弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

飯塚幸三「予約していたフレンチの時間に遅れそうだった」w update9

飯塚元院長に対し遺族「憎しみ持たぬ方がいいと思ったが…その気持ちなくせず葛藤」 2019/11/12 20:51
飯塚容疑者の書類送検を受け、記者会見する松永真菜さんの夫(中央)(12日午後、東京・霞が関で)=青山謙太郎撮影
 東京・池袋で4月に起きた暴走事故で、警視庁は12日、旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三容疑者(88)(東京都板橋区)の運転ミスで事故が起きたと断定し、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で東京地検に書類送検した。事故で妻子を失った男性(33)は都内で記者会見し、「自らの行動で2人の命が奪われた事実に向き合ってほしい」と語った。
 発表によると、飯塚容疑者は4月19日午後0時25分頃、豊島区東池袋の都道で乗用車を運転中、ブレーキと間違えてアクセルを踏み続け、時速100キロ近くまで加速。赤信号を無視して暴走し、横断歩道で近所の主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女の莉子ちゃん(同3歳)をはねて死亡させたほか、通行人ら9人に重軽傷を負わせた疑い。
 警視庁は、起訴を求める「厳重処分」の意見を付けて送検しており、地検が今後、刑事処分を判断する。
 捜査関係者によると、飯塚容疑者は「踏んだアクセルペダルが戻らず、ブレーキも利かなかった」と説明。しかし、警視庁は車体に異常が見つからなかったことや、ドライブレコーダーの解析などから、ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだと断定した。
 飯塚容疑者は、2017年の運転免許証更新時に受けた認知機能検査では異常がなく、事故時も認知機能に問題はなかったとみられる。ただ、高齢でつえを使用しており、医師から運転を控えるよう促されていたほか、事故前月には家族からも運転をやめるよう助言を受けていたという。
 松永さんの夫の男性は会見で、「(飯塚容疑者は)都内に住み、他の交通機関もあったのだから、車の運転はすべきではなかった」と批判。事故後の約7か月間について、「亡くなった2人が悲しむかと思い、憎しみを持たない方がいいと思ったが、その気持ちをなくせずに葛藤した」と苦しそうに打ち明けた。
 松永さんの遺族らは飯塚容疑者の厳罰を求めて約39万筆の署名を集め、9月に東京地検に提出した。男性は「交通事故のことをみんなが考え、国が動き、事故で苦しむ人を減らしてほしい」と訴えた。

犠牲になった家族が、いったい何に巻き込まれてしまったのか、やっと見えてきた…

独自 池袋事故「フレンチに遅れる」 11月12日(火)
東京・池袋で今年4月、乗用車が暴走し、母子2人が死亡、10人が重軽傷を負った事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が、「予約していたフレンチに遅れそうだった」と供述していたことがテレビ東京の取材で明らかになりました。 警視庁はきょう、起訴を求める「厳重処分」の意見を付け元院長を過失運転致死傷の疑いで書類送検しました。

松永真菜(まな)さんと娘の莉子(りこ)ちゃんがなくなった事故。 捜査関係者への取材で暴走した車を運転していた飯塚(いいづか)元院長は両膝に関節症を患っていて かかりつけの医者から運転を控えるように注意されていたことが明らかになりました。

さらにテレビ東京の取材で飯塚元院長がその日 車を運転していた理由をこう供述していることがわかりました。

飯塚元院長のコメント 「予約していたフレンチの時間に遅れそうだった」 急いでいたとみられる飯塚元院長制限速度の時速50キロを超えるスピードでカーブに進入。 前方のバイクや車を追い越すため、 車線を3回も変更する蛇行運転をしていたことも新たに分かりました。

