弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

新潟市東区のJFE精密で、車のエンジンなどを磨く作業をしていた従業員の男性が、機械で運ばれてきた鉄枠と工場の柱に挟まれて死亡 update9

わずか6時間に起きた新潟小2女児殺人とJR越後線への死体遺棄と同時進行する五頭山親子遭難

2018年10月3日サカエ理研工業伊勢崎工場でメッキ加工を行う工場の機械に挟まれ23歳男性従業員死亡。自動車部品
2018年10月2日「マツダパーツセンター」で、バックしてきたフォークリフトと金属製パレットの間に挟まれ、岩崎光男さん(64)死亡
2018年9月22日兵庫県姫路市保城の金属リサイクル工場で、機械設置会社社長の西岡昌司さん(64)(大阪府茨木市)が、金属を切断・プレスする機械に頭を挟まれて死亡。姫路署の発表では、西岡さんは作業員2人と金属を切断する刃の交換作業をしていた。作業員の一人が「持っていたリモコンスイッチに体が触れてしまい、機械が作動してしまった」
2018年9月21日富山県滑川市東金屋の北陸建工東金屋工場で、作業中だった社員、梶谷恭平さん(23)が鋼材の下敷きになって死亡。 富山県警滑川署によると、鋼材は長さ約8メートル、重さ約800キロ。梶谷さんは天井からつられたクレーンを地上で操作し、1人で鋼材を移動させていた。 JFEが主要取引先。
2018年9月16日トヨタ自動車上郷工場でエンジン部品の製造機械が倒れ、柴田法明さん(67)が頭を挟まれ死亡。豊田署によると、柴田さんは大型の機械を別の工場へ移す準備のため、同日朝から作業していた。機械をジャッキで持ち上げていたが、何かの拍子に支えが外れた。
2018年9月10日新潟市東区「JFE精密」で、車のエンジンなどを磨く作業をしていた、従業員で新潟市江南区の本間茂男さん(55)が機械で運ばれてきた長さおよそ3メートルの鉄枠と工場の柱の間に挟まれて死亡。
2018年9月6日茨城県神栖市東深芝にあるDIC子会社の樹脂製造工場で、薬品を保管するタンクが爆発。委託先「新興プランテック」の従業員、岩井俊夫さん(68)が死亡。工場では、自動車に使うプラスチックの部品などを製造している。

2018.9.21 16:27 鋼材下敷きで23歳男性死亡 富山の工場
 21日午前8時半ごろ、富山県滑川市東金屋の北陸建工東金屋工場で、作業中だった社員、梶谷恭平さん(23)=同市中川原=が鋼材の下敷きになった。梶谷さんは病院に運ばれたが、約1時間後に外傷性ショックで死亡した。
 富山県警滑川署によると、鋼材は長さ約8メートル、重さ約800キロ。梶谷さんは天井からつられたクレーンを地上で操作し、1人で鋼材を移動させていたという。
 大きな音を聞いた同僚が鋼材の下敷きになっている梶谷さんを発見、連絡を受けた別の男性社員が119番した。同署が原因を調べている。
 北陸建工のホームページによると、同社は昭和52年に設立。鋼材を加工し、野球場の照明設備や鉄塔に使われる鉄骨などを製作している。

滑川市で男性が鋼材の下敷きになり死亡 2018/09/21 14:18 現在
21日朝、滑川市の鉄工会社で作業をしていた23歳の男性従業員が、鋼材の下敷きになって死亡しました。
滑川警察署によりますと、21日午前8時半ごろ、滑川市東金屋の北陸建工東金屋工場から「男性が鋼材の下敷きになった」と119番通報がありました。
消防が駆け付けたところ滑川市中川原に住む北陸建工の社員、梶谷恭平さん(23)が鋼材の下にうつぶせで倒れていて既に意識はなく、梶谷さんはドクターヘリで病院に運ばれましたがおよそ1時間15分後に死亡が確認されました。
梶谷さんが倒れていたそばには長さ8メートル、重さおよそ800キロの鋼材が積んであり、梶谷さんは21日、工場内の天井クレーンを使って鋼材を移動させる作業をしていたということです。
警察が、関係者から当時の状況を聞いて事故の原因を調べています。

