弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

JICAがテロハケンをやってバングラディシュの暗殺部隊(RAB)に始末される。なんとJOGOの妻もJCIAだった。外務省と立命館大学とNRIのテロ?立命館が文科省の北朝鮮部隊だと判明 update38

バングラディシュの「死の部隊(RAB)」にイタリア人と日本人が 暗殺された原因になったJICAを切り出し。

「イスラム国」と接点、元准教授をイラクで拘束
published_time" content="2019-05-22T00:30:00+09:00
modified_time" content="2019-05-22T01:05:39+09:00

無断転載禁止
 【ニューデリー=幸内康】バングラデシュのメディアは20日、イスラム過激派組織「イスラム国」と接点があるとして指名手配されていた日本国籍の元立命館大学准教授、モハマド・サイフラ・オザキ容疑者が、3月にイラクで拘束されていたと報じた。シリア東部でクルド人部隊に投降し、イラク北部スレイマニヤに移送され拘束されている。
 オザキ容疑者は、バングラデシュの若者を「イスラム国」へ送り込む役割を担っていたとされる。2016年7月に首都ダッカで日本人7人を含む人質20人が殺害されたテロ事件では、犯行グループの勧誘を仲介したとみられている。
 オザキ容疑者はバングラデシュ出身で02年に日本に留学し、その後、日本人女性と結婚して日本国籍を取得した。

ダッカ事件1年 元准教授 日本経由でISへ人材
毎日新聞2017年7月1日 07時00分(最終更新 7月1日 07時00分)
バングラ出身で日本人女性との結婚後に日本国籍取得
 【ダッカで金子淳】バングラデシュの首都ダッカで昨年7月、日本人ら20人が殺害された人質テロ事件に関与した地元過激派組織「ネオJMB」のメンバーの男に対し、元立命館大准教授がシリア内戦に参加するよう勧誘し、日本経由で過激派組織「イスラム国」(IS)に送り込んでいたことが捜査資料などから分かった。1日で事件から1年。地元警察は日本を舞台にしたバングラ人のシリア渡航ルートを捜査中だ。
 元准教授は、バングラ出身で日本人女性との結婚後に日本国籍を取得したサジト・チャンドラ・デブナット(イスラム名モハンマド・サイフラ・オザキ)容疑者(34)。別のネオJMBメンバーのシリア入りを支援したテロ防止法違反の疑いもあるが、2015年末にブルガリアへ出国後の足取りは不明だ。シリアに送り込んだのはダッカの元電力会社社員、ガジ・ソハン被告(28)。15年5月にシリアから帰国後、当局に拘束され、バングラで別のテロ攻撃を企てたとして起訴された。
 デブナット容疑者は11年から立命館大に勤務しながら、バングラの士官学校卒業生仲間とイスラム教を学ぶフェイスブックのグループを管理。別の士官学校を出たソハン被告が14年1月にグループに加わると、同5月にダッカのモスクで会い「日本のビザがあればトルコに簡単に入国でき、シリアに入れる」と指南した。
 デブナット容疑者はビザ取得の保証人となり11月に日本の自宅に被告を滞在させた。翌12月にトルコでシリアへの入国手順を指示。被告はバスを乗り継いでシリアに入った。在バングラ・トルコ大使館によると、日本ビザの所持者は16年までネット上の申請だけでトルコ入国ビザを取得できた。デブナット容疑者は同志社大大学院に留学後、シリア入りしたとされる元陸軍将校(30)のビザ取得の保証人だったとの情報もある。

$ perl amagrep.pl 同志社 *.txt
amagrep keyword 同志社 ...
000087706.txt                                                          同志社大学大学院司法
000087706.txt 156   古江 賴隆   58   東京高等検察庁検事      H21.3.31   H21.4.1                  教育・研究       教授      無   無
000087706.txt                                                          研究科
000087706.txt ---
000087706.txt                                                                                      同志社大学
000087706.txt 483   長谷川 正文   59   文部科学省大臣官房付     H21.3.31   H21.4.1     同志社大学        教育・研究         東京オフィ   無   無
000087706.txt                                                                                      ス長
000087706.txt ---
000100272.txt  6   小島 誠二      66    特命全権大使    H26.3.14               学校法人同志社大学               客員教授      H26.4.1        不要
000100272.txt ---
000126652.txt                                                                                       法科大学院
000126652.txt                       公正取引委員会事務総局事                                       法科大学院学生への教育及
000126652.txt 8    松山 隆英     58                  H23.1.13     H23.4.1    同志社大学                      司法研究科     無      無
000126652.txt                       務総長                                                び経済法の研究
000126652.txt                                                                                       教授
000126652.txt ---
000175017.txt                                                                                    法科大学院
000175017.txt                   公正取引委員会事務総局事                                        法科大学院学生への教育及
000175017.txt 15   松山 隆英   58                H23.1.13     H23.4.1      同志社大学                     司法研究科   無   無
000175017.txt                   務総長                                                 び経済法の研究
000175017.txt                                                                                    教授
000175017.txt ---
000280571.txt                                                                                      同志社大学
000280571.txt 100   近藤 誠一     67   文化庁長官          H25.7.8    H25.11.1     学校法人同志社      教育・研究
000280571.txt                                                                                      客員教授
000280571.txt                                                                                              無   無
000280571.txt ---
houkoku_h270626_siryou.txt                                                                                                  同志社大学
houkoku_h270626_siryou.txt 5    河村 博       62     名古屋高等検察庁検事長    H27.1.15   H27.1.15   H27.4.1    学校法人同志社     教育・研究                    無         無
houkoku_h270626_siryou.txt                                                                                                  教授
houkoku_h270626_siryou.txt ---
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                                                   同志社大学
kouhyou_h260919_siryou.txt 608   近藤 誠一   67   文化庁長官          H25.7.8    H25.11.1    学校法人同志社      教育・研究               無   無
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                                                   客員教授
kouhyou_h260919_siryou.txt ---
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                        同志社大学
kouhyou_h270918_siryou.txt 17   河村 博     62   名古屋高等検察庁検事長    H27.1.15   H27.4.1        学校法人同志社      教育・研究                 無   無
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                        教授
kouhyou_h270918_siryou.txt ---
kouhyou_h280628_siryou.txt                                                                                              同志社大学
kouhyou_h280628_siryou.txt 16   濵田 毅     50   大阪地方検察庁交通部長    H27.10.29   H28.3.31   H28.4.1    学校法人同志社大学    教育・研究       大学院司法   無   無
kouhyou_h280628_siryou.txt                                                                                              研究科教授
kouhyou_h280628_siryou.txt ---
kouhyou_h280920_siryou.txt                                                                                          同志社大学
kouhyou_h280920_siryou.txt 21   濵田 毅     50   大阪地方検察庁交通部長     H28.3.31   H28.4.1        学校法人同志社大学    教育・研究          大学院司法   無   無
kouhyou_h280920_siryou.txt                                                                                          研究科教授
kouhyou_h280920_siryou.txt ---

