弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

日本電子計算のNTTデータのEMCストレージ不具合で全国50自治体システムが停止。復旧できなくなるw update14

VMwareのSEsparseスナップショットの「IO coalescing」とEMCのタイムファンダーw

日本電子計算「33自治体のデータがIaaSから消失」ファームウェアを更新したら1318の仮想OSの3割がディスクにアクセスできなり、さらに15%はバックアップも取れてなかったw。新たなコメディかw

2019/12/18 05:00 動かないコンピュータ 「動かないコンピュータ」緊急版、自治体クラウド大規模障害の深層 日本電子計算 松浦 龍夫=日経コンピュータ 日経コンピュータ
2019年12月4日に日本電子計算の自治体向けクラウドが停止した。47自治体などのシステムが一斉にダウンし、業務や住民サービスに影響が出た。ストレージ機器のファームウエア不具合が直接の原因だが、バックアップ機能にも問題があり15%のデータがクラウド上で消失。自治体システムは全面復旧の見通しが付いていない。
 「あれ、戸籍証明を出すシステムにつながらない」。東京都中野区役所の職員が異変に気づいたのは2019年12月4日午前11時ごろ。区で使う20のシステムが停止し、戸籍関連の証明書発行業務や区のWebサイトの更新・公開、電子メールを使った外部とのやり取りなどができなくなった。
 システム障害が発生した自治体は中野区だけではなかった。大阪府和泉市でもほぼ同時刻に「システムが停止し、住民票を発行できなくなった」という報告が市役所の職員から上がった。
 さらに東京都練馬区や千葉県浦安市、愛知県岩倉市など合計全国47の自治体および6つの自治体関連組織(広域事務組合や図書館)でシステムが停止した。原因はこれら自治体が利用している自治体専用IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)の「Jip-Base」にシステム障害が発生したためだった。NTTデータ子会社の日本電子計算が提供するサービスである。

自治体クラウド「Jip-Base」の障害とその後の対応の経緯
クラウド障害で全国47自治体などが影響受ける [画像のクリックで拡大表示]
戸籍関連システムなどが停止した中野区役所 [画像のクリックで拡大表示]
関連記事:15%データ喪失の自治体システム障害、長期化招いた日本電子計算の誤算とミス
 「クラウドサービスはダウンしてもすぐに復旧するだろうと考えていた」。和泉市の担当者は障害発生直後の心境をこう語る。しかしこの見通しは甘かった。2019年12月17日現在、各自治体のシステムや業務は部分的な復旧にとどまっており、混乱が続いている。しかもJip-Baseのストレージ障害で15%のデータが消失したことも判明し、復旧に向けてさらなる混乱が予想される。

原因はストレージのファームウエア
 12月4日の障害発生を受けて日本電子計算が調査したところ、ストレージ装置のファームウエアにバグがありディスクを読み書きできなくなったことが分かった。同社は翌5日に「ディスク故障が原因」と公表した。その際、「復旧に時間を要する可能性がある」「本日中の復旧は困難」とした。
 自治体はJip-Baseの復旧をただ見守っているわけにはいかず、住民サービスの再開に向けて動き出していた。戸籍証明がもらえない、後期高齢者医療制度の還付申請ができないなど住民生活に支障が出ていたからだ。
 例えば和泉市はバックアップシステムとバックアップデータを使って、12月5日から応急的に一部のシステムを稼働させた。「バックアップシステムは処理性能の問題で同時接続数に制限があるため、職員による確認や登録に通常より時間がかかる」(和泉市担当者)という状況が続いた。
この先は有料会員の登録が必要です。

「動かないコンピュータ」緊急版w

公務員年金3千万円過払い プログラム誤り、未払いも
2019/12/17 12:02 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 総務省は17日、自治体職員の年金を管理する「地方公務員共済組合」で、支給業務にミスがあったと発表した。640人に計3068万円を過払いしたほか、442人に計1713万円が未払いだった。システムのプログラムに誤りがあったことなどが原因としている。
 総務省によると、1人当たりの過払い額は最大で131万円、未払い額は95万円だった。9月に共済組合側から報告があり、問題が発覚した。
 過払い分は今後の支給額から差し引き、未払い分は追加支給する。高市早苗総務相は記者会見で「受給者に大変迷惑をかけた。おわびする」と述べ、再発防止に努める考えを示した。

何か証拠を隠滅するためにやっちゃったのでしょーかw、そうならこれからのサルベージ作業で判明していくのでしょーなw。報道されることはないのだろうけどw

高負荷状態になるとゲストの書き込みIOは不整合になり、データが論理的に壊れてしまうとか。 1318のvmwareのデータはすべてどこか壊れているはずなのに、復旧できた自治体と消失した自治体があるのはなぜか? ここに解読のヒントがあると思われ…w

