弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【香港肉まん革命】岩谷將(いわたにのぶ)北大教授が中国でスパイ容疑で拘束されるw update7

周庭(Agnes Chow Ting)は2019年10月1日から北大公共政策大学院のフェロー(研究員)だったw

解放された北大教授 中国「反スパイ法違反容疑で拘束」 2019年11月15日 20時04分
ことし9月、中国当局に拘束され、15日解放された北海道大学の男性教授について、中国外務省の報道官は15日の記者会見で「教授は国家機密に関わる資料を収集していた」として反スパイ法に違反した疑いで拘束していたことを明らかにしました。
北海道大学の岩谷將教授は、ことし9月上旬、中国政府系のシンクタンク「中国社会科学院」の招きで北京を訪問中に当局に拘束され、15日、2か月ぶりに解放され帰国しました。
15日の記者会見で、中国外務省の耿爽報道官は「ことし9月8日に中国の国家安全部門は、教授が収集していた中国の国家機密に関わる資料を宿泊先のホテルで押収した。取り調べの結果、教授は過去にも大量の機密資料を収集していたことを認め、証拠は明らかである」と述べ、反スパイ法に違反した疑いで拘束していたことを明らかにしました。
そのうえで「教授は事実を認め、反省の意を示したため、中国政府は法律の規定に基づいて教育と訓戒を行い、保釈手続きをとることを決定した」と述べました。
今回の岩谷教授の拘束を受けて、日本の中国研究者の間で不安と動揺が広がり、両国の学術交流に影響が出始めていて、日本側からは中国への懸念や批判が相次いでいました。
中国政府としては、来年春に予定されている習近平国家主席の国賓としての日本訪問を控え、こうした批判に一定の配慮を示したものとみられます。

14人が拘束され8人に懲役刑
中国当局は、2014年に反スパイ法を施行して以降、外国の組織や個人が国家の秘密や情報を盗んだり探ったりすることに監視を強めていて、日本人が拘束されるケースも相次いでいます。
▽2015年5月には、東部浙江省の軍事施設の周辺と、東北部 遼寧省の北朝鮮との国境地帯で、それぞれスパイ行為に関わったとして男性が拘束されました。
▽その翌月には、北京で男性1人が上海で女性1人が、相次いで拘束されました。

▽2016年7月には、東京に本部がある日中の交流団体の理事長の男性が、訪問先の北京で拘束されました。

▽2017年3月には、東部 山東省と南部 海南島に温泉探査の仕事で訪れていた6人が拘束され、
▽5月には、遼寧省で男性1人が拘束されました。

▽去年2月には、大手商社、伊藤忠商事の男性社員が、南部 広東省で拘束されました。

このように中国当局が、スパイ行為に関与した疑いなどで拘束した日本人は、今回の北海道大学の教授を含め、分かっているだけで14人にのぼっていて、このうち9人が起訴され、伊藤忠商事の社員を除く8人に懲役刑が出ていてます。
9人は今も中国国内に拘束されたままとみられています。

北大教授解放、帰国を確認と菅官房長官 2019/11/15 16:25 (JST)11/15 16:28 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、中国で拘束された北海道大の男性教授の解放を確認したと発表した。「健康上も問題ない」と述べた。

香港雨傘革命2.0の「民主化デモ隊」が暴徒化して事実上失敗してしまった。今はひたすらシリアみたいな都市破壊が続いている。なので釈放された…

中国、記者に「習氏思想」テスト 合格者だけに新規の記者証発行
2019/10/19 10:18 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 【北京共同】中国政府が国内メディアへの統制を強めている。記者らを対象にして、習近平国家主席の指導思想「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」の理解度を測るテストを今月下旬から新たに実施。合格者だけに新規の記者証を発行する方針だ。
 テストは原則、習氏の演説内容などを学ぶために共産党が開発したスマートフォンアプリ「学習強国」を通じて実施する。10月初旬にはアプリ上で、習氏の演説の空欄に入る言葉を選んだり、「党の新聞世論工作を行う際」に優先すべき点を挙げさせたりする問題が公開された。
 対象は主要な通信社や新聞、テレビなどの記者や編集者。
香港の次は北京?…

hemri21.jp→アジア太平洋フォーラム・淡路会議 第8回井植記念「アジア太平洋研究賞」佳作 受賞者:岩谷 將(いわたに のぶ)氏 論文要旨
第8回井植記念「アジア太平洋研究賞」佳作 受賞者:岩谷 將(いわたに のぶ)氏 論文要旨 写真: 岩谷 將 氏