000087706.txt ---
000100272.txt  6   小島 誠二      66    特命全権大使    H26.3.14               学校法人同志社大学               客員教授      H26.4.1        不要
000100272.txt ---
H26(2014年)3月14日に特命全権大使から同志社大学客員教授に天下りw。
小島誠二←ウィキ。
インド、パキスタン、タイw。

青年海外協力隊、バングラデシュから撤退 JICA、テロ受け 2016/7/29 22:01
 【ダッカ=共同】バングラデシュ飲食店襲撃テロを受け、国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊とシニアボランティアが同国から全員撤退したことが29日、分かった。隊員らの安全確保が理由。JICAなどが明らかにした。今月1日に起きた襲撃テロではJICAのプロジェクトに携わった日本人7人が犠牲となっており、再開は治安情勢を踏まえ慎重に判断する。
 バングラデシュは昨年10月時点で68人の隊員らが活動。セネガルやザンビアなどに次ぐ世界5位の派遣先だった。協力隊は27日、「アジアのノーベル賞」と呼ばれるマグサイサイ賞の受賞が決まったばかりで、テロは日本の国際貢献にも影を落とした。
 バングラデシュでは昨年10月、北部ランプル近郊で、岩手県出身の星邦男さん=当時(66)=が過激派に殺害されて以降、警備が難しい地方都市の隊員を順次帰国させ、新規派遣も中断していた。襲撃テロ後の治安悪化を受け、首都ダッカで活動を続けていた最後の8人についても22日までに全員帰国させた。

016.7.29 22:29更新 【ダッカ人質テロ】 立命館元准教授、過激派を手引きか 日本経由でトルコへ
 日本人7人が犠牲となったバングラデシュ飲食店襲撃テロ後、地元警察が公開捜査を始めた立命館大(京都市)の元准教授が昨年、過激派メンバー2人を日本経由でトルコに渡航させた疑いがあることが29日、分かった。地元警察は2人が日本を「中継地」にしてシリアの過激派組織「イスラム国」(IS)支配地域に入ったとみて調べている。
 地元警察幹部によると、バングラデシュ出身で日本在住のデブナット・サジト・チャンドラ(イスラム名モハンマド・サイフラ・オザキ)元准教授は2015年暮れ、バングラデシュ人の過激派メンバー2人を「学生」と偽り、日本への入国を支援した疑いが持たれている。2人は日本に短期間滞在した後、トルコに向けて出国しており、トルコから陸路でシリアに入ったとみている。
 元准教授は昨年末に家族と一緒にブルガリアに向けて出国した後、行方が分からなくなっている。(共同
トルコかぁw
後述のイスタンブール商業大学主催のSEPIP2015に思い切りつながってますなぁ。

2016.7.29 22:30更新 「日本社会が注目する何かをやる」と上司に脅迫メール 40歳のバングラデシュ国籍の日本原子力研究開発機構研究員を逮捕  
 日本原子力研究開発機構播磨事務所(兵庫県佐用町)で勤務するバングラデシュ国籍の男が「日本社会が注目する何かをやる」などと書いたメールを上司に送ったなどとして、兵庫県警は29日、脅迫容疑で、同事務所任期付き研究員、アウアル・モハマド・ラビウル容疑者(40)を逮捕した。「脅すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。
 同機構によると、平成26年に職員採用試験を受験したが不合格となっていた。県警は待遇に不満を抱いていた可能性があるとみて、動機の解明を進める。
 逮捕容疑は27日午前9時25分ごろ、「私の身の安全が保障されなければ、他人の身の安全も保障しない」などの内容のメールを上司に送信し、脅迫したとしている。
兵庫の原研かぁ。

立命大元准教授、過激派に資金提供か 2016/7/21 18:21 バングラデシュ襲撃テロ後、地元警察が公開捜査を始めた立命館大の元准教授がイスラム過激派に資金提供の疑い。
「過激派組織『イスラム国』(IS)とバングラデシュ国内の過激派の連絡役をしていた可能性がある」
「資金提供の疑い。」
あー、わかったマネロンして資金提供してたんだわ。野村とイタリアのマフィア、ドランゲタだわ。

デブナット・サジト・チャンドラ容疑者 → 立命館大学 国際関係学部 国際関係学科 准教授 → 国際関係学科 特別招聘教授 → 薮中32bit → NRI → 野村證券 → イタリアのマフィア(ドランゲタ) → マネロンとイスラム国™への資金提供

バングラデシュのサイバー強奪にG大学がフィリピンの会社経由で関わっていた。文科省と大学がテロの計画と立案をしてるのか。

立命館アジア太平洋大学 Ritsumeikan Asia Pacific University 7月21日 1:19 · 本学卒業生のマスコミ報道について
一部メディアで、テロを行っている過激派組織へ本学卒業生が関与している可能性について報道されました。もしこの報道が事実であれば極めて残念です。近年、世界で発生しているテロや暴力等による抑圧的な行動は、「自由・平和・ヒューマニティ」や「国際相互理解」といった本学が掲げる理念に照らして、断じて認めることはできません。
どのような対立や摩擦も、多文化共生のコミュニティーの中で、異文化との接触や交流を深め、学びあい、協調や対話で乗り越えることこそが、本学が目指す姿です。
常に建学の理念に立って、教職員一同、教育研究の質をさらに向上させていく所存です。
立命館アジア太平洋大学
学長 是永 駿
いいね!1021件コメント11件シェア369件

