弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

核燃料サイクル工学研究所「プルトニウム燃料第2開発室」でMOX燃料用の粉末が漏えいw update1

原子炉級がMOXに適さない理由
再処理工場も核燃サイクルもフィクション

容器包む作業中に放射性物質漏れか 東海村の核燃料施設 茨城 2019年1月31日 19時47分
30日、茨城県東海村にある日本原子力研究開発機構の施設で、放射性物質を検知する警報が鳴ったトラブルについて、原子力機構は核燃料の原料となる粉末が入った容器を袋で二重に包む作業の途中で放射性物質が漏れた可能性があるとして、原因を詳しく調べることにしています。
30日午後2時半ごろ、茨城県東海村にある核燃料を製造していた核燃料サイクル工学研究所で、放射性物質の漏れを検知する警報が鳴りましたが、現場にいた9人の作業員に被ばくはありませんでした。
これについて原子力機構は31日に会見を開き、現場で放射性物質が漏れていたことを明らかにしたうえで、「グローブボックス」と呼ばれる密閉された箱の中から核燃料の原料となる粉末が入った容器を取り出し、袋で二重にして包んで汚染がないか検査したところ、放射性物質を検知したということです。
そして、すぐに放射性物質が漏れたことを知らせる警報が鳴ったと説明しました。
このため原子力機構では、1枚目の袋の密封が不十分だったり、袋に穴があいていたりした可能性があるとして、作業に問題がなかったか、放射性物質が漏れた原因を詳しく調べることにしています。

東海村施設、服や床に放射性物質 原子力機構が汚染検査 1/31(木) 18:46配信 共同通信
汚染が検出され、袋などで包まれた容器(左奥から三つ目、赤いテープの右)=30日、茨城県東海村の核燃料サイクル工学研究所(日本原子力研究開発機構提供)
 茨城県東海村の核燃料サイクル工学研究所で放射性物質が漏れた問題で、運営する日本原子力研究開発機構は31日、現場にいた作業員9人の防護服などを調べた結果、汚染が検出されたと明らかにした。床の汚染も確認され、最大濃度で管理目標値の約30倍の1平方センチメートル当たり1.1ベクレルだったが、法令の制限値は下回っていた。
 機構によると30日午後、「プルトニウム燃料第2開発室」という建物の一室で、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料用の粉末が入った容器を扱っていた際、放射性物質の漏えいを検知する警報が鳴動。物質の体内への取り込みや、身体の汚染はなかった。

そも発電につかった核燃料から抽出した再処理ウランや再処理プルトニウムは放射線が強すぎて扱えないはずw。


原子炉級プルトニウムに執着する土人。

「発熱を伴う放射線源であり、爆発力が不確かで技術的に不安定な原子炉級プルトニウム核兵器を製造・保有するメリットがあるのか」
原子燃料政策研究会(西澤潤一会長)

「①学識者などによる国際委員会を設け、 原子炉級プルトニウムの利用管理を正確に広範な角度から 評価・検討し、国内的に同様な検討組織を設置すること。」
これが3号機プール核爆発「実験的なMOX燃料」の報道につながっていく。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。