.に半導体製造用CMPのアプリケーションラボを開設
2004年6月全工場で「ごみゼロ」達成(石油化学業界初)
2004年7月グループ企業の「日合エンジニアリング株式会社」が「JSRエンジニアリング株式会社」に社名変更
2004年10月韓国の液晶ディスプレイ材料工場(JSR Micro Korea Co., Ltd.)が竣工し、商業生産を開始
2004年12月ArF液浸露光で32nmの解像に成功(世界初)
2005年4月有機無機ハイブリッド技術を応用した超長期耐久性光触媒コート材を開発し、「ダイナセラ」の新製品として販売開始
2005年8月韓国のディスプレイ材料工場の第2期工事が完了、本格稼動
2005年11月SSBR(溶液重合SBR)の生産能力を増強
2006年1月四日市地区研究所の新クリーンルーム棟竣工
2006年2月JSRとIBM、ArF液浸技術で線幅30nm以下の露光に成功
2006年3月四日市工場で精密加工パイロット設備棟が竣工
2006年7月台湾のディスプレイ材料工場(JSR Micro Taiwan Co., Ltd.)が竣工し、商業生産を開始
2006年10月次世代メモリー向けArFレジストで、三星からベストサプライヤー賞受賞
2007年3月四日市地区に研修センターを建設
創立50周年を機に企業スローガン『可能にする、化学を。』を制定
第36回日本産業技術大賞・文部科学大臣賞を受賞
近畿大学分子工学研究所-JSR機能材料リサーチセンター」が完成
2007年5燃料電池用電解質膜の開発で、平成18年度高分子学会賞受賞
2007年6月欧州においてダウヨーロッパ社よりSSBR(溶液重合SBR)引取権取得
2007年8月リチウムイオンキャパシタ事業の合弁会社「JMエナジー株式会社」を設立。
2007年11月JSR Micro Taiwan 第2期工事完了
2007年12月四日市地区に精密加工研究棟竣工
JSRとIBM、次世代半導体プロセスについて共同研究契約を締結。
創立50周年記念事業実施
2008年3月育児・介護等で退職した元社員を再雇用する「キャリア再開制度」導入
2008年9月シンガポール事務所開設
2008年11月リチウムイオンキャパシタの事業会社JMエナジー株式会社の本社山梨工場竣工
2009年1月本社移転(東京都港区東新橋一丁目9番地2号 汐留住友ビル)
2009年3月テクノポリマー株式会社を100%子会社化
2009年11月JSR、ArFフォトレジスト需要増加に対応する先端リソグラフィー材料新工場稼働
2010年1月JSR、平成21年度第58回日本化学会化学技術賞受賞
2010年3月JSR、中国現地法人を設立
2010年4月四日市工場に大型天然ガス焚きコージェネレーション(熱併供給発電、熱電併給)設備を導入
2010年7月低燃費タイヤ向け高性能合成ゴムSSBR(溶液重合SBR)の四日市での生産能力増強を発表
2010年10月財団法人日本経営史研究所 第17回「優秀会社史賞」受賞
日本ブチル㈱川崎工場 ブチルゴム生産能力増強を完了
新規の高靱性ポリ乳酸系バイオ樹脂「BIOLLOY TM」を発売
2011年1月JSRグループ、EPDMの生産能力増強を決定
2011年7月韓国での液晶ディスプレイ用材料の研究開発センターが稼動開始
2011年11月JSR(上海)、中国北京深セン営業拠点設立
2011年12月四日市工場での溶液重合スチレンブタジエンゴム(SSBR)の生産能力増強を完了
JMエナジー、扁平角缶型リチウムイオンキャパシタ製造プラント及び評価棟・安全試験棟の完成
ラテックス診断薬や化学発光診断薬の中間体の開発・製造・販売を主な目的とする合弁会社「捷和泰(北京)生物科技有限公司」を設立
2012年2月台湾でも液晶ディスプレイ用材料の研究開発センターが稼動開始
メディカル関連事業の加速化のため、JSRライフサイエンス株式会社設立
2012年4月インテル コーポレーションから「サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント(SCQI)賞」 を受賞
中国での診断薬事業の合弁会社捷和泰(北京)生物科技有限公司本社工場が竣工
2012年9月社会的責任投資の国際指標「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」に初選定 