岩谷 將(いわたに のぶ)

【経歴】 1999年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2003年同大学院法学研究科政治学専攻前期博士課程修了。2007年同大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程単位取得退学(2008年博士号(法学)取得)。この間、中国人民大学中共党史系普通進修生(2000-2001)、中央研究院近代史研究所博士学員(2006)。2007年4月より防衛省防衛研究所教官。 (要旨) 本論文は中国国民党が行った訓政について、その理念形成・統治体制の成立から変容までの過程を解明する。訓政とは代行主義に基づいた開明専制―権威主義の亜種―であり、地方自治を通じて政治的に未熟な民衆を訓導して民主化を行い、その訓導を正当性の担保として党による支配(以党治国)を行うものである。先行研究は訓政が権威主義的特徴を備えた政治体制であったことを明らかにしているが、民主憲政を準備すべく始められた訓政が権威主義的体制に変容を余儀なくされた原因を究明するには至っていない。したがって、本論文の課題は民主憲政の実現を目指した訓政が、なぜ個人独裁と管理的で非民主的な統治制度に帰結せざるを得なかったのか、その原因を解明することにある。

訓政は党による民主化と支配を理念として掲げた統治体制であったが、その担い手となる国民党は制度化のレベルの低い脆弱な党組織にとどまっていた。党の制度化が進まなかった原因は、インセンティブ・システムの未確立と党中央による地方資源の不完全な掌握にあった。この低位にとどまる制度化は訓政体制に二つの特徴をもたらした。それは、基層レベルにおける散漫な党組織と党中央レベルにおける不安定な寡頭制による政治指導であった。当初、国民党は党組織の形成ならびに党内政治の運営において、自らが掲げた訓政の理念に背馳しないよう強権的な独裁を忌避した結果、基層部における党組織の液状化と、上層部における不安定な政策決定を招来した。その結果、地方自治は基層党組織を介さずに政府組織によって行われる必要が生じ、また、政策決定に党内の反対勢力が介入しないよう党の影響力が弱められる必要が生じた。

国民党において個人独裁ならびに管理的な統治体制への志向が生じた原因は、党組織が形骸化している状況にもかかわらず、党支配の唯一の源泉である訓政の理念に忠実であろうとするために、党外では地方自治を推し進め、党内では合議と党内民主を維持しなければならなかったことにあった。個人独裁の強化と非民主的な諸制度は、逆説的ではあるが、安定した政権運営を行いつつ訓政を実現するために必要とされた。

しかしながら、それら非民主的な諸制度の実現は、同時に民主憲政を目指すべき「訓政」の正当性を、さらにいえば「党」の正当性をも掘り崩していくのであり、国民党はその権力の安定を求めるにしたがって、政権の正当性を内部から浸食していかざるを得ない構図にあった。国民党の訓政体制が抱えた根本的な問題は、独裁の出現そのものにあったのではなく、むしろ独裁を通じた一元的な権力の確立による政権の安定が、自治を中心とした訓政の理念―すなわち政権の正当性―の実現と両立しないことにあった。以上の検討から、本論文は国民党の訓政が党という主体を欠いたまま民主を標榜した理念に忠実であろうとしたため、結果として理念とは対極にある個人独裁と非民主的な統治制度に帰結せざるを得なかったことを明らかにした。

香港雨傘革命かぁ…w、はぁ?防衛省と外務省がやってたのか?