元立命大准教授を公開捜査 過激派関与でバングラ警察 ほか
21時トップ5ニュース
2016/7/20 21:00
1. 元立命大准教授を公開捜査 過激派関与でバングラ警察
 デブナット・サジト・チャンドラ容疑者(左)。右は若い頃の写真(バングラデシュ警察提供・共同)
 日本人7人が犠牲となったバングラデシュ飲食店襲撃テロ後、バングラデシュ警察がイスラム過激派組織に関与したとして公開捜査を始めた容疑者の一人が、立命館大(京都市)のバングラデシュ出身の元准教授だったことが20日、関係者への取材で分かった。元准教授は昨年、日本人の妻や子どもと欧州に出国して行方不明になっており、大学は今年3月、職場放棄で解雇した。
 バングラデシュ警察によると、2015年5月に過激派に関与した疑いで首都ダッカの警察が捜査を開始した。(共同)
【元准教授は昨年、日本人の妻や子どもと欧州に出国して行方不明になっており、大学は今年3月、職場放棄で解雇した。】
日本人の妻や子どもw
JOGOと同じやり方か。

【デブナット・サジト・チャンドラ容疑者】
NYTでは【Mohammad Saifullah Ojaki】
立命館では【DEBNATH (SAIFULLAH OZAKI) Sajit C. (Mohammad)】
OjakiてOZAKIのことで奥さんの苗字「尾崎」かぁ。奥さんの苗字「城後(JOGO)」を名乗ってたのと同じだわ。

バングラ過激派 日本在住経験か 手配容疑者の1人 2016年7月20日 夕刊
 【ニューヨーク=共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は十九日、バングラデシュ治安当局が首都ダッカの飲食店襲撃テロ後、過激派組織「イスラム国」(IS)の活動に関与したとして公開した十人の容疑者リストの中に、日本に在住経験のある人物が含まれていると報じた。
 同紙によると、モハマド・サイフラ・オジャキ容疑者で、京都の大学で経営学を教えていたという。オジャキ容疑者を含む三人はバングラデシュ国内の戦闘員と国外のIS関係者とを結ぶ連絡要員として活動していたとみられている。
 オジャキ容疑者はバングラデシュ中部のヒンズー教徒の家庭に生まれ、奨学金を得て日本に留学し、経営学を教えるに至った。
 父親の話では、日本に移った後、イスラム教に改宗して名前も変えたという。
うわー。京都にいたのか。これで決まりだな。

Another suspect, Mr. Ojaki, has lived in Japan for many years. Born into a modest Hindu family in central Bangladesh, he earned a scholarship and eventually taught business administration at a university in Kyoto.

While living there, he underwent a transformation, changing his name and converting to Islam, said his father, Janardan Debnath. Mr. Debnath said the family was staggered by the news of his conversion.

“When I understood, it was like I couldn’t breathe,” he said. “I was completely stunned to see the beard. We’re Hindu people, our son’s come back with this beard. The neighbors were gossiping about it.”

He had heard from reporters that his son was suspected of participating in a terrorist network, he said. “I can’t understand what’s happening at all,” he said, breaking into uncontrollable sobs.

なんで京都にいるときにヒンドゥーからイスラムに改宗するんだ?ありえねー。 しかも京都の大学で経営学を教えていたとな。日本語ペラペラかぁ。

researchmap.jp→DEBNATH (SAIFULLAH OZAKI) Sajit C. (Mohammad)

DEBNATH (SAIFULLAH OZAKI) Sajit C. (Mohammad)
更新日: 16/07/06 10:34
	
研究者氏名
	DEBNATH (SAIFULLAH OZAKI) Sajit C. (Mohammad)
	デブナット サジト チャンドラ

学位
	学士(立命館アジア太平洋大学), 修士(立命館アジア太平洋大学大学院), 高度産業人材(DBE)(九州大学イノベーション人材育成センター), 博士(立命館アジア太平洋大学大学院)
研究キーワード
 
知識基盤経済、コーポレートガバナンス、イスラム金融、BOPビジネス、ソーシャルビジネス(1)

立命館大学 国際関係学部国際関係学科 准教授
2009年3月 - 2009年9月岩田学園 非常勤講師
2009年12月 - 2010年3月シャープ株式会社 情報システム事業本部 共同研究者
2010年12月 - 2011年2月大分大学経済学部 非常勤講師
2011年3月 - 2011年3月九州大学大学院経済学府 非常勤講師 (集中講義)

学歴
 
 - 2006年3月立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋マネジメント学部 アジア太平洋マネジメント専攻
 - 2008年3月立命館アジア太平洋大学大学院 アジア太平洋研究科 国際協力政策専攻(国際行政)
 - 2010年3月九州大学イノベーション人材育成センター 博士後期課程在籍学生下期コース経営学専攻 博士後期課程在籍学生下期コース 修了
 - 2011年3月立命館アジア太平洋大学大学院 アジア太平洋研究科 博士後期課程 修了

受賞
2013年3月立命館大学 「実践的FDプログラム」優秀賞
2009年8月Outstanding paper award by Institute of Public Administration, Riyadh, Saudi Arabia
2009年4月みずほ国際財団奨学金
2008年4月APU Scholarship Program 1(100% tuition fee waiver)
2008年4月Honors Scholarship
ぐげ。

【受賞 2013年3月立命館大学 「実践的FDプログラム」優秀賞】
fd-forum.org→「実践的FDプログラム」??
おぇ。文科省の指導要領みたいなやつか。
【実践的FDプログラムとは、教員が自らの授業を専門分野と教育学の観点から省察することができる知識、技能、 態度、特にアクティブ・ラーニングを実践する能力を修得する研修プログラムです。】

【教員の4つの…(教育、研究、社会貢献、管理運営)に対して、
① 教育学をはじめとした系統的な理論のオンデマンド講義
② 授業技術やコミュニケーションスキルを育成するワークショップ
③ 個々の教員ニーズに応える日常的な教育コンサルテーション
から構成されています。】

日本版ミネルバ?
いやいや、要するにビンドゥからイスラムに改宗させテロリストに改造していく洗脳は、 「文科省」に言わせればふつうの「教育」なのだ。
自然にテロリストになっていくようなカリキュラムを既に確立してると推測。

PS4のゲームCoDのチャット通信でイスラム国™ファイターに洗脳していったテクニックを文科省用語で言いなおすと、
【① 教育学をはじめとした系統的な理論のオンデマンド講義】
【② 授業技術やコミュニケーションスキルを育成するワークショップ】
となるのだな。つまりスカウターの技術。