北陸建工株式会社→会社案内

社名
北陸建工株式会社
【東金屋工場】〒936-0837 富山県滑川市東金屋156-1
主要取引先
JFEシビル株式会社
JFEエンジニアリング株式会社
JFE商事鉄鋼建材株式会社
東芝ライテック株式会社
株式会社横河ブリッジ
NSSB建材株式会社
エムエム建材株式会社
大成建設株式会社
清水建設株式会社
日本ファブテック株式会
社 (順不同)
うわぁ。JFEだわw。新潟の次は富山でどちらもJFE関連かぁw。

新潟 NEWS WEB
工場で男性が鉄枠に挟まれ死亡 09月10日 17時20分
10日午前、新潟市東区の工場で、車のエンジンなどを磨く作業をしていた従業員の男性が、機械で運ばれてきた鉄枠と工場の柱に挟まれて死亡しました。
10日午前10時すぎ、新潟市東区にある「JFE精密」の工場で、車のエンジンなどを磨く作業をしていた、従業員で新潟市江南区の本間茂男さん(55)が機械で運ばれてきた長さおよそ3メートルの鉄枠と工場の柱の間に挟まれました。
本間さんは腰などを強く打ち、病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡しました。
工場は車の部品などを作っていて、警察によりますと、本間さんは10日午前7時ごろから1人で作業をしていたということです。 本間さんは、柵から上半身を乗り出した状態で見つかったということで、警察は会社から事情を聞いて、当時の状況を調べています。
「本間さんは10日午前7時ごろから1人で作業をしていた…。 車のエンジンなどを磨く作業をしていた従業員の男性が、機械で運ばれてきた鉄枠と工場の柱に挟まれて死亡…。 機械で運ばれてきた長さおよそ3メートルの鉄枠と工場の柱の間に挟まれました。」
「長さおよそ3メートルの鉄枠」て車の車体の骨組み?

2017.10.23 11:00 最新IoTと徹底した社員教育でオンリーワンの技術を守れ JFE精密が目指すモノづくり
 若い世代の人材を育成し、これまで培った技術をいかに継承するか。団塊の世代の大量退職が始まった2012年以降、多くの製造業が抱える課題となっている。その中で、金属部品の製造・加工を手掛けるJFE精密(新潟市東区)はIoT(モノのインターネット)を活用した「ココロシステム」という独自の生産管理システムを開発し、熟練工がいなくても高品質の製品製造ができる生産体制の構築に取り組んでいる。

タブレットとICタグで作業内容を伝達「ココロシステム」
 「ご安全に」。JFE精密の主要事業であるコーティング事業の工場に入ると、女性従業員たちからこんな声をかけられる。安全を呼び掛ける製造工場ならではのあいさつだ。
 同社は常温で金属素材を加工する「冷間鍛造」、粉末化した金属を焼き固める「粉末焼結」、ドリルなどの切削工具や金型に高性能被膜を成膜する「コーティング」の3事業を展開している。その中でも、コーティング事業は他の2事業の工場と比べて、働いている従業員の数は150人と圧倒的に多く、しかも7割が女性という職場だ。
 「パート従業員のように入れ替わりが大きい職場の中で、高品質を保ち、安全に作業をしてもらえるようにするにはどうしたらいいか」。そんな課題の中から「ココロシステム」は生まれたという。
 コーティング事業は、顧客から預かった切削工具や金型に高性能被膜を成膜し、強度や耐久性を高めた上で顧客に引き渡すビジネスだ。「コーティング事業は工具や金型の付加価値を高めます。コーティングをすることで、工具の寿命が延び、企業にとってはコストの節約にもつながるんです」と今藤雄治コーティング事業部長は説明する。
 工場内には11炉のコーティング装置があり、用途に応じて十数種類のコーティング被膜を成膜している。工具一つからでも受注し、最短で1泊2日で作業を終えるなどスピーディーな対応が好評だ。取引先は約千社に上り、全国47都道府県から注文が届くという。
 1日に取引先から宅配便で届けられる注文品は500種類、7000~8000個にものぼる。注文によってコーティングの種類もさまざま。現場の作業は複雑で、経験が求められる部分も少なくない。
 そこで、IoTや近距離通信で情報をやり取りできるRFIDタグを活用することで、経験が浅いパート従業員でもストレスなく作業ができるシステムを構築した。