【MUSCULAR】日本電子計算のストレージ障害の原因は「Dell EMC Unity 500」の並列処理…w

2019/12/13 15:10
「別クラウドで再構築」、10日目突入の50自治体システム障害に進展 松浦 龍夫=日経 xTECH/日経コンピュータ 日経 xTECH
 2019年12月4日に日本電子計算の自治体向けIaaS「Jip-Base」および、それを利用していた50自治体でシステム障害が発生した問題で2019年12月13日、複数の自治体が本番環境とは別のクラウド環境によるシステムの再構築を進めていることが分かった。
 その一つである大阪府和泉市は、「現在はバックアップ用システムで稼働しているが処理能力に限界があるため、業務に支障が出ている。12月14日の土曜日に作業をして、週明けの12月16日から再開できる見込み」とコメントした。
 千葉県浦安市や愛知県東浦町も同様に別クラウド上での再構築の検討を始めており、例えば浦安市ではまだ再開できていない要介護認定などの介護保険業務システムを別クラウドで再構築する方向で進めている。いずれの自治体も「日本電子計算に本番環境とは別のクラウドの領域を用意してもらい、そこに業務システムを立て直す」(和泉市)という。日本電子計算は再構築に関し、「現状のお客様の個別システムの復旧状況についてはコメントできない」と回答した。
 和泉市によると、日本電子計算と結んだ契約ではシステム障害から再開までの時間は4時間だったが、障害発生からすでに10日目に達している。「クラウド上では本番機とバックアップ機など2重化の構成にしていた」(東浦町)という複数の自治体の証言からすると、なぜ日本電子計算のクラウド内部で冗長化機能が働かなかったかに注目が集まる。しかし同社は、自治体にも対外的にも詳細な説明を行っていない。ある自治体担当者によると、「障害の発生箇所であるストレージ装置も冗長化していたが、冗長化の機能がうまく動かなかったとの説明しか日本電子計算から受けていない」という。

「別クラウドで再構築」w

「障害の発生箇所であるストレージ装置も冗長化していたが、冗長化の機能がうまく動かなかったとの説明しか日本電子計算から受けていない」

ストレージは物理的に冗長構成になっていたのだろうけど、冗長構成を意識してアプリのデータを配置してなかったので結果的に全滅したのでは?基盤の設計ミスと運用ミスだな。EMCなんてバルクセールなんだから安く冗長に設定すれば良かっただけなのになんだかなーw

結局本番ストレージを捨てて別のクラウドに再構築することにw。すげー。こんな話は聞いたことがない。

たぶんサワーダ・ジユーンがMUSCULARの直近のデータでリカバリしてくれると思われw

復旧中の50自治体システム障害、ストレージメーカーがコメント 松浦 龍夫=日経 xTECH/日経コンピュータ 日経 xTECH
 全国50の自治体で2019年12月4日に発生したシステム障害。不具合を引き起こした日本電子計算のIaaS「Jip-Base」で使っていたストレージ装置のメーカーであるEMCジャパン(米デルテクノロジーズの日本法人)は2019年12月10日、日経 xTECHにコメントを出した。
 EMCジャパンは、12月4日に同社ストレージ装置に故障が発生したことを認めたうえで、「障害発生後から日本電子計算と復旧対応を行ってきた。ファームウエアを修正するなどして12月6日午後10時15分にストレージの修復作業は完了し、日本電子計算へ納品した。現在は日本電子計算で業務復旧作業中であり、当社も復旧へ向け全力で協力している」と述べた。
 これに対して日本電子計算は12月10日、「12月6日にストレージ装置のファームウエアの修正は完了したが、いまだに読み書きできないデータがあるのも事実で、復旧に至っていない。その原因箇所がストレージ装置を含めシステムのどこなのか、さらにその内容も調査中で、現状は特定できていない」とコメントした。

うっは。HPじゃなくてEMCだわw

あーぁ…

【この問題は、「HPD8」より以前のファームウェアバージョンを使用しているSSDにおいて、32,768時間の稼働(およそ3年270日8時間)で障害が発生。障害が発生すると、SSDのデータが喪失し、回復できなくなる。同時に稼働を開始したSSDは、同時に障害が発生する可能性があるとしている。】w

え?ストレージのデータが突然喪失して回復できなくなったw

これってNTTデータのクラウドのストレージ・データが時限発火するみたいに喪失してるのか…

クラウドなのにストレージのファームウェア不具合w

nttdata.com→(PDF)