末端の教師たちはその実践的FDスキルがテロリストのスカウトと洗脳・テロ訓練に使わてしまうことを知らない。 知っていたら良心の呵責でそんな研究はできなくなる。 なのでペンタゴンはカリキュラムを分解、部品化したミネルバプロジェクトを開始した。 末端の研究者は表面的な理解だけで裏で何に使われるのかを想像できない。 人格が崩壊した教師は本当の目的を知ってしまったのかも。 言い逃れる事ができれば何でもやってしまうと表現したほうが正確かも。

黒幕がわからないテロと厄所のかける同調圧力のやり方に何か同じものを感じていた。 これミネルバの隠蔽手法も同じだよな。


ritsumei.ac.jp→ 立命館大学 > 国際関係学部 > 学部紹介 > People of IR > 客員教授・特別招聘教授一覧
外務省 顧問、株式会社野村総合研究所 顧問
薮中 三十二 特別招聘教授
なんとNRI登場。

そういえば、星邦男氏殺害のとき、外務省のテロ対策課が現場に不自然にいますたなー。しかも外務省もNRIもGALILEOのユーザだった。

tatsunobu.aoki@mofa.go.jp
kenji.arima@mofa.go.jp
yogi@nri-secure.co.jp
そしてNRIならSWIFT送金のOracleアクセス部分のカスタマイズを目白のAP社を使って開発できたでしょーな。
m9( ゚Д゚) ドーン!

このブログでは、N証券は イタリアののアベノミクス、 ビンセンチチが読んでたリチャード・クーパナマ文書で登場。

土人はマネロンしてドランゲタ経由でイタリアに資金を渡してたのかすら?

あー、だから経歴書に大分県があったのか。

大分県別府市のアジア立命館大学(APU)でテロ専門の教授を見つけーた。

MANTELLO Peter A.(マンテロ ピーター)

MANTELLO Peter A.(マンテロ ピーター)教授
所属 アジア太平洋学部
学位 修士(美術、メディアアート)、コンコルディア大学
学士(美術、映画製作)、コンコルディア大学
学士(美術、アジア研究)、カールトン大学
研究領域 メディア、監視、テロリズム、戦争、コンピュータ-ゲーム、ゲームデザイン、サイバー領域
テロとコンピュータゲームかぁ。イスラム国™のPS4を使ったスカウトを思い出してしまった。


うぇー、明礬温泉の奥にテロ拠点か?w
ありえねーw

2016/02/13 10:00 配信の記事 この記事は誰でも無料で閲覧できます
 組織の中に身を置いて、自分や家族のために、本音を口に出さないのは世渡りの常だ。
 それを批判する気はない。
 しかし、組織の中で成功し、いまはその組織を離れ自由な身になり、おまけに天下って生活に困らないというのに、なお権力にすり寄るとなると話は別だ。
 きょう2月13日の朝日新聞「考論」に薮中三十二元外務事務次官の意見が掲載されていた。
 オバマ大統領を広島に行かるなと米国国務省に進言していた事をウィキリークスに暴露され、駐米大使を棒に振った元外務官僚だ。
 その薮中元外務事務次官が唱えている。
 北朝鮮の核を阻止するために日米韓が結束して中国に厳しく迫れと。
 外務省を辞めてもまだ安倍首相の機嫌をとっている。
 そうではない、これは自らの信念だ、というなら、なお驚きだ。
 そのような考えを持っている官僚が外交を担って来たから、日本外交はいつまでたってもアジアで指導力を発揮できなかったのである(了)
薮中元外務事務次官がテロであべちんを応援してたらRABに始末されたw
ありえないことをやってしまう土人外務省。

なんと!、今回はぜーんぶ薮中自分一人でやりますた独占インタビュー付き。 薮中三十二て「みそじ」じゃなくて「みつじ」と呼ぶのだとか。 32bitでいいだろ。32bitにそんな処理性能あったっけか? 個人のスケールを大きく超えてるし、時代背景とも噛み合わない。 阪大の単なる捨て駒なんだろ?こんなことやっても何も解決しないよ。32。


元国際連合事務 次長・公益財団法人国際文化会館 理事長
明石 康 客員教授

国際連合 事務次長(管理局長)
高須 幸雄 客員教授

国連関係者2人かぁ。しかも高須幸雄は現役の現国連事務次長w デリゾールとクサイルのシリア原子炉空爆の時の IAEA天野みたいな役割か?w

一般財団法人日本総合研究所 理事長、多摩大学 学長
寺島 実郎 客員教授
寺島実男までいるし。

これだけそろうとやっちゃいそうですな。

【昨年10月の理事長就任会見では、安倍政権がODAの軍事目的の使用を禁じた規定を見直し、他国軍への支援を一部認めたことに対し「今まで軍事はだめという限定が厳しすぎた」と“容認”の考えを示していた。】
やっぱ交通渋滞問題調査じゃない。JICAに軍事支援させたのか。イタリア人と日本人がターゲットだったことからサイバー兵器、GALILEOだな。ぐげー。

参院選直前に軍事支援させてたJICAメンバーがイタリア人とともに暗殺されてしまった。このシチュエーションを特定機密保護法で情報統制、スルーしたまま参院選投票日になり自民党が圧勝するってか。これも何か「誰か」が仕掛けたストレステストみたいな展開。

となると、この事件はサイバー強奪の報復ということになりますな。

blog.livedoor.jp→JICAからバングラデシュ再派遣について連絡がありました【待避41日目】(2015年12月02日)
JICAからバングラデシュ再派遣について連絡がありました【待避41日目】 2015年12月02日 00:09
先週末のシーア派モスクの襲撃を踏まえオーストラリアがボランティアを今年末までに撤退する方針を示すなどバングラデシュをとりまく状況は改善の兆しがみられず、今後の方針についてもさらに慎重に決定する必要が生じた
(中略)
年内の再赴任の見込みはありません。1月にはさまざまな政治日程も予定されており、今後の状況は不透明となっています。
おいおい、オーストラリアは2015年12月末までに撤退してるぞ。 そんなとこでなぜ交通渋滞問題調査なんてやってるんだ? それ本当に交通渋滞問題調査か?

