弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ジャックマーは行方不明ではなく、おとなしくしてるだけw update6

ブルームバーグの北京スタッフ范若伊(Haze Fan@Hazeology)が中国当局に拘束された「国家の安全に危害を加える活動」とは?w(2020年12月14日)

事実、11月3日、突如として5日に予定されていたアリババ傘下の金融会社「アント・グループ」のIPO(新規株式公開)が中止に追い込まれてしまう。上海・香港両市場への同時上場で時価総額32兆円を超える史上最大のIPOとなるはずが、一気に巨額マネーを消失した形だ。

「さらに中国当局は12月24日、独占禁止法違反の疑いがあるとしてアリババ本社の家宅捜索に踏み切った。アリババの株価は307香港ドル(10月28日)から、224香港ドル(1月8日)へと大幅下落しています」(同前)

 この状況に気が気でないのは、アリババ株の約25%を保有する筆頭株主ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義社長だろう。単純計算で、5兆円が吹き飛んだことになる。

 担保を取る発想では、世界が今後30年発展する中で、金融へのニーズに対応できないでしょう。我々は今の技術力を生かし、ビッグデータを基礎とした信用システムに置き換えなければなりません。この信用システムはITの基礎や顔見知り社会の基礎ではなく、絶対にビッグデータの基礎の上に構築されなければなりません。そうすることで本当の意味で「信用=財産」となります。物乞いをするにも信用が必要で、信用がなければ、日々の食事にもありつけません。

担保を取らない金融は、いったい何をもって回収するのかですなー。この発言が決め手になったなw

黒薔薇が検視官の臓器狩り体制を暴露した後に一般男性との結婚を報告w(2019年9月25日)

不良債権管理で中国の過半数の国有金融資産管理会社の中国華融資産管理のトップに死刑判決がでた件で説明を試みる@zerohedge…w

おとなしくしてるだけで行方不明ではないとw

2020年8月x日中国生まれの豪人ジャーナリストが拘束される
2020年10月24日上海で開催された外灘金融サミットで「実際には中国に金融システムはありません。 現実に、中国が直面しているのは金融システムが欠如しているというリスクです。」の発言を最後にジャックマーが行方不明になる…
2020年11月19日
「ファイブ・アイズ…目を突かれて失明しないよう注意しろ」w(2020年11月21日)
2020年11月29日bloomberg.com→Ant IPO Has Slim Chance of Getting Done Next Year
2020年12月11日ブルームバーグの北京スタッフ范若伊(Haze Fan@Hazeology)が中国当局に拘束された「国家の安全に危害を加える活動」

The mogul was last seen on October 24 at the Bund Financial Summit in Shanghai, where he gave a speech criticizing what he perceived as a lack of risk-taking in Chinese and European economic development

“There is not a financial system in China actually. In reality, what China is facing is the risk of the lack of a financial system,” he said, according to a translation published by the Hong Kong newspaper Apple Daily.

大御所が姿を見せたのは10月24日に上海で開催された外灘金融サミットが最後で、そこで彼が認識した中国とヨーロッパの経済発展におけるリスクテイクの欠如を批判するスピーチをしました。

香港のAppleDaily新聞が発行した翻訳よると、「実際には中国に金融システムはありません。 現実に、中国が直面しているのは金融システムが欠如しているというリスクです。」

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。