コーティング工場の従業員は7割が女性だ
 ココロシステムの仕組みは以下の通りだ。
 従業員は、RFIDタグ入りのリストバンドを装着。また、それぞれの注文品が載せられたトレーにもRFIDタグが添えられている。リストバンドと注文品のICカードをそれぞれタブレット端末にかざすと、詳細な作業手順がタブレットに表示され、その手順に合わせて作業を行う。
 タブレットには作業手順のほか、作業上の注意点などもその場で撮影した写真付きで表示できる。作業にミスがあった場合は従業員が同じミスをしないよう注意喚起することもできるという。どの製品を誰が作業をしたのか追跡も可能だ。
 現在、コーティング部門で取り組みが進められているが、将来的に冷間鍛造や粉末焼結部門にも導入を検討している。システムの開発を推進する田村誠也総務部長は「熟練した作業員でないと気が付かないような製造機器の不具合などもセンサーやIoTを活用して察知できるよう『ココロシステム』を発展させたい」と話す。熟練工に頼っていた部分はIoTが対応できるようにし、誰もが働きやすい職場環境を作る―。それがココロシステムの目指す姿だ。
ココロシステムのリストバンドにタブレットをかざす吉田憲司システムプランナー(左)。システムの開発を推進する田村誠也総務部長(右)

社内のエキスパートを講師に独自の「教育システム」
 一方、IoTの導入とともに力を入れる社員教育も独特だ。
 「社内外で新たな課題が発生した時は『ただちに教育をやろう』と決めます。講師は会社の中で、その課題に関して『最も詳しい人』です。詳しい人が社長でしたら、社長にお願いすることになります」と田村総務部長。
 講座の内容は多岐にわたり、「生産管理」「機械加工」「工具の正しい使い方」といった作業現場に関する講座や「情報セキュリティー」「コンプライアンス」などの経営上の課題にも取り組む。当初44項目で始めた教育プログラムは、現在72に達しているという。
 「災害Gメン」と呼ぶ災害対応リーダーの養成講座では4人の受講生を選抜し、1年間、毎月1回講座を開催し、リーダーを養成する。
 「○月○日午前○時に震度7の地震が発生。気温は3度、天気は雪」
 こうしたシミュレーションを立てて、リーダーとして災害時にとるべき対応について考える。「ただ、リーダーに指名しただけでは、実際に非常事態が起きても対応できない可能性があります。講座を通じて繰り返し訓練することでいざという時にリーダーとして率先して対応できるところまで自信と自覚をつけさせます」と田村総務部長は語る。
 講師に指名されると、最初はためらい、戸惑うという。しかし、講座に向けて準備し、自ら勉強するようになる。講座を重ねるうちに講師役の従業員の能力・レベルもアップ。それによって企業の実力が高まることを期待している。
「災害Gメン」育成を目指した教育プログラムの様子
 こうした取り組みからJFE精密が追求するのは、「微差力」だ。モノづくりの現場で、「ちょっとした差」を表す言葉だ。多賀根章社長は「会社の競争力を高める上で、技術だけではない価値を提供することが大切です。『微差力』は、われわれの会社をお客さまに選択していただく上で、重要な要素だと考えています。社員たちはその力を養ってほしい」と訴えている。