飯塚元院長は運転ミスを否定したため、警視庁はドライブレコーダーや防犯カメラの解析など、 徹底的な証拠固めを行い、7ヵ月かかっての書類送検となりました。

長い捜査の末、ようやく松永さんのもとに返却された遺品。 松永さん「事故当時2人が乗っていた自転車ですね。」 「溶接部分だと思うんだけどねじ切れている。」 「私の父がプレゼントしてくれて事故の後、父が自分のこと本当に責めて、「俺が買わなければ」」 車は時速100キロ近いスピードで自転車に乗っていた真菜さんと莉子ちゃんに衝突。 そのドライブレコーダーには、カメラをみる莉子ちゃんの姿が映っていたといいます。 松永さん 「高速で来た車をどんな思いで見つめていたんだろう、莉子は。」 「(ドライバーは)自分がもしかしたらまずいかもしれないと思ったらその天秤にかけて今運転してもいいのだろうかということを今一度考えてほしい。」

事件発生は2019年4月19日午後0時25分ごろだからフレンチ料理のランチに向かっていた?w

パーキンソン病なのに?ナイフとフォーク持てるの?w、大衆心理炎上にガソリンを注いでるw

クボタの営業本部長の息子w
「下町ロケット」のトラクター寄贈 撮影で使用 燕市、展示へ 2019/11/7 16:20 (JST) ©株式会社新潟日報社
燕市に寄贈された、ドラマ「下町ロケット」の撮影で使用されたトラクター=燕市
 昨年、新潟県燕市でロケが行われ、放映されたテレビドラマ「下町ロケット」の撮影に使用されたトラクターが同市に寄贈され、贈呈式が市役所で行われた。製造したクボタ(大阪市)の幹部が鈴木力・燕市長にレプリカキーを手渡した。
 ドラマに登場した佃製作所経理部長の実家が燕市の農家という設定で、トラクターは経理部長役の立川談春さんや社長役の阿部寛さんが乗った。海外向けの最新型だが、使い古したように見える塗装が施された。
 贈呈式は3日の同市農業まつり(農業まつり推進協議会主催)に合わせて行われた。
 クボタの農機国内営業本部長の飯塚智浩執行役員が「ドラマ作りに燕市の皆さんと参画できて幸せだった」とあいさつ。鈴木市長は「ロケの記憶がよみがえる素晴らしい品をいただいた」と感謝した。
 農業まつりでは、早速トラクターが展示された。家族連れがトラクターに乗ってみたり、写真撮影を楽しんだりしていた。
 家族4人で訪れた市内の会社員男性(33)は「このトラクターを見ると、ドラマを思い出す。てっきり旧式の物だと思っていた」と話していた。
 トラクターは同市分水地区の道の駅国上で展示する予定。
「クボタの農機国内営業本部長の飯塚智浩執行役員」w

父親と息子がセットでターゲットだったのか…。北島智子だわ。

2018年1月1日息子の飯塚智浩がクボタ執行役員に新任し、農機国内営業本部の副本部長から本部長に昇格。農業機械の販売サービス支援と農業施設の販売メンテナンスを行うクボタアグリサービス(株)社長を兼務←これから1年後に怪事件が連続する。タイムアウト起動型
2019年2月17日クボタ東日本研修センターで派遣社員が正社員のクビに斬りつけた後に自殺…(2019年2月17日)
2019年4月19日父親の飯塚幸三が東池袋で暴走事故…

【横顔】(株)クボタ農機国内営業本部長に就任した飯塚智浩氏
2018/2/26業界農機新聞 2018年(平成30年)2月27日付け
1月1日付で(株)クボタ執行役員に新任し、農機国内営業本部の副本部長から本部長に昇格した。農業機械の販売サービス支援と農業施設の販売メンテナンスを行うクボタアグリサービス(株)社長を兼務している。紙面…
事件発生は2019年4月19日午後0時25分ごろだからフレンチ料理のランチに向かっていたw

jaxa.jp→JAXA|農機のロボット化で日本の農業問題を解決したい(2014年10月16日)