スポニチ→巻き込まれた日本人は交通渋滞問題調査 JICA理事長「憤り」

巻き込まれた日本人は交通渋滞問題調査 JICA理事長「憤り」 
 JICAの北岡伸一理事長が東京都千代田区の本部で記者会見し、巻き込まれた日本人8人は「JICAのプロジェクトに関するコンサルタント業者の社員」と説明した。会見は7人の死亡が確認される前に行われた。北岡理事長は「発展に取り組んでいる技術者が巻き込まれ、強い憤りを覚えている」と語った。
 ダッカにあるJICAの事務所には契約している民間企業も含め68人が駐在。北岡理事長は「国外退避も視野に入れ、安全第一で行動する」との方針を示した。8人は急速な人口増によるダッカの交通渋滞問題の調査のために現地入りし、北岡理事長によると、テロを警戒し、リスクが高い場所には近寄らないように注意喚起をしていたという。
[ 2016年7月3日 05:30 ]

JICAはほぼイスラム国™認定されたな。

日米豪印の軍港w、それだとイタリア人もターゲットにされた理由を説明できませんな。

早くも不正選挙宣言。Brexit国民投票みたいなw

参院選直前に軍事支援を手を出してしまったJICAがイタリア人とともに暗殺された。サイバー兵器が疑われる。なのに自民党圧勝。しかも若者まで自民党支持。あらゆる世代から考えて腑に落ちない異常世論w

現実を直視しない、都合の悪い事実をガン無視するというのは、メルトダウンという言葉を使わないように指示した東電の社長と同じだろ。

2015年12月頃テロハケン・ビジネスモデルの存在を考えてたのだけど、まさかそれがJICAだったとわ。

ぐげ、JOGOにJICAが関連してるのか。

バングラディシュのJICA職員暗殺がJOGOと遥菜の真相にまで迫ってしまう。

なにかくらくらする展開w

JCIA w

これからしばらくJCIA職員の暗殺が世界中で連続するんじゃまいか?
うーむ。英語が流暢に喋れるだけでオツムはちょっと弱そーなJCIA。 フクイチで廃炉とか除染の仕事でもしたほうが前向きなんじゃね?

高尾の社長も殺されてしまったので[Exclusive]は解除(2018年10月28日)。
D社をサイバーテロリストに改造するのに警察はどれくらい仕事を発注すればいいのか?

JICA→フィリピン→マニラ・ウォーター・カンパニー→CIS Bayad Center社
某県警自動車税→D社→CIS Bayad Center社

土人が自動車税を資金源にサイバーテロのネットワークを世界に広げてるかんじか?

「小笠原公洋さんを知る人は…大学院で水道ネットワーク研究」

これもどうせ民主主義の正体の一部なんだろ。

誰の記事かと思えば必死な佐藤優w

文科省の北朝鮮部隊と警察庁のイスラム国™が連携しないはずがないw
孫崎享に佐藤優。外務省のプロパガンダ部隊が必死w
シリアのクサイルみたいな地下核施設のラッカ建設を匂わせる。

こわいわー、外務省。

ぐは。そうだったんだぁ。立命館大学まるごと「ホラッチョ朝鮮戦争」に関与してたんだぁぁ。

立命館大学の職員が定期的に学生を拉致して北朝鮮に送ってる。 まさに人質の交換。 北朝鮮の核開発の背後に文科省の北朝鮮部隊が存在する証拠ですな。

なんとバングラデシュのテロで文科省の北朝鮮部隊が明らかにw

有田芳生て立命館だったのかぁw
つまり外務省と公安調査庁のコラボ。

2007年01月24日 北朝鮮拉致疑惑:立命館大学経済学部OBが集中的に狙われた模様
《おまけ~カマヤン氏の指摘》
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060430#1146379685
なぜ、拉致事件被害者は原発関係者が多いのか?
なぜ、原発事故や安倍晋三スキャンダルが起きると、「北朝鮮」報道が洪水状態になるのか?
なぜ、蓮池兄の活動費は、東京電力から出ているのか?
なんと2007年の記事なのに2016年と何も変わらない。
拉致事件被害者に原発関係者が多いのは北朝鮮の核開発に組み込まれたからだな。
原発事故や安倍晋三スキャンダルが起きると「北朝鮮」報道が洪水状態になるのは 闇の核武装を世間に伝えたいから。
蓮池兄の活動費が東京電力から出ていることこそ、フクイチ4号機BWRが製造炉だった証拠になる。

たしかに。 日本でヒンドゥーからイスラムに改宗。 妻が日本人。日本から欧に家族とともに失踪。 それでなぜバングラデシュでJICA職員を殺害したのか?ですな。
その答えはカッパドキアの新潟大女子大生殺人事件にあると思う。
そしてバングラディシュ銀行のサイバー強奪が発表された直後に県警の自動車税の仕事が落札されたことも関連してると思う。

岸田外相「外務大臣はもういい」 次に狙うは幹事長 デイリー新潮 7月22日(金)5時50分配信
岸田文雄外相
 英国のEU離脱に、バングラデシュの邦人殺害テロ事件。有事が連続して発生したのに加え、米大統領選もいまだ趨勢が判然としない。混迷を極める世界情勢を前に、他ならぬ岸田文雄外相(58)に疲労の影が見えるという。
 政治部デスクの話。
「最近、近しい人に『外務大臣はもういい』と漏らしています」
 情けない話だが、2012年に第2次安倍内閣が発足してから現在まで、在任期間はまもなく1300日の歴代4位と、なるほど短くはない。この間、訪問国は延べ70カ国を超えている。たしかに激務には違いない。
「いや、疲れたというより今のポストに飽きたということでしょう。岸田さんの狙いは別にあると思います」  と、さる自民党関係者。
「早ければ8月に予定されている内閣改造で、外務大臣の交代はありえます。アベノミクスを推し進める安倍政権の中にあって、麻生さんや石原さんら、経済系の閣僚の続投はあっても、外相ポストは、『そろそろ次の人に』という党内からの声に安倍さんも耳を傾ける可能性があるからです」
 晴れてお役御免となった場合、岸田氏は今後どうなるのか。この関係者の見立てによれば、
「岸田さんは、伊勢志摩サミットやオバマの広島訪問で閣僚としての実績は十分。宏池会の領袖も務めている。そこで今度は党務に戻って汗をかき、党内での評価を得て、ポスト安倍のポジションを固めたい。そんな彼が狙うのは、党のカネを握る幹事長なのです」(同)
 無論、総理のハラまでは窺い知れないが、
「現在、岸田さんを除き幹事長候補に名前が挙がっているのは菅官房長官ですが、彼は余人をもって代えがたく、留任の見方が大勢。一方、安倍さんに従順な岸田さんなら、党内コントロールもより楽になる。外相の仕事も、官邸の意向を汲み、相手国に忠実に伝えることに徹してきただけですから」(同)
 メッセンジャーとしていくら有能でも、総理の座は近づいてこない。
「週刊新潮」2016年7月21日参院選増大号 掲載
「最近、近しい人に『外務大臣はもういい』と漏らしています」w
テロの伝書鳩の仕事にうんざりしてきた岸田w。 おまえそんなんじゃ何も勤まらないぞ。 あべちんGJならぬ岸田GJなことできないのか? 器が小さい。ずっと伝書鳩やってろ。