会社を支えるオンリーワンの技術
 JFE精密が展開する3つの事業には、ほかの企業が真似できないオンリーワンの技術が数多くちりばめられている。
 もともとJFE精密の前身は1935年に開業した旧日本鋼管(現JFEスチール)新潟電気製鉄所だ。戦後、国際競争が激しさを増す中、高コストの電気炉から撤退。生き残りをかけた新規事業として1980年代からスタートした部品製造事業に事業転換した。後発のため先行メーカーとの競争に勝ち抜こうと、アイデアと開発力を武器にオンリーワンの技術を生みだしていった。
 冷間鍛造は、金属に熱を加えず常温状態で圧力を加えるなどして加工する部品の製造方法で、同社は、主に自動車部品を供給している。
 円柱状に穴の開いた部品の加工では、他社にはできない長さまで穴あけが可能なほか、その内部・外部にスプライン(歯車のような凹凸状の溝)を入れる加工も得意としている。ほぼ鍛造だけで完成品に近い状態の部品を加工できるため低コストなうえ、製品の軽量化などにも貢献しているという。
冷間鍛造工場では、オンリーワンの技術を駆使し、主に自動車部品を製造している
 粉末焼結は、金属の粉末を型に入れ、プレスして部品の形に成形する加工法で、金属の種類によっては落雁(らくがん)のように柔らかい状態のものを焼き固めて部品製造する技術だ。原料となる金属粉末に独自の調整を施し、数ミリグラムの超軽量部品や厚さ0.25ミリメートルの超薄部品の製造を可能にし、携帯電話のカメラ部品や自動巻き時計の回転錘などに採用されているという。
 その中で、現在、売り出し中なのが、通信機器やロボット、EV(電気自動車)、EHV(電気ハイブリッド)自動車に使用される半導体機器が発する熱を放出させる「ヒートシンク材」だ。小型化する半導体機器には不可欠な材料だ。
 一般的なヒートシンク材では、タングステンやモリブデンといった希少金属が使われているが、同社は粉末焼結の技術を活用し、原料価格の安いクロムと銅を使った材料を新たに開発した。従来品と同等の効果を持ちながら、低コストで製造でき、なおかつ、従来品よりも加工しやすい特性を持つ。半導体製品の低価格化に貢献できる材料だけに需要の拡大に大きな期待を寄せている。
粉末焼結の技術で金属粉末(タングステン粉末、クロム粉末など)が精密部品に生まれ変わる(上)。右は、新開発のクロム銅ヒートシンク
 技術開発を担当する寺尾星明常務取締役は「粉末焼結は金属の配合などによってこれまでにない新しい機能を持たせることが可能です。その意味で、アイデアと開発力が勝負の分野。クロム銅のヒートシンク材以外にも新しい種が生まれつつあります」としている。
寺尾常務は「アイデア次第で新しい機能を持たせることが可能」と語る
 こうしたオンリーワンの技術を原動力にJFE精密は事業を成長軌道に乗せ、これまで中途が中心だった雇用も新規採用を拡大させている。また、今後はJFEグループや大学などの公的研究機関との交流をさらに強め、製品開発に競争力を高める考えだ。
 2020年をめどに老朽化が進む社屋や工場棟の本格的な建て替えも検討している。「ココロシステム」や教育プログラムなどの人材活用・人材育成の取り組みを設備のリニューアルに生かす考えで、新しい工場にはIoTを本格導入し、効率的な生産体制の構築を目指す。
「社員たちには夢を持ってほしい」と語る多賀根章社長
 ココロシステムや新規採用によって従業員の考え方を新しくし、工場の建て替えで設備も一新する。「人と設備のニューアルによって、10年先、20年先も永続的に成長できる企業にしていきたい」と多賀根社長は話している。
JFE精密の事業詳細はこちら
(提供:JFE精密株式会社)
RFIDのリストバンドで工場内の位置がモニターされていた。IoTをハックされた?

かつてゴーン氏は、「日産リバイバルプラン」で購買コストの大幅な削減を打ち出し、自動車部品メーカーの経営者を震撼させた。鉄鋼メーカーにも鋼板の値下げを迫り、主力納入先だったNKK(日本鋼管)を切った。ゴーン・ショックがNKKと川崎製鉄の経営統合に発展し、JFEホールディングスが誕生するきっかけをつくったといわれている。

jfe-seimitsu.co.jp→沿革|JFE精密

1935年 10月日本鋼管新潟電気製造所(Mnフェロアロイ)にて事業開始
1984年 11月粉末焼結製造開始
1987年 1月冷間鍛造製造開始
 コーティング製造開始
1989年 3月Mnフェロアロイ事業撤退
1993年 4月NKK(日本鋼管)より分社し、NKK精密設立
2003年 4月JFE精密に社名変更

JFE精密のクロム―銅ヒートシンク、発明表彰で新潟県知事賞 量産設備導入し拡販へ
 JFE精密(本社=新潟市東区、林保之社長)がJFEスチールと共同開発し特許を持つクロム―銅ヒートシンク用圧延板(登録商標名=J-C'CREP)がこのほど、関東地方発明表彰の新潟県知事賞を受賞した。現在主流のタングステンやモリブデンより安価で資源が安定しているクロムを使ったのが特長。加工性も高い。課題だっためっき工程の改善にもめどをつけたことから、量産設備を導入し3―5年後の市場形成を目標に本格的な販売活動を開始する。 ...
この時の新潟県知事は泉田裕彦w