自称「香港の皇帝」の「赤ちゃんプレイの松」こと、松田邦紀・在香港日本国総領事館総領事の件w

【皇帝w】松田邦紀(まつだくにのり)研究。在香港日本国総領事館総領事w…

4.5兆円w
【誤発注じゃないw】シンガポール市場(SGX)でジャーディン・マセソン(Jardine Matheson Holdings Limited)株が4.5兆円分下落したあとに元に戻るw

中国で北大教授の日本人男性拘束 スパイ行為に関わった疑いか 2019年10月18日 22時31分
先月、防衛省のシンクタンクや外務省にも勤務した経験がある北海道大学の教授が、訪問先の中国で当局に拘束されたことがわかり、スパイ行為に関わった疑いをかけられた可能性もあります。
外務省によりますと、先月、40代の日本人男性が、中国の法律に違反した疑いで、当局に拘束されたということです。
関係者によりますと、この男性は、防衛省のシンクタンク、防衛研究所や外務省にも勤務した経験がある北海道大学の教授で、先月上旬から北京を訪れていたということです。
詳しい容疑の内容などは明らかになっていませんが、スパイ行為に関わった疑いをかけられた可能性もあり、北京の日本大使館の職員が面会するなどして情報収集を進めています。
中国国内では、反スパイ法が施行されたよくとしの2015年から、日本人がスパイ行為に関わったなどとして当局に拘束されるケースが相次いでいて、これまでに少なくとも13人の日本人が拘束され、このうち9人が起訴されています。


hokudai.ac.jp→岩谷 將(イワタニ ノブ)

岩谷 將(イワタニ ノブ)
法学研究科 法学政治学専攻 政治学講座 教授
researchmap個人ページ Last Updated :2019/10/03
基本情報
所属 法学研究科 法学政治学専攻 政治学講座
職名 教授
学位 博士(法学) (慶應義塾大学)
研究キーワード 中国政治
研究分野 史学 / アジア史・アフリカ史 / 中国近現代史
職歴
2016年04月 - 現在 北海道大学法学研究科(兼)法学部教授
2016年02月 - 2016年03月 防衛省防衛研究所戦史研究センター(兼)外務省大臣官房国際文化協力室 主任研究官(兼)外務事務官
2013年04月 - 2016年02月 防衛省防衛研究所戦史研究センター主任研究官
2012年04月 - 2013年03月 防衛省防衛研究所戦史研究センター教官
2010年04月 - 2012年03月 防衛省防衛研究所企画部企画調整課(兼)戦史研究センター情報発信調整官(兼)教官
2007年04月 - 2010年03月 防衛省防衛研究所戦史部教官