WikiLeaksをritsumeikanで検索
wikileaks.org→[OS] JAPAN/NUCLEAR/ENVIRONMENT - MORE* High Level of Toxins in Water at Japan Plant Raises Risks
wikileaks.org→JAPAN/ROK - Potentially radioactive beef shipped to 35 Japan prefectures - agency

wikileaks.org→Re: keeping in touch
mark.schroeder@stratfor.comと大分の立命館APUのAREMU Fatai Ayindeのメール。 ナイジェリアにいつ帰ってくるの?とストラトフォー。

wikileaks.org→[Turkey] Turkey-on-the-hands@ googlegroups.co named the group's summary - update 25 25 subject matter message
という、トルコ語のニュースグループに「Ritsumeikan」の文字発見w
Google翻訳w

=============================================================
Subject: CONFERENCE ANNOUNCEMENT: 2. Smart Economics planning and Industrial Policy Conference
Url: http://groups.google.com/group/turkiye-icin-el-ele/t/3b6bffa69b5b40df
=============================================================
---------- 1/1 ----------

From: "Special Bureau (digi.security.?snet)"
Date: Nov 12, 03:00 AM +0200
Url: http://groups.google.com/group/turkiye-icin-el-ele/msg/45bb11621e043

URLを訳してるw

International Smart economic planning and industrial Policy - Smart economic planning and industrial Policy (SEPIP) of the second conference to be held in Istanbul. Turkey and will include organization of academics from universities in different countries, hosted by Istanbul Commerce University will take place from November 12 to 13, 2015.

Economic development and to increase the competitiveness of targeted industrial policies in economic planning and academic studies and is designed as a platform to share the experiences of decision makers SEPIP 2015; Ministry of Development, Central Bank of the Republic of Turkey, Turkish International Cooperation and Development Agency (TIKA), the Foundation for Political, Economic and Social Research (SETA), and supports Albaraka Turk.

In SEPIP also many scholars from different countries; Industrial Policy, Economic Planning, Growth and Development Policy. Sustainable Growth, Competitiveness and Middle Income Trap will present papers at the title. Istanbul Commerce University professor Dr. Murat Yule Industrial Policy and Development will be headed by the central event in Singapore National University, Ritsumeikan Asia Pacific University (Japan) and the University of Parma (Italy) will contribute.

SEPIP 2015 as speakers among decision-makers, including the former ministers of economy of various countries, books entered the bestseller lists around the world and Turkish ye also translated "Industrialization The Secret History" author of the University of Cambridge from economist Ha Joon Chang, International Handbook on Industrial Policy book of Sandra from the University of Ferrara in Italy and editor Labory, Austrian Institute for Economic Research Michael Peneder, Natsuki Kaori from Asia Pacific University, the Asian Development Bank Donghyun Park, the San Martin National University Gabriel Bezchinsky and Marmara University Mustafa It will take place in areas such as Erdo?du leading economists in the world.

Invited speakers from different countries to be presented at the conference, as well as nearly 50 academics; industrial policy, economic planning, growth and development policies, sustainable growth, competitiveness and middle-income trap sent notification issues.

Economic planning and industrial policies, plays an important role in providing advanced and developing countries, rapid and sustainable growth.

Further information about the conference and the conference program " www.sepip.org" can be found at the address.

Publicize twitter] [public facebook] [category announcement] [tags CONFERENCE ANNOUNCEMENT, Economic Planning, Industrial Policy, Conference]

============================================================================
Subject: TERRORISM FILE /// Swedish Intelligence: 286 Swedish citizens Isidor ' He joins
Url: http://groups.google.com/group/turkiye-icin-el-ele/t/515794cbeb47e831
============================================================================
---------- 1/1 ----------

========================================================================== ===
Subject: Fethullahist sOLDIERS DOSSIER: Calipers he reached the end of the Air Force
Url: http://groups.google.com/group/turkiye-icin-el-ele/t/75a38509c41b38b6
=============================================================================
---------- 1/1 ----------

トルコ語のメーリングリスト、イスタンブール商業大学主催のSEPIP2015で「ミュラユール博士の産業政策と開発はシンガポール国立大学がリーダーシップをとり、立命館アジア太平洋大学(日本)とパルマ大学(イタリア)が支援する。」とある。

APUのNatsuki Kaori?奈月香央里??偽名???
sepip.org→SEPIP2015
apu.ac.jp→Kaoru Natsuda, Ritsumeikan Asia Pacific University, Japan
NATSUDA Kaoru(夏田 郁/ナツダ カオル) 教授
apu.ac.jp→著書一覧 公開件数:6件

5 	「ウズベキスタン国 タシケント市 水道事業改善計画調査」報告書 	2006/04
うーむ。JICAかぁ。
 ■職歴    職名・役職名   就任・退任年月
	日立金属株式会社 特殊鋼事業部 生産管理部 工務課 	1996/04 - 1998/04
日立w

Kozo Otsuka, Ritsumeikan Asia Pacific University, Japan
apu.ac.jp→OTSUKA Kozo (大塚 宏蔵/オオツカ コウゾウ) 准教授