2013年2月エラストミックスがPT. Prospect Motorとの間で合弁会社のPT. ELASTOMIX INDONESIAを設立
スイスバイオ医薬品精製プロセス技術企業に戦略投資
2013年4月インテル コーポレーションから「サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント(SCQI)賞」を受賞
2013年9月韓国の錦湖ポリケム㈱のEP新工場が竣工
2014年2月世界初のマイクロ波成形システム「Amolsys® M-150」を販売開始
Styron Europe GmbHとのSSBR3万トン引取権に関する契約を2014年3月31日を以って解消
2014年4月インテル コーポレーションから「サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント(SCQI)賞」を受賞
2014年6月シミックと次世代抗体開発の合弁会社「シミックJSRバイオロジックス㈱」を設立
2014年10月半導体材料に関する合弁会社「JSR Electronic Materials Korea Co., Ltd.」を韓国に設立
2014年12月ディスプレイ材料に関する合弁会社「JSR Micro (Changshu) Co., Ltd.」を中国に設立
2015年2月米国のバイオ医薬品開発製造受託会社KBI Biopharma, Inc.を共同買収
2015年3月JMエナジー㈱のリチウムイオンキャパシタ量産工場完成
インテル コーポレーションから「サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント(SCQI)賞」を受賞
慶應義塾と共同で「JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンター(JKiC)」の設立を決定
2015年6月㈱ディーメック、国内最大サイズを可能とする光造形3Dプリンターの販売を開始
JSRライフサイエンス㈱、ヒト由来の血清・血漿からエクソソームを単離するのに最適化したExoCap®(エクソキャップ)の販売を開始
2015年10月㈱医学生物学研究所を連結子会社化
JSRとJSRライフサイエンス㈱、抗体医薬製造のアフィニティ精製工程に使用するプロテインA担体の次世代製品Amsphere® A3を開発
2015年12月JSR、日本アイ・ビー・エム㈱、千住金属工業㈱が共同で、300mmウェハ対応の半導体高密度実装用バンプ形成技術「IMS」(Injection Molded Solder)を開発
2016年2月JSRとimec、EUVリソグラフィ用フォトレジスト製造合弁会社「EUV Resist Manufacturing & Qualification Center N.V.( EUV RMQC)」を設立
2016年3月インテル コーポレーションから「サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント(SCQI)賞」を受賞
経済産業省と東京証券取引所により2015年度「なでしこ銘柄」に選定される
平成27年度第64回日本化学会化学技術賞受賞
2016年5月宇部興産㈱、三菱レイヨン㈱(現 三菱ケミカル㈱)とABS樹脂事業統合に合意
2016年8月全日本空輸㈱・㈱SHCデザインと、3Dプリント義足を共同開発
2016年9月3Dプリンティング分野で革新的な技術を持つCarbon3D, Inc. (米国)に出資
2016年10月㈱エラストミックス、メキシコに新会社設立を決定
2017年2月経済産業省と日本健康会議より「健康経営優良法人2017 ~ホワイト500 ~」 に認定される
2017年3月「EUV Resist Manufacturing & Qualification Center N.V.( EUV RMQC) 」 のEUVフォトレジスト製造設備完成
インテル コーポレーションから「サプライヤー・コンテニュアス・クオリティー・インプルーブメント(SCQI)賞」を受賞
経済産業省と東京証券取引所により2016年度 「なでしこ銘柄」に選定される

静岡県藤枝市瀬戸ノ谷の山中に深さ約20センチの土の中に埋められていた死体を静岡県警の捜査員はどうして発見できたのか?w 伊藤博文刑事部長か?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。