新潟 知事交代後初の原発検証委 情報伝達の在り方議論 2018年9月10日 16時49分
新潟県の花角知事が就任してから初めてとなる原発事故の検証委員会が開かれ、柏崎刈羽原子力発電所で重大事故が起きた場合の東京電力からの情報伝達の在り方が議論されました。
新潟県は、福島の原発事故の原因調査、福島の事故が健康に及ぼす影響、そして柏崎刈羽原発で事故が起きた際の避難計画の実効性の3つを検証する有識者による委員会を設置しましたが、米山前知事の辞職に伴い、議論が中断していました。
10日は、6月に花角知事が就任してから初めての検証委員会として避難計画を議論する「避難委員会」が開かれ、花角知事は「前知事が作った3つの検証の枠組みを私も維持していく。避難方法を検証し、議論を深めていただきたい」とあいさつしました。
つづいて、柏崎刈羽原発で重大事故が起きた場合の東京電力からの情報伝達の在り方が議論され、委員からは「事故が起きて放射性物質が大気中に放出された場合、全体の線量だけではなく、甲状腺がんの原因とされるヨウ素など、物質ごとに公表できないか」という意見が出ました。
これに対し、東京電力は「原発内で測定しているので公表は可能だ」と答えました。
県は委員会の議論も踏まえ、年内にも現在の「行動指針」からさらに実効性を高めた原発事故の際の「広域的な避難計画」を整備することにしています。
なにやら海保がはじめたらすいw。

新潟知事、柏崎刈羽を初視察=東電HD社長が対応 柏崎刈羽原発 東京電力 東電
東京電力柏崎刈羽原発を視察し、免震重要棟で東京電力ホールディングスの小早川智明社長(左奥から2人目)から説明を受ける花角英世新潟県知事(右奥)=6日午前、新潟県柏崎市内
 新潟県の花角英世知事は6日、東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)を視察した。花角氏が同原発を視察するのは、6月の知事就任後初めて。現地では東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長らが対応した。
 原子力規制委員会が昨年12月、新規制基準に適合していると認めた7号機の原子炉建屋などを中心に視察。免震重要棟や東日本大震災後に設置した防潮堤も確認した。花角氏は視察後、記者団に対し「安全対策に努力していることは理解できる」と述べながらも、「必要十分かどうかは分からない」と評価は避けた。(2018/09/06-13:30)
BWRを発電の為に再稼働させる理由がどこにもない。


ん?最近事件で見たよーな場所w。


わずか6時間に起きた新潟小2女児殺人とJR越後線への死体遺棄と同時進行する五頭山親子遭難

元海保次長の新潟県知事とJFEとミャンマーかぁw

元海保次長の花角英世新潟県知事w、秋田海上保安部の巡視船「でわ」w、「りんかい日産建設」ミャンマー営業所、タイりんかい日産、ベトナムのJFE出資の製鉄所、…そして、JFE精密の死亡事故。

女優 三田佳子さんの次男 覚醒剤使用の疑いで逮捕 2018年9月11日 10時46分
女優の三田佳子さんの次男の高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤を使用したとして警視庁に逮捕されました。高橋容疑者は過去にも覚醒剤を使用したなどとして有罪判決を受けています。
秋田海上保安部の巡視船「でわ」と「りんかい日産建設」とミャンマーとタイとシャブ

トヨタ工場で作業員死亡 移設中の機械が倒れる 2018年9月16日22時26分
写真・図版
愛知県警豊田警察署
 16日午後4時50分ごろ、愛知県豊田市大成町のトヨタ自動車上郷工場で、「男性の頭部が機械に挟まれた」と119番通報があった。機械の移設作業をしていた男性作業員が病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 愛知県警豊田署によると、男性は60代とみられる。エンジンの部品製造機械を別の工場へ移設しようとしていたところ、ジャッキで持ち上げた機械がバランスを崩し、男性の頭の上に倒れたという。
 トヨタ自動車のホームページによると、上郷工場はエンジンの生産拠点。

トヨタ上郷工場で機械から出火 愛知、けが人なし 2013/7/22付
 22日午前7時ごろ、愛知県豊田市大成町のトヨタ自動車上郷工場で、エンジンを製造する機械から出火しているのを従業員が見つけ、119番通報した。県警豊田署によると、火は約2時間後に消え、従業員らにけがはなかった。同署は出火原因を調べている。
 同署によると、同工場は22日午前6時半ごろから稼働。約25分後、稼働し始めたエンジンシリンダーブロックに穴を開ける機械から出火した。燃えたのは機械1台で建屋への被害はなかった。
 トヨタ自動車は、生産への影響を調べている。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。