論文

  • 日中戦争拡大過程の再検証岩谷 將軍事史学 53 (2) 4 - 27 2017年09月 [査読有り][通常論文]
  • From Marco Polo Bridge to Shanghai: Initial Phase of the Sino-Japanese War Revisited岩谷將戦史研究年報 (19) 97 - 107 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 華北における日本軍の治安戦岩谷將戦史研究年報 (19) 1 - 16 2016年03月 [査読有り][通常論文]
  • 陶德曼調停中的蔣介石與孔祥熙岩谷 將呉景平『 宋氏家族与近代中国的変遷』東方出版社 216 - 237 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 日中戦争初期中国的対日方針—以陶德曼調停中孔祥熙的活動為中心岩谷將劉傑・川島真編『『対立与共存的歴史認識:中日関係150年』中国社会科学文献出版社 303 - 334 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 日本陸軍眼中的汪精衛和平運動岩谷將呂芳上主編『戰爭的歷史與記憶』國史館 144 - 165 2015年 [査読有り][通常論文]
  • 中国共産党情報組織発展史 (特集 インテリジェンス文化)岩谷 將情報史研究 情報史研究 (5) 75 - 84 1883-8685 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 蔣介石、共産党、日本軍-20世紀前半、中国国民党における情報組織の生成と展開岩谷將山田辰雄・松重浩充編『蔣介石研究-政治・戦争・日本』東方書店 365 - 387 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 党を保衛する公安組織-公安組織の設立過程岩谷將国分良成・小嶋華津子編『現代中国政治外交の原点』慶應義塾大学出版会 49 - 69 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 蒋介石与胡漢民在訓政制度設計上的対立——党与政府、集権与分権岩谷將『日本当代中国研究(歴史·社会)』中国社会科学出版社 147 - 159 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 蔣介石,共產黨,日本軍-二十世紀前半葉中國國民黨情報組織的成立與展開-岩谷將黄自進、潘光哲編『蔣介石與現代中國的形塑』第2冊、中央研究院近代史研究所 3 - 30 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 日中戦争初期における中国の対日方針-トラウトマン工作をめぐる孔祥煕の活動を中心として岩谷將劉傑・川島真編『『対立と共存の歴史認識-日中関係150年』東京大学出版会 279 - 307 2013年 [査読無し][通常論文]
  • Japanese Intelligence and Counterinsurgency during the Sino-Japanese War: North China in the 1940s岩谷將Thijs Brocades Zaalberg, Jan Hoffenaar, Alan Lemmers, Insurgency and Counterinsurgency: Irregular Warfare from 1800 to the Present, Netherlands Institute of Military History 81 - 86 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 臨汾における政治勢力とその統治岩谷將三谷孝編『中国内陸における農村変革と地域社会-山西省臨汾市近郊農村の変容』お茶の水書房 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 1930年代半ばにおける中国の国内情勢判断と対日戦略--蒋介石の認識を中心として岩谷 將戦史研究年報 戦史研究年報 (13) 1 - 25 13455117 2010年03月 [査読有り][通常論文]
  • 党と国家の困難な関係-中国国民党の訓政建設-岩谷將高橋伸夫編『救国、動員、秩序-変革期中国の政治と社会』慶應義塾大学出版会 45 - 74 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 「藍衣社」・「CC団」・情報戦--日中戦争下の暗闘 (日中戦争再論) -- (インテリジェンス・プロパガンダ・メディア)岩谷 將軍事史学 軍事史学 43 (3) 339 - 359 03868877 2008年03月 [査読有り][通常論文]
  • 訓政制度設計をめぐる蒋介石・胡漢民対立--党と政府・集権と分権岩谷 將アジア研究 アジア研究 53 (2) 1 - 18 00449237 2007年04月 [査読有り][通常論文]
  • 国民党政権下の地方政治--河北省における地方自治政策をめぐる争い岩谷 將法学政治学論究 法学政治学論究 (75) 69 - 102 0916278X 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 中国国民党訓政初期の理念と実態--地方自治政策における地方党部を中心として岩谷 將アジア経済 アジア経済 47 (1) 36 - 55 00022942 2006年01月 [査読有り][通常論文]
  • 北伐後における中国国民党組織の展開とその蹉跌岩谷 將法学政治学論究 法学政治学論究 (71) 63 - 93 0916278X 2006年 [査読有り][通常論文]

書籍

その他活動・業績

  • 国民政府と日本―対立の背景岩谷 將 ハンドブック近代中国外交史 : 明清交替から満洲事変まで 202 -207 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 1937年後半の中国の対日方針とソ連岩谷 將 日中戦争と中ソ関係: 1937年ソ連外交文書邦訳・解題・解説 295 -300 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 歴史研究と歴史戦岩谷 將 三田評論 (1215) 48 -48 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 日中戦争における和平工作岩谷 將 昭和史講義2: 専門研究者が見る戦争への道 165 -182 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 蔣介石日記-2009年夏之回憶岩谷 將 走近蔣介石——蔣介石日記探秘 135 -138 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • The Marco Polo Bridge Incident: From the Signing of the Tanggu Truce to the Failure of the Trautmann Mediation Attempt岩谷 將 Tsutsui Kiyotada, Fifteen Lectures on Showa Japan, Japan Publishing Industry Foundation for Culture  141 -157 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 革命軍隊の近代化岩谷將・杉浦康之・山口信治 川島真編『チャイナリスク』岩波書店 83 -146 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 盧溝橋事件岩谷將 筒井清忠編『昭和史講義』ちくま書房 141 -156 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 現地リポート スタンフォード大学フーバー研究所研究ガイド岩谷 將 アジ研ワールド・トレンド 20 (4) 38 -41 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 日本防衛研究所戦史研究中心史料室典蔵与近代中国有関日方人士档案岩谷將 呉景平『現状与未来:档案典蔵機構与近代中国人物』復旦大学出版社 109 -113 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 華北における日本陸軍の中国共産党(軍)調査目録岩谷將 『近代中国研究彙報』 31 79 -94 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 河北省における農村調査岩谷將 本庄比佐子『戦前期華北農村実態調査の目録と解題』東洋文庫 45 -56 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 華北における日本陸軍の中国共産党(軍)調査目録岩谷 將 近代中国研究彙報 (31) 79 -94 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 書評 Elizabeth J. Remick, Building Local States: China during the Republican and Post-Mao Eras岩谷 將 アジア経済 47 (3) 87 -92 2006年03月 [査読無し][通常論文]
  • 書評 内山雅生著『現代中国農村と「共同体」--転換期中国華北農村における社会構造と農民』岩谷 將 アジア経済 45 (1) 65 -70 2004年01月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2009年 第8回井植記念「アジア太平洋研究賞」佳作
     中国国民党訓政体制の研究 受賞者: 岩谷 將