$ HEAD http://www.jaxa.jp/article/special/michibiki/noguchi_j.html
200 OK
Connection: close
Date: Wed, 13 Nov 2019 01:58:35 GMT
Accept-Ranges: bytes
ETag: "4fb5-5058444581b00"
Server: nginx
Content-Length: 20405
Content-Type: text/html
Expires: Thu, 27 Sep 2018 06:49:38 GMT
Last-Modified: Thu, 16 Oct 2014 06:22:04 GMT
Client-Date: Wed, 13 Nov 2019 01:58:35 GMT
Client-Peer: 172.17.251.10:8118
Client-Response-Num: 1
Proxy-Connection: keep-alive
X-Content-Type-Options: nosniff
X-Frame-Options: SAMEORIGIN
X-XSS-Protection: 1; mode=block

宇宙航空研究開発機構 ファン!ファン!JAXA!
「みちびき」が可能にする新たな測位サービスの創出
農機のロボット化で日本の農業問題を解決したい

JAXAと「みちびき」とクボタと飯塚幸三親子と「下町ロケット」…

やっと解けたよ )産総研のドラえもんw

飯塚幸三(いいづかこうぞう)元工業技術院長(産総研)研究ちう…たっこうと同じやり方でやられた理由w

「第31期 1992年度 1992.2.20~1993.2.16 飯塚幸三((株)クボタ常務取締役)」

一般社団法人技術同友会 jates.or.jp→新たな事業環境変化に対応する日本の新産業の創造に関する提言(平成29年5月)PDF

新たな事業環境変化に対応する日本の新産業の創造に関する提言
6.審議経過
講師 テーマ
第1回 H28.7.25・井上博雄 氏
経済産業省経済産業政策局産業再生課長
・新産業構造ビジョン~第4次産業革命をリードする日本の戦略
第2回 8.22・妹尾堅一郎 氏
特定非営利活動法人産学連携推進機構理事長
・吉本 豊 氏
経済産業省商務情報政策統括調整官
・IoT、ビックデータ、AI を起点とした産業生態系の大変革~製造業のサービス化と次世代のビジネスモデルについて~
・IoT と AI の融合による新たなビジネスモデルへの挑戦~そして、その先へ
第3回 9.26・三品和広 氏
神戸大学大学院経営学研究科教授
・センサーネット構想
第4回 10.24 ・小林 純一 氏
リニアテクノロジー株式会社ダスト・エバンジェリスト
・飯田 聡 会員
株式会社クボタ取締役専務執行役員
・IoT と AI 利用による新たなサービス事業の創出
・クボタにおける IoT 活用による事業展開
第5回 11.28・浅田寿士 氏
株式会社小松製作所ICTソリューション本部ビジネスイノベーション推進部部長
・コマツの IoT によるビジネス展開
第6回 12.19 提言について(討議)
第7回 H29.1.30・加賀邦明 氏
株式会社地球快適化インスティテュート代表取締役取締役社長
・山本圭司 氏
トヨタ自動車株式会社コネクティッドカンパニー常務理事
・磯部利行 氏
トヨタ自動車㈱常務理事
・IoT、BD、AI が産業を Reshape する
・トヨタの IOT への取組み
-トヨタの Connected 戦略-
-トヨタが考える IOT 工場の将来-
第8回 2.27 提言について(討議)
第9回 3.23 提言について(討議)
(講師所属は、講演当時のもの)
オブザーバ 飯塚幸三 一般社団法人日本計量振興協会顧問
第4回 10.24
・小林 純一 氏
リニアテクノロジー株式会社ダスト・エバンジェリスト
・飯田 聡 会員
株式会社クボタ取締役専務執行役員
・IoT と AI 利用による新たなサービス事業の創出
・クボタにおける IoT 活用による事業展開

トヨタとJAXAと「みちびき」クボタ…これがやられた理由…w

【仮説①→】トヨタのプリウスのECUをJAXAの「みちびき」から遠隔操作できるのか?

ぶっへーw

福岡のタクシーもプリウス。 たっこうのレクサスとプリウスのECUは富士通製w。 事故が起きた場所もアムラックスに近いからなw。

なにこのツイは?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。