2019 年 12 月 5 日 日本電子計算株式会社
自治体専用 IaaS システム「Jip-Base」の障害について
12 月 4 日(水)10 時 56 分頃から当社がサービスを提供する自治体専用 IaaS サービス「Jip Base」について障害が発生しており、同サービス上で稼働しているシステムの一部がご利用 いただけない状況が続いております。ご迷惑をおかけしているお客様と主な影響範囲の一覧は下記参照ください。
本障害は、ストレージに付随するファームウェアの故障が原因であると特定いたしました。現在、復旧方法の検証を行っておりますが、本日中の復旧は困難な状況で、ファームウ ェア故障起因のため、復旧に時間を要する可能性がございます。よって、引き続き復旧作業を継続し、復旧見通しが判明し次第、本 HP にて随時お知らせしてまいります。
なお、本障害は外部からの攻撃などによるものではなく、情報流出/情報漏洩は一切ございません。
ご利用のお客様、また本障害の影響がある自治体の住民の皆様には多大なるご迷惑とご不便をおかけしており大変申し訳ございません。
本件に関するお問い合わせ 経営企画部 広報担当 TEL 03-5210-0136

bsnnet.co.jp→LASDEC2013 (PDF)

システム障害で50区市町村影響 12月05日 11時58分
東京の情報処理会社が自治体向けに提供している業務システムで、4日から不具合が続き、全国50の区市町村に影響が出ています。 復旧の見通しは立っていないということです。
このうち東京・中野区では、戸籍謄本など戸籍に関する証明書が発行できなくなっているほか、出生届や婚姻届などはシステムに登録することができず受け取りのみを行っています。 また、区のホームページが閲覧できなくなっていて、ツイッターなどのSNSを通じて情報を周知するとともに、案内係の職員を多めに配置するなど対応をとっています。 練馬区の60代の男性は、「本籍が中野区なので仕事を休んで戸籍謄本を取りにきましたが、とることができずに困っています」と話していました。 中野区戸籍住民課の辻本将紀課長は「住民サービスにも影響が出ていることに申し訳なく思います。住民への影響を最小限にできるよう対策をとっていきたい」と話しています。 システムを提供している東京・千代田区の「日本電子計算」によりますと4日午前11時頃からサーバーのシステムに不具合が発生し、これまでのところ、復旧の見通しは立っていないということです。

また、千葉県内では、浦安市と富里市の市役所で業務に支障が出ています。 浦安市によりますと4日午前11時ごろ、市役所内のインターネットがつながらなくなって以降市内のスポーツ施設、公民館など32の公共施設の予約システムが使えなくなっているほか、外部とのメールのやりとりができない状態が続いています。 また、富里市役所でも同じころから住民票や印鑑証明などの発行ができなくなり、4日午後3時ごろからは庁舎内のバックアップサーバーを使うことで一部の業務は再開しましたが、転出届や転入届の手続きは今もできないということです。

全国50自治体でシステム障害 証明書発行などに影響
2019/12/4 17:58 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 自治体の業務システムを扱う日本電子計算(東京都千代田区)は4日、同社が担当する全国の約50自治体で戸籍システムやホームページ閲覧に関連するトラブルが起き、原因を調べていると明らかにした。
 各地の自治体への取材では、影響が出ているのは東京都中野区や大阪府和泉市など。同社の担当者は自治体名について「明らかにできない」としている。
 中野区では戸籍の証明書発行といった戸籍情報総合システムや、ホームページの閲覧など約20の業務システムに障害が起きている。
 同区によると、日本電子計算が保有するインターネットデータサーバーのディスク障害とみられる。

クラウドのディスク障害…

すべてクラウドで完結してたのなら復旧できないのでは?w

「Windows Azure」が稼働していたディスクが突然喪失w。ありえねーw。

「AI-OCR」w

「WinActor」w

NTTデータ、証券システム会社買収を発表 1株310円でTOB実施 2012/1/31付
NTTデータは31日、日本証券金融グループの情報システム会社JBISホールディングスを買収すると発表した。JBISへのTOB(株式公開買い付け)を実施、過半の株式取得を目指す。JBISの現在の筆頭株主である日本証券金融から12.38%にあたる405万9527株を買い付けるほか、日本証券金融の子会社が保有する13万1250株も買い付ける。JBISは同日の取締役会で、NTTデータによるTOBに賛同することを決議した。
TOB期間は2月1日から3月16日まで。TOB価格は1株310円で、JBIS株の直近の終値の242円(30日)の約1.28倍の水準。買い付け予定株数は3219万5250株で、買い付け株数の下限は1595万9701株。上限は設けず、応募のあった株を全て買い取る。総額は99億8052万円の見込み。
東京証券取引所は同日、JBIS株を監理銘柄(確認中)に指定すると発表した。〔日経QUICKニュース〕

これってディスク上のバックアップで、テープにバックアップされてないことを確認してたのか…w

(404)リンクを壊されてるw

rt.com→【MUSCULAR】Snowden leak: NSA secretly accessed Yahoo, Google data centers to collect information

「MUSCULAR」かぁ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。