教育活動情報

主要な担当授業

  • 外国語特別研究Ⅰ開講年度 : 2017年課程区分 : 博士後期課程開講学部 : 法学研究科
  • アジア政治外交論Ⅱ開講年度 : 2017年課程区分 : 修士課程開講学部 : 法学研究科キーワード : 中国、日本、政治史、中国国民党、中国共産党、中華民国、中華人民共和国
  • 外国語特殊演習Ⅱ開講年度 : 2017年課程区分 : 修士課程開講学部 : 法学研究科キーワード : 中国語 中国 実務 読解 作文 翻訳 
  • 政治史学特殊講義開講年度 : 2017年課程区分 : 修士課程開講学部 : 法学研究科キーワード : 政治史 日中戦争 日中関係 太平洋戦争
  • 比較法政論開講年度 : 2017年課程区分 : 修士課程開講学部 : 法学研究科キーワード : グローバル化 国家 社会 官僚制 政策決定過程 国際政治経済 世論形成過程 グローバル経済 貧困問題 アジアの安全保障 環境問題 社会保障制度 食糧問題 メディアと権力の関係
  • 外国語特別研究Ⅰ開講年度 : 2017年課程区分 : 博士後期課程開講学部 : 法学研究科キーワード : 中国語 中国 実務 読解 作文 翻訳 
  • 政治史学特別研究開講年度 : 2017年課程区分 : 博士後期課程開講学部 : 法学研究科キーワード : 政治史 日中戦争 日中関係 太平洋戦争
  • アジア政治史開講年度 : 2017年課程区分 : 学士課程開講学部 : 法学部キーワード : 中国、日本、政治史、中国国民党、中国共産党、中華民国、中華人民共和国
  • 演習Ⅱ開講年度 : 2017年課程区分 : 学士課程開講学部 : 法学部キーワード : 近現代中国 日中関係 歴史 政治 外交 安全保障
  • 外国語応用演習開講年度 : 2017年課程区分 : 学士課程開講学部 : 法学部キーワード : 中国語 中国 実務 読解 作文 翻訳 
  • 演習Ⅱ開講年度 : 2017年課程区分 : 学士課程開講学部 : 法学部キーワード : グローバル化 国家 社会 官僚制 政策決定過程 国際政治経済 世論形成過程 グローバル経済 貧困問題 アジアの安全保障 環境問題 社会保障制度 食糧問題 メディアと権力の関係
  • 国際政治経済政策事例研究開講年度 : 2017年課程区分 : 専門職大学院開講学部 : 公共政策学教育部キーワード : グローバル化 国家 社会 官僚制 政策決定過程 国際政治経済 世論形成過程 グローバル経済 貧困問題 アジアの安全保障 環境問題 社会保障制度 食糧問題 メディアと権力の関係
  • 中国語実務演習開講年度 : 2017年課程区分 : 専門職大学院開講学部 : 公共政策学教育部キーワード : 中国語 中国 実務 読解 作文 翻訳 

amazon.co.jp→日中戦争と中ソ関係: 1937年ソ連外交文書邦訳・解題・解説

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。