この2人の共通点は「シドニー大学」。なにか今までの復習のよーな。SydneySiege、スポンサーはサウジか?w

トルコと立命館とシンガポールとイタリアかぁ。なんだこの投稿グループ?w
「スウェーデン情報機関のテロリズムファイル」も読める。

シンガポールと言えばトレンドマイクロが信用できなくなって官庁のPCをインターネットから隔離する話を思い出してしまった。

2014年6月4日SEPIP2014に立命館APUは未参加。
シンガポールとパルマとバージニア州立大は参加。
2014年12月14日SydneySiege発生。
2015年11月12日SEPIP2015に立命館APUの2人が参加。2人ともシドニー大学卒。
うーむ。事実のほうが妄想を遥かに超えているw


パルマ大学からミラノまで126km、1時間34分。

今村 正治(いまむら まさはる)
学歴
1981年 3月 	立命館大学文学部史学科東洋史専攻卒業(専門は、朝鮮近現代史)
職歴
1992年11月 	立命館大学学生部学生課長
1997年10月 	新大学設置準備事務局 新大学設置準備事務室課長
2000年 1月 	立命館アジア太平洋大学スチューデント・オフィス課長
2001年 4月 	立命館アジア太平洋大学事務局次長
2004年11月 	立命館アジア太平洋大学副事務局長
2005年10月 	学校法人立命館財務部次長
2007年 3月 	学校法人立命館財務部長
2008年 3月 	学校法人立命館総務部長
2009年 4月 	学校法人立命館総合企画部長
2013年 4月 	立命館大学国際部付事務部長(国際戦略担当)
学校法人立命館総合企画部付部長(兼務)
(専門は、朝鮮近現代史)で「立命館大学学生部学生課長」w
これが「定期的に学生が北朝鮮に拉致されてて、職員が関与している」理由。

近畿大学の世耕1984みたいな展開。 まさか立命館がテロ組織として世界デビューするとは思わなんだわw

$ perl amagrep.pl 立命館 *.txt
amagrep keyword 立命館 ...
000087705.txt 2    鵜養 幸雄     55     人事院公務員研修所教授       H22.2.19   H22.3.31   H22.4.1   学校法人立命館立命館大学    教育・研究         教授          無         無
000087705.txt ---
000087705.txt 3    大村 賢三     59     人事院事務総局付          H22.2.24   H22.3.31   H22.4.1   学校法人立命館立命館大学    教育・研究         教授          無         無
000087705.txt ---
000087706.txt                                                              学校法人立命館立命館大
000087706.txt 2    鵜養 幸雄       55     人事院公務員研修所教授    H22.3.31   H22.4.1                教育・研究          教授         無         無
000087706.txt                                                              学
000087706.txt ---
000087706.txt                                                              学校法人立命館立命館大
000087706.txt 3    大村 賢三       59     人事院事務総局付       H22.3.31   H22.4.1                教育・研究          教授         無         無
000087706.txt                                                              学
000087706.txt ---
000087706.txt                    総務省大臣官房付併任大臣
000087706.txt 64   今仲 康之    56                H21.3.31      H21.4.1     立命館大学        教育・研究             教授      無   無
000087706.txt                    官房審議官
000087706.txt ---
000248454.txt                                                             学校法人立命館 立命館
000248454.txt 7    鈴木 英之     59     内閣府大臣官房        H25.3.31    H25.4.1
000248454.txt                                                             大学
000248454.txt                                                                         教育・研究           教授       無      無
000248454.txt ---
houkoku_h270918c_siryou.txt                        内閣府経済社会総合研究所
houkoku_h270918c_siryou.txt 7    杉田 伸樹      59                  H26.1.10     H27.4.1    立命館大学         教育・研究          教授       無      無
houkoku_h270918c_siryou.txt                        所長
houkoku_h270918c_siryou.txt ---
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                          学校法人立命館 立命館
kouhyou_h260919_siryou.txt 19   鈴木 英之   59   内閣府大臣官房        H25.3.31   H25.4.1                  教育・研究          教授      無   無
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                          大学
kouhyou_h260919_siryou.txt ---
kouhyou_h280920_siryou.txt                   内閣府経済社会総合研究所
kouhyou_h280920_siryou.txt 13   杉田 伸樹   59                H26.1.10     H27.4.1     立命館大学         教育・研究          教授      無   無
kouhyou_h280920_siryou.txt                   所長
kouhyou_h280920_siryou.txt ---

$ perl amagrep.pl JICA *.txt
amagrep keyword JICA ...
000100272.txt                                                                              業務執行理事兼
000100272.txt 10   沼田 幹男      64    特命全権大使   H26.5.16             公益財団法人 交流協会                         H26.7.15        不要
000100272.txt                                                                               台北事務所長
000100272.txt 11    橋本 栄治     63    特命全権大使    H26.5.27   JICA交友クラブ((独)国際協力機構役職員OBの親睦団体)      副会長       H26.6.6        不要
000100272.txt 12    福川 正浩     61    特命全権大使    H26.8.29            一般財団法人 自治体国際化協会             参与      H26.10.15       不要
000100272.txt 13   塩尻 孝二郎     64    特命全権大使    H26.9.12       ANAホールディングス株式会社(航空運輸業)           顧問      H26.10.1        不要
000100272.txt 14    河野 雅治     65    特命全権大使    H26.9.16            株式会社三井住友銀行(銀行業)             顧問      H26.10.1        不要
000100272.txt 15    村上 秀德     63    特命全権大使    H26.9.30            住友商事株式会社(総合商社業)             顧問      H26.11.1        不要
000100272.txt 16    卜部 敏直     64    特命全権大使    H26.9.30      協同組合フレンドニッポン(技能実習生監理団体)           顧問       H27.2.1        不要
000100272.txt 17    山本 忠通     64    特命全権大使   H26.10.31        国際連合事務局アフガニスタン支援ミッション       事務総長副特別代表   H26.11.15       不要
000100272.txt 18    坂田 東一     65    特命全権大使   H26.10.31           一般社団法人 日本原子力産業協会         理事長アドバイザー   H26.12.1        不要
000100272.txt ---
000175397.txt                                                                                                   JICA(インドネ
000175397.txt                         国土交通省航空局交通管制                                   独立行政法人国際協力機 技術協力、無償資金協力、
000175397.txt  12    安田 弘        60                H24.2.10    H24.3.31   H24.4.1                               シア国政府(ジャカ   無   無
000175397.txt ---
000175397.txt                         部付                                             構(JICA)     有償資金協力         ルタ))専門家
000175397.txt ---
000233642.txt                                                                                                 JICA
000233642.txt                                                                    独立行政法人国際協力機構                 (ボツワナ
000233642.txt 17   浜田 栄      60   財務省関税局局付       H25.3.22   H25.3.31   H25.4.1
000233642.txt                                                                    (JICA)
000233642.txt                                                                                   開発途上国への国際協力
000233642.txt                                                                                                 統一歳入
000233642.txt                                                                                                         無   無
000233642.txt                                                                                                 庁)専門家
000233642.txt ---
000248459.txt                                                                                      JICA
000248459.txt                                                          独立行政法人国際協力機                 (ボツワナ
000248459.txt 34   浜田 栄     60   財務省関税局局付       H25.3.31    H25.4.1                開発途上国への国際協力             無   無
000248459.txt                                                          構(JICA)                     統一歳入
000248459.txt                                                                                      庁)専門家
000248459.txt ---
000248459.txt                                                                                    JICA(イ
000248459.txt                    国土交通省航空局交通管制                         独立行政法人国際協力機 技術協力、無償資金協力、 ンドネシア国
000248459.txt 56   安田 弘     60                H24.3.31     H24.4.1                             政府(ジャカ     無   無
000248459.txt                    部付                                   構(JICA)     有償資金協力       ルタ))専門
000248459.txt                                                                                    家
000248459.txt ---
000280571.txt                                                                                          JICA
000280571.txt                                                                                          (インドネ
000280571.txt                                                               独立行政法人国際協力機                シア共和国
000280571.txt 60   酒井 義和    59   東京税関税関情報監理官     H25.7.1    H25.11.25
000280571.txt                                                               構(JICA)
000280571.txt                                                                           開発途上国への国際協力
000280571.txt                                                                                          経済担当調
000280571.txt                                                                                                  無   無
000280571.txt                                                                                          整大臣府)
000280571.txt                                                                                          専門家
000280571.txt ---
houkoku_h260919_siryou.txt                                                                                         JICA
houkoku_h260919_siryou.txt                                                               独立行政法人国際協力機               (ミャン
houkoku_h260919_siryou.txt 152   植野 修平    60   財務省関税局局付       H26.3.31   H26.4.1
houkoku_h260919_siryou.txt                                                               構(JICA)
houkoku_h260919_siryou.txt                                                                           開発途上国への国際協力
houkoku_h260919_siryou.txt                                                                                         マー税関)
houkoku_h260919_siryou.txt                                                                                                 無   無
houkoku_h260919_siryou.txt                                                                                         専門家
houkoku_h260919_siryou.txt ---
houkoku_h261219_siryou.txt                     国税庁東京国税局荏原税務                       独立行政法人国際協力機
houkoku_h261219_siryou.txt 269   三関 公雄    60   署長
houkoku_h261219_siryou.txt                                  H26.7.9   H26.7.31
houkoku_h261219_siryou.txt                                                        構(JICA)
houkoku_h261219_siryou.txt                                                                    開発途上国への技術協力   調査団員    無   無
houkoku_h261219_siryou.txt ---
houkoku_h270918c_siryou.txt                    外務省大臣官房総務課企画                         独立行政法人国際協力機 政府開発援助(ODA)の 国際協力専
houkoku_h270918c_siryou.txt 129   大貝 隆之   56                H27.1.3      H27.4.1                                      無   無
houkoku_h270918c_siryou.txt                    官                                    構(JICA)     実施機関         門員
houkoku_h270918c_siryou.txt ---
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                                                     JICA
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                                                     (インドネ
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                          独立行政法人国際協力機                シア共和国
kouhyou_h260919_siryou.txt 342   酒井 義和   59   東京税関税関情報監理官    H25.7.1   H25.11.25                開発途上国への国際協力            無   無
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                          構(JICA)                    経済担当調
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                                                     整大臣府)
kouhyou_h260919_siryou.txt                                                                                     専門家
kouhyou_h260919_siryou.txt ---
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                    業務支援専
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                           独立行政法人中小企業基 中小企業者等に対する助  門員(非常
kouhyou_h270918_siryou.txt 301   阿久津 光雄   59   財務省大臣官房専門調査官 H26.3.31     H26.5.1                                       無   無
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                           盤整備機構       言、研修、資金の貸付け等 勤嘱託職
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                    員)
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                    ASSET
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                           一般社団法人温室効果ガ 温室効果ガスの排出等に関 事業運営セ
kouhyou_h270918_siryou.txt 302   石黒 巌     60   財務省主計局局付       H26.3.31   H26.4.7                                       無   無
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                           ス審査協会       する審査事業等      ンター総務
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                    部長
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                    JICA
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                           独立行政法人国際協力機              (ミャン
kouhyou_h270918_siryou.txt 303   植野 修平    60   財務省関税局局付       H26.3.31   H26.4.1                 開発途上国への国際協力           無   無
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                           構(JICA)                  マー税関)
kouhyou_h270918_siryou.txt                                                                                    専門家
kouhyou_h270918_siryou.txt ---
kouhyou_h270918_siryou.txt                     国税庁東京国税局荏原税務                        独立行政法人国際協力機
kouhyou_h270918_siryou.txt 566   三関 公雄    60                H26.7.9   H26.7.31                 開発途上国への技術協力   調査団員    無   無
kouhyou_h270918_siryou.txt                     署長                                  構(JICA)
kouhyou_h270918_siryou.txt ---
kouhyou_h280920_siryou.txt                      外務省大臣官房総務課企画                           独立行政法人国際協力機 政府開発援助(ODA)の 国際協力専
kouhyou_h280920_siryou.txt 269   大貝 隆之     56                H27.1.3       H27.4.1                                      無   無
kouhyou_h280920_siryou.txt                      官                                      構(JICA)     実施機関         門員
kouhyou_h280920_siryou.txt ---
インドネシアは金正男を暗殺したシティ・アイシャ。
デビ夫人が金正男暗殺直後に北朝鮮を支持して何やら暗黙の犯行声明w。インドネシアのシティ・アイシャ容疑者は過去にテレビのドッキリ番組で日本に渡航したことがある。ちんたろう「面白いこと起こるから」

ミャンマーはアウンサンスーチーのシャブ利権とロヒンギャ族の虐殺だな。
【閲覧注意】スーチー・ハリーのミャンマー国軍が8000億円のテロ資金でロヒンギャ族を生きたまま焼き殺